なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-10 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊池桃子

ある土曜日の夜の話でございます。単調で、退屈な日々を過ごしていた私。せめて週末ぐらいは、ほんの少しの刺激が欲しかったのです。
地方都市の夜は早く、営業している店もほとんど見かけません。ファミレスもコンビニも、まだ浸透していなかった頃のお話でございます。

家にいてもつまらない。かといって行く場所もない。そこで思いついたのが「映画」でございました。友人と夜のレイトショーに向かったのでございます。
(疲れたので、いつもの書き方に戻します)
そこで観たのが、菊池桃子・主演の【テラ戦士ΨBOY】だった。まさにアイドル映画そのもの。でも、面白かった。

スペシャル・セレクションI
スペシャル・セレクションI菊池桃子

おすすめ平均
starsやさしい
stars林さん・VAPさんに感謝!!
stars雪に書いたラブレター!
starsせつなく美しい
stars昭和の癒し系

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑旦那にもっと頑張ってもらわねば・・・。

それ以前から、彼女の楽曲はよく聴いていた。デビュー曲『青春のいじわる』から『SUMMER EYES』、『雪にかいたLOVE LETTER』、『卒業~GRADUATION』、『BOYのテーマ』、『もう逢えないかもしれない』まで。
このあたりは、しっかり私のストライク・ゾーンに入る。

ささやくような唄い方(しゃべり方も)が、グーだった。そして「メロディ」も良かった。一般には「アイドル歌謡」と分類されるだろう。
でも、私は「スマート&クール(カッコよい)」なムードを感じた。ある意味「シティ・ポップス」の流れも感じた。

もっともそれも当然で、好きな林哲司の作曲だった。杉山清貴&オメガトライブ好きな私には合点がいったものだ。

アイドル「菊池桃子」が、唄うため「アイドル歌謡」と定義されるが、楽曲の質は「オメガトライブ」と変わらないのでは、と思っている。
例えば『SUMMER EYES』なんて、杉山清貴が歌っても不思議じゃない。
『もう逢えないかもしれない』も、そうだし。

オーシャン・サイド
オーシャン・サイド菊池桃子

おすすめ平均
stars良き時代でした
stars波間を漂っているような気分にさせてくれる一枚
stars完成度の高いアルバム
starsアイドルのアルバムの歴史的転換

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑なぜか『サマーアイズ』って曲、好きだなぁ。

さすがに『卒業』は、等身大の彼女とイメージが重なり「桃子ワールド」が展開されている。同時期、斉藤由貴も『卒業』を唄っていたと思う。世評では、斉藤由貴の曲に評価が高いようだ。

たしかにインパクトやドラマ性では負けるが、斉藤由貴には「怖さ」も感じる。桃子ちゃんの場合、曲としての「おっとり感」があり、割とこの「ユルユル感」がいいんだなぁ。

昔、思ったものだ。あんなに目が大きいと「老けたらシワだらけになるゾ」って。でも、うまくアンチエイジングできてる。変わらぬ綺麗さはビックリ!

菊池桃子 プレミアム・コレクション LEGEND
菊池桃子 プレミアム・コレクション LEGEND菊池桃子

おすすめ平均
stars初期の集大成

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑ファンにはうれしいDVD-BOX!第二弾・BRANDも出てる。
                   ★BRANDの情報

♪試 聴⇒菊池桃子 スペシャル・セレクションIicon
♪試 聴⇒オーシャン・サイドicon
♪試 聴⇒80’sアイドル JAPAN 1icon

<映像>『SUMMER EYES』
<映像>『もう逢えないかもしれない』
  ↑しかし、これらの曲を改めて聴くと、やはり杉山清貴が歌ってもおかしくない!

★公式ページ
★7転び3回屈伸起き(応援ページ)
★菊池桃子さん親衛隊のホームページ








にほんブログ村 音楽ブログへ


↑コテージの窓から広がる コバルトのクリックを~(←お願いします)

<広 告>
Sony Music Shop






スポンサーサイト

コメント

確かに

林哲司が手がけているし、アレンジもどこかオメガトライブっぽい曲が多いかもしれませんね。
旦那さんは五月みどりの息子のプロゴルファーですよね?
day 2005-12-1717:24
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

桃子

ドキドキしながら記事を拝見させて頂きました。
暖かいコメントでほっと致しました。有難うございます。
☆が五つなのが嬉しいです♪
day 2005-12-1923:14
name モアイ
trip -
url

編集 ]

