なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-10 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徳永英明

デビュー曲「レイニーブルー」のヒットは、フロックではなかった。「輝きながら」「風のエオリア」「壊れかけのRadio」と続々、スマッシュヒットを生み出したのだから。

甘いルックスのため、すぐに人気歌手の仲間入り。ただし本人の意思を越えて、アイドル路線を模索をした時期もあったのでは。しかし、本質は隠せない。まさに全身を使って唄う彼は「バラード・シンガー」そのものであった。

アイドルっぽさとは別に、特徴的な八重歯と不健康そうな顔色から、「ドラキュラ」をイメージしたときもある。また、一筋縄ではいかない性格のように感じられた。もちろん個人的感想で、見た目で勝手に語ってます。(カールスモーキー石井にはかなわないが、見事なホストっぽさもあった)

私は一時期「レイニーブルー」にハマリ、いかにうまく唄えるか腐心した覚えがある。仲間うちで競った時期があった。そんな折、やはり彼の「壊れかけのRadio」にまつわる話がある。

カラオケに「霊」が写っているというのだ。じっくり見れば、たしかに本人出演のカラオケ画面の右上部に・・・。まあ、言われてみれば、なのだが。それでも、気持ちが良いわけもなく、だから彼の曲の中では今イチ、乗りきれない唄ではある。良い曲と思うのだが・・・。

「モヤモヤ病」に襲われた彼だが、今は元気にカムバック!最近、女性歌手のカバーアルバムを発表した。(←試聴可能)いずれも「徳永カラー」が、際立っている。シンガーとしての健在ぶりを見せてくれた。次は、ソングライターとしての完全復帰だ。

なにしろ「ソングライター」だと、思わぬブレイクもあり得る。槇原敬之が事件後、「世界に一つだけの花」で完全認知されたように。(芸能界もビジネス界も「勝てば官軍」だ)

試聴「壊れかけのRadio」

公式ページ ←ほとんどの試聴可!<DISCOから入る> 
徳永英明 SATOMIN'S ROOM
HIDEAKI TOKUNAGA information ←最新カバーアルバムの試聴可!

シングルコレクション(1986~1991)
B000084TD1徳永英明

おすすめ平均
starsこれが欲しかった。
stars今では稀有な美声と泣きメロ
stars良い曲が多いです
stars人生の中で最も楽しかった頃に聴いていた音楽
stars電話BOXの外は雨~♪

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑ダーク徳永が、本領だと思う。

↓素顔にクリック 焼きつけて君は今~♪(お願いします)





スポンサーサイト

コメント

今日は何か変だなあ…(声裏返させながら)

『都会の森』と言うドラマで、徳永英明が言っていたせりふです。
友達が録画していて、何回もリピートして見て、一緒に笑っていました。
自分は、エオリアとか好きですね。
day 2005-11-2308:52
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

あの声が、、

いつもメロオさんの歌手に纏わるユーモアを交えた話や、自分との関わりを的確に書かれていて楽しく読んでいます。
徳永君の話もなるほどと思いながら読み終えました。

私は小坂一也、藤木孝がどうのこうのって言ってる昭和30年代大好き世代なので彼は詳しく無いけど、初めて聞いた時にはあの声にゾクッとしました。標準語的には鳥肌が、、って言うのでしょうが、私的にはサブイボが、、です。
寝てから悪い夢でも見るんじゃないだろうかって。メロオさんがおっしゃるドラキュラルックスもあってね。

でもその後何度か聞くうちに結構好きな歌手にチェンジ。病気を克服して以前のように、いえ、以前とはまた違った活路でも頑張ってくれたらって思ってます。
day 2005-11-2322:40
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

セクシーボイス

>Geminiさま
それは見てませんが、想像できてよーくわかります。(笑)でも彼がドラマに出ていたとは・・・。

>後村上さま
いつもありがとうございます。かなり独断で語ってますが、それがなければ、やってる意味もないかなぁと。時に訳のわからない事もあるでしょうが、お許しください。
day 2005-11-2421:27
name メロオ
trip -
url

