なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-05 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内山田洋とクールファイブ

すっかり名前は忘れたが、顔は覚えている。クールファイブのメンバーの話である。ドリフの【8時だよ!全員集合】によく出ていたおかげだろう。バラエティ番組の功績なのかもしれない。前川清の「トボケタ」味わいも、この番組で見出された気がする。

結局、芸能人はいかに高視聴率のTV番組に、出演しているかがポイント。もちろん、誰でもわかっていること。でも、数十年経った今でも記憶の引き出しに残っているメンバーの顔々。この事実は、やはり「凄い」なぁ。

長崎出身の彼らが唄うデビュー曲『長崎は今日も雨だった』は、しっかり歌謡史に残るヒット曲。世が世なら、「長崎名誉県民賞」を貰ってもいいぐらいだ。(当時はそんな賞、なかったけど)

GOLDEN☆BEST
GOLDEN☆BEST内山田洋とクールファイブ 川内康範 夢野めぐる

おすすめ平均
starsデジ・リマして欲しかったな〜。
stars「ワワワワー」と「クォウブェイウェエー」クールファイブ最新&最強(?)ベスト!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑内山田さんが亡くなって、復活しました・・・。

やはり、このグループのキモは「前川清」のボーカルに尽きる。スケール感ある独特の発声。そして彼によく合った楽曲の数々。『そして神戸』、『中の島ブルース』、『東京砂漠』、『噂の女』、『逢わずに愛して』等々、あげたら多い。

私的な話をする。
まだ幼かった私はある日、誰かの自家用車の助手席に乗っていた。まったくシチュエーションを忘れている。ただ、都内を走っていたのは間違いない。小さかったので、ウインドゥ越しに見る外の世界は、空が大部分を占めていた。背が低く、仰ぎ見ることしかできなかった。

カーラジオからは『長崎は今日も雨だった』が流れていた。まるで曲に重なるように、外は雨。ただただ、天から落ちる雨を眺め、曲を聴いていた。両親はその場にいなかった。
実はその後、両親に叱られた覚えがある。見知らぬお兄さんに、誘われ私はその車に乗ったらしい。両親の頭には「誘拐」の文字が浮かんだのだろう。「人さらい」という言葉が、まだ生きていた時代の話である。

だからこの曲を聴くと「心細さ」と少々、苦い味がするのだ。

ヒットコレクション 決定盤
ヒットコレクション 決定盤内山田洋とクールファイブ 内山田洋 クールファイブ

おすすめ平均
stars今日のイチオシは「さようならの彼方へ」だね
starsそして神戸
starsていねいに編まれたベスト盤
starsジャケ買いでも決して損はない!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑みんなキャラが立っていた。

♪試 聴⇒GOLDEN☆BEST 内山田洋とクール・ファイブicon
♪試 聴⇒ヒット・コレクション 決定盤icon
♪試 聴⇒魅惑のカクテル~ムード・コーラスをあなたにicon
♪試 聴⇒前川清大全集icon

★前川清(テイチク公式サイト)







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑クリック心の悲しさなんて わかりゃしないわ~(←お願いします)

<広 告>
Sony Music Shop



スポンサーサイト

コメント

どうでもいい話

①ヒット曲〔そして神戸〕って本当に神戸の人を励ますような歌詞なん?吟味してみなくては。

②前川が以前言ってた。『好きじゃない曲ですか?そうだなぁ、♪中の島ブルース♪かな。1番2番3番の歌詞で場所も変わるし短い曲で感情移入が出来にくくって』おいおい、そんな事言っていいの?作詞家に失礼じゃん。でも今思うとそう云うことも言えるかな。正直に言っちゃいけないと思うけどなぁ。

③前川と藤圭子が結婚していたのは1971-72年ごろの僅か1年少々。この頃、紅白では嫁さんが出場してたけど婿さんは休憩なさってた。紅白で夫婦競演は無かったんだ。

④40年代のライバルグループ、ロマンチカの三条さんと前川さん、若い頃は髪の毛が豊かで前髪をヒサシにしてるのがトレードマーク、清さんの髪の毛が淋しくなった、デビュー35年か。

⑤クールファイブの曲ってカラオケで唄う事は滅多に無い。ヴォーカルのインパクトが強く、あれほど灰汁強く歌わないと映えないように思えて。といっても自分はプロじゃないんだから普通に唄ったらいいんだけどネ。
day 2005-11-2109:58
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

ポイント話

なかなかどうして・・・。「どうでもいい話」になってない。かなりポイントをついてますね。
①は、そうですね。②は、初耳。なるほど、と思います。アローナイツも唄ってましたね。③は、当時、NHKがイキなはからいを出来なかった、ということかな。④は、いたしかたなし。たしかに「ひさし」と呼べる代物でしたね。⑤は、同感です。普通に唄ったのでは魅力が薄れます。
day 2005-11-2216:54
name メロオ
trip -
url

編集 ]

トレード

飛猿こと野村将希の『一度だけなら』(あってるかな)は、元々クールファイブの歌だったそうですね。
逆に『そして神戸』は、飛猿の歌だったそうですな。
結構、面白いですね。
クールファイブと言う名前には似つかわぬ、濃いメンバーが多いですね。
パーマかかっていて、声に特徴ある人とか(小林って言う人でしたっけ?)、宮本って言う人とか。
宮本っていう人は、そんなに年でも無いんですよね。
桂歌丸みたいなものですね。
乗り物に乗っていたら、明らかに自分より年上の人に席を譲られるみたいな…。
day 2005-11-2308:35
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

