なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-08 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北島三郎

今は亡き父は若かりし頃、田端義夫が好きだった。ギター抱えて「オッス!」と声をかける彼が、まぶしく映ったのだろう。やがて、似た印象の歌手が登場する。ご存知、遊び人の金さんサブちゃんである。

彼は颯爽として、カッコイイ人だったイメージがある。かすかな記憶では、皮ジャン、ズボン共に「黒ずくめ」で唄っていた姿も憶えている。
昭和30年代末から40年代初めにかけての「男っぷり」は、同性に好かれたと思う。「兄弟仁義」は映画にもなったので、とくにその筋の方に愛されたようで。
  ♪親の血をひく 兄弟よりも
   固い契りの 義兄弟~♪

「ソーラン仁義」「函館の女」などで聴くサブちゃんの豪快な唄声は、当時「唸る」都はるみに対抗できる、唯一の歌手だった。どちらも、スッーとカタルシス(ここでは、開放の意味で使ってます)が感じられて心地良かった。現在は、枯淡の味わいを醸すサブちゃんだが、その名残りはまだ微かにあるかなぁ。

彼のことを、ずっと注視してたわけではない。だから間違えてるかもしれないが「歩」「与作」でチェンジをはかり、淡々としてきたように見える。男盛りの時代のイメージを、望んでも仕方ないだろう。

その分、北島音楽事務所の社長として、貫禄もつき「大御所」芸能人に。歌手スゴロクからすれば「大成功」人生だ!
番頭格の山本譲二、ホストの小金沢昇司、「津軽の花」の原田悠里など彼の人柄を慕う子分たちも多い。(あっち系に見える和田青児なんて人もいる)

でも「歌手・北島三郎」は、私の中では「風雪流れ旅」までだなぁ。

PS:鼻の穴の大きさとビヴラートの関係は、あるのだろうか?

試 聴     ♪試 聴

★公式ページ(北島音楽事務所)

北島三郎 ~ファンが選んだベストヒット16~
B00005J3U0北島三郎

おすすめ平均
starsすごいなぁ~と思う。
starsいやいや、名曲揃いだ!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑芸能界のまさに「親爺」。


↓破れひとえに クリック押せば~♪(お願いします)





スポンサーサイト

コメント

東映

私らは実録路線「仁義なき闘い」ヤクザ映画大好きでした。
青春群像劇のアウトロー版として北島三郎ですが、実録以前の任侠映画のちょっとイイ脇役としてよく出演していました、主役の兄弟分(もちろん弟分)鶴田浩二、若山富三郎 、村田英雄もよく出演していました。高倉健よりも私は
鶴田浩二の渋さが「総長賭博」は
ヤクザ映画の枠を超えた名作だと思っています。北島三郎でしたね
上司が得意が「祭」私がMCをやり(浜村淳風に、知ってるかな?)上司が歌うという十八番の
余興、個人的には余り興味がないんです、どちらかと云えば、メロオさんの亡き父上が好きだった
バタやん(田端義夫)が好きです。「玄海ブルース」「十九の春」これを宴会でやると役員連中の大ウケ(私の昇給は宴会で決まる)稼ぎましたボーダー柄のTシャツ着て。
day 2005-10-2621:47
name ウエピー
trip -
url

編集 ]

傷だらけの人生

鶴田浩二は、シブイですねぇ。以前、再放送で見た彼の唄は良かった。♪好きだった~♪とか「街のサンドイッチマン」とか。(NHK「ビッグショー」より)
浜村淳、知ってますよ(笑)少しだけ大阪に住んでいたので。

バタやんは、年代的によく知りません。だからここで取り上げないため、サブちゃんの項で少しふれた次第です。ところで、「十九の春」って、沖縄の歌らしいですね。
day 2005-10-2622:14
name メロオ
trip -
url

編集 ]

十九の春

元々は沖縄や無いんですが、色んな説があります(九州、奄美)。
バタやんが取り上げて一躍全国的にヒット、歌詞に「同じコザ市に
すみながら」と言うフレーズがあるので沖縄の印象が強いかも。
沖縄民謡酒場では誰かが必ず唄う曲です、沖縄では替え歌で唄います、このブログでは書けないような気持ち(笑)いい唄です。
憂歌団の「十九の春」がマイベスト、木村はんもダミ声がエエやな
内田勘太郎のギターは泣けます。
day 2005-10-2622:28
name ウエピー
trip -
url

