なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-08 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大滝詠一

初めて、彼の音楽に触れたのは大学時代である。後輩の下宿先で、パスタ(当時はまだスパゲティと言ってたが)をごちそうになった時だ。もっとも、ゆでただけでまったく具も何もないパスタだった。紙コップにワインを注いで飲んでいた。

貧乏学生にとって、いちおうおしゃれなシチュエーションなのである。そんな状況下で、流れた彼の音楽はとても印象深かった。たちまち惹かれたのは、言うまでもない。まさにリゾート地(モルジブあたり)を想起させた。アルバム「ロング・バケーション」である。

今考えると、驚くほど名曲が詰まっていた。「君は天然色」「カナリア諸島にて」「恋するカレン」「雨のウェンズディ」「さらばシベリア鉄道」等々。確実に独自の世界観があり、たちまち世間にも認知されていった。
A LONG VACATION 20th Anniversary Edition
A LONG VACATION 20th Anniversary Edition大滝詠一 松本隆 大瀧詠一

おすすめ平均
starsどの年齢層にも通じる1枚
stars「選書盤」との違い、こっそり教えます・・・。
stars古いけれども非常に新鮮である。
stars一年中聞ける夏のアルバム
stars名作リマスター

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑もはや定番中の定番!持ってなきゃダメ、とまで言い切りたい。

彼の楽曲の凄みは、「まったく色褪せない」こと。数十年前の曲なのに、今聴いても新しい。そして、亜流が生まれてこない。
独特の「眠りをさそう」歌唱が、リゾートでのスローライフを楽しむリズムのようで心地良かった。熟語でいえば「唯一無二」が、これほどピタリくる人もいないだろう。

提供曲も、そうそうたるものだ。こちらのサイト↓が詳しい。
★日本ポップスの父 大瀧詠一

ジャケットのイラストを手がけた「鈴木英人」が効いていた。1980年代前半の彼は、まさしく「ウェストコーストの追い風を全身に受けていた」イメージがある。そして私の中では、村上春樹の初期三部作ともオーバーラップしている。
それは「人間味」のない、いかにも「作り物めいた」スタイルともいえる。でも、そんな「生活感の無さ」が新鮮だった。だから「彼の唄う世界の住人」になりたかった。
もちろん、それは絶対、無理な事なのだが・・・。

♪試聴「A LONG VACATION 20th Anniversary Edition」
♪試聴「EACH TIME」        ♪試聴「幸せな結末」

★Ami-go Gara-ge(公式)

NIAGARA TRIANGLE Vol.2 20th Anniversary Edition
NIAGARA TRIANGLE Vol.2 20th Anniversary EditionNIAGARA TRIANGLE 佐野元春 杉真理 大滝詠一 大滝詠一 松本隆

おすすめ平均
stars名曲満載! ですが・・・
stars“懐かしい”なんて失礼かな?
stars全部歌えちゃう(*^_^*)
starsまさに、TRIANGLE!
stars「週末の恋人たち」♪

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑「A面で恋をして」も忘れがたい。このアルバムで、杉真理を初めて知った。佐野元春のシャウトもノリノリ。

↓髪をほどいた 君のクリックが~♪(お願いします)



※本年は、皆様お世話になりました。よい年をお迎えください。来る2006年も、よろしくご愛顧くださいますようお願いいたします。


<広 告>
art4_120x90.jpg
名刺サイズで96g、機能満載のMP3プレーヤー、送料無料



スポンサーサイト

コメント

はまりましたね

私も一時大瀧詠一はまりました。
自身の歌もそうですが、人に提供した曲(『探偵物語』『少しだけ優しく』『熱き心に』『冬のリヴィエラ』など)もよくカラオケで歌いました(『うなづきマーチ』は歌ったことありませんが)。
しかし、はっぴいえんどのメンバー、松本隆、細野晴臣、鈴木茂、他の皆さんも今でも第一線で活躍されていて凄いですね。
この半年、メロオさんはじめ皆さんには、大変お世話になりました。
私はどうも偏ってしまう傾向(大塚博堂、大村雅朗など)がありましたが、お相手していただき、ありがとうございます。
良いお年を
day 2005-12-3111:18
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

来年もよろしく!

