なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-06 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏木マリ

子供だった私は彼女の歌う『絹の靴下』や『お手やわらかに』、『夏のせいかしら』が、とてもイケナイ禁断の世界に思われた。セクシーなマスクと妖艶なスタイル、そして何より指先のあの淫らな動き・・・。いわゆる「セクシー歌謡」というジャンルだ。

そもそも「セクシー歌謡」は、キワモノ的な一種の彩り感で成り立っていたと思う。だからメジャーになりにくい。
思い出しても彼女と安西マリアぐらいか。いや、安西マリアはアイドル路線に近く、純然たる人はやはり彼女だなぁ。(山本リンダは例外)

惜しいのは大信田礼子だ。もう少し歌がうまければ、立派に世の男性を悩ませたと思う。もちろん当時は子供でわからなかったが、振り返ると大信田礼子に都倉俊一が惹かれた気持ち、よーくわかる。

絹の靴下絹の靴下
夏木マリ

キング 2002-09-04
売り上げランキング : 91768

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑妖しい世界、繰り広げられてます(笑)。

夏木マリ ←ダウンロード購入。

近年、夏木マリは「舞台」で活躍中らしい。
10数年前、俳優のラウル・ジュリアとの仲が報じられた。ごくわずかな報道で、真偽の程はわからない。あるいは宣伝だったかも。

余談だが、私は相手がラウル・ジュリアと聞いて驚いた。彼は映画【ワン.フロム.ザ.ハート】に出ていたから。フランシスコ.F.コッポラの世紀の失敗作といわれる作品だ。(スタジオ倒産までしたと伝えられている)

しかし、私はこの映画が好きなんですね。甘いラブ・ストーリーのミュジカル仕立て。ハリウッドを思わせるネオン群などの人工美。音楽も良い。まさに映像美と音楽が魅せてくれたのだ。

しかも全部の撮影がスタジオセット内。そりゃ予算もかかるし倒産もうなづけてしまった。この映画こそ映画館の大スクリーンで見て正解だった。

さて、夏木マリに戻そう。あらためて彼女の「全曲集」を聴いてみると、そのセクシー路線ぶりが一貫していて気持ちいい。

彼女の歌を一言でいえば「男性に口説かれて、困ったふりをしながら楽しんでいる」パターン。そして「靴下」や「夏」のせいにしてアバンチュールの自己正当化をはかっている。まさに「女心をガッチリつかむ本」あたりに出てきそうな女性の逃げ場作り(理由づけ)だ。

ああ、せめてもう少し思春期になってから出逢いたい人だったなぁ。

13シャンソンズ
13シャンソンズ小西康陽 セルジュ・ゲンズブール ジェームス・テイラー

おすすめ平均
stars大人の女性の色気漂うアルバム。
starsかっこいい1枚
starsかっこいい女性とは
stars告別式
stars夏木マリ、90年代スタイル

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑表現力があるからシャンソンも合ってる。

♪試 聴⇒決定版 夏木マリicon
♪試 聴⇒ジビエ・ド・マリicon
♪試 聴⇒13シャンソンズicon
♪試 聴⇒パロールicon

★公式HP







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑間違いはあの時うまれた 私はクリックしたい~(←お願いします)

<広 告>
Sony Music Shop



スポンサーサイト

コメント

杉田かおるに唄わせたら?

