なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-10 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなみらんぼう

味のある「ウイスキーの小瓶」を奏でた、みなみらんぼう。名前とはまったく違い、温和そうでひょうひょうとしたイメージがある。
  ♪ウイスキーの小瓶を 口に運びながら
   涙と思い出を 肴にして~♪

彼の最大のヒットは「山口さんちのツトムくん」だろう。世の中の何人の「ヤマグチツトム」さんが、からかわれた事だろうか。
   
サイトで彼の活動を見ると歌手活動に捕われず、役者業や世界を巡るリポーターなど、フリーライフを楽しんでいるように感じられる。実情はわからないが「羨ましい」。外見と行動が一致する「自由気ままな旅人」だ。(反面、奥さんは大変だ、とも思うけど)

平成でもなく昭和でもない。そう、大正時代がこの人にはよく似合う。そんな時代の文士とか、書生役がハマッてるなぁ。実際、生まれてくる時代を間違えたのか、とも思えてくる。
だからこそ、役者業での「不動の地位」が存在すると思えるのだ。もっとも、ごく限られた役柄なので守備範囲は狭く、そして今、需要も少ないだろうけど。

また「思索の人」にも見える。当時、不治の病と言われた「結核」に冒され、サナトリウム(療養所)に長期入院しているのだ。まぁ、例えは尽きないが、結局のところ「変な人」なのだ。そんな変な人だからこそ、創作活動を中心とした芸能活動が出来るのだ。

まっとうな人間は「芸能活動などしないもの」と思う私には至極、当然のことである。そして「選ばれし変人」だけに許されるポジションでもある。

それにしても彼のスタンス(芸能との距離の置き方)って、実に理想的に思えてくるなぁ。

PS:まさか彼を取り上げるとは、自分で思ってなかったので不思議。

♪試聴「ウイスキーの小瓶」       ♪試聴「途上にて」

★公式ページ

ベスト~三十年目の途上にて~
B00005QYFAみなみらんぼう 千代正行 石原眞治

おすすめ平均
starsなつかしい気持ちになれる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑子供と大人が同居する不思議な人。

↓クリック少し変だ どうしたのかなぁ~♪(お願いします)





スポンサーサイト

コメント

やっぱり...

みなみらんぼう、この『らんぼう』と言うのはどこから来てるのか?まさか
♪待ち合わせ時間に早すぎて紀ノ国屋で本を探した
家庭料理の本を買うつもりが『ランボー詩集』を手にした時から
大塚博堂の『私はもう女です』に出てくる、フランスの天才詩人、アルチュール・ランボー?まさかな?と思ったんですが、まさに、このランボーから、らんぼうをとったそうです。
自分も、頭の中は『ツトム君』だらけですね。
昔あった『みんなのうた』のレコードにも当然入ってました。
day 2005-12-0623:07
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

変人は変人を好む

そうらしいですね。ランボーに憧れていたんでしょう。(だから、やっぱり変人だ)「素晴らしき変人の輪」。
彼の味のあるしみじみ感は、たやすい事では出来ませんね。「ツトムくん」イメージが大きいけど、「ウイスキーの小瓶」のたゆとう感は貴重だなぁ。
day 2005-12-0719:45
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ルイ

みなみらんぼうの曲で、一曲。
『ルイ』と言う曲が、なかなかフレンチな感じでいいなぁと思います。
この歌は、ちあきなおみや由紀さおりも歌ってます。
『ルイ』と言うのは、フランスではポピュラーな名前(日本で言えば、太郎とか花子みたいな)で、おそらく女性の名前だと思います。
私もまだ試聴でしか聴いてませんが、ぜひ聴いてみたい曲です。
day 2007-04-0122:45
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

ルイルイ

久しく聴いてない人・・・。コメントも実に1年以上ぶりでした(笑)。
『ルイ』といったら、つい太川陽介を思い出します(笑)。
day 2007-04-0205:55
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/187-cd590452

みなみらんぼうの「ウイスキーの小瓶」

哀愁の70年代。聴こえていたのは「ウイスキーの小瓶」

[2006-10-10]

Yodan::Times

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。