なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2008-06 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弘田三枝子

弘田三枝子という人は、どうにもお手上げ状態だ。その高いネームバリューに相違して、思い出が薄い。60年代の歌手として、欠かせないはずなのに・・・。
たとえば、坂本 九森山加代子園まり伊東ゆかり等々、同時代の方々はなんらかのカタチでしっかり思い出がある。

だから脳内の「弘田三枝子・記憶細胞」が欠落しているとしか思えない。真剣にそう考えてしまうほど、彼女は60年代に活躍していた。(と、思う)
パンチあるボーカルが、小気味よく弾んでいた。(と、思う)

弘田三枝子・しんぐるこれくしょん
弘田三枝子・しんぐるこれくしょん弘田三枝子

おすすめ平均
stars歌唱力のみの評価。
stars日本音楽シーンの宝
stars収録曲を確認されたし

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑しかし、歌唱力がダントツだなぁ。

弘田三枝子 ←ダウンロード購入。

記憶にあるとすれば、「レナウン娘のCMソング」だ。
    ♪レナウン レナウン娘が おしゃれでシックな~

そして、『人形の家』の特徴あるボーカルも覚えている。
    ♪私は はなたにぃー ひのちほぅ~
ただし「音声」としての彼女はわかるが、「映像」としての弘田三枝子に馴染みが薄いのだ。

作家の高橋克彦がミコの大ファンであったという。ファンクラブを作ったと言うほどだから、相当入れあげていたらしい。ある年代の方に、強烈なインパクトを与えたことは容易に察せられる。だから結局、私の年代ではない人なのだ、と理解するしかない。

それでも、なお疑問は残る。知名度がとても高いのに、映像としての彼女がここまで抜け落ちているのはなぜだろう?そんなことを漠然と考えていて、あることを思い出した。

ミコちゃんのヒット・キット・パレード
ミコちゃんのヒット・キット・パレード弘田三枝子

おすすめ平均
stars東芝の「子供じゃないの」やっと聞いたぞ!
stars元祖天才歌姫のヒット曲アルバム
stars再発はうれしいけれど…
stars格好良い
stars元気はつらつ、ミコちゃんお帰りなさい!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑ぽっちゃりミコちゃん。

-----感受性が強いのか、臆病なのか。幼児の頃は何事にも怯えていた。その反面、妙に大胆であり、そんな落差が幼児の特性かもしれない。あるいは私が特異なのか。

母の知人が上野に居て、この人を「上野のおばさん」と呼んでいた。ある日、遊びに連れていかれたが、その家の居間に飾られていた肖像画がどうにもいけなかった。常に私をジロリと睨むのだ。そんな感覚がつきまとい、たまらない恐怖を覚えた。しかしこれはマシなほうで、さらなる怖さは立体の人形である。

幼稚園の遠足で出向いた先は「Y遊園」という所だった。おりしも園内では「菊人形展」が開かれていた。入場のときはなんともなかったが、いざ出口にくるともういけない。そこに飾られている菊人形がダメなのだ。まったく足が踏み出せない。容易に頭の中で想像が広がり、今にも襲いかかって食べられてしまう映像がみるみる膨らむ。泣き叫ぶ私は、先生に抱きかかえられて出た。そんな園児はただ一人であった。-----

これをトラウマと言うのだろうか?ただ「人形」が苦手なことはたしかだ。そして、弘田三枝子の『人形の家』という曲は、タイトルだけでこの一事を連想させる。ところが妙なことに、曲の発表年代よりもこの体験は古いのだ。脳内で記憶がよじれ、妙な結合をしてしまったのだろうか。まったくわからないことだらけ・・・。

仮にそうだとすると「無意識の意識」で、私は弘田三枝子を避けていたのかもしれない。それも過去に遡って、記憶を消去するというアクロバチックな技まで使って・・・。今のところ、そんな突飛な辻褄合わせしかできていない。

スタンダードを唄う(紙ジャケット)
スタンダードを唄う(紙ジャケット)弘田三枝子

おすすめ平均
stars優れた歌唱の名アルバム、しかし、一部のアレンジとモノラル音源には疑問
stars天才少女の証明
starsやっぱり天才だぁ
stars凄い・・・これが16歳か!
starsやっぱりジャズのmico

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑スタンダードの魅力!