編集 ]

憂歌団は・・・

カラオケの本には、沖縄に分類されてますね。てっきり、そうかと・・・。
憂歌団の唄う「嘘は罪」や「オールオブミー」は最高!正直、彼らのオリジナルには興味ないけど。
ポピュラーを唄う木村氏はイイなぁ。
day 2005-10-2623:34
name メロオ
trip -
url

編集 ]

泥くささ

完全無欠の大阪人の私でさえ抵抗あるんです、JAZZの小唄の方が味わいがある。オリジナルの中にもボサノバはいける、「骨まで愛して」のカバーは絶品!
木村はんとは2年前の正月ライブの前ツーショットで記念写真




day 2005-10-2700:17
name ウエピー
trip -
url

編集 ]

もっと名曲を!

持ち歌に恵まれてない、とも言えますね。あの声をもっと活かしてほしいところ。
木村氏とのツーショット、すごい、と思うけど羨ましくはないなぁ(笑)
day 2005-10-2815:25
name メロオ
trip -
url

編集 ]

林家三平の...

バックでアコーディオン弾いていた方(名前は忘れましたが)と、流し時代に一緒にやっていたんですね。
どうでもいいことですが、まだ、林家正蔵と言う呼び名は、慣れませんね、やっぱこぶじゃないと・・・。
サブちゃんと言えば、やはり、ヘアスタイルですね。パンチは楽だという事ですが、飲食店では、たまに『パンチパーマ禁止』のところがありますよね。
♪ちらし~寿司なら
♪鮭茶漬けだよ~
あと、ウルトラマンタロウと一緒に出ていたすし太郎のコマーシャルとか、そっちばかりかよ!と怒られそうですね(笑)
め組みの頭、自分的には『炎の男』これ結構好きですね。『暴れん坊将軍』のエンディングでしたね。
就職したころ、周りがおっさんばかりで、『川』だの『年輪』だの嫌って言うほど聞かされたので、やけに耳に残ってます。
day 2005-10-2909:08
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

若気のいたり

>周りがおっさんばかりで、『川』だの『年輪』だの嫌って言うほど聞かされた
それは災難でしたね。でも、きっと誰もが経験することかも。老人会のバスの添乗員のバイトをした時、私はまだ19歳だった。でも宴会の時、♪清水~港の 名物は~♪と、唄いましたよ。ああ、思い出しても恥ずかしい・・・。
day 2005-10-3021:07
name メロオ
trip -
url

編集 ]

貴重な体験?

トリスを飲んでハワイに行こう!酔いが廻ってきたかも。ハイボールを止めて今度は赤玉ポートワインに変えました。チャンポンは良くないかな。

サブちゃんの曲、メロオさんと同じく♪風雪ーー♪までです、私も。
それ以前の、♪ーー仁義シリーズ♪ーー女シリーズ♪によい歌が沢山ありますもの。

それ以前の♪なみだ船♪もいいけど、もっと前のたぶんデビュー曲の♪ブンガチャ節♪を2,3回ラジオで聞いてます。これって凄く貴重だと思ってます。何故って直ぐに発禁処分になった曲だから。TVで見た、聞いた記憶は無いけど。

サブちゃんのご当地ソングや任侠もの、女シリーズなど良い曲が多いけど、最近の♪漢字一字シリーズ♪になってから、興味を失いましたね。
day 2005-11-0123:31
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

なんでこれが・・・

後村上様が仰ってました、北島三郎デビュー曲「ブンガチャ節」。この歌詞が?「あの娘いい娘だこっち向いておくれーキュッキュー・キュッキュー」このキュッーキューが処分対象なんでやねん!考えすぎやで多分公共放送辺りからかな。これで処分やったら、鶴光ネタで、私とぶるじんさん二人は、市中曳きまわしの上獄門さらし首になるんちゃう、メロオさん
day 2005-11-0123:48
name ウエピー
trip -
url

編集 ]

曲者ぞろいだぁ!

