なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-09 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

布施 明

昔「全日本歌謡選手権」というTV番組があった。何週か勝ち抜けばレコードデビューが果たせるオーディション番組。ほとんどはクラブ歌手や再デビューを狙ったプロが出演していた。有名な歌手を輩出したので、ご存知の方も多いでしょう。(ところでクラブ歌手って今もいるの?)五木ひろし、八代亜紀、山本譲二、真木ひでと(元・オックス)等・・・。
情感が込め易いようで、よく歌われていたのが「霧の摩周湖」。(「夜の銀狐」ってのもあったな)
これ、布施明のもち歌なんですね。だから、初めての「布施体験」はこれと思っていた。ところがどっこい。

青春ドラマの主題歌「これが青春だ!」があった。この歌、好きなんですよ。
「♪大きな空に はしごをかけて 真っ赤な太陽 両手でつかもう♪ 

あと「貴様と俺」これもカッコイイ!
「♪空に燃えてる でっかい太陽♪」とか「♪泥んこ奉行は何のため 勝って帰らにゃ 男じゃない♪」
この勇壮さ!(どっちも「空」と「太陽」がでてくる)
でも、私が知ってる布施明の歌声に聞こえない。まあ言われればわかるけど。

また「積木の部屋」は、よく知ってる社長さんが歌っていた。「♪いつの間にか君と 暮らしはじめていた♪」学生時代、同棲していた思い出らしい。まず、マイク片手にドアの外に飛び出す。イントロが始まり、歌いながらドアを開け中に入ってくるのがパターン。いい歌だと感化されてしまったよ。

ムム!こうして書いてみると案外、布施明って私の身近な存在じゃない。なにしろ今だ現役でバリバリ活躍しているんだから。
この人、やっぱり凄いなぁ・・・。

試 聴
試 聴

公式HP
CLUB 305(非公式

布施 明大全集



キュートな歯茎。

↓君はクリックより美しい?





スポンサーサイト

コメント

記憶違いでなければ

若い頃はポピュラーやカンツオーネも唄っていて、平尾昌章から初めて送られたオリジナルが〔おもいで〕だったんじゃないかな。良い曲で大ヒットには至らなかったけど、その後次々とヒット。当時絶頂のナベプロに居た点も大きいけど、やはり彼のダイナミックな歌声が最大の要因でしょうね。〔霧のーー〕の他に〔愛の園〕〔恋〕〔そっとお休み〕〔何故〕〔愛は不死鳥〕など、〔シクラメンーー〕のレコ大受賞迄にもかなり多くのヒット曲があって、それらが特に好きです。若い人は紅白で一昨年に唄った〔君薔薇ーー〕がお好みかも?
day 2005-08-0207:18
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

ヒットというより名曲揃い

「恋」「そっとお休み」・・・いいですねえ。たしかに「シクラメン~」前に、いい歌いっぱいあってすでに、メジャーでしたね。
たしかに、後村上さんのおっしゃるとおり、ナベプロ所属はとてつもなく大きかったすね。
オリビアとの結婚は日本男児ここにあり!してやったり感があったなぁ。
day 2005-08-0300:16
name メロオ
trip -
url

編集 ]

僕も好きです

昔から歌唱力はすごいですよね。日本の歌手の中でも世界に通用する貴重な歌い手さんだと思います。
いま僕は布施明さんの「たまらなくテイスティ」というあまり売れていないCM曲の音源を捜してるんですが、なかなかみつからないんですよ。出来ればネット上ではなく中古レコード店で見つけたいと思っているんですが難しいです。
day 2005-08-0712:00
name モアイ
trip -
url http://blog.goo.ne.jp/zvg07273/e/83603149f64d0e54670aa2a06dd4a3ff

編集 ]

インスタント

モアイさんこんにちは。
「たまらなくティスティ」・・・聞いたことあるようなタイトルですが、やっぱり知りません。題名からしてインスタントコーヒーっぽいCMかな?と、書いたらTBで詳しく書かれていた。いや、ブログの凄さを実感。ところで、すっかり贅沢になりインスタントを飲まなくなって何年たつかな(笑)
day 2005-08-0714:37
name メロオ
trip -
url