パンツの穴

オメガっぽいですよねぇ。Geminiさんに共感いただき、ますますその思いを強くしています。旦那が頑張らないと、彼女の露出が増える?(←経済的に)
モアイさんは「大ファン」だったんですよね。辛らつなコメントは私もできませんでした。(笑)薬師丸といい彼女といい、女優系は個性的な声の持ち主が多いかも。
day 2005-12-1923:51
name メロオ
trip -
url

編集 ]

康珍化

先日のみに言ったとき、康珍化が作詞した曲を歌っていたときに、女の子が「この人の名前よく見るよね、なんて読むの?やすちん(以下略)?」って会話しました。
「“かんちんふぁ”だよ」って教えておきました。
実は、“康”は“かん”と読むのは、何となく知ってました。
確か、パンダの“かんかん”が漢字で書くと“康康”だったのが、記憶の片隅にあり、それでですね。
“化”が“ふぁ”なのは、ちょっとわからなかったですが、これを間違って“げ”とか読んだ日には・・・。
康珍化・林哲司と言うのは、オメガトライブなどの頃からのゴールデンコンビですね。
心地よい曲調が多いなと思います。
そういえば、郷ひろみの“あちち”も康珍化の訳詩でしたね。
day 2006-09-1610:22
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

交換して唄って

カンチンファは、私もなんとなく読めてました。どこかで聞いてたのでしょう。
どこの国籍の方か知りませんが。たしかに「げ」と読んだら、ヤバイ(笑)。
杉山と桃子が、互いに楽曲を交換して唄ったら、とても面白いと思うなぁ。
day 2006-09-1806:01
name メロオ
trip -
url

編集 ]

桃子ちゃんはダメ亭主と子供たちを養っていかなきゃならないから大変だよね。
day 2006-11-2611:50
name うぽぽ
trip -
url

編集 ]

旦那の哲のことですね

スポーツ選手は、たいへんですからねぇ。 かといって今の時代、リーマンも大変だけど。
まだ桃子ちゃん、稼げるだけ恵まれてるのかも。
day 2006-11-2613:02
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ラジオ番組「マスタックス青春トライアングル」はラムー結成を機に終了してしまいました。88年2月ぐらいだったかな?
day 2006-11-2712:22
name うぽぽ
trip -
url

編集 ]

ラ・ムー

ラ・ムー時代の彼女の姿を全然、覚えてないメロオです。
その頃は、ラジオもほとんど聴いてなかったなぁ。
day 2006-11-2916:11
name メロオ
trip -
url

編集 ]

『SUMMER EYES』は…

…作詞が康珍化じゃなくて秋元康だけど、確かにもろ林哲司って感じのメロディラインで、オメガが歌ってもおかしくない、そんな感じですね。
day 2008-05-0310:02
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

アイドル曲なの?

これはあまりにも強く思いすぎてるせいかもしれない。
『SUMMER EYES』は、杉山清貴が歌ってもおかしくない、と。

そのため、最近は「なぜ桃子ちゃんが歌ったのだろう?」と思うようになってきた。
完全なるアイドルとして登場した彼女に与える楽曲だったのかなぁ、と。
でもそれがあったから、私は桃子ちゃんの歌手活動を見るようになったんだけど。

しかし作詞が秋元康とくれば、やはり確信犯なんでしょうね。
day 2008-05-0310:25
name メロオ
trip -
url

編集 ]

やっぱり…

…これ

http://jp.youtube.com/watch?v=8PMBt8t11Tw

『SUMMER EYES』

イントロからもろオメガですよ(笑
初めて聴いたとき、
「これ、オメガ?」
と感じました。
でも、一番好きな菊池桃子の歌だったりします。

そして

http://jp.youtube.com/watch?v=qWh0scyGrHw

『夏色片思い』

これもやっぱりオメガっぽいです(笑

ということでこれから夏なので夏な曲を(笑

day 2008-06-2722:53
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

確信犯だ

『夏色片思い』という曲は知りませんでした。しかし好きです。
やはりオメガ好きだからでしょうか(笑)。

こうして振り返ると「桃子プロジェクト」として当時、確信犯的にやってたのかなぁと思えてきましたね(笑)。
day 2008-06-2816:20
name メロオ
trip -
url

編集 ]

確信犯その2

なるほど、確かにそうかもしれませんね。
秋元康珍化(笑 の作詞陣に、林哲司のメロディ、そういう戦略でひきつけるという感じだったんでしょうね。
まあ、それでも、合っているからいいですね。