♪試 聴⇒弘田三枝子・しんぐるこれくしょんicon
♪試 聴⇒Essential Best 弘田三枝子icon
♪試 聴⇒ミコ・ミュージカルを唄うicon
♪試 聴⇒ミコR&Bを歌うicon

★弘田三枝子オフィシャルサイト
★弘田三枝子オフィシャルブログ『ミコブロ』
★弘田三枝子 人形の家 ←ファンサイト







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑クリックも見たくないほど あなたに嫌われるなんて~(←そんなことないですよね、お願いします)

<広 告>




スポンサーサイト

徳久広司

やはり演歌は、「北」なのだ。季節はもちろんしばれる冬である。小雪が舞い散る港町に、カモメが二、三羽飛んでいればなお良ろしい。熱燗、片手に赤提灯でしみじみ飲む・・・。そんな情景は、まさしく「演歌の世界」である。

そして思い出すのは、八代亜紀が唄った『舟歌』だ。実際、上記の景色は映画【駅 STATION】で描かれた世界そのもので、まるで『舟歌』の長編PVみたいな作品だった。
もっともそれ以前から、「演歌と北」は切り離せない関係があった。「雪」「酒」とくればどうしたって、「冬」で「北の地」でしょう。

TBS 水曜劇場の時間ですよ
TBS 水曜劇場の時間ですよ井上堯之バンド

おすすめ平均
stars70年代の匂いとのどかさを感じます
stars70年代ドラマファン、感涙の企画盤
starsおかみさん!時間ですよ~Byマチャアキ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑以前も紹介したCDです。

やがて、タイトルからしてそのままの曲が出る。昭和50年、徳久広司が唄った『北へ帰ろう』である。
この曲はよくTVで聴いたが、はてさてどんな番組だったか。
風吹ジュンの記事を書いていて思い出した。【寺内貫太郎一家2】である。
いかにも久世光彦氏が好みそうな曲である。
          ●久世光彦 特集【OnGen Music Lounge】

ほとんど同じ内容の曲に、昭和36年に小林 旭が唄ってヒットした『北帰行』がある。そう、間違いなくこれはオマージュなのだ。その『北帰行』にしても、元歌は旧制旅順高等の寮歌というから原点はさらに昔へ遡る。
だから『北へ帰ろう』が文語体なのも、意味があるように思える。そして、その古めかしさこそがこの曲を際立たせているのだ。

  ♪みとせの夢よ わが恋よ
    君くれないの くちびるよ~  
で終わるこのフレーズなんて実に『影を慕いて』を彷彿とさせる。
だが、覚えているのは冒頭のここだろう。
         ↓ ↓
   ♪北へ帰ろう 思い出抱いて
     北へ帰ろう 星降る夜に~
なんと、ロマンチックなのだろう。
何が彼を「北へ帰ろう」とさせたのかはわからない。きっといろいろあったんだろう。だが、そんな悲恋が、ロマンチックと似合うのだ。センチメンタルな男の心情が、徳久広司の切々と唄うボーカルに滲み出て説得力を生んでいる。

ただし、これは男側の言い分で、女性からすれば「身勝手」と思われても仕方ないでしょう。まして「愛しき人よ 別れても 心はひとつ 離れまい」なんて・・・。別れたのに、未練がましいって。

続・青春歌年鑑 1975続・青春歌年鑑 1975
オムニバス

ビクターエンタテインメント 2002-11-27
売り上げランキング : 47326

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑良き時代だった、と今にして言える・・・。

♪試 聴⇒Tbs水曜劇場の時間ですよicon
♪試 聴⇒続・青春歌年鑑 ’75 PLUSicon
    
★徳久広司(ウィキペディア)







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑北へ帰ろう クリック押して~(←お願いします)

<広 告>




畠山みどり

この人もこまどり姉妹と同じで、記憶のタンスになく屋外のガレージに置き去りにしていた。すっかり忘れていた人である。しかし畠山みどりを知っている方って、どれだけいるのだろう・・・。

実は最近、1960年代のルポ・タッチのエッセイを読んだ。(←山口瞳の作品)そこに彼女が登場していた。1962年の世相を軽妙なタッチで描いた作品で、彼女は新人ながらバリバリのトップ・スターとして現れる。飛ぶ鳥を落とす勢いだった頃の彼女のハツラツぶりが描かれている。(当時のトップスターだった島倉千代子をも凌ぐ勢い)

もちろん新人が頭角を現すときは、いつだってそんなもの。ただ歌謡曲真っ盛りのこの時代は、今より話題になっただろうし、世間への浸透度も高かったはず。そんな畠山みどりだが、私の記憶はなんともおぼつかない。

畠山みどり全曲集~市川昭介作品集畠山みどり全曲集~市川昭介作品集
豊寿 豊鈴

コロムビアミュージックエンタテインメント 2007-05-23
売り上げランキング : 212012

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑この派手さは外人並み(笑)。

畠山みどり ←ダウンロード購入。

唯一知ってるはずの『恋は神代の昔から』という曲も、馴染みは薄い。
  ♪恋をしましょう 恋をしてぇ
    浮いた 浮いたで 暮らしましょう~
そして転調して  ♪昔の人は 言いました~ あたりが妙味になるのだろう。