編集 ]

布施明

布施明、歌唱力があると思います。
何せ、二人の吟遊詩人(小椋佳、大塚博堂)の曲を歌っているんですから(『シクラメンのかほり』『めぐり逢い紡いで』)。
最近、仮面ライダーの歌も歌ってますが、歌力を感じる方ですね。
余談ですが、昔、コンサートで博堂の『新宿恋物語』を歌っていたそうですね。
day 2005-08-2018:30
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

大御所感

どんどん日本人離れしていった彼は、ワクに収まりきれないのかも。キャリアは十分なのに大御所って雰囲気もない。そこが結構、好きです。
博堂の『新宿恋物語>それは知りませんでした。っていうか、この曲も知らないのですが。でも博堂ならきっと良い曲なんだろうなぁ(笑)
day 2005-08-2018:50
name メロオ
trip -
url

編集 ]

新宿恋物語とは・・・

♪話のはじめは新宿通り 伊勢丹前の曲がり角
歩行者天国の人ごみの中で 出逢い頭にあいつと触れた

こんな感じの歌です。
男女の出逢いから、別れまでを歌ったまさに恋物語って言う感じの歌です。
角筈とか柏木とか今はない地名が出てきますね。
ファーストアルバム『ダスティン・ホフマンになれなかったよ』や『あの日あの時』と言うCDに収録されてますね。
作詞は、藤公之介氏ですね。
day 2005-08-2108:55
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

藤公之介

藤公之介・・・これはまた懐かしいお名前。恥ずかしながら彼も「榊原郁恵」で知った人です。彼はそんな恋歌も書いてたんですね。
森雪之承と混同しがちな人(笑)
day 2005-08-2110:10
name メロオ
trip -
url

編集 ]

そっとおやすみ

実は恥ずかしながら布施明好きな歌手の一人なんです。
デビューは「ホイホイ。ミュージック」ちゃうかな?(日テレ)
「愛の園」「恋」「愛は不死鳥」ヒット多数、私のお気に入りは
「そっとおやすみ」スナックの閉店の時、最後に唄う、客の私が従業員に代わり歌っていました。
曲も中々エエんです。嫁が東京時代バイト先のラストソングは
松山恵子「お別れサンバ」先輩のお姉さんが歌いながら客を放り出す姿は見事やと今でも言うてます。ちなみにバイト会社名
「赤坂ビューティーガールズ」
布施明の話に戻りますが、TBSで「恋のイニシャルS・H」ラブコメディー主演してました。相手役は伊東ゆかり、妹役はジュディ・オング(時代ですなー}
day 2005-10-2217:31
name ウエピー
trip -
url

編集 ]

エンディングテーマ

それはいいですね。「そっとおやすみ」がエンディングテーマとは。パチンコ屋で聞く「蛍の光」よりよほど、洒落てます。(いまどきのパチ屋は「蛍の光」なんて流さないけど)
残念ながら「お別れサンバ」は未聴です。この頃、早寝早起きなので、エンディングと無縁。でもいいかんじなのは、よーくわかりますよ。
day 2005-10-2314:32
name メロオ
trip -
url

編集 ]

あと1週間で紅白PartⅡ

私は最初のオリジナル曲♪おもいで♪、紅白では唄っていない♪霧の摩周湖♪、40年代前半にはカンツオーネを歌っていたので♪君に涙と微笑を♪等も聞きたかったけど、新曲の♪少年よ♪も評判が良いらしいので聞いてみたい。

他に年末の歌番組を見ていいなあって思った曲などで紅白で披露される歌を書くと。

①AI:STORY。(圧倒的な迫力に驚いた。これぞほんまもんの歌)
②伊藤由美:EndlessStory(曲も良いし、彼女もキュート。名前が間違ってないかなぁ)
③渡辺美里:MyRevolution(やっと紅白で聴ける)
④ゴスペラーズ:ひとり(初出場の年にヒットしたけど、♪永遠に♪を唄ったので聞けなかった。恐らく彼等の初めてのオリジナルのヒット曲だと思う。難しい歌だけどゴスペラーズならではのハーモニーと黒沢の歌唱に期待)
⑤DefTech :MyWay(新人の紹介みたいな番組で聞いてこれは売れるぜ!って久々に感じたヂュオ。白人のイケメンは私のタイプよ~ん)
day 2005-12-2422:49
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

