なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-10 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶴田浩二

何から何まで真っ暗闇で、筋が通らぬことばかりの世の中です。右を向いても、左を見てもバカとアホウの絡み合い。鶴田浩二が「傷だらけの人生」で嘆いたのは、昭和45年だった。でも、今はもっとヒドイのでは、と思ってしまう。

彼は、左耳を押さえる独特のポーズで「シブサ」を体現した。しかし当時そんな「味わい」が、子供の私にわかるはずもなかった。

がぜん、注目したのは彼のワンマンショーをTVの再放送で見た時。実に味のあるスタイル(容貌、語り、歌唱すべて)だった。すでに60歳近い彼だが「抜群の風貌」だった名残りは生きていた。
相当な二枚目だったのは、よくわかる。名うてのプレイボーイぶりも想像がつく。

B00005GXFYTWIN BEST
鶴田浩二

ビクターエンタテインメント 1998-11-06
売り上げランキング : 8,513

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑この人の声って、相当イイのでは。

でも、この番組では「真摯」な彼が見てとれた。そして、生き残った後悔と責任が、ヒシヒシと画面から伝わってきた。(←特攻くずれ)「生き方って、見えてしまうものなんだ」と、つくづく感じ入ったものである。

とくに感動した曲が「好きだった」である。
  ♪好きだった 好きだった  
   嘘じゃなかった 好きだった~♪

彼の歌唱は、一語一語にビヴラートがかかり「深み」を感じた。この「味わい」は、一朝一夕に出せるものではない。だから、本業は俳優なのだが、私的には「歌手」としての凄みをおぼえたのである。

ひるがえって見渡せば、今現在「俳優」でここまでの味が出せる「歌手」はいるだろうか?石原裕次郎、小林旭の時代が、歌えるスタァの最後だったのか。
そもそも「スタァ」という存在そのものが、もう生まれる時代じゃないのですね。

父・鶴田浩二の影法師―末娘が綴った銀幕スタアの真実父・鶴田浩二の影法師―末娘が綴った銀幕スタアの真実
鶴田 さやか

マガジンハウス 2000-06
売り上げランキング : 313899

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑絶版になる前に・・・。

♪試 聴⇒<COLEZO!TWIN>鶴田浩二

♪試 聴⇒ブルースを唄う


★大好きな鶴田浩二さん







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑↓クリックな奴だと お思いでしょうが~(お願いします)

<広 告>
セブンアンドワイ_11月特集_豊かなる昭和A



スポンサーサイト

コメント

男!鶴田

鶴田浩二さんについては、一度別の欄で投稿しました。重複したら
スミマセン。特攻隊の生き残りの
原体験ある鶴田浩二が唄う軍歌は戦争を知らない私にもジーンと来るものがありました。松竹の二枚目スターから円熟期の東映任侠路線への転身は見事!。
背広姿のギャング、粋で往なせな
着流し姿、鶴田浩二はどちらも似合う数少ないスターでした。「人生劇場 飛車角」「総長賭博」
最後の映画出演となった松方弘樹主演「最後の博徒」での菅谷政雄役はこの人しか出来ない!通称ボンノ最後の佐分利信演じる三代目に詫びを入れるシーンは現実かと思うくらいの緊迫の演技力でした
歌手「鶴田浩二」数々のヒット曲がある中で「赤と黒のブルース」が一番好きです。「夢を無くした奈落の底で何をあえぐ影法師♪」
ギャング姿の鶴田浩二が目に浮かびます。鶴田浩二さんは下戸、甘い物が大好き、好物は下賀茂神社
近くの神馬堂の「やきもち」私も食べたが美味い!、そんなエピソードを山城新吾さんが語っていました晩年の公共放送での「男たちの勲章」でのガードマン役も深みのある演技でした。スタァやなー
day 2005-11-2913:49
name ウエピー
trip -
url

編集 ]

年と共に涙腺が

映画スタァの彼の偉大さは、よく聞くのですが、幼かった私には正直実感が薄いのです。
まぁ、歌にしても後づけの認識ですが。
でも、先人としてその偉大さには素直に感動しています。
サイトをいろいろ見てましたら、彼は多大な額を「慰霊」建設等のため、寄付していたらしいですね。こんなエピソードにも感動です。(年々、涙もろくなってきた)
day 2005-11-2919:30
name メロオ
trip -
url

編集 ]

彼も歌う映画スター

私はウエピーさんが書かれてた、題名はたぶん『男たちの旅路』だったと思うけど、このドラマは見てない。

数年後、彼の遺作で同じNHKドラマ『シャツの店』はヤクザ役とは全然違うその演技に感動した。こういう庶民的な役や演技もできるんだって。
任侠映画に多く出ていて余り好きじゃない私は殆んど見てなかった。でもこの頑固なシャツ職人に扮して中高年の悲哀を見事に演じてさすが~。

歌う映画スターで、好きな曲は♪街のサンドイッチマン♪哀愁があるじゃないですか?またマヒナも唄ってるけど♪好きだった♪は鶴田で聞くほうがジーンと来るなぁ。
day 2005-11-3015:54
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

男たちの旅路でした^^;

後村上様、いつもありがとうございます。なにぶん公共放送は苦手
なんで、シャツの店はチラッと拝見しただけで余り記憶にないんです。鶴田浩二の晩年然り、若山富三郎の晩年も役者としての渋みを
見せてくれました。
day 2005-12-0116:50
name ウエピー
trip -
url

編集 ]

YOU TUBE鶴田浩二

『赤と黒のブルース』を、かみしめるように歌う。吉田正先生もご健在だった頃の、おそらく本文で触れた「ビッグショー」の動画でしょうか。しかし、どうしたら、こんな味が出るのでしょう?

http://www.youtube.com/watch?v=710wpYnBEXY
day 2007-07-0621:14
name メロオ
trip -
url

編集 ]

YOU TUBE『好きだった』

珍しく吉田正先生が唄ってます。名曲をたくさん書かれた、凄いお方でしたね。
★『好きだった』
http://www.youtube.com/watch?v=ma79feEtC_g

こちらはご本人バージョン。
http://www.youtube.com/watch?v=f9JGMasTgGE

それにしても良いメロディーだなぁ。
day 2007-10-0318:59
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/178-625dd3ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。