なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-08 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・タイガース

そのとき、私は公園のベンチに立って、カチカチとアメリカン・クラッカーを鳴らしていた。かたわらにはお姉さんが居て幼い私に向けて一生懸命、力説していた。いかにタイガースがすばらしく、ジュリーがカッコイイかを。

GSブームに間に合った世代の私は、それぞれのグループを憶えてはいるが、とくに強い思い出はない。ただ、タイガースになると、いつもこの光景がクッキリと浮かんでくるのだ。

いうまでもなくタイガースはGSの王道で、まごうことなき主役だった。ジュリー、トッポ、サリー、ピー、タロー、と初期メンバーの愛称まで憶えている。
『ぼくのマリー』、『シーサイド・バウンド』、『モナリザの微笑』、『君だけに愛を』、『花の首飾り』等々、今聴いてもなかなかの佳曲が揃っている。

ゴールデン☆ベスト ザ・タイガースゴールデン☆ベスト ザ・タイガース
なかにし礼 ザ・タイガース

ユニバーサル インターナショナル 2003-11-26
売り上げランキング : 7679

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑トップアイドルには、そのときの最強制作陣が携わるから名曲揃いなんでしょうね。

これら一連の作曲をした、そして実質プロデューサーでもあったすぎやまこういちは、後に「GSサウンドは、今の音楽シーンでも生きている」といった旨の発言をしている。音楽素養のない私にはよくわからないのだけれど。

さて、冒頭のシーンにお戻るとお姉さんの力説をよそにアメリカン・クラッカーを打ち鳴らしていた私だが、この遊具が好きだったわけじゃない。
お姉さんの熱さをやりすごす手段に使っていたのだろう。だいたいこの遊具は手を挟むのが必至で、それはそれは痛い思いをした。まずほとんどの人がそうであったはず。夢中になった人などいるのだろうか?
    ■アメリカン・クラッカー

お姉さんは、近所にあったそば屋の出前持ちをしていた少年の実姉であった。おそらく、少年は中学を出てすぐに働いていたものと思う。
お姉さんも同様でたしか縫製工場に勤めていて、まだ16~17才位だった。
休みの日曜日になると、きまって弟の元に来ていた。ただ、休みが違うせいもあって、この姉弟が揃っている姿は見たことがない。
・・・お姉さんの相手は、いつも私たち洟垂れ小僧だった。

ロング・グッバイのあとで ―ザ・タイガースでピーと呼ばれた男―ロング・グッバイのあとで ―ザ・タイガースでピーと呼ばれた男―
瞳 みのる

集英社 2011-02-25
売り上げランキング : 4884

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑ピーの自伝的本。高校教師として、タイガース時代の何倍もの歳月を過ごしてきた人生はとても興味深い。

後で思えば、もっとちゃんとお姉さんの話を聞いてあげればよかったと思う。
だが、お姉さんにしたって私に話すというよりも、実は自分自身に語っていたのだろう。そのときの心の拠りどころが、タイガースでありジュリーだったのだろう。

そんな少女は、なにも彼女だけではなく全国に居たはず・・・。
今より、もっと切実な機能をアイドルは果たしていた気がする。
そしてその一点において、アイドルの存在意義を強く私は感じるのだ。

やがて、少年は一年にも満たないうちに店から消えた。そして、少女が私たちの前に現れることもなくなった。

ザ・タイガース ベストセレクションザ・タイガース ベストセレクション
ザ・タイガース

渡辺音楽出版株式会社 2003-06-01
売り上げランキング : 16367

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑『廃墟の鳩』なんて、忘れてた曲だけど聴くとすぐ思い出しました。

♪試 聴⇒ザ・GSベストセレクション青盤icon
♪試 聴⇒GSグレイテスト・ヒッツicon
♪試 聴⇒GSグレイテスト・ヒッツ(2)icon

★ザ・タイガース
★ザ・タイガース(ウィキペディア)



にほんブログ村 音楽ブログへ






↑押しに行こうよ 青いクリックのもとへ~(←お願いします)

<広 告>




スポンサーサイト

コメント

ザ・タイガース

★『君だけに愛を』
まあ、言ってることは他愛もないんだけど(笑)。
でもこのシンプルな歌詞がよかったのか、フリも含めてしっかり憶えてる。

http://www.youtube.com/watch?v=cNr2kaJtkUY

★『モナリザの微笑』
うーん、この曲はよく口ずさんでいた記憶がよみがえってきた。

http://www.youtube.com/watch?v=d85fItINAYQ

★『色つきの女でいてくれよ』
いわゆる、ファンに対するアンサーソングでしょ。
GSサウンドっぽさを残しつつ時代に合わせた佳曲。
それにしてもキー高すぎ。

http://www.youtube.com/watch?v=8CpudnR-s5E&feature=related
day 2011-06-1408:24
name メロオ
trip -
url

編集 ]

おお 愛のしるし 花の首飾り・・・

こんばんわ・・・おかわりありませんか・・・(^^)

ここの記事は秀逸、時代の証言者ですね、メロオさん・・・、
(おそらくは東京に出てきた集団就職の)姉弟の話、印象的です私・・・。
こんな感じですか当時の東京・・・?
http://www.youtube.com/watch?v=GDEc9rTGQjM

東京オリンピックと大阪万国博覧会の丁度間の時期、
即ち昭和39年(1964)と昭和45年(1970)の間・・・、
つまり1960年代後半・・・、昭和34年辺りからの好景気がひとまず終って、
戦後の様々な矛盾が吹き出し始めた時代、
大事件が続き、学生運動終焉で終る・・・、
私、出来ることなら見てみたかったですね、活字や映像でしか知る由もありません。

さてその「花の首飾り」ですが・・・、
♪あなさくむすめたちは あなさくのべで いなぎくのあなのくびかざり やさしくあんでいた
♪おおあいのしるし   あなのくびかざり・・・・

なかにし礼さんが泣きますねこれ・・・、ダメだと思います私・・・、
でも・・・ファンの中枢を占めていたと思われる(有職の)少年少女達には、
丁度十年前の美空ひばり辺りのおっかけと変らぬ、夢と憧れの的だったんでしょうね、
その人たちももう定年・・・、昭和は遠くなりにけり・・・ですね・・・。
そうそう、アメリカンクラッカーは私、谷岡ヤスジのマンガでよく見ました、遅れて・・・(^o^)

ところでこの「花の首飾り」・・・、こんな人達が歌いました、後に・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=NMIrKGLIwAM&feature=related

関西で活躍した姉妹デュオ「たんぽぽ」・・・、私、最近この人達に興味津々・・・、
とっても上手、「は」行の発音も大変綺麗・・・、
この作品、やっと日の目をみた感じ、最高の出来・・・。

編曲は福井峻さん・・・、オリジナルのすぎやまこういちさんを凌ぎます、そして・・・、
この作品、一番の聴き所は福井さんのハープなんです実は、姉妹の歌声差し置いて・・・。

二箇所ある、
「♪おお愛の印 花の首飾り」と、続く「♪私の首にかけてください」の間、
ここに流れる一瞬のハープのメロディーが絶品、
気品ある愛らしい愛らしい「花の首飾り」、誕生の瞬間です、
編曲家福井峻万歳です・・・(^^)
day 2011-12-3118:15
name
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/684-300f93df

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。