もうすぐ2006年とは

最近の曲には、とんと疎いメロオです。
美里は、貫禄ついてきて(肉もついてきた?)迫力ありますね。DefTechは、よく知らなかったけど、見聞きする分には「精神性」高いですね。コブクロは、好きなデュオ!熱唱には、心打たれるものがあります。
クレイジーケンバンドも出演して欲しかった。
day 2005-12-2715:03
name メロオ
trip -
url

編集 ]

今日のど自慢に

出てましたね。
そして、『君は薔薇より美しい』を歌った出場者と、歌い終わった後、一緒に歌ってましたが、♪変わった~の部分が昔と変わらず出ていて、改めてすごいなと思いました。
あの一緒に歌っていた人いいなあ、と思いながら見てました。
松山千春作詞・作曲、若草恵編曲(のど自慢は編曲者もクレジットされるんですよ)の『自由』を歌ってましたが、声は衰えずに凄いなと改めて思いました。

それで久しぶりに『めぐり逢い紡いで』をCDで聴いてみましたが、編曲が宮川泰なだけに、使い方は違いますが、トライアングルが入ってました。
宮川先生は、1978年の曲は、トライアングルを使っていたんだなと思いました。
この曲は、新しくアレンジし直したバージョンもありますが、最初の宮川バージョンは、ギター弾き語りっぽい感じ、新しい方は、編曲者がちょっとわからないんですが、博堂のシングルバージョン(林哲司バージョン)に近い感じのアレンジです。
day 2007-02-1121:22
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

ひかえめな印象

布施明は、声も容姿もなかなか衰えない不思議な人ですね。
芸能人に限らず人間は、キャリアを重ねることで、おのずと重鎮になる。悪く言えば、傲慢さが見える。それは当たり前のことでしょう。でも彼の場合、逆におとなしくなっていく感じ。画面に「でしゃばる感」が薄れて、一歩引いたスタイル。それもまた不思議です。
まあ昔、よくでしゃばっていたイメージが強いので、そう見えるのかな?
day 2007-02-1521:46
name メロオ
trip -
url

編集 ]

布施明が出演したテレビドラマ。

 布施明の芸能人としての『本業』は言うまでもなく歌手であるが、ここでは今からちょうど10年前に布施明が『俳優』として出演したテレビドラマについて書いてみたいと思う。
 布施明が俳優として出演したそのテレビドラマの題名は『男の選びかた』と言う非常に気障な題名の昼メロドラマである。今からちょうど10年前の1997(平成9)年にフジテレビ系列で放映された昼メロドラマである。僕は布施明のファンではなく、この『男の選びかた』と言う昼メロドラマに出演していたポチャポチャした身体の『某・女優』のファンだったので見ていたのであるが、この『男の選びかた』と言う昼メロドラマに出演していた『布施明』の役柄と言うのは『優柔不断』な男の役であった。僕が思うに布施明と言う歌手は実際の私生活でも優柔不断な面があるので昼メロドラマの役柄としてこのような役を演じる事になったのではなかろうかと思っている。
day 2007-04-0722:31
name 牢屋壮一(ペンネーム)。
trip TMBk1B7M
url

編集 ]

外見の印象

まぁ、たしかにナヨナヨとした感じを受けますね。実際は知りませんけど(笑)。でも、もしかしたら案外男らしいかも。少なくとも、礼節を持ってる人だとは思います。
day 2007-04-0821:43
name メロオ
trip -
url

編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
day 2007-05-2418:18
name
trip
url

編集 ]

昨日の…

…『マイウェイ』はさすがだなと感じさせるものでした。
そういえば5年くらい前の『思い出のメロディ』で『めぐり逢い紡いで』歌ったんですよね。
day 2007-08-1208:28
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