試聴してみると『出世街道』という曲も聴き覚えがあった。
  ♪やるぞ 見ておれ 口には出さず
    腹におさめた 一途な夢を~

こうして一連の曲を聴いていて思うのは、水前寺清子である。
実に似た印象をうける。「男らしい曲を歌う女性歌手」というポジション。(村田英雄の女性バージョンか・・・笑)ただ、そこに三味線の音が入るかどうか・・・。しかし、そこにこそ大きな「時代感」がある。

1962年デビューの畠山、1964年デビューの水前寺。ほぼ同時期に活躍した二人だが、ネームバリューの差は否めない。その最大のポイントは、全国民が釘付けになった時代の【紅白】だろう。常連として司会も務めた水前寺は、ドラマのレギュラーでも知名度を上げていった。

こうして考えると、「柳の下にドジョウは二匹いらない」ということになる。でも、芸能界って「何匹もドジョウが居る」場合もあるからなぁ。(結局、キャラがかぶっても残る人は残る)

こまどり姉妹同様、三味線の音と共に時代を感じる畠山みどり。だが、ご両人はいまだ現役なのだ。うーん、女性はやっぱり強い・・・。

青春歌年鑑 1963
青春歌年鑑 1963オムニバス

おすすめ平均
stars妙に納得!
starsオリンピックを目前にしていた年の流行り歌

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑いろんな意味で勢いのあった時代・・・。

♪試 聴⇒畠山みどり全曲集 市川昭介作品集icon
♪試 聴⇒恋すれど廃盤 Vol.5 エンカだよicon
♪試 聴⇒この人この歌大全集icon
♪試 聴⇒青春歌年鑑’63 BEST30icon

★畠山みどり ~歌姫~  ←公式サイト







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑クリックしましょう クリックをしてぇ~(←お願いします)

<広 告>




河島英五

「巡りあわせ」というのは気まぐれで、それは「運・不運」という言葉に置き換えられるのかもしれない。出会いのタイミングもあれば、どこで出会ったかということもある。それで言えば、私の河島英五体験は「不運」だった・・・。

長身痩躯でサングラス、どことなく松田優作を彷彿とさせるその姿に興味を覚えたのがキッカケだ。早速、買ったのが『人類』というアルバム。しかしこれ、まったく心に響いてこなかった。たしか一、二度聴いただけで、以後ジャケットを開けていない。

河島英五ベストセレクション&ベストライブ「生きてりゃいいさ」
河島英五ベストセレクション&ベストライブ「生きてりゃいいさ」河島英五 伊奈二朗 阿久悠

おすすめ平均
stars酒臭く男臭い
stars自分を見失った時に
stars亡くなる前に出会いたかったです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑ホントにタイトル通りなんだけどなぁ・・・。

貧乏学生だったが、なぜかこの時期はカジュアルにレコードを買っていた。
門あさ美松原みき、ノーランズ、杉真理来生たかお等々・・・。予備知識がある人もいれば、まったく知らない衝動買いもある。だが、たいていは「当たり」のレコードで、自分の直感に我ながら満足していたものだ。しかし、唯一「スカ」を引いたのが、河島英五だった。

ヒマを持て余していた学生時代は、麻雀ばかりしていた。今のようにインターネットもなければ、家庭用ゲーム機も普及していない。だから、本やレコードでひとときの無聊を慰めていたが、もしかしたら贅沢な生活だったのかもしれない。

その後の彼の活躍と悲劇は、皆さんご存じでしょう。
名曲『酒と涙と男と女』の印象が強く、いつの間にか「人生語り」的なスタンスに立っていた。阿久悠が作詞した『時代遅れ』の影響もあり、すっかり「男歌」の権威になっていた。

GOLDEN☆BEST/河島英五 SINGLES
GOLDEN☆BEST/河島英五 SINGLES河島英五

おすすめ平均
stars初めて聴かれる方ならお得ですよ
starsよかったです
stars悪いなあと思いつつも、本音を書きます。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑よく見りゃ、名前もカッコイイ。

だから私は、彼の立ち居地がすっかり変わった点にまず驚いた。もちろん不運な出会いのため、その後の彼をほとんど知らないし、追っていないせいでもある。ファースト・インプレッションが強く残っていて、どこか精悍なロッカー・イメージがあるのだ。

もっとも、若い時に野性風でどこか「悪」のニオイを漂わせている男性は、人生相談なんかしてくれそうだ。長じてそんな位置に立つのもおかしくない。そんな人は大雑把に見えて、実は繊細な神経を持っている。居酒屋を開業して、マスターとして相談事にのるタイプなのだ。もちろん、ぶっかき氷に焼酎を入れるのがその店のマナー。当然、つまみはスルメかエイのひれでしょう。

