なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-10 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三善英史

ほとんどこの一曲でしか記憶されていないだろう三善英史。「雨」である。
 ♪あめに~濡れなが~ら~たたずむ人がいる~。
世間では「一発屋」というかもしれないが、私にとっては強い印象を残す名曲。

何より歌詞が良い。(かなりM度高し)あの頼りなげな独特の歌唱法とあいまって、これぞ三善英史の真骨頂!まさにノーガードの哀切感じゃないですか。森昌子と新人賞を争ったときは応援したんだけどね。

しかし今思うに、あまりにも路線キメキメの戦略(生い立ちも含めて)はまずかったのかなぁ。最近、懐メロ番組でお見かけしたがあの微妙で不安定感が売りの歌唱が・・・・。森山直太郎くんも将来を考えて歌った方がいいかもよ。(余計なお世話だ)

B0007G8BOY〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(17)雨 あなたが帰る時
三善英史 千家和也 石坂まさを 浜圭介

ビクターエンタテインメント 2005-03-09
売り上げランキング : 25,265

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑もう、イントロを聴いただけで切なさがこみ上げてくる『雨』・・・。

追記:拙ブログの第一号記事です。まだ記事量が少なくて、物足りないでしょうがお許しください。

個人的思い入れが強いこの曲。首都圏から地方に転居した時期と重なります。また、小学校から中学生活にシフトした時期でもあります。
いずれにしても、多感(?)で変化に富んだ時代でした。今、聴いてもすぐにあの頃へ、タイムトリップしてしまいます。なんか、気持ちの良い切なさが溢れてきちゃうんだなぁ・・・。

♪試 聴⇒名盤・貴重盤コレクション17 雨 あなたが帰る時icon
♪試 聴⇒雨の詩icon ←オムニバス

★三善英史オフィシャルサイト







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑クリックの花が咲く~土曜の昼下がり~♪(お願いします)



スポンサーサイト

コメント

前奏がなんとも妙味

メロオさんこんにちわ。書かれていた通り、歌のヒットとあいまって、生い立ち、プライベートすぎる話題が先行してましたね。

デビューヒットの♪雨♪だけでなく、翌年かな?♪円山花街母の街♪も泣かせてくれましたよね。まあ私は泣きませんでしたけど。
最近は病気されたのか、声が出てなくて、まだ若いのに残念な気がします。

それはともかく、代表曲、雨 の前奏は軽快と言うのか、テンポ良いメロディーでカラOkで時々唄ってます。
day 2005-09-1410:59
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

マイなつメロのNO.1

やっと本記事にもコメントがつき嬉しいかぎりです。なにしろ当ブログの一番最初の記事ですから。だからまだ記事量も少なくて。
私の中での「なつメロ度」ナンバー1の曲なんです。もう思い出がありすぎて・・・。
しかし、この歌をカラオケで歌えるなんて、凄いなぁ。たまにチャレンジしますが、とうてい私には歌えません。
今聴くとかなり「演歌調」だけど、やっぱり良い曲だなぁ。胸にずっしりくる。(多分に思い入れが強いのでしょうが)
day 2005-09-1416:21
name メロオ
trip -
url

編集 ]

次じゃなく史

ずっと「三善英次」 と表記してました。正しくは「三善英史」!
遅ればせながら修正しました。

歌詞にある「土曜の昼下がり」は、まだ週休二日制じゃない頃の話。学校は半ドン。会社もそうだったかな?土曜日の意味合いが今と違います。抑圧された後の開放感、といったものがあったなぁ。
day 2006-11-1319:03
name メロオ
trip -
url

編集 ]

新人賞を争ったって?