シナトラ

やっぱりシナトラのものでしょう、『マイ・ウェイ』は。でも彼の場合、何を唄ってもサマになるからなあ。
来年の「思い出のメロディ」には、博堂の曲でもリクエストしてみますか。
day 2007-08-1209:44
name メロオ
trip -
url

編集 ]

シクラメンの(ような)佳穂里(さん)・・・(ToT)。

こんばんわ。

ある歌手が、こんなこと言ってました・・・。
「私は、自分のやり方でこの歌唄いたいんだけど、作曲家、作詞家が、命令するんだよ、こう唄えって・・・」

楽曲を提供する者とされる者、一体どういう関係なんですかね、一般的に、そもそも・・・?

その歌手は怒っていました、確か。

さて布施さん、唄っているうちに誰かに言われたそうです、「シクラメンって匂わないんだよ」って・・・。
彼はそれからというもの、何となく違和感を抱えながら唄い続けたそうです。

この作品、「小椋佳」の所に書いたとおり、「香り」とは無関係な以上、彼を「二重」に誤解させてしまったわけですね、その一言が・・・(ToT)。

おまけに「レコード大賞」まで取っちゃって・・・。

なるほど小椋さん、彼に非はありません、絶対に、・・・しかし・・・・・・・。
それでは・・・(ToT)。
day 2007-10-2221:48
name
trip -
url

編集 ]

若い人

小椋さんはきちんと 説明しなかったんですね。本人も歌うだけに「歌は歌手のモノ」という意識があったのかな?まあ性格によるのでしょうけど。
都倉俊一などは、かなり関わるようですが。

しかし布施明って、もういい歳なのにホント年齢を感じさせない人。いったいどう過ごしてるのだろう。
day 2007-10-2318:49
name メロオ
trip -
url

編集 ]

織り~あげた

『めぐり逢い紡いで』が、布施明との競作なのは、以前から知ってましたが、布施バージョンは数年前にほぼ初めて聴きました。
どんな感じかなぁと思いましたが、声の系統も同じですし、それほど違和感は、私は感じませんでした。
特徴だなと感じたのは、
♪愛の色に織りあげた
の部分の“織り”の部分を伸ばすんだなぁと率直に感じました。
この歌は、森進一と取り合ったそうで、たまにディナーショーなどで、歌っているそうですが、森進一版も聴いてみたい気がします。
day 2007-10-3020:45
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

バージョン

森進一と取り合った・・・のですか。ふむ、森進一だと完全に「演歌モード」になるんでしょうね。私も聴いてみたいな。

『シクラメン』は、小椋バージョンの方が好きですが、『めぐり合逢い』は大塚・布施共に好きですね。
day 2007-10-3021:54
name メロオ
trip -
url

編集 ]

1978年2月13日の“夜のヒットスタジオ”に…

…大塚博堂が出た時に、司会の井上順が
「大塚さんの歌は、布施君や森君もステージで歌っているそうですね」
と、言ってましたが、おそらくそれは、当時、単なるアルバム収録曲だった『めぐり逢い紡いで』の事だと思います。
day 2007-10-3106:59
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

多チャンネル時代

CATVと契約を結んでますが、さすがにペイチャンネルの「フジテレビ」は見られません。「夜のヒットスタジオ」も、見られるようですけど・・・。
ま、それを言えば「日テレプラス」でも「俺たちの旅」がオンエアされてます。しかし、こうも多チャンネル化されると見たい番組が、必ずどこかの局で流れてますね。しかし、それを追求していくと、TV漬けになって何も出来なくなっちゃいます。
便利は不便・・・なのでしょうか。
day 2007-10-3119:56
name メロオ
trip -
url

編集 ]

