なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-10 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黛ジュン

最近、国営衛星放送の歌番組で彼女を見た。ミニをはいて唄う彼女の、どこか日本人離れした容姿は妖しい魅力に満ちていた。ただし、私が見たときは声が濁っていて、残念ではあったが。

しかし冷静に考えると、スゴイ話である。何しろ彼女は、1948年生まれなのだ。そんなお歳で、あのフェロモン発散指数の高さなのだから。(もっとも「好み」の問題は、ありますが)

あの衣装で(シースルーもどきのミニ)現役を続けている点に、ただただ感服。そういえば、1980年代には映画「女帝」に出演したり、ヌード写真集も発売している。

しかし、全盛期の1960年代後半から70年代にかけては、子供心にも「なんかケバイなぁ」と思っていた。当時流行の、濃すぎるアイメイク、布切れをそのまま纏ったようなワンピース。しかも、そのデザインはサイケだし。

今考えるとショートカットのヘアスタイルには、すべてがミスマッチだったのでは。でも、それこそが彼女を「黛ジュン」たらしめていた。そして、驚くべきは今でもそのスタイルが、変わってないように感じる。
ゴールデン・ベスト
ゴールデン・ベスト黛ジュン

おすすめ平均
stars妙なシャウトがそそる。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑お手軽なベスト盤。「真赤な太陽」も収録。

黛ジュン - 黛 ジュン全曲集
↑iTunesで、ダウンロード購入もできます。

なんといっても「レコード大賞」受賞歌手なのだ。聴きなれた楽曲は、余りある。『恋のハレルヤ』『天使の誘惑』『夕月』『雲にのりたい』~これらが、わずか3年の間にリリースされている。(実兄の三木たかしが、すべて作曲したと思っていた。でも調べてみると、鈴木邦彦作品の方が多かった)

『天使の誘惑』を聴くと、夏の水辺と記憶がつながっている。1960年代後半の海水浴場やプールサイドで、よくこの曲が流れていた。つまり私的には、なつかしきサマーバカンスの一シーンを彩った歌になる。そんな些細な事って、案外記憶に残るのだ。(1970年代後半の海水浴場曲は、百恵ちゃんの『イミテーション・ゴールド』かな)

たしか『夕月』の映画化の際、出演者公募で銀幕デビューを果たしたのが鈴木栄治さん(←本名)だった。そう、森田健作である。さらに今回知ったのは、ジェームス三木の脚本家デビュー作でもあるらしい。
なるほど。一人のスターの登場は、様々な才能を世に送り出すもんですね。

でも「スター」と書いたけど正直、忘れつつある人だ。彼女の歌謡界の実績は、素晴らしい。なのに大御所感が薄い。もっと評価されてもいいと思うのだが。
今風に言うと、40年前の【エロカッコイイ、倖田來未】のような気もしないではない・・・。


♪試 聴         ♪試 聴
♪試 聴

★プロフィール
★黛ジュン(歌詞&ジャケット)

The Deluxe Beauty Jun Mayuzumi
The Deluxe Beauty Jun Mayuzumi黛ジュン

東芝EMI 2003-09-18
売り上げランキング : 100,139

おすすめ平均 star
star鮮烈な音質!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑マスターなみの音質らしいですよ。

60′S ビート・ガールズ・コレクション Vol.2
60′S ビート・ガールズ・コレクション Vol.2オムニバス 黛ジュン 田村エミ

おすすめ平均
stars嗚呼、過去回帰に私の原点を感じた!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑泉アキの収録度高し。でも、彼女の曲は覚えてないなぁ。







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑おしえてほしいの クリックのわけを~♪(お願いします)

<広 告>
TBS ishop

HitomiYaida_120x90.jpg



スポンサーサイト

コメント

まだ登場していなかったとは

信じられへん、もうとっくに登場しているとばかり思っていました何から語りましょうか、「恋のハレルヤ」やレコ大関係は他の人に
任して「夕月」辺りから攻めてみましょうか、ご存知かと思いますが映画「夕月」の相手役募集で選ばれたのが「森田健作」なんです「乙女も祈り」のバックコーラスはスクールメイツ、やけに「鶴間エリ」現岡本富士太夫人の声が、コーラスの中から際立っています
鶴間エリは爆乳でした(笑)
この2曲は私が好きな曲かもしれません。
day 2006-04-1300:12
name ウエピー
trip -
url