ところで、『夏色片思い』ですが、後につんくが作った

http://jp.youtube.com/watch?v=mfTRBxASbB8

『桃色片思い』松浦亜弥

これは、間違いなく『夏色片思い』から、題名を貰ったに違いないと思います(笑
一時は、猫も杓子も松浦亜弥歌っていた時期がありましたね。

私は、松浦亜弥はあまり興味ありませんし、もちろん歌いもしませんが、唯一、『風信子』と言うチンペイさんが作った曲だけは好きです。
カラオケでも歌ったことありますよ、もちろん
「これは、谷村新司の曲なんだ」
と言ってね(笑

day 2008-06-2909:20
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

あやや

私もこの曲のタイトルからすぐに『桃色片思い』連想しました。
桃子で「桃」つながりもあるし、意識してたんでしょうか(笑)。

あややにはそう興味ないのですが、この曲はいろいろ(主にモノマネ)インパクトありましたねぇ(笑)。


day 2008-07-0108:41
name メロオ
trip -
url

編集 ]

Vap

菊池桃子、杉山清貴&オメガトライブなどが当時所属していたレコード会社が、Vapと言うところで、ここは、日本テレビ系の会社だったと思います。
他では、森川美穂や円谷優子(円谷英二の孫で、宇宙刑事シャイダーやっていて37歳で亡くなった円谷浩の従妹)などもいたようですが、確かに日本テレビ系の主題歌や挿入歌が多かった気がします。
他では、日本テレビ系のドラマのビデオやDVDなどもやっているようです。

そんな菊池桃子の歌を1曲か

『Broken Sunset』(作詞:有川正沙子 作曲・編曲:林哲司)
http://www.youtube.com/watch?v=Oex0TXplAcw

内容は失恋ですが、どこか強さを感じるのですが、そこは、作詞の有川さんの詩によるものが多いのでしょうねぇ。
メロオさんが以前言っていましたが、女性作詞家は強い方が多いというか、そういうのもあるのでしょうねぇ。
割と有川さんも男っぽい詩が多いですし、寺尾聰や佐々木幸男などの楽曲もやってますからねぇ。
アレンジもリズム感があって格好よいです。
そして、やっぱり、作曲・編曲が林さんなだけに、オメガトライブっぽいですねぇ。

PS そういえば、1986オメガトライブの『君は1000%』の作詞も有川さんでした。
それもあってより一層オメガっぽいのかなぁ。
day 2009-05-3110:24
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

ナイトクルーズ

うーん、この歌覚えてない・・・。
でも、おなじみの林さんらしいメロディ(笑)。
どうしてこうカッコイイのだろう。
これだってオメガが歌ってもまったくおかしくない。

案の定、カー用語がたくさん出てきて、夜の渚をドライブしたくなっちゃいそう(笑)。

day 2009-05-3112:24
name メロオ
trip -
url

編集 ]

レッドディザイア

先週、競馬では、牝馬3歳のGⅠ

http://www.youtube.com/watch?v=Jw6eacyPnWQ

秋華賞がありましたが、これを優勝したのが、レッドディザイアという馬です。
この馬は東京ホースレーシングというところが馬主ですが、これの代表をしているのが、プロゴルファーの西川哲、つまり、菊池桃子の旦那さんと言うわけです。
芸能界で馬主も、北島三郎とか前川清とか多数います。

さて、今週は牡馬三冠最後の菊花賞ですが、果たしてどんな結果になるのかな?
day 2009-10-2513:40
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

やっぱり好きな歌

さすがに「馬」までは手がまわりません(笑)。

記念すべきデビュー曲を、ついでにUPしておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=p3PMK6NI8tQ

やっぱり桃子ちゃんの初期の歌は好きだな。
すなわち、林哲司好きってことでしょうね。
day 2009-10-2523:19
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/185-8ae39bc6

菊池桃子「卒業-GRADUATION-」

もうすぐ3月。卒業シーズンがやってきました。私には、もう関係のないイベントですが・・・とりあえず、この曲をピックアップ!菊池桃子『卒業-GRADUATION-』1985年2月27日発売。オリコン1位、売上40万枚。作詞:秋元康 作曲:林哲司♪誕生日にサンテグジュペリ

[2006-02-26]

レトロな時間

菊池桃子 の映像、連続視聴/試聴

菊池桃子 の映像、連続視聴/試聴      ・BOYのテーマ (1985)      ・雪にかいたLOVE LETTER( 1984.11.29当時16歳 )  ...

[2008-01-05]

25時間、ミュージック動画・連続視聴/試聴

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。