編集 ]

余りにも遅すぎた徳永英明の『名誉回復』。

 昨年の大晦日に放送された年末恒例のNHK紅白歌合戦に徳永英明がデビューしてから20年目でようやく初出場したそうである。徳永英明と言えば最近では大ヒット曲こそないものの甘い歌声で歌うバラードシンガー として有名である。僕としてもアルバム『ジャスティス』に収録されている『ミコノス』や『帰れない二人』と言った曲が好きである。その徳永英明がこともあろうにデビューしてから20年も経って『紅白歌合戦』に初出場と言うのはどういう事なのであろうか? 過ぎた事を今さら言っても仕方がないが、彼ほどの実力派シンガーならば既に何回も『NHK紅白歌合戦』に出場していても不思議ではないと僕は思う。とにかく昨年(西暦2006年)の大晦日恒例のNHK紅白歌合戦にデビュー20年目にして徳永英明が初出場したと言う事は取りも直さずNHKから『名誉回復』が行われた事を意味している。しかし、その『名誉回復』は余りにも遅すぎたと言わざるを得ない。
(この私の意見に対する皆様方の反論や批判を私は聞きたいと思う)。
day 2007-01-0311:09
name 牢屋壮一(芸能&音楽研究・評論家)。
trip S4/gA4Wc
url

編集 ]

徳永の味ある笑顔

うつらうつらして、まともに「紅白」が見られませんでした。でも、彼の出演時は見てます(笑)。
たしかに「遅すぎ」の感は拭えません。いろんな思いが脳裏を駆け回ったことでしょう。でも、エンディングの彼のかみ締めるような微笑は忘れられません。
「あ~、良かったね」って、言ってあげたい気分。そして、片手をあげて去る彼も、味わい深かった。
もしかしたら「紅白」出場は彼自身、ファンに向けたプレゼントの気持ちが強かったのかな?と思えてきました。
day 2007-01-0311:30
name メロオ
trip -
url

編集 ]

遅すぎた名誉回復(その2)。

 この項目の徳永英明とは関係ないが、遅すぎた名誉回復シリーズの『その2』を書いてみたい。
 古い話になるが、これは誰でも知っている話だが、西暦2000(平成12)年の日本レコード大賞はサザンオールスターズの『ツナミ』であった。サザンがデビューしたのは1978(昭和53)年6月、彼ら(サザンオールスターズ)がデビューしてから日本レコード大賞を受賞するまで実に22年の歳月が経過しているのである。日本の歌謡界、芸能界の歴史の上でこれほど名誉回復が遅すぎた例が他にあるだろうか? 少なくとも僕の記憶にはない。誰でも知っているように彼ら(サザンオールスターズ)がデビューした当時の歌謡界、芸能界が置かれていた状況はあの極めて邪悪な『ピンクレディー』の嵐が吹き荒れる絶頂期だったのである。しかも彼ら
(サザン)にはデビューした年の日本レコード大賞や現在は既に廃止された『日本歌謡大賞』その他諸々の歌謡音楽賞の『新人賞』は一切授賞されなかったのである。何という無礼で非礼な仕打ちであろうか。
 僕は敢えて言いたい。もしもサザンオールスターズが『勝手にシンドバッド』ではなく『いとしのエリー』でデビューしていたらどうなっていたか、と。答えは自ずから明らかである。間違いなく絶頂期にあった『ピンクレディー』の邪悪な嵐に飲み込まれて良い鴨と言うか『餌食』になって一発屋で終わっていたであろう、と。
 この問題に関してメロオさんはどのように考えられるだろうか?
(因みに僕は今でも徹底的な『アンチ・ピンクレディー派』である。これからもこのブログに極めて邪悪なピンクレディーを徹底的に追及、批判する書き込みをしたいと思っている)。
day 2007-01-0312:44
name 牢屋壮一(芸能&音楽研究・評論家)。
trip S4/gA4Wc
url

