なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-09 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉山清貴&オメガトライブ

80年代半ば、「夏」といったらサザンでもなく、TUBEでもなくダントツ!このグループが私の定番だった。(後にTUBEを、追っかける私であるが)
『サマーサスピション』、『アスファルト・レディ』、『君のハートはマリンブルー』等々・・・。

すでに廃盤だろうが「カマサミコングがDJをしてたアルバム」は最高に良かった。車内で聴くベストMUSICのマイNO.1ともいえる。

THE OMEGA TRIBE
B00013PHLS杉山清貴&オメガトライブ

バップ 2004-02-11
売り上げランキング : 1,112

おすすめ平均 star
starリゾート×シティー×哀愁の絶妙なコンビネーション
starすごいっ!
star「サイレンスがいっぱい」がめっちゃ好きやねん!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑杉山の声は、大好き!

杉山清貴 ←杉山清貴、ダウンロード購入。

もちろん杉山清貴の爽やかでCOOLなボーカルは実に魅力的!そして、さらに楽曲とコンセプトメイクが巧みだった。林哲司のメロディと洗練されたシティイメージを彩どる作詞陣。(康珍化と秋元康)

後年、カルロストシキとかいう純粋日本人顔のブラジリアンが登場するも、それはまた別のお話・・・。(でも『君は1000%』はけっこう聴いた)

余談だが、華原朋美の『涙の続き』の冒頭はオメガ・イメージに近いものがあるなぁ、と思ったら案の定、秋元康の作詞だった・・・。

林哲司 ソングブック~Hit&Rare Tracks~
林哲司 ソングブック~Hit&Rare Tracks~オムニバス 林哲司 杏里

おすすめ平均
stars捨て曲無し、80年代JPOPの第一人者
stars懐かしくて涙です。
starsJポップファン必聴
stars分かる人には分かるベストの選曲
stars林さんの才能が満喫できます!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑イイ!もう最高。彼の作品にも惹かれたんだ、と再確認しました。

♪試 聴⇒THE OMEGA TRIBEicon
♪試 聴⇒CORE BEST TRACKSicon
♪試 聴⇒林哲司ソングブック~Hit&Rare Tracksicon

★杉山清貴unofficial「SUNDAY BRUNCH」
★林 哲司 Official Website







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑季節はずれの クリックひとつ~(←お願いします)



スポンサーサイト

コメント

はじめまして

こんばんは。
先日はこちらにTBのお返しをありがとうございました。杉山清貴&オメガトライブは爽やかな夏がぴったりのアーティストだったかなと感じています。懐かしさもありますが、今聴いても良いものは良い!ですよね。
では、今後もよろしくお願いします。またお暇がありましたら、遊びにいらして下さいませ。
day 2005-07-3020:58
name REALLIFE
trip KWyWoJQ6
url http://blog.goo.ne.jp/rt000gal

編集 ]

スーパーチャンスも・・・

あ~ スーパーチャンス
これも聞きましたね。
でも、やっぱり、カルロストシキよりも杉山清貴ですね。
『サマーサスピション』が好きです。
day 2005-08-3018:47
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

林哲司の分身

また先日見たTV番組「林哲司」の話です。まったくありのままの自分をさらけ出せる歌手が彼らだったとのこと。まさに自分の分身が現れた感覚だったそうです。
彼らのデビューから一連の曲はホント、好きだったなぁ。
day 2005-08-3019:50
name メロオ
trip -
url

編集 ]

試聴・最後のHoly Night

杉山清貴ソロの「最後のHoly Night~95バージョン」の試聴を追加しました。
day 2005-09-2200:32
name 追記
trip -
url

編集 ]

林哲司ソング・試聴

「林哲司 ソングブック~Hit&Rare Tracks~ 」の試聴とアルバム紹介を、追加しました。
ホント、好きな歌がいっぱい!