多チャンネル時代に思う事。

 この項目の『布施明』とは関係ないが、メロオさんのコメントにある『多チャンネル時代』について私なりに思う事を書いてみたいと思う。
 せっかく多チャンネル化されるのであるから私としては昔放映された『テレビドラマ』を見てみたいと思う。これはこのブログのどこかに書いた事であるが、私は女優の『山本陽子』とこれは既に亡くなった女優であるが、昼メロの女王と呼ばれた女優の故『三ツ矢歌子』のファンである。これは『天知茂』の項目に書いたと思うが、私は三ツ矢歌子が出演したテレビ朝日系列で放映された土曜ワイド劇場で放映された江戸川乱歩の美女シリーズの『氷柱の美女』をDVDで繰り返し見ている。この氷柱の美女に出演した三ツ矢歌子はとにかく美しかったと私は思う。私は残念ながら年齢的な関係で『昼メロの女王』と呼ばれた全盛期の三ツ矢歌子をテレビで見る事はできなかった。BSやCSで多チャンネル化されたのであるから昼メロの女王と呼ばれた三ツ矢歌子が出演した全盛期の昼メロドラマも放映できるはずである。是非ともBSやCSテレビで三ツ矢歌子が出演した『昼メロ』を放映して欲しいと思う。
(因みに私は1962年、昭和37年10月生まれで三ツ矢歌子が昼メロで活躍した全盛期には残念ながら彼女の姿は私は年齢的には見られなかったのである)。
day 2007-11-0117:32
name 牢屋壮一(芸能&音楽研究・評論家)。
trip TMBk1B7M
url

編集 ]

メロオチャンネル

チャンネルNECOでは、昔の邦画がよくオンエアされてます。三ツ矢歌子がまだ20代だったころの作品も数ヶ月前に放送されてました。
テレビ朝日チャンネルでも、先々月に「美女シリーズ」が入ってましたね。結構、いろいろ放送されてるようです。
でも、それを追っかけていくのは大変。お金と時間が追いつきません。一番組単位でペイチャンネル化をはかり、チャンネル自体がカスタマイズされれば面白いかも。
day 2007-11-0219:41
name メロオ
trip -
url

編集 ]

戸塚修

門あさ美『セ・シ・ボン』同様に、岡本一生が作曲し、戸塚修がアレンジした曲があります。
それはリッカーのCMソングだった『カルチェラタンの雪』(作詞:門谷憲二)
この歌のヨーロピアンでスケールがあるところが、私は好きです。
戸塚さん、ヤマハ出身な方だけに、かなりなアレンジャーだと思います。
写真みると、優しそうな目をしてますね。
でも音楽には厳しそうですね。
day 2007-12-1820:59
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

萩田光雄の傑作 シクラメンのかほり

こんばんわ。

「シクラメンのかほり」、大分回り道・・・(^^ゞ・・・しましたが・・・(T-T)・・・、
聴いてみました、キチンと。
勿論布施さんの方です。

シングル入手3ヶ月待ち、おまけに獲得したレコード大賞・・・、
私、これ皆編曲の萩田光雄さんのなせる業の賜物と確信しました。

イントロはアコースティック・ギターとオーボエ、ストリングス(弦楽器群)、美しく静かです。
萩田さんのアレンジ、楽器選定、上品ですとても・・・、森岡賢一郎さんのようです、まるで。

そして「♪薄紅色の~」から布施さんの歌声に絡むハープシコードの装飾音符が見事です。
更に何より間奏のこれまたハープシコードは・・・、ハープ、ストリングス、オーボエ、これらを従えた旋律、その美しく、そして素晴らしいです。

加えて布施さんの声質、容姿、「鬼に金棒」でしたね・・・(^-^)。

歌詞の「かほり」が何だか分かった今こそこの(私小説的)作品、
鑑賞できます、完璧に・・・\(^o^)/。
(小椋佳のページ参照)

「♪出逢いの時の君のようです・・・」 ― かほり夫人を見初めた小学校三年生の時

「♪暮れ惑う街の別れ道には・・・」 ― 夫人に一時フラレた大学生の時

二人が仲睦まじかった過去に戻れるなら、僕はもう何も要らない・・・。
イイんですかね、何も、なんて言ってしまって、軽々に・・・^_^; 。

因みに小椋佳さんのセルフカヴァー、魅力ゼロです、私にとっては、残念ながら・・・。
この作品、先ずは萩田さんで聴かせる名曲だと思うからです。

そうそう、作詞家、作曲家、編曲家、でもこの中で、編曲家にのみ著作権料入ってこないんですよね・・・、不公平ですね、コレ・・・(T-T)。

そういうわけで、聴いて下さい、是非、今一度・・・(^-^)。
day 2008-01-0821:31
name
trip -
url

編集 ]