編集 ]

キワモノからbig

サザンもピンクレディも、拙ブログでは、まだ取り上げてない方々。はじめの方に書いておけばいざ知らず、今となっては中々アプローチが難しい(笑)。(多角すぎて)
そのうち区切りを決めて、書きます。なので、ピンク批判は関係ない記事に書かないでくださいね。

サザンについても、私感はそのとき書きますが、せっかく書いて頂いたので少々述べます。まず立脚点が違い「ピンクの嵐に飲み込まれる」とは思っていません。ピンクもサザンも、キワモノ的スタートからビッグになった印象。当時、私はサザンの本質が見抜けなかったわけで・・・。でもどんな状況でも、必ずや世に出たと思いますよ。
day 2007-01-0313:27
name メロオ
trip -
url

編集 ]

メロオさんの意見に『反論』します。

 メロオさんの意見に反論したいと思います。
 メロオさんも知っての通り『サザンオールスターズ』の歌謡界への旅立ち(デビューの事)は決して祝福されたものではありませんでした。いや祝福どころか全く逆に『罵詈雑言』の嵐の中での旅立ちでした。理由は言うまでもなくあの狂気のような『ピンクレディー』の絶頂期だったからです。
 メロオさんは『当時、私はサザンの本質が見抜けなかった訳で』と弁解していますが、サザンの本質が見抜けなかったのはメロオさんたけではないと僕は思います。
日本中の『殆ど大半』の人が狂気じみたピンクレディーの『嵐』に巻き込まれて本質を見抜く冷静な理性と判断力を失っていたのです。熱に浮かされた状態で物事の本質が見抜ける筈がないじゃないですか。僕自身の事を言えばまだ当時は年が若かったので『ピンクレディー』を批判する力こそありませんでしたが、僕はピンクレディーなんか鼻にも引っ掛けませんでした。僕の反論に対するメロオさんの『再反論』と言うか『反批判』を僕は聞きたいと思います。
(尤も極めて一握りの人間はサザンの『本質』を見抜いていたのかもしれませんが)。
day 2007-01-0415:06
name 牢屋壮一(芸能&音楽研究・評論家)。
trip S4/gA4Wc
url

編集 ]

終了

うーん、サザンとピンクレディがどうつながるか、私にはわかりません。いずれにしても、ここでの討論は場違いな気がしますので、これにて終了、ということで。お許しください。
day 2007-01-0418:53
name メロオ
trip -
url

編集 ]

あの歌を

最近、カバーづいている徳永英明ですが

『ラブ イズ オーバー』
http://www.youtube.com/watch?v=ZQCXr-bWAqQ

この歌をカバーしています。
この歌は名曲なのは間違いなく、この歌は徳永英明に合っているかなぁと思います。
それと同時に、伊藤薫本人が歌うと声とかはこんな感じなのかなぁと感じました。

伊藤薫『君への道』
http://www.youtube.com/watch?v=nAtTxK4xTHI

これ聞いた時には、一瞬、徳永英明が『Too far away』カバーしたのかと錯覚したぐらいですから(笑

なお、徳永さんと薫さんの声が似ている似ていないはあくまでも私の主観ですので
day 2010-06-2609:45
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

カバー

たしかにカバーづいてて、世評も高いようですが、彼にはオリジナルも頑張ってほしいところ。
カバーといったら、ぜひ玉置浩二にもセルフカバーにとどまらず、昭和歌謡までカバーしてほしいな。
day 2010-07-0313:25
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/170-371a3470

徳永英明の映像、連続視聴/試聴

徳永英明の映像、連続視聴      ・壊れかけのRadio (SONGS / 2007-08-22)           (1990/7/7、TBS系ドラマ『都会の森』の主...

[2008-01-06]

25時間、ミュージック動画・連続視聴/試聴

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。