彼の凄さは、提供曲にもあらわれていますね。名曲がズラリ!
「幸せの結末」も最近かと思えば、もう結構な歳月が経ちました。よくカラオケってました。

趣味の世界は、偏ってあたりまえだと思います。2006年も「Gemini節」で、どうぞよろしくお願いします。
day 2005-12-3116:14
name メロオ
trip -
url

編集 ]

サウンド・クリエーターとしての大瀧詠一

大瀧詠一の魅力は時代で風化しない普遍的なものを感じます。最近シュガー・ベイブのリイシューを入手しましたが、なによりもサウンド・クリエイターとして非凡だったことを痛感しました。

本年はお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

■帝都熱烈音盤解放戦線
http://blog.livedoor.jp/mickbanzai/
day 2005-12-3116:24
name 路傍の石
trip 3UG7ZRW.
url

編集 ]

プロデューサー

植木等の再評価も、この人から始まったと思います。アーチストでありながら、プロデューサー感覚にも優れた人ですね。

こちらこそお世話になりました。大晦日、という感覚が希薄です。でも、明日からは2006年。どうぞ来年もよろしくお願いいたします。
day 2005-12-3116:41
name メロオ
trip -
url

編集 ]

首にマフラー背中にギター...

...眉間の傷はハート型
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
本当は、ロックンロール退屈男ではなく、ロックンロールお正月が良かったんでしょうが、あまりよくわからないものですいませんです。
本年も皆さんにとって、良い年でありますように願っております。
♪A面で恋をして~
私もついついカップリングの事をB面と言ってしまいますね(笑)
day 2006-01-0109:09
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

A面と夢で逢えたら

あけまして、おめでとうございます。そのへんの曲は、私もよくわかりません。
「A面で恋をして」 は、ときおりフイに口ずさんでいたりします。「夢であえたら」も、口ずさみ度が高く、どことなく印象が似通ってるのかなぁ?
day 2006-01-0123:01
name メロオ
trip -
url

編集 ]

あけましておめでとうございます

大滝詠一氏のコーナーにて、新年のご挨拶をするワタシをお許し下さいませ。(^^;

今年も楽しくて懐かしいブログを楽しみにしております♪
本年もよろしくお願いいたします。
day 2006-01-0123:26
name ぶるじん
trip -
url

編集 ]

よい年になるように!

おめでとうございます。まだ、新年の記事を書いてませんのでスイマセン。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
day 2006-01-0123:44
name メロオ
trip -
url

編集 ]

略してあけおめっ&ことよろっ♪

大瀧詠一氏のコーナーにて、新年のご挨拶をするおいらをお許し下さいませ。(^^;
…ってぃうパクリで始まった今年最初のコメントでごみぃん…
昨年夏にこのブログに出会って直ぐに心奪われたとです…
年齢的にはまだまだ若輩者やから当たり前なんやけど
思わずへぇ~っ…って感心しながら読ましてもらぃましてんっ
今年も様々なエピソードと共に読者を唸らせてくだっさぃ♪
因みに…「LONG VACATION」は当時カセットで持っとったちゃ
彼がレコードで販売してくれんかったからね…
最近新たにCDで購入したちゃ…定番やもんねぇ♪
day 2006-01-0218:31
name chibaggio
trip lLj05HdQ
url

編集 ]

ああっ!?

ワタシのコメントのパク・・・い、いや、インスパイヤ発見!
でも、お正月なので(?)水に流しましょう。(^^)

メロオさん、スレッド汚し失礼いたしました。
お詫びにchibaggio殿のブログを荒らしに行って参ります。(オイオイ)
day 2006-01-0300:25
name ぶるじん
trip -
url

編集 ]

幸せな・・・

chibaggioさんとぶるじんさん、お二人はとても仲がいいですねぇ。
昨晩、久しぶりにカラオケ。「幸せな結末」を唄いました。本家に、まったく及ばないのは言うまでもないですが・・・。
皆さん「幸せな結末」になるよう今年もよろしくお願いします。
day 2006-01-0321:16
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/206-45d2e95b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。