思い入れの度合い

たしかに、小椋さんは聴かせる曲とそうでない曲があります。とくに提供曲は総じてその人の方が馴染んでるだけに、若干の違和感を生じます。『シクラメン~』しかり、『俺たちの旅』しかり。
ただ昔のファンからすれば、思い入れがある分、小椋節も認めてしまうんですよ。

そーですか、著作権は厳しいですね。せめてカラオケの権利ぐらい譲ってあげてもいいのに。そうすれば、どっちのバージョンで歌うかの選択肢ぐらいは生まれるのに。
day 2008-01-0922:16
name メロオ
trip -
url

編集 ]

では、ここで

布施明の曲は、色々と名曲がありますが、そんな中で、今回は何曲かを

まずは、川口真編曲の至高の一曲を

13.『落葉が雪に』(作詞・作曲:布施明)

http://jp.youtube.com/watch?v=tKG2jnvDHmc

なんともヨーロピアンな優雅な曲ですが、この曲を一層引き立てているのが、川口さんのアレンジであることは言うまでもないことです。

ちなみに、川口真作曲のこんな歌もあります。

http://jp.youtube.com/watch?v=Hs8mRCTOpX4

『旅愁~斑鳩にて~』(作詞:松本隆 編曲:船山基紀)

松本さんの感性の詩に川口さんのスケールの大きいメロディ、船山さんのアレンジ、すべて素晴らしい曲です。

次は、戸塚修アレンジの究極の一曲を

6.『カルチェラタンの雪』(作詞:門谷憲二 作曲:岡本一生)

http://jp.youtube.com/watch?v=wCrgrRy6iuU&feature=related

門谷さんのヨーロピアンな詩、岡本さんのスケールの大きい優雅なメロディ、それに、戸塚さんの優雅でダイナミックなアレンジが合さり、こちらも素晴らしい曲に仕上がっています。

これらの曲に欠かせないのが、布施明の綺麗でダイナミックな中に繊細さがある声、本当に素晴らしい天性のものだと私は思います。

こういういい歌手には、いい作家がつくものだなぁと改めて感じました。

PS 至高とか究極とか、決して、最近親子が和解した某料理漫画をぱくった訳ではありません(笑
day 2008-07-2714:36
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

名曲多し

『落葉が雪に』は、忘れられがちな曲だけど一時、よくTVで歌っていた姿を思い出します。
でも彼が作った歌だったとは・・・。
じっくり聴くと歌詞も実にイイ。彼が作ったとは思えないぐらい(笑)。
どうしても彼には「派手」な印象があるからでしょう。

ここのコメントを振り返ると、初めて動画のリンク付きましたね。
いろいろ著作権の問題はあるけれど、曲を共有できるのは凄いことです。
今さらですが、ここ数年の飛躍的な進歩に驚きます。
私も数曲、載せておきます。

★『積木の部屋』
同棲するドラマが目に浮かぶ。

http://jp.youtube.com/watch?v=V-tj9R9Sfos


青春バカな私が好きな二曲。
★『これが青春だ』

http://jp.youtube.com/watch?v=X86d2k3cGt0

★『貴様と俺』

http://jp.youtube.com/watch?v=4JRCPh2J_fA
day 2008-07-2717:32
name メロオ
trip -
url

編集 ]

森進一と取り合った…

…曲で、布施明のものになったとされるのが

http://jp.youtube.com/watch?v=uSfmyedrDwk

『シクラメンのかほり』

この歌は、布施さんのこの綺麗な声だから合うのかな?と個人的に感じますし、この歌も、『襟裳岬』同様に、レコード大賞を受賞しました。
結果として、こうなったんでしょうけど、やはり、声や歌い方に合う歌手のものになったという事でしょう。
それにしても、布施明と森進一と言うこの当時でも既に大物と言われる歌手が取り合うというのは、素晴らしいものですし、曲が素晴らしいということなのでしょう。