そんな頼れるアニキが、頼れるおじさんになり、やがて皆から愛されるおじいちゃんになるものだと思っていた。でも、そんな相談事もできなくなってしまったんですね・・・。

酒場ロック
酒場ロックオムニバス

おすすめ平均
starsなるほどねぇ
starsアルコール依存症でもいい!
starsあなたの歌を探し求めて

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑下戸な私はこれだけで酔いそう(笑)。

♪試 聴⇒メモリアルicon
♪試 聴⇒Golden Best / 河島英五singlesicon
♪試 聴⇒哀愁歌 男酒 男泣きicon
♪試 聴⇒フォークの楽聖 名選集icon

★河島英五公式WEBサイト
★ベスト・コレクション/河島英五
★アナム & マキ official site ←娘さん







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑押して 押して 押されて 押して やがてクリックは~(お願いします)

<広 告>




結城 大

その夏は、友達とよく図書館へ通っていた。もちろん勉強などという無粋なせいじゃなく、お金をかけずに遊べる場として利用するためだ。夏休みの退屈な日々の中で、刺激を求めていた時期である。

その日、図書館で騒いで追い出された私たちは、何もすることがなくブラブラ歩いていた。そのとき、突然声をかけられた。二人の外国人と一人のお姉さんに。城に一緒に登ろう、と誘われたのである。

城は図書館に隣接した公園に建っていたが、一度も足を踏み入れたことがない。わざわざお金を出して入ろうなどと考えたことがない。だから、そのとき入館料を払ってもらい初めて天守閣へ登った。地元の子供とのふれあい、ということだったのだろう。

お城 城から見渡す公園は、夏の匂いに満ちていた。幹線道路に面しているのだが、そこだけ森閑とした静寂に包まれていた。まだ昼下がりのためか、所在なさげな熱気が木々のそこかしこにうずくまっている様相だった。まるで行き場の無さに困惑している自分たちを見るように。

↑こんなお城だった。(画像拝借)

公園を見下ろしながら、私は通訳のお姉さんに尋ねる。
「庭って、英語でなんて言うの?」
そして、私は外国人におどけながら少しの誇らしさを演技しつつこう言った。
「マイ・ガーデン!」 
私の精一杯のアメリカン・ジョークで、初会話でした。(←しかしガーデンという単語すら知らなかったのだ・・・恥)

そしてその時期にリンクするのが、結城大であり、金井克子であり、美樹克彦となる。(その頃、よく見た昼の番組で彼らの曲をよく聴いたため)
なかでも、結城大が歌う『花屋の上のカフェテラス』はたまらなく好きだった。

結城大 ←こんな顔の人でした。記憶ではもっとカッコ良かった気が・・・。残念ながら彼のCDどころか曲が入ったものすら見つからなかった。

その時期にわずか数度しか見てないのに、名前も曲名もしっかり覚えている。おそらく振り付けもあって、そのインパクトのせいもある。だが、今となってはどんな曲かまったく思い出せない。見事にきれいサッパリ忘れている。

たいへんおぼつかない書き方で、誠に遺憾の意を表明したい。でも、ネットで調べてもわからなかった。まったく「幻の歌手」である。だが間違いなくあの夏、私のハートを射抜いたのは「結城大」なのだ。男なのに・・・。

ただ、そのときの状況もある。
アラン・ドロンの【太陽がいっぱい】では、犯行の最大の理由に「太陽がまぶしすぎたから」というのがある。私もきっと、夏の昼下がりの倦怠感と行き場のなさが深く関係したのだろう。だから、私も「太陽がまぶしすぎた」ということにしておこう(笑)。夏の持つ魔力だったのだと。

そんなわけで、私が初めて外国人と話したのは中学の夏である。「結城大」と共に忘れがたい記憶として残っている。遡れば、幼い頃にグロリアちゃんとコミュニケーションしているが、これは幼児だからできた気がする。(←この話はまた別の機会に)
さて、あなたが初めて外国人と話したのはいつでしたか。

青春歌年鑑 1973
青春歌年鑑 1973オムニバス

おすすめ平均
starsほとんどの曲を今でも歌えるほど身近な曲の数々です
stars「続」の方と合わせてどうぞ
stars一緒に歌いましょう!
stars中学校の同窓会

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑それは、1973年の出来事でした。

♪試 聴⇒青春歌年鑑1973 Best 30icon ←結城大はありません。

★昭和スター倶楽部[マルベル堂・結城大]






にほんブログ村 音楽ブログへ


↑いつもあの娘と 出逢うのは 花屋の上のクリック~(←お願いします)

<広 告>
Sony Music Shop



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。