考えてみると「杉山&オメガ」が好きになったきっかけは、デビュー曲「SUMMER SUSPICION」の楽曲の良さだった。

なんか彼の作品って、カッコイイんですよね。AOLの良いところだけを寄せ集めたらこうなった、って感じ。
●稲垣潤一「思い出のビーチクラブ」
●杏里「悲しみがとまらない」
●竹内まりや「September」
●松原みき「真夜中のドア」
●中村雅敏「パズルナイト」等々も収録。
オメガは、三曲入ってる。
day 2006-02-2806:50
name 追 加
trip -
url

編集 ]

映像・杉山&オメガ

『ふたりの夏物語』を【ザ・ベストテン】で唄う映像です。やっぱり杉山の声は、クールだ!
day 2006-06-1921:44
name 追加
trip -
url

編集 ]

かん・りんコンビ

康珍化・林哲司コンビの曲が多いですが、いいですよね。
『サイレンスがいっぱい』とか好きです。
day 2006-12-2411:05
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

黄金トリオ?

かん・りんコンビ、イイですね。それに彼のボーカルが加わって、黄金のトライアングル?かな。
季節は『最後のHoly Night』、ですね。
day 2006-12-2617:08
name メロオ
trip -
url

編集 ]

YOU TUBE夏のオメガ

★『サマーサスピション』
記念すべきデビュー曲。杉山清貴がソロでしっとりとアダルトに唄ってます。これはこれでいいけど、オメガはやっぱり元気よくですね。
http://www.youtube.com/watch?v=RejXivHvgqY

★『君のハートはマリンブルー』
元気のよいサザンが『いとしのエリー』をリリースしたのと同じ印象があります。オメガもアップテンポからいきなりスローなこの作品を発表。佳曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=ug6ZrYevPfI

★『ふたりの夏物語』
オメガ・イメージを一番強く打ち出している印象があります。歌詞をよく聴けば、ナンパなんですけどね(笑)。
http://www.youtube.com/watch?v=e0zlVCNV-ZI
day 2007-06-0907:41
name メロオ
trip -
url

編集 ]

のん姉ちゃん・200W

『サイレンスがいっぱい』は、松木ひろし脚本、大原麗子主演の土曜グランド劇場“のん姉ちゃん・200W”の主題歌でした。
大原さんは、活発なカメラマンの役で、色々と波瀾万丈な中で強く生きると言う感じで、他に美木良介や野口五郎や篠ひろ子などが出ていました。
そして『サイレンスがいっぱい』がこのドラマを引き立てていました。
この頃(1985年)くらいまでの土曜グランド劇場は、まだ良かったですね。

ところで、松木さん脚本、大原さん主演のドラマと言うと、他では、主題歌が
♪自由と言う名の魔法が消えたら とたんに大人になるだけ
の『聖女房』が思い浮かびました。
day 2007-10-0922:45
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

大原麗子

後に大原麗子のキュートさにまいった私ですが、当時はまだわかってませんでした。彼女の本質はとても「男性的」だと思ってますが、それでも画面を通して見るスタイルは大和撫子そのもの。

残念ながら、そのドラマ見てません。もちろん「聖女房」は見てますよ。
day 2007-10-1018:20
name メロオ
trip -
url

編集 ]

では…

…松木ひろし脚本、大原麗子主演、“のん姉ちゃん・200W”主題歌

http://www.youtube.com/watch?v=GbkFyi-NKdM

『サイレンスがいっぱい』

夏っぽいのとちょっと違いますが、そこはいかにも林哲司って感じのメロディがちりばめられています。
この歌は、松木さん脚本、大原さん主演と言うことで、『青春は最後のおとぎ話』を髣髴させるんですよね。
別にサングラスではありませんけどね(笑
髭がないとね(笑
『めぐり逢い紡いで』のシングルバージョンのアレンジが、林さんだと言うのもちょっとあるかもしれませんね。
day 2008-03-2310:15
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

歌いこなせない

「聖女房」がUPされませんかねぇ。このドラマ、再放送の記憶もないし。
杉山清貴は、たしかにグラサンの人だけどGemini...さんのタイプのヒゲがなくて、見た目が全然、違う(笑)。
彼の曲はとても好きなんですが、歌うにはなかなか難しくて・・・。
day 2008-03-2310:52
name メロオ
trip -
url