もう一曲、レコード大賞は取らなく、ヒットもそんなに大きくなかったけれども、紅白歌合戦で歌唱された、この二人が取り合った曲があります。

http://jp.youtube.com/watch?v=60yBX_umOSw

『めぐり逢い紡いで』

これも、名曲ですね。
day 2008-07-2820:32
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

時代的には・・・

・・・わかる二人だけど、しかし森と布施。なかなか接点を感じない二人です。
だけどいろいろあるんですねぇ。

『シクラメン』を森が歌う姿は、とても想像つきません(笑)。
もしかしたらかなりドロドロした演歌調になるんでしょうか。
その点、『めぐり逢い紡いで』はどちらが歌ってもサマになる気がしますねぇ。
day 2008-07-2919:42
name メロオ
trip -
url

編集 ]

昨年の紅白で…

…いの一番の曲だったのが

http://jp.youtube.com/watch?v=hsSRs_Dg4KM
『君は薔薇より美しい』

でした。
あれ、去年もそうじゃなかったか?とちょっと感じましたが、
♪変わった~
の部分は今も
♪変わらない~(笑
って感じでした。
ただ、個人的には別な歌を歌って欲しかったかなぁと思います。
本当は『めぐり逢い紡いで』を30年ぶりにがいいのですが、これは歌われているので、たまには紅白で歌われていない、例えば、冬と言うことで『カルチェラタンの雪』かな、そういうのを聴きたかったです。
たまには
♪変わった~
曲も聴きたいですからねぇ(笑
day 2009-01-0411:57
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

歌唱力ありすぎて

冬らしい『カルチェラタンの雪』を歌ってほしい、という意見には私全面的に賛成ですね(笑)。
あるいは『落ち葉が雪に』でもOK。
紅白のトップバッターで淡々と終わっちゃった感じでしたねぇ。

左サイドバーで紹介した「歌謡曲名曲名盤ガイド・作曲家篇」では彼についてこんな記述がありました。
~歌唱力に自信を持ってる彼はよくずらして歌うため、そんなことのできない曲をナベプロは依頼した~

それでできたのが、これだとか。

http://jp.youtube.com/watch?v=PvdYeMDXvb4

でも、これだってずらして歌う時があるような(笑)。
day 2009-01-1117:32
name メロオ
trip -
url

編集 ]

これもなかなかの…

…名曲だと思います。

『陽ざしの中で』
http://www.youtube.com/watch?v=gAtUp9rkZ3o

この曲の作曲は、ギタリスト・吉川忠英ですが、いいメロディですねぇ。
昨年の夏に、忠英さんのライブを見に行きましたが、60歳は超えているのに、格好良かったですし、ギターも流石だなぁと感じました。
そして、声も素敵でしたよ。

昔から一線で活躍し、いまでも現役で活動しているのですから、すごいなぁと感じます。
day 2009-06-1309:13
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

最近、カバーアルバム

・・・を出したらしいですね。そそれも大人世代にCDを売る戦略の一環。
音楽界はとにかく不況で、その対象を中高年世代に向けているとか。
オリジナルがあってこそのカバーですが、でも歌唱力のある人には名曲も歌ってほしいので個人的には大賛成。

『陽ざしの中で』は知らなかったけど、これも歌唱力がなければ味が出ない曲でしょう。
それにしてもGemini....さんは、よくライブ行ってますね。
それがすごいなぁと感じますよ(笑)。
day 2009-06-1521:04
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/21-c17520e7

たまらなく、テイスティ。①

確かもう20年以上前のCMだと思う。当時フルモデルチェンジされたばかりのFFマツダカペラのCM曲「たまらなく、テイスティ」が聴きたい!FFマツダカペラは1982年デビュー。ヨーロッパ車を彷彿とさせる洗練されたデザインの良質車で当時好きな国産車の1台だったのだが、そのCM

[2005-08-07]

モアイ君のつぶやき

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。