なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-10 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美樹克彦

今考えると不思議だが、彼のことはよく覚えている。年代的に、そう馴染みがないはずなのに・・・。彼の活躍は、昭和40年代前半。でも昭和40年代後半に、TVでよく見たのだ。

おそらく当時の新曲プロモーションで、出演していたのだろう。「オーバーアクション」で、どことなく変な振りが記憶に残ったのかもしれない。(でも、そのときの曲名は不明)
しかし記憶というヤツは後付けも含め、ミキサーされて蓄積していく。『回転禁止の青春さ』、『花はおそかった』が、彼の持ち歌なのは知っていた。

ゴールデン☆ベスト
B0002IJLLY美樹克彦

おすすめ平均
stars美樹克彦の”ほぼ”全てが聴けるCD
stars人呼んで青春暴走系!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑青春スターだった。でも、その割りに映画とか出てないの?

とくに<大っ嫌いだ!白い雲なんて>というセリフが入る『花はおそかった』は、異彩を放っていた。このセリフが、古典的ギャグの「白い雲なんて大嫌いだ!」の出典なのだろうか。
それにしても、カオルちゃんは相当待たされたんでしょうね。

彼は後年、小林幸子とのデュエット曲『もしかしてpartⅡ』で、再び脚光を浴びる。小気味よいテンポが良かった。一時は、上司と部下(OL)の定番デュエットソングでもあった。(セクハラに近いけど)
この曲も彼の作曲だが、今はすっかり「作曲家」活動等でサポート側に回っているようだ。

本来「60年代」の人なのに、私には「70年代」の匂いを感じる人であった。そして恥ずかしいのだが、アイドル新御三家(ヒロミ・ゴロー・ヒデキ)の前に「カッコいい」と思った人でもあった。

青春歌謡ゴーゴー(2)~ティーン・ポップス大図鑑~
青春歌謡ゴーゴー(2)~ティーン・ポップス大図鑑~オムニバス 飯田久彦 高垣葵

おすすめ平均
starsジャケット通りノリノリです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑「学級委員」水沢有美、ってあるけど「俺たちの旅」の名古屋章の娘役だった人?

♪試 聴⇒ゴールデン☆ベストicon
♪試 聴⇒ロッテ歌のアルバム 日本クラウン編icon
♪試 聴⇒青春歌謡ゴーゴー 2~ティーン・ポップス大図鑑~icon

★プロフィール(プロダクション ビーム)
★プロフィール

歌う明星(2)青盤
歌う明星(2)青盤オムニバス 久保浩 佐伯孝夫

おすすめ平均
starsこんなアルバムをまっていた!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑まったく私の、どストライクゾーン!







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑クリックちゃん 遅くなってごめんね~(←お願いします)

<広 告>
Sony Music Shop



スポンサーサイト

コメント

かおるちゃん!以前

こんばんわ。週末は寒さが緩むとかで助かるけど、雪深い地域は雪解けが又大変だわね。

美樹は、私ら世代は結構目方誠と言ってた子役時代もお馴染み深いわよ。彼って多才よね。役者、歌手、作曲家、どれをとっても一応の成功を納めているもの。

Teenagerの頃に唄った、と言う事は40年以上前かな、♪回転禁止の青春さ♪はビートの乗った曲で好きだわ。激しいアクションつきだったわよ。それが売りでもあったの。その前後の♪俺の涙は俺が拭く♪だったかしら?そう云うのもあったわね。Kinkiの初期♪硝子の少年♪のようにアップテンポだけどメロディアスで、昭和の香りがプンプンした曲だったわ。

TVで1曲だけ披露するとなるとどうしても♪花はおそかった♪になるけど、これらの歌も聞きたいわ。

そう云う番組って作ったら視聴率を稼ぎそうに思うのだけど。
尾崎♪さよならをもう一度♪
黛♪雲にのりたい♪
静江♪コーヒーショップで♪
咲子♪乙女のワルツ♪
三田♪恋人ジュリー♪
太田♪雨だれ♪
辺見♪ダニエルモナムール♪
克彦♪回転禁止の青春さ♪
マニアック過ぎる?
day 2006-01-1122:00
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

レギュラーの懐メロ番組を

相変わらず、寒い地方に住むメロオです。
子役をやっていたのは、知らなかったなぁ。
高齢化時代の今、昭和30,40年代の歌謡番組は、たしかにイイですね。自分の趣味でしか考えられない点を割り引いても、そんなプログラム欲しいと思います。
もう万人化じゃなく「個」の時代なんだから。誰か「お台場、明石城」で、企画してくれませんかね。
day 2006-01-1122:19
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/179-b5080438

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。