編集 ]

それが、そうでもない(笑

まずは、これを

http://www.youtube.com/watch?v=NbPXaLG_X68

『さよならのオーシャン』

これを見ると、ちょっとだけど髭を蓄えていますね(笑
しかも、作詞が、私の好きな“おおつ”までが同じな大津あきら。
これは、ソロになった後の曲でコーヒーのCMで使われた曲ですが、もちろん、今でもたまにはカラオケで歌いますよ(笑
もちろん原曲キーで。
こんなこと書いたら、カラオケに行きたくなりますね。
day 2008-05-2220:58
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

ヒゲとは・・・

うーん、似合わない(笑)。しかし杉山清貴の声はホントに好きだなぁ。
でもソロ以前のオメガトライブ時代が、私には輝いてます。

「ダッシュボード」とか「アクセル」といったカー用語が一番似合う歌手じゃないでしょうか(笑)。
day 2008-05-2221:15
name メロオ
trip -
url

編集 ]

これから…

…本格的な夏を迎えます。
夏と言えば、TUBEもいいですが、オメガトライブのドライブに合うような軽やかな曲も最適です。
今回は、趣向を変えたそんな楽曲を集めてみました。

『サマー・サスピション』
http://www.youtube.com/watch?v=mpOHQufDf_w&feature=related

『君のハートはマリンブルー』
http://www.youtube.com/watch?v=Yl-sduzSFL0&feature=related

どうでしょうか?
作者本人が歌うと、オメガトライブとは違った良さが感じられます。

やはり、林哲司はいいですねぇ!
day 2009-07-0821:57
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

夏のいたずら

もちろんGemini....さんが挙げた二曲は大好きですよ!
とくにデビュー曲だった『サマー・サスピション』はいろいろ思い出深いなぁ(笑)。

あの頃は、
  ♪夏のいたずら・・・
       ばかりでしたよ(爆)。
day 2009-07-2220:47
name メロオ
trip -
url

編集 ]

カマサミ・コング

本文でも書いたカマサミ・コングのナレーションが入ったアルバムはとっても好きでした。
カッコ良さが倍加されます。
その片鱗がありました。

http://www.youtube.com/watch?v=gn76r9jhWWs

まるでドラマの主人公気分で、車内でよくかけてたっけ。
え、もちろん隣には・・・(爆)。
day 2009-11-0119:14
name メロオ
trip -
url

編集 ]

オメガトライブのプロデュースなどをしていた…

…元アウトキャストのメンバーでもあった藤田浩一さんが10月11日に62歳の若さで亡くなりました。
藤田さんは、オメガトライブ、菊池桃子など(メロオさんの好きないわゆる哲司サウンド)を手がけた方だそうです。
昭和の一時代を築いた名プロデューサーの若くしての死、残念ではありますが、しかし藤田さんの残された楽曲はこれからも残っていくものだと思います。
改めて藤田浩一さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
day 2009-11-1021:47
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

ご冥福1

・・・そーですか。存じ上げない方だけど、プロデューサーだったんですね。
それにしても、62歳・・・。
また「戦死」なのでしょうか。
ご冥福をお祈りいたします。
day 2009-11-1022:21
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/15-3f58ffb4

【懐かしの邦楽】シングルス・ヒストリー/杉山清貴&オメガトライブ(LP)

今回は夏という事で、杉山清貴&オメガトライブのベストアルバムを取り上げようと思います。随分前からですが夏と言えばチューブというイメージが強いですね。でもオメガトライブもさっぱりした爽やかな夏のイメージがあります。ジャケットや曲で自然とそのようなイメージを

[2005-07-27]

REAL LIFE

【懐かしの邦楽】 君は1000%/1986オメガトライブ(EP盤)

いや~懐かしいです。そんなにレコードは持っていないのですが、こうやって発掘されると捨てないで良かったな~と思います。これは、杉山清貴&オメガトライブが解散した後にカルロス・トシキをボーカルに迎えて発進した1986オメガトライブの最初のシングルです。ボーカ

[2005-09-07]

REAL LIFE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。