編集 ]

ジュンと私の公約

友人が大好きだったので、逆に大嫌い!を装ってた40年代初頭。
でも彼女の全盛期は、今でいうアムロ、アユ並みかそれ以上の勢いがあったな。まあ3年間だったけど。

新人の時は考えてみると可哀相でもあった。レコード大賞の新人賞は今なら5人の枠があるけど当時は男女各一人。結局、女性は佐良姐さんにさらわれてしまって、でもあの姐さん、女性でいいの?それは置いておいて。♪恋のハレルヤ♪乙女の祈り♪霧のかなたに♪の大ヒットで何故新人賞取れないなんてね。ちょっぴり同情した私でした。

翌年、今度は大賞狙い。♪天使の誘惑♪みたいなポップスでは当時はグランのプリは取れないので、急遽演歌じみた、又歌い方もこぶしを入れた♪夕月♪をリリース、これまたヒット、そして師走の発表で見事!レコード大賞授賞、曲は♪天使の誘惑♪なんじゃこれは!何だったの?夕月は?

当時ミニスカートをはいて人気だったジュンちゃんが云ってたのを今も覚えてる。それは『ミニスカートが好きなの。40,50の大人になっても絶対にはけるようにしたいわ』確かに今もその公約?果たしてるジュンちゃん。

カラオケで私は今でも唄う。♪乙女の祈り♪そして一番好きな♪雲にのりたい♪『これらの名曲を私後村上も70,80才の熟年になっても唄い続けたいわ』

day 2006-04-1300:19
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

ジュン

>ウエピーさま
まだまだメジャーどころで登場してない人、いっぱいいます。やがて書きますので、コメントお願いしますね。
純和風の『夕月』って、今の時代にない曲ですね。
鶴間エリは、たしかに爆乳でした。(笑)でも、今知ってる人は少ないかも。岡本富士太も。

>後村上さま
なるほど、たしかに昔はポップス系って「軽さ」から、大賞には対象外のイメージありましたね。『天使の誘惑』もそうだったんですか。ふむ。
『雲にのりたい』は、私も好きです。ところで、彼女の曲って今、誰かカバーしてもイケルと思うんだけど・・・。
day 2006-04-1419:24
name メロオ
trip -
url

編集 ]

琉球のイケメン歌手見~つけた!

ジュンが歌うはずだった♪真赤な太陽♪、美空ひばりがすったもんだの末(かどうかは知らないけど)唄ってヒット。私もジュンが歌ってるのを結局聞かず仕舞いだったけど、ベスト版に収録されてるんですね。この唄は絶対にジュン版のほうがぴったしくるので聞いてみたいわ。

明日、土曜日の夜に友人とカラオケヨ。♪乙女の祈り♪夕月♪雲にのりたい♪歌おうかしら?聞いてる友人が嫌がるわね。無理やりだけど、ジュンの最後のヒット曲♪土曜日の夜何かが起きる♪唄ってもいいけどこの唄はちょっと間奏が間延びするのよね。

映画(夕月)でジュンの相手役に発掘されたのが健作、発掘序でに、今日、ちちんぷいぷいを見てたら、かなりのイケメン歌手を私、見つけ出したわよ。ずっと見れなかったんだけど顔はもろタイプ。奄美大島の出身とか言ってた。名前は中考介(あたりこうすけ)、曲名は忘れたけど、彼はこれからブレイクするかもしれないわよ、憶えておいて。ただね、現代風のルックスから、私はてっきり平井堅ちゃんみたいな声を出すものと思ってたら大きな誤りだったの。元ちとせにそっくりのヴォイスでちょっぴりドン引きしたの。唄はうまいんだけどあのイケメンと声はミスマッチ?。琉球沖縄の島唄なども唄ってるそうだけど、今に出てくるわよ。メロオさん、30年後、平成の歌謡曲のブログで、中考介の事を書いてるかもよ。私?コメントを書いていたいけどそれ迄生きていないわよ、短命だから。何?『今でも結構長生きしてるじゃんって?』さぁさぁ、寝ましょ。
day 2006-04-1423:57
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