夏木姐さん、好きですねえ。NHKの義経では私の親戚?の後白河法皇の妻か側室役で、なんともいえない雰囲気を出してます。

♪絹の靴下♪のヒットで紅白にあと一歩と言う時に姐さん、ご病気になられて初出場を逃しましたね。際どい曲だけどNHKでは既に唄ってたので当時残念に思った人は多かったはず、私もその一人。

♪間違いはあの時生まれた 私は我慢できない 上流の気取った生活 退屈すぎる毎日 ああ~ん絹の靴下は私を駄目にする ああ抱いて獣のように 裸の私に火をつけて♪

青江姐さん♪あっふぁんあなた知ってるーー伊勢崎町ブルース♪も辺見マリ姐さんの♪経験♪も、チヨちゃんの♪恋の奴隷♪も真っ青な過激なこれでもかの歌詞。
この歌詞なんですが、今が旬の杉田かおるに唄わせたらどうかと、ずっと思って事務所に企画書を送る準備をしてるのですが。って此処で公にしたら不味いかな。
タダネ、マリ姐さんほどセクシーに歌えないだろうけど、歌詞の内容は杉田のこれまでのこととかなりダブるのでタイムリーだと思ってますが、、。フィンガーアクションも必ずお約束でね。

夏木マリ姐さんは最近は舞台にドラマに忙しいけど、来年の思い出のメロデイーに出演して欲しいなぁ。長文失礼しました。
day 2005-09-1322:08
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

セクシーは勝気

ご病気になられて初出場を逃しましたね>そうだったんですか。知らなかったですよ。「絹の靴下」だけでなく「お手やわらかに」「夏のせいかしら」もハッキリ記憶に残っていて、一発屋ではない印象です。
杉田かおるに唄わせたらどうか>なるほど。タイムリーですね。セクシーさが足りない気もしますが。
私の数少ない経験上、セクシーさをウリにしてる人ほど、気性は「男っぽい」人が多いようで。モデルなんてほとんど男っぽいし。
day 2005-09-1415:42
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ショートコメントっ

「夏っ決まりっ」(by新庄)ってだけでCMに出とる彼女に拍手っ(泣)
day 2005-09-1520:49
name chibaggio
trip lLj05HdQ
url

編集 ]

イントロ考

試聴を聴いてると、イントロが面白いなぁ。この時代のいわゆる「歌謡曲」全般に当てはまる事なのかわかりませんが。(でも、おそらくそうだった感じがする)
よく演歌だと、名司会者・玉置宏を筆頭に、イントロで盛り上げのナレーション入る。だから結構、イントロは大事。その名残が「歌謡曲」も引きずってるのでしょうか?
day 2005-09-1521:15
name メロオ
trip -
url

編集 ]

夏木マリ・試聴

リンクと試聴し直しました。
以下、一連の曲は私の思春期の「夏」を思い起こさせなんともいえない。
そして、思うのは彼女のキャラを実に見事に表現していたということ。
ハッキリしたコンセプト・メイクでお見事です。

★『絹の靴下』
http://jp.youtube.com/watch?v=2lup8mJeWq4

★『夏のせいかしら』
http://jp.youtube.com/watch?v=WTwQttpTuOs

★『お手やわらかに』
http://jp.youtube.com/watch?v=bXsy1-STMvI
day 2008-06-0921:39
name メロオ
trip -
url

編集 ]

こんな曲もあります

丹羽応樹が作曲した

http://jp.youtube.com/watch?v=FBcTvj4s0ZA

『チャイナタウン』

と言う曲があります。
メロディを聴くと、いかにも丹羽さんって感じのメロディでなかなかポップでリズミカルな曲です。
リズミカルと言えば、パーカッションの人とフランス婚とか言ってありましたが、ウィキペディア見ると結婚したみたいな事も書いてましたが、どうなんでしょうかねぇ。
ちなみに私事ですが、今週末は、パーカッションの方と昔コンビを組んでいた下田逸郎ライブを今週見に行く予定だったりします。
あまり関係ないか(笑
day 2008-12-0422:42
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

心のあり方がエライはず

昔、イカ天によく出てたような気がする斉藤ノブ氏ですね。
夏木マリは、あれから30数年が経ったけど今でも、活躍してるんだからやっぱり「才能」があって、何より「向上心」があるんでしょう。
たいしたものです。
当時、ここまで生き残るとは思わなかった・・・。
day 2008-12-0519:01
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/108-91678ac0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。