お二人とも、すごい!
コメントが他の歌手からつながっているなんて。業師ですね。(笑)
サブちゃんは、どうしても「男盛り」の時代の歌に、思い入れが・・。どうしてもパワーある歌が、好きだなぁ。
発禁の事実は知ってましたが、内容まで知りませんでした。ウエピーさん、教えていただきありがとうございます。
day 2005-11-0220:50
name メロオ
trip -
url

編集 ]

あと1週間で紅白PartⅠ

サブちゃんは42回で最多出場。40回で辞退されても良かったのに。森、五木が背後から追ってきてるので一つでも出場回数を伸ばしたい?まさかそこまでは思ってないでしょうね。

それにしても今年の紅白、人選も不満だったけど、【まあ私の好みが出てないってので=平井、EXILE、岩崎】それ以上に当日唄う曲も、唄って欲しい歌が少なくって。

①北山たけし:ドッコイショと合いの手が入る男の出船よりも、デビュー曲の片道切符のほうが優れた曲。でも前者はサブ師匠の作詞作曲だから仕方がないのか。不満が残るな。
②中島美嘉:スキウタからの選出で雪の華。これも良いけどやはり今年はナナの主題歌でしょ?これで今年の大ヒットTop10の殆んどは紅白で聴けないことになるんだけど。
③夏川リミ:4年連続で涙そうそう。たぶん死ぬまで唄うわす気ねNHKは。
④長山洋子:芭蕉布ってどんな歌?全然知らないわ。これを唄うならじょんがら女節か、悩ましげなアップテンポの曲の方がいいわ。

五木は今年の歌を唄って森はおふくろさん、これも理解し難いわ。いっそスキウタなんかしないほうが良かったのかも。

他にも不満あるけど、この辺で。PartⅡでは楽しみな曲もいずれ書くわ。
day 2005-12-2422:29
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

紅白離れ

ここ数年、格闘系とチャンネルサーフィンしてます。とくに去年はほとんど「紅白」見なかったようで。
保守的な私ですら「紅白」離れが進んでいます。だから、とうに期待もかけてない現状・・・。
ワハハ!夏川りみが4年連続の曲とは・・・。たしかに永久に「涙そうそう」で行ってほしいもんですね。(笑)
day 2005-12-2714:58
name メロオ
trip -
url

編集 ]

こんにちは

http://roo.to/bloog-ranking/で取り上げられていたので、見にきました。僕もブログやろうかなと思っているのですが、難しそうで、なかなかやれていません。今はランキングサイトとかをみて勉強中なんです(><)また見にきますね!ではでは(^^)ノシ
day 2006-02-0504:30
name 鈴木
trip -
url

編集 ]

ありがとうございます

鈴木さん、こんにちは。なのか、こんばんは、なのか。微妙な時間です。(笑)
ご訪問ありがとうございます。ブログは、とりあえずやればイイと思いますよ。私も放置ブログ、結構ありますし。ぜひ、またご訪問くださいねっ。
day 2006-02-0504:53
name メロオ
trip -
url

編集 ]

紅白の歌手の歌う順番が決まる

サブちゃんが又トリですね。曲はトリに相応しい?♪祭♪。紅白で何回歌うねん!もうええちゅうのに。ちょうど昨年もこの時期にここに書いたので今年も恒例によって(笑)。

若手の氷川君あたりにすればいいのに、NHKも。昔の紅白はもっと冒険と云うか大胆なトリもあった。森進一を2回目でトリとか、橋幸夫を20代前半で♪あの娘と僕と♪みたいな変わった曲でトリとか。今は色々な所に顔を立てないと駄目なのかな。
女性陣、紅組は川中美幸が初めてのトリ。彼女を特別贔屓にしてないけどこれは思い切ったトリでまあよしとしよう。

平井堅ちゃん、EXILE、岩崎宏美が出ないのは淋しい限り。見る気が萎えてくる、けど絶対見てしまいます。
day 2006-12-2719:59
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

紅白のトリ

恒例とは、気づきませんでした(笑)。
川中美幸がトリとは、やりますね、NHKも。それに比してサブちゃんがトリなのは・・・。まして『祭』ですか。せめてパワフルな『函館の女』あたりなら、気持ちを一緒に込めて見られるのに。マツケンサンバみたいなキンキラ衣装で、ステージを飾ってほしい。
あまり見ないと思う「紅白」ですが、シガスカオと坂本冬実、には期待してます。
day 2006-12-2914:37
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ニューエンカ(その1)。