こんばんわ。私紅白には敏感なんだけど、レコ大等の新人賞って余り覚えていないのよ。三善が森昌子と新人賞を争ったって書いてるけど、結局レコ大の最優秀は誰だったのか思い出せないわ。又歌謡大賞の新人賞は2名だったはず。ここは二人がもらったわけよね。
ほぼ同じ時期に麻丘めぐみもデビューしてるけど彼女とは争ってなかったの?ごっちゃになってわからないわ。

最後に三善英史は昌子と同じくデビューの年は紅白からお呼びがかからず、翌年初出場よね。何故か昌子はデビュー曲の♪せんせい♪を歌い、三善は前年の♪雨♪ではなく2年目の♪円山花街母の街♪を歌ったのよね。
day 2006-11-1422:00
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

歌謡祭全盛の頃

調べましたらレコ大の最優秀新人賞は「麻丘めぐみ」でした。昌子も英史も新人賞止まり。ちなみに郷ひろみと青い三角定規も同様。凄いレベルでしたねぇ。
日本歌謡大賞は、昌子と共に受賞していました。

記憶では、昌子が受賞して英史が落選した賞もあったはずなんですが。(日テレ系かな?)
いずれにしても、そんな歌謡祭も今は遠い時代のお話、ですね。
day 2006-11-1523:13
name メロオ
trip -
url

編集 ]

YOU TUBE三善英史

実はかねてからたびたびチェックしてた三善英史の『雨』。やっとUPされてました(笑)。ま、すぐに消えちゃうんだろうけど。
★『雨』
http://jp.youtube.com/watch?v=pjlaG5kFcFs

以前コメントしたけど、この曲の歌詞で特徴的なのはやはり「土曜の昼下がり」という言葉。
週休二日制じゃない時代だから、まさに「開放」を象徴する言葉。そんな時間帯に、雨に打たれながらじっと耐えて待つ対極な主人公。
なにしろ「恋はいつの日も捧げるものだから」と語り、「じっと耐えるのがつとめと信じてる」んですから。
それにしてもまだ子供だったのに、それなりに意味を把握していたような・・・。だからメロディの良さだけで惹かれたのじゃなく、歌詞にも気があったような・・・。
day 2007-07-0101:47
name メロオ
trip -
url

編集 ]

YOU TUBE三善英史

やはり上で紹介した『雨』は、消えてしまいました。でも違うバージョン、UPされてました。ま、これもまた消えていくのですが。こうなればイタチごっこです。
なんといっても、イントロがいいですねぇ。
http://www.youtube.com/watch?v=tF4aLJ-sarY
day 2007-09-2707:18
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ワイヤーブラッシュの魅力・・・「雨」・・・

こんばんわ。

突然ですがメロオさん・・・、ワイヤーブラッシュっていう楽器、御存知ですか・・・?

こちらから・・・。

http://yamaha.jp/product/drums/sticks/brushes/br350/

これは打楽器たるスネアドラム(小太鼓)、あるいはシンバルを叩く時に使う楽器・・・。

これを使うとカサコソ、あるいはパサパサ音がします、ムード音楽などには欠かせません。
私、とっても好きな楽器の一つなんですが・・・(^^ゞ・・・。

それからソプラノサキソフォン・・・、
円錐形をしたこの楽器は演奏するのが割りと難しい楽器、アルトやテナーのサックスよりも。

そしてこれらの楽器に先行する美しい美しいアコースティック・ギターで始まるのが
後村上さんもご指摘の近藤進さん編曲の、とても印象的なイントロなんですね・・・(^-^)。

こんな始まりでしたね・・・・、こちらから・・・。

http://www.stickam.jp/audio/175838969 (スグに始まります)

そして編曲は比ぶべくも無いんですが一応こんなのもありました。
こちらから・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=0Ct7CrzHp-s

さてこの曲・・・、そういうわけで、もう憎ったらしいほど丁寧に、
隅から隅まで丁寧に作られた傑作です・・・(^-^)・・・。

「雨」・・・、その詞、そして三善さんの歌声も然ることながら私・・・、
浜圭介さんのメロディーとともに何より近藤さん、彼で聴かせる名曲だと思うのです・・・。


P.S.

