なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-07 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上條恒彦

太くたくましい声は、ヒゲ面の風貌と相まって「濃いキャラ」を強調していた。同じくヒゲコンビの小室等が作曲した「出発の歌」で、世界歌謡祭のグランプリに輝く。彼のダイナミックな歌唱には、それは惹かれたものである。同じダイナミックさでは「尾崎紀世彦」も忘れがたいが、それはまた別のお話。

しかし、もっと印象深い曲は「だれかが風の中で」だ。
   ♪どこかで 誰かが 
    きっと待っていてくれる
    雲は焼け 道は乾き~♪

この楽曲はご存知、ドラマ「木枯らし紋次郎」の主題歌。中村敦夫演じる紋次郎は、大ヒットした。あんな長い爪楊枝は、ドカベンの「岩鬼」がくわえる葉っぱと双璧だ。(モデルになったのかも)
ニヒルで他人との関わりを極力、持ちたくない「紋次郎」。(でも、それじゃドラマが始まらない)そんな生き方が、ウケタ時代だったのかなぁ。

歌手だった上條恒彦は、やがて芝居の世界に入る。ドラマ、舞台、声優で活躍。「男っぽいけどハートウォーミング」な役どころは、素の彼のイメージに思える。あの野太い声はとても魅力的で、舞台や声優として貴重な存在だ。「天性の武器」を持つ人は、強いなぁ。

昔、子供だった私に母は言ったものだ。「あんな人、好きなの?」って。ヒゲ面でいかにも「男」だった彼が、母には「清潔」とかけ離れた存在に見えたのだろう。少なくとも、母の「タイプ」ではなかったはず。でも、そんなタイプが好きな女性も結構、多いと思う。
大人になるにつれ、その感は強い。そしてそんな人は、昔ゴロゴロいた。たいてい、喫茶店でマスターなんかしてたりもする。

PS:「お母さんの写真」というアルバムは、最高!実は「試聴」で初めて知ったが、なんともいえない味わい。「本物の大人の童謡」の雰囲気。全曲試聴できるので、ぜひ聴いてください!

♪試 聴 ←おなじみ「出発の歌」「だれかが~」はこちら。   
♪試 聴 ←アルバム「おかあさんの写真」全曲試聴可。絶対、聴いてほしい!

★プロフィール

お母さんの写真
B0000A9DSL上條恒彦 宮崎駿 覚和歌子

おすすめ平均
stars古き良き日本の懐かしさ100%CD
starsまずは口笛で。そして一緒に口ずさみたい唄たちです
stars力強い「優しい」うた

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑実にイイ!しみじみ、ほのぼの郷愁心をくすぐる。時に涙、出そうだよぉ。

お母さんの写真

ちょんまげ天国~TV時代劇音楽集~
B00006IIE8テレビ主題歌 杉良太郎 山上路夫

おすすめ平均
starsCDジャケットに騙されるな!中身は抜群にいいぞ!!
stars素晴らしすぎです(笑)
stars第2弾に期待!
stars続編に期待!
stars時代劇物ではこれが一番かな?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑一家に一枚、あっていいかも!

↓さあ今 クリックの向こうに飛んで行け~♪(お願いします)





スポンサーサイト

コメント

阪神の...

...カークランド(合ってるかな?)が、爪楊枝みたいな棒をくわえてバッターボックスに入ってましたが、紋次郎とどっちが先でしたっけ。
自分の記憶では、紋次郎は、カークランドをモデルにしたってあるんですが。
紋次郎と言えば、中村敦夫の影武者と言われる人がいたみたいですね。
大林丈史と言う人がそうですね。
ちょっと前に、ナンバーズかロトだかのCMで、仲居正広の父親役をやった人(正広、寿司はいいよね)、もっと古い話をすれば、ウルトラマンレオの悪役、ブラック指令をやった人ですね。
私も紋次郎の歌は好きですよ。
day 2005-12-0622:48
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

実際に見ました

出発の歌で脚光を浴びた頃って20数年前、当時から外見は老けてましたね。でも威風堂々、圧倒的声量。

彼って活躍の場が多岐にわたっているみたいで、ミュージカルも主戦場。幾つかに重要な役で出ていると思うけど、私は【マイフェアレデイ】を観賞。
イライザの親で飲んだ暮れ。この役はブロードウエーでも何とかハーロウエーの当り役だったが、彼の演技もなかなかどうして。有名な2曲【運がよけりゃ&教会へ行こう】を歌うことになるけど、上条版はこれまた躍動感一杯ド迫力で良かった。
江利チエミが主演でした時はこの役はこの前に亡くなった小鹿何とかさんが代役〔八波むとしの代役だった
のかな?〕、これも良かった。ミュージカルってよろしいね。思い出せないことも多く、な~んか変な終わり方。
day 2005-12-0623:07
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

ジョーは最高!

>Geminiさま
カークランドはしっかり知ってるけど、棒をくわえていたのは覚えてないなぁ。同様に影武者の件も初耳でした。Geminiさんの知識の広さに脱帽です。また教えてくださいね。

>後村上さま
生体験とは羨ましい!実は記事を書いてからますます「上條ファン」になっている私です。感動する声を持っている、数すくない人ですね。「本物の良さ」を広く知ってもらいたい気持ちで、いっぱいです。
day 2005-12-0719:37
name メロオ
trip -
url

編集 ]

仙人と言うよりは(笑

まずはこれを

http://youtube.com/watch?v=FrAALsyHfRM

これは有名な曲ですが、実はこの前の日曜日、まるで六文銭のように(小室等・及川恒平・四角佳子)のライブに行ってきました。
この中では、小室さんだけが見るのが初めてでした。
私の年代では、小室と言えば、“哲哉”や“みつ子”なんですけどね(笑
よく“仙人”と言われているので、どんな感じなのかな?と思ったんですが、意外と若い感じでどちらかというと寺尾聰みたいな感じでした。
そして、この『出発の歌』を小室さんが歌ったときには、盛り上がりました。
トークもなかなかうまいし、歌も歌い上げる感じで良かったです。その後の打ち上げも参加しましたが、あの小室等と普通に会話できたよ見たいな感じで、興奮と感激をしました。
白髪ですけど、若々しい感じでしたよ。
恒平さんも面白いキャラでしたし、おけいさんも若々しくて、良かったです。
それから、小室さんの娘さんのこむろゆい、みんなのうたを歌っている歌手だそうですが、CDとか売ったりしていて、明るくて活発な可愛らしい人でした。
ゆいさん、お父さんに顔はそんなに似てないんですけどね。
楽しい時間を過ごしました。

PS 私は今回移動があり、新たな地に行きました。
不安だらけですが頑張ろうと思っています。
day 2008-04-0510:16
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

味のある顔立ち

4月は新年度。まさに『出発の歌』です。新生活がんばってください。私も今までのようなのんべんだらりとした生活はできないと思ってます。
精悍なヒゲのマスター(?)も、歳月と共に味のあるマスターになりました・・・。とッテモイイ歳のとり方だな。
day 2008-04-0601:00
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/190-8e4f4624

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。