 この耳慣れない『ニューエンカ』と言うのは私(牢屋壮一)の新しい造語である。その意味は『自分で作詞・作曲して歌う演歌』と言う意味である。演歌の世界でもこの項目で取り上げられている『北島三郎』も『原譲二』と言うペンネームで作詞・作曲して自ら歌うし、美貌で妖艶な雰囲気を醸し出している演歌の女性歌手として有名な藤あや子も『小野彩』と言うペンネームで作詞・作曲して自ら歌うし、吉幾三や元・アリスの堀内孝雄も自分で演歌を作詞・作曲して自ら歌う『演歌のシンガー・ソングライター』である(堀内孝雄は『作曲』だけで作詞はしないが)。
 私は演歌の歌手が自分で作詞・作曲して自ら歌う演歌を現在は既に死語になった『ニューミュージック』に倣って『ニューエンカ』と呼びたいと思う。漢字の『演歌』ではなくカタカナの『エンカ』である。カタカナ書きのエンカにすれば演歌の古めかしいイメージを払拭できると私(牢屋壮一)は思う。
 この私の意見に対する『メロオさん』の反論、意見、批判を私は聞きたいと思う。
day 2007-12-0718:02
name 牢屋壮一(芸能&音楽研究・評論家)。
trip TMBk1B7M
url

編集 ]

好きか嫌いかの判断

若き日は「演歌」と無縁でしたが、年齢と共に心地よさを感じている今日この頃・・・。
演歌=古めかしい、の図式はたしかにそうですが、古い=劣る、わけではないと思ってますよ。
五木寛之は「怨歌」や「艶歌」と表現したこともありましたね。

牢屋さんがネーミングした「ニューエンカ」、いいんじゃないでしょうか。まあ私の場合、今はジャンルにこだわらなくなりました(笑)。
day 2007-12-0722:15
name メロオ
trip -
url

編集 ]

大晦日恒例の『NHK紅白歌合戦』に思う事。

 先日、大晦日恒例の『NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表された。紅白歌合戦と言えばかっては最高視聴率が何と80%を超えた事もある『お化け番組』とも言われた言わば『国民的行事』とも言える超人気番組であった。しかし今は視聴率が50%どころか40%を『下回る』年もある程である。聞く所によるとNHK内部でも紅白歌合戦の『打ち切り』が検討されていると言う。ここで何らかの『テコ入れ』をしないと本当に紅白歌合戦は打ち切りになってしまうと私は思う。私は『メロオさん』に質問したいと思う。それは紅白歌合戦は『打ち切り』にすべきであろうか? それともこのまま引き続き放送を継続すべきであろうか?
 私は『芸能&音楽研究・評論家』としてこの問題に関するメロオさんの意見、見解を聞きたいと思う。
(この紅白歌合戦に関する話題は本来ならばこの『北島三郎』の項目に書く話題ではないと思うが、他に書くべき項目が見当たらないのでこの北島三郎の項目に書く事にする)。
day 2007-12-0909:19
name 牢屋壮一(芸能&音楽研究・評論家)。
trip TMBk1B7M
url

編集 ]

ニューエンカ(その2)。

 私が作った新しい造語であるこの『ニューエンカ』であるが、実はこの言葉は私は既に他の場所で1度使った事がある。それはメロオさんも知っていると思うが、インターネット上に『高野善通の演歌の世界』と言う演歌のファンサイトが開設されている事はメロオさんも知っていると思う。私はこのサイトの掲示板で 既に1度使用している。この『高野善通の演歌の世界』と言うサイトの開設者である『高野善通さん』と言う人は年齢は若いながらも演歌の熱烈な大ファンのようである。
(『高野善通の演歌の世界』に出ている本人の自己紹介によると『1972生まれ』だそうである。私つまり牢屋壮一よりも『年下』なのである)。
 高野善通さんはこの私(牢屋壮一)が作った新しい造語である『ニューエンカ』と言う言葉に対して余り芳しくない反応を示していたようである。
(因みに誤解を避ける為に『ニューエンカ』の意味を再び書けば今では既に死語になった『ニューミュージック』に倣って私が作った造語で『演歌の歌手が自ら作詞・作曲して歌う演歌』と言う意味である)。
 メロオさんも一度、高野善通さんと言う人がインターネット上に開設している『高野善通の演歌の世界』と言う演歌のファンサイトを御覧になったら如何だろうか 私、牢屋壮一も腰を抜かして驚くような『演歌評論』が掲載されている。
day 2007-12-0915:00
name 牢屋壮一(芸能&音楽研究・評論家)。
trip TMBk1B7M
url