中考介

・・・・ですか。覚えておきます。元ちとせは、その登場に驚いた歌手の一人です。あの声は、凄い!
30年後だったら、私も生きてるかどうか?カラオケ、頑張ってくださいね。
day 2006-04-1500:27
name メロオ
trip -
url

編集 ]

天使の誘惑など

自分はそんなに曲は知りませんが、特徴がある声ですね。
三木たかしの妹だと言うのは、以前から知ってましたね。

話は変わりますが、岡本富士太懐かしいですね。
Gメンですね。
そう言えば中学生日記で、この人が先生役で、生徒の親が勝野洋だった回があって、二人になった場面がありましたが、思わず
「Gメンとテキサスだよ」
と見入ってしまいましたね(笑)
day 2006-04-1514:11
name Man of Gemini
trip -
url

編集 ]

岡本富士太

・・・といえば、たしかに「Gメン」の人。逆に言えば、それ以外であまり見たことがないなぁ。
ところで「ジュン」って名前は。性別不問で使えますね。えっ、いやただそれだけなんですけど
day 2006-04-1519:22
name メロオ
trip -
url

編集 ]

お兄さん

本日、あるニュースが飛び込んできました。
黛さんのお兄さんの作曲家の三木たかしさんが64歳の若さで亡くなったとの事です。
三木さん、数々の名曲を作り出した素晴らしい作曲家です。
ここ何年かは、闘病されていましたが、それでも音楽に対する情熱は失わなかったようです。
三木たかしさんのご冥福をお祈りするとともに、今後も残された楽曲が語り継がれる事を願います。
day 2009-05-1112:43
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

ご冥福を

・・・お祈りいたします。
少し前に、妹さんとTVに出演している姿を見ただけに複雑な思いがあります。
それにしても若かったんですね。
大家の印象が強いので・・・。
とてもキレイなメロディ作りの人でした。

PS:もしかしたら追悼記事書くかも。
day 2009-05-1219:52
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ポップな名曲

こんな曲はどうでしょう?

『男はみんな華になれ』
http://www.youtube.com/watch?v=BO4dRYJKI-E

網倉一也の作り出すシティポップなメロディが印象的ですが、雰囲気が大人です。
こういう曲もいいですねぇ。
やっぱり網倉さんは、いいメロディメーカーですね。
day 2009-07-2221:28
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

黛ジュンと部分日食

先日見たTVでは声が残念になってたなぁ・・・。
いかにも、なかにし礼っぽい歌詞ですね(笑)。
この曲は覚えありますね。

ところで、彼女の代表曲、貼ってなかったので・・・。

★『夕月』
今日はそのお月さんと太陽の天体ショーでしたね。
部分日食だけど、いちおう空を眺めましたよ(笑)。

http://www.youtube.com/watch?v=lW52wlaun5Y

★『雲にのりたい』
・・・で、その雲が邪魔して残念だった地方の方もいるでしょう。

http://www.youtube.com/watch?v=-JcQcDix9Rw

★『天使の誘惑』
幼い頃、どこかのホテルのプールサイドでこれ聴いた記憶が蘇ってきた。

http://www.youtube.com/watch?v=nPsy_OmgYco

それにしてもこうして挙げると「空」に関係する曲、多いなぁ(笑)。
day 2009-07-2222:28
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ジュンさん、引退の危機だそうですね。それに身内の方を次々と亡くされたそうで・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110116-00000045-spn-ent

黛さんと言えばヒット曲が少なくはありませんよね。
1967年デビュー「恋のハレルヤ」
1968年「天使の誘惑」
http://www.youtube.com/watch?v=6z_KLVoaY8Y
「夕月」
http://www.youtube.com/watch?v=agKCtukKUqM

どうなってしまうんでしょう…
day 2011-01-2316:36
name なおみ
trip 9Tdp/1no
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/196-42b0a4fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。