エンタティナー揃い

ほほー、そうなんですか。お互いの曲がそういう関係だったとは。言われてみれば、違和感ないですもんね。
クールのメンバーは、みんなエンタティナーでしたね。
day 2005-11-2421:11
name メロオ
trip -
url

編集 ]

そう言えば

最近、内山田さんが亡くなったのを契機に、前川さんとクールファイブが再結成し、『恋唄2007』をリリースしました。
そう言えば、馬主でもある前川清の馬“コイウタ”が、先日jpnⅠビクトリアマイルを制し、まさに馬主冥利に尽きるという感じでした。

さて、話は変わりますが、平成期にクールファイブに、宮兄こと宮内タカユキが参加していたことがあったんですね。
宮兄の歌声はどこか好きで、格好良いなと思います。
私もよく、木森敏之が作曲した“銀牙 流れ星銀”の主題歌『流れ星銀』とエンディング『Tomorrow』が好きで、よくカラオケで歌いますが、昔は前者の方が好きでしたが、いまは、ゆったりとした後者が好きです。
ところで、宮内さん、本名は同じく“たかゆき”と読みますが、漢字で書くと“堂千”。
いい名前じゃないですか、“堂”と書いて“たか”と読むところが特にいいですね、まるで“ひろたか”みたいで。

ちょっと宮兄ネタに走ってしまいました(笑
day 2007-07-0620:37
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

疎い分野です・・・

漫画はなかなか卒業できないけど、アニメや特撮はかなり早くに卒業した私・・・。
「仮面ライダー」なんて、本来はハマっていておかしくないのに、子供心にも「幼いなぁ・・・」と思っていた覚えがあります。
実はこのことは自分でも昔から不思議、でした。

そんなわけで「宮兄」がクールファイブに参加していたことよりも、彼自身の存在も知らないのでコメント返せない・・・。『流れ星銀』も知らないし・・・。(犬の漫画かな?)
まあ、でもアニソンはたまにカッコイイ曲がありますね。むしろ昔々のアニソンと違って、カッコイイ曲ばかり。

前川清も、ドリフのコントでとぼけた味を出したけど、普通に見れば「カッコイイ」人なんでしょうけど・・・。
day 2007-07-0620:56
name メロオ
trip -
url

編集 ]

東京砂漠

こんばんわ。

「東京砂漠」、これ実は昭和39年に流行った言葉でした。
意味は2つ。

一つはその夏の異常渇水、カラ梅雨だったそうです。
加えて東京オリンピックを目前に増大した東京への流入人口、生活用水が足りなくなったんですね・・・。

そしていまひとつ、それは急速な人間関係の希薄化です。
「ドライ」というやつです。

これは今でも言えることですが、地方から上京する人の目的は「仕事」と「勉強」だと思うのです、基本的には・・・。

しかし私にはその「本音」が実は「田舎」のベットリとした人間関係からの「脱出」では無いか、とも思われるのです。

そんな人同士の集まる東京、それは「見栄」の世界、お互い(同郷の人同士はともかく)本音で語り合うこと極めて少なく、気楽ではあるけど「孤独」な自分に気づくにそれ程時間のかからぬ場所です。

この頃どちらかというと「地方」で酷い事件が多いです。
東京で意外とこのテの事件が少ないのは、醜い「本音」をとりあえずは抑える「見栄」のなせる「業」なのかな、なんて考える今日この頃です。
それでは。

day 2007-07-1422:46
name
trip -
url

編集 ]

♪うつむかないで歩いて行ける

それは知りませんでした。昭和39年の流行語だったんですか。まだ私が東京にいた頃・・・。

それから随分経って、曲になったわけですね。

しかし、なるほど!と思う素晴らしい考察ですね。「べったり」な人間関係。
最近の事件は、ホントに凄まじいものがあります。そりゃ、空もなくわけです・・・。
day 2007-07-1507:59
name メロオ
trip -
url

編集 ]

確かに…

…沢山の人数でわーわー言い合う職場です(笑

http://jp.youtube.com/watch?v=7-9zy3WOfrg

こんなオチかよ(笑 と笑ってしまいました。
それにしても、本当、クールファイブのメンバーは、キャラが(特に、小林さんや宮本さん)たってますね。

これ

http://jp.youtube.com/watch?v=kRr42KhmGf8

もなかなか面白いです(笑
day 2008-09-2808:53
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

今年のXマスディナー

わが地にクールファイブがくるそうです。
まあ、地方だからクリスマスショーといっても12月の頭です。
ホントのクリスマス近辺には誰もきません(笑)。
12月のショーはいつでもクリスマスショーで、稼ぎ時ですね。
day 2008-10-0320:11
name メロオ
trip -
url

編集 ]

格好よいソロの歌

クールファイブと並行してソロでやっていた頃もありましたが、これもそんな頃の曲です。

『フィクションのように』
http://www.youtube.com/watch?v=z9hDwqtioYY&feature=channel_page

これは、1985(昭和60)年頃の歌で確か、CMソングだったかなぁ?と記憶していますが、イントロから格好よくてインパクトがあります。
メロディも井上大輔らしい格好よさでこれは、なかなかの名曲だと思います。
割と前川清は色々なジャンルを歌いこなせる、そんなイメージがあります。
でも、これをカラオケで歌っても、あまりみんなが知らなかったりしますがねぇ(笑
day 2009-10-1008:34
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

前川Jr

これは私もまったく知らない曲ですねぇ。
そういえば以前、【田舎に泊まろう】に前川Jrが出てました。
彼も歌手らしい。
なかなか礼儀正しい好青年って感じでした。
でも、なかなか世に出てきませんねぇ。
元奥さんの方の娘はあんなに売れてるのに(笑)。
day 2009-10-1105:55
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/171-cee96e88

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。