編集 ]

「紅白」について

「紅白」を見なくなって、数年経ちます。それは格闘系を見るようになったことが主因です。世間的には、ライフスタイルの変化もあるでしょう。すでに核家族化の波はとうに進んでいましたが、ここにきて「紅白」の視聴率で具現化した、というのは言い過ぎでしょうか。こたつに入って家族揃って見る・・・そんな番組はもう成り立たないのかもしれません。
しかし、だからこそ私的に「紅白」は残してほしいなぁと思います。見ないくせに・・・。

高野善通さんのサイト、まったく知りませんが機会あれば覗いてみたいと思います。
day 2007-12-0921:10
name メロオ
trip -
url

編集 ]

サブちゃんも…

…北風小僧の
http://www.youtube.com/watch?v=gUCMPvy9RG0&NR=1
歌ってます。
マチャアキとはまた違った味がありますね。
day 2008-01-0511:11
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

幅広い

サブちゃんもなかなか幅広い(笑)。しかし、『北風小僧~』って何度も聴くとCMソングに似た瞬発的なものがあって耳に残りますね。
day 2008-01-0520:22
name メロオ
trip -
url

編集 ]

素浪人・花山大吉

これは、とってもとっても好きな時代劇でした。前シリーズ「月影兵庫」もかすかに憶えてます。
各回のタイトルがまたイイ(笑)。サブちゃんが主題歌、歌ってたのはすっかり忘れてました。

★主題歌
http://jp.youtube.com/watch?v=Lz342BDux88

★エンディング曲
こっちは、焼津の半次(品川隆二)が歌ってるようです。この人もうまいですねぇ。ああ、懐かしい・・・。
http://jp.youtube.com/watch?v=qOALtq_bIwk
day 2008-03-2201:49
name メロオ
trip -
url

編集 ]

北島三郎(サブちゃん)が歌っている『夫婦(ふうふ)一生』と言う曲について。

 牢屋壮一です。タイトルにあるようにこの項目で取り上げられている北島三郎(サブちゃん)が『夫婦(ふうふ)一生』と言う曲名の歌を歌っている。この曲はサブちゃんにとって私がこの文章を書いている現時点(2010年6月21日)で最も新しい曲だと思うが、私が問題にしたいのはこの曲名(タイトル)の『読み方』である。夫婦(ふうふ)一生ではなく『夫婦(めおと)一生』と言う読み方にすべきだったと私は思う。メロオさんはこのサブちゃんが現在歌っている最新曲である『夫婦(ふうふ)一生』のタイトルの『読み方』を『夫婦(めおと)一生』にすへきだった、と言う私(牢屋壮一)の意見について
果たしてどのように思うだろうか?
day 2010-06-2115:46
name 牢屋壮一(評論家)。
trip TMBk1B7M
url

編集 ]

北の大地の始発駅

 牢屋壮一です。この項目で取り上げられているのは『サブちゃん』こと現在における演歌界の大御所である『北島三郎』である。そこでサブちゃんについて書いてみたい。
 知っての通りサブちゃんは北海道の『函館』出身である。私〈牢屋壮一〉は年3回発売されるJRの普通列車専用乗車券の『青春18きっぷ』を使用して旅行しているが、あの青函トンネルを走る『津軽海峡線』の北海道の駅に木古内〈きこない〉と言う駅がある。その木古内駅の正面には『北の大地の始発駅』と言う文字が書かれている。私は旅館代、ホテル代を節約する為に旅館やホテルに宿泊せずに『野宿』しているが、この木古内と言う駅は本州と北海道を結ぶ『物流〈貨物輸送〉ルート』であり旅客列車が走らない〈尤も通常の旅客列車が走らない深夜の時間帯でも『北斗星』や『カシオペア』等の寝台列車は走っているが〉深夜の時間帯でも『貨物列車』が頻繁に行き交っている。
サブちゃん〈北島三郎〉の故郷はこの木古内駅から近い知内〈しりうち〉と言う所である。
〈尤も私は知内には行った事はないが〉。
day 2011-04-0920:45
name 牢屋壮一〈評論家〉。
trip TMBk1B7M
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/154-bc7027ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。