「半ドン」・・・、懐かしい言葉ですね・・・。
これ・・・、「半ドンタク」の意味・・・、
ドンタクとはもうスグ始まる「博多どんたく」のドンタク・・・(^o^)・・・。

もともとオランダ語のゾンターク(休日)の意味・・・、なんですね・・・(^-^)・・・。
day 2008-04-2222:59
name
trip -
url

編集 ]

ミラクル・千家和也

フライパンの掃除に良さげなワイヤー・ブラッシュですね(笑)。
ま、冗談はさておき、アレンジ違いで印象も変わります。
でもどっちにしても、とっても素敵なそして印象に残る前奏に変わりありません。

久世光彦氏のエッセイに書かれていたんですが、この時期の千家和也は凄かったと。
奥村チヨ『終着駅』、平浩二『バス・ストップ』、そして『雨』等々・・・。
そこで描かれる女性の在り方を書いてました。

調べてみると同期の麻丘めぐみ『芽生え』も彼の作詞だったとは・・・。
自分の作品が共に新人賞争ってたんですね。
そして翌年、問題作の百恵ちゃんを手がけるわけで。
ちなみに都倉俊一の連載エッセイ「マイ・フレーズ」(週刊「新潮」)では、
最初ごく普通の詞だったがインパクトが必要となり、「考えてきます」と
いってすぐに持ってきたのが『青い果実』。
さすがの都倉氏もうなったとか。

千家さんもう作詞活動されてないようで、久世さんもその才を惜しんでました。
あきらかにそのときの久世光彦は、同業者・小谷夏の目で見ていたようです。
day 2008-04-2223:29
name メロオ
trip -
url

編集 ]

雨・・・

こんばんわ・・・(^-^)・・・。

三善英史さんの「雨」・・・、スタジオ録音ありました、こちらから・・・。

http://jp.youtube.com/watch?v=aBzNAdgoruE

ソプラノサキソフォンと、小太鼓をカサコソ叩くワイヤーブラッシュ、大変魅力的・・・(^-^)・・・。
何処までもかしこまでも丁寧に丁寧に作られた楽曲です。
ちょうどいいですね、聴くのは・・・、今頃の季節が・・・。

「♪傘の花が咲く 土曜の昼下がり・・・」・・・、

半日だけど、勤めねばならぬ時代でしたね・・・。



day 2008-06-1620:42
name
trip -
url

編集 ]

心の故郷の歌

思えば拙ブログも数年続いているわけですが、その第一号記事がこれでした。
しかし、こんなに続くとは・・・。皆さんのコメントがなければ、きっととうに止めたことでしょう。
ずいぶん、書き方も変わってます。今ならもっと情緒的に書くでしょう。

いつ聴いてもこの曲は、当時を思い出します。
まったく、私にとっては「心の故郷の歌」のようですよ・・・。
day 2008-06-1620:57
name メロオ
trip -
url

編集 ]

とっても素敵なサイトですね。なつかしいアイドルたちでいっぱい(^^)中でも私はその昔、三善英史の大ファンでした。「雨」は今でも聴く度にゾクゾクするし、「雨」に隠れてあまり目立たないけど「細雪」「彼と・・・」や「少年記」も大好きでした。今度ベスト盤CDが出るそうで、ぜひ買おうと思っています。
day 2009-08-2822:29
name ミサト
trip -
url

編集 ]

いつ聴いてもイイ

私的思い出ばかり語ってます(笑)。
私は三善ファンというより『雨』ファンなので、他の曲あまり知りませんが、それでも彼の哀切感あふれるボーカルは貴重でしたね。
ぜひ、ベスト盤お買い上げください。

なぜか三善英史はリンク切れが早い・・・。で、また貼っときます(笑)。

★『雨』

いつでも、何度聴いてでもイイ・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=bpzOgCollII

★『円山.・花町・母の町』
これももちろん知ってます。

http://www.youtube.com/watch?v=UJ6Uskg7P3o
day 2009-08-2920:55
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/1-edbb69d3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。