なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-10 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐良直美

とても「普通の人」に見えた佐良直美。なぜ、当時そんなに人気(需要)があったのか?子供だった私にはわからない。ドラマや「紅白」の司会まで務めている。

もちろん『世界は二人のために』、『いいじゃないの幸せならば』といった大ヒットのおかげだろうけど・・・。こういうことは時代感覚が必要で、後から検証しても意味がないのだろう。

当時【肝っ玉かあさん】というドラマは、欠かさず見ていた。すっかりストーリーは忘れたが、京塚昌子と彼女はしっかり覚えている。間違いなく「売れっ子」だった。(使い勝手がよかったのだろうか)

B0007G8BOO〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(16)素晴らしいフォークの世界
佐良直美

ビクターエンタテインメント 2005-03-09
売り上げランキング : 72,076

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑フォークの名曲を歌う佐良。

『世界は二人のために』は、チェリッシュの『てんとう虫のサンバ』に先立つ「結婚式ソング」だった。もっとも、すぐに唄われなくなった印象がある。割と短命だったようだ。あまりにも直截すぎたのか?

ごく普通の外見で、際立った特徴がない彼女。ところが恥ずかしながら、私は今にしてわかった。実は、とても「歌唱力」があるということを。「試聴」で聴く、彼女の「愛の讃歌」は、素晴らしい。どこか、カンツォーネ風で、余韻たっぷりに唄う声は「届く」のだ。(試聴してみて下さい)

何度も「普通の人」と書いた。でも実は全然、普通の人じゃなかったんですね。いろんな意味で・・・。
まだまだ、人を見る目のない私である。

♪試 聴⇒ゴールデン☆ベストicon
♪試 聴⇒詩こそわが人生 -岩谷時子の世界-icon
♪試 聴⇒青春歌年鑑 1969 BEST30icon

★プロフィール
★動物をめぐる人々

B000A38QQW歌謡曲の殿堂(3)
オムニバス 中尾ミエ 三田明

ビクターエンタテインメント 2005-09-22
売り上げランキング : 96,193

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑こっちには、二大ヒット曲、収録!







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑愛 クリックと二人~(←お願いします)

<広 告>
Sony Music Shop



スポンサーサイト

コメント

既に立派な?大人

メロオさんが書かれてた『時代感覚が必要で あとから検証してもーー』だけど、少なくても当時私はもうここもあそこも立派な成人、時代感覚を持ち合わせていたかは疑問だけど、まあその観点から一言。たぶん一言じゃ終わらないだろうけど。

直美姐さん、と言ってよいか直美兄さんといった方が良いのか、人気の秘密は色々あるわね。

①歌唱力が確か ②いずみたく一家の優等生 ③ボーイッシュ(まあご存知の方はそれも当たり前なんだけど)で当時は爽やか系に映ったし、決して美男子じゃないのが茶の間にもウケタ ④大学は日大の芸術学部だけど、高校は東京の超お嬢様進学高のフタバのブランド ④歌だけでなく司会もこなす多才ぶり ⑤家も名士でNHKが好みそう

何だかんだで、売れっ子に。新人の時も黛ジュンと争って私は当然ジュンと思ってたけど直美兄さん(このほうがしっくりするわね)、がレコ大の新人賞を獲得、男性は永井君でそんなら、佐良と黛の2人にやれよ!って思ったもんだったわ。この2人なら、今考えると男女2名といっても許されるわよね。私ってこの話題ばかりだわ。まあ許して、私が私だから。

歌唱力はあるけど、紅白でよく声が裏にひっくり返ってたわよね、見逃さないわよ。断然NHKの番組に多く出演なさってNHK御用達ね。かなり大御所さんになり始めた頃に、キャシーの暴露沙汰、ゲイ能界から消えていったわね。まあ元々金持ちだから今も悠々自適だろうけど。

私ともあろう人が、直美兄さんがあの趣味があっただなんてその頃は全く知らなかったの、迂闊だったわ。まあそれは兎も角、ああいうスタンスの歌手って今はいないわよね。昭和40年代が懐かしいわ。
day 2005-12-1521:11
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

よーく、わかりました。

よくぞ、お答え頂きありがとうございます。
ある意味、今回の記事は当時の彼女を、世間はどう見ていたのか知りたくて書いた気がします。そして、きっと後村上さんなら教えてくれるかなぁ、と。期待通りでした。(笑)
たしかに黛ジュンを差し置いて「新人賞」をとったのは少々、不思議でした。ポイントをうまく押さえて書かれていたので、よくわかりました。
③つまり、親しみのもてるフェイス、という点ですね。納得しました。彼女と水前寺清子のスタンスって、どこか似てますね。
day 2005-12-1600:18
name メロオ
trip -
url

編集 ]

21世紀音頭

佐良サンの歌で 1番聴きたいのは 21世紀音頭 です
盆踊りの時期になると 掛かっていた曲目
でも ここ何年も聞いて無くて 寂しいネ
day 2007-08-1822:53
name 謎色迷路
trip pNqQqwv.
url 楽天・プラザ・まかしょ~

編集 ]

退場したのかな?

いや、『21世紀音頭』ですか。知らなくてすいません。(それとも、どこかの盆踊りで聴いたことあるかなぁ?)本人の露出と共に、曲も表舞台から退場しちゃったのかな?
すっかり夏祭りも終わって、でもまだまだ暑い日々。例年以上に「かき氷」食べました。
day 2007-08-1908:06
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/193-a4ef5587

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。