なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-04 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【極私的】このアルバムがすごい!

2005年の夏に開設した当ブログ。早いもので、約半年が経ちました。去年取り上げた歌手は、161人。(番外は5)

簡単に書ける歌手もいれば、数時間かかる人もいた。いまだ、書きかけで放置状態のグループもある。しかし、ここまで記事を書くとは思ってなかったなぁ。

PC知識のない私ですが、ブログの敷居の低さに助けられた。もちろん一番の励みは皆さんのコメントと、ポチッ(クリック)です。つくづくありがたいなぁ、と感謝感謝の次第です。本当にありがとうございます。

すでに2006年ですが、遅ればせながら「去年の総括」をしようかなぁと。まったく勝手な、私的お気に入りアルバムです。順位は関係ありません。とにかく、去年紹介したアルバムの中から「マイベスト9」を選びました。

私が勝手に書いた歌手たち。その意味のないカテゴリーから選出するので、それこそ無意味なベストです。

■メロオ的、これが去年のベスト9(まったく意味ないよ~ん)

上條恒彦
「お母さんの写真」
お母さんの写真
すべてを氷解させる彼の声。このあったかさには、ただただ落涙。今の彼は味があって実にイイ!真の大人ってこういう人だ。
門あさ美
「ツインベリーBEST」
門あさ美 TWIN VERY BEST COLLECTION
アンニュイな彼女の曲、声。朝のBGMに最適。その上、ナイトクルージングにも合う不思議さを併せ持つ。
稲垣潤一
スーパー・ベスト
稲垣潤一 スーパー・ベスト (Single Hits Collection)
スターのオーラ、感じない人だけど曲はイイなぁ。車の中で何時間、聴いただろうか。まったくアキがこない。
風(伊勢正三)
「COMPLETE BEST」
COMPLETE BEST
正ヤンは、まさに昭和の「抒情詩人」だった。とくに「風」時代は、奇跡的な名曲揃いだ。量が質を生むのだろうか。
ザ・ピーナッツ
「シングルス~恋のフーガ」
シングルス~恋のフーガ~
宮川泰のモダンさと、彼女たちのハーモニーが見事に融合したミラクル。一言でいえば「おしゃれ」に尽きる。
大塚博堂
「ゴールデン☆ベスト」
ゴールデン☆ベスト 大塚博堂 シングルス
短い人生だったが、しっかり作品は残った。ナイーブな、彼の情感あふれる楽曲が年々、愛おしく感じる。
越路吹雪
「ゴールデン・ベスト」
愛の生涯
記事では「ゴールデン・ベスト」を掲載したが、新盤出たのでこちらを。歌にドラマ、いや「人生」を感じる人だった。不世出の人。
杉山清貴&オメガトライブ
「THE OMEGA~」
THE OMEGA TRIBE
ホントは「カマサミコング」DJバージョンを、挙げたいが廃盤らしい。車内で聴きたいグループだ。杉山清貴の声は、クールで大好きだった。
南 沙織
「GOLDEN J-POP」
GOLDEN J-POP/THE BEST 南沙織
70年代アイドル歌謡の集大成。いや、むしろアイドルの枠を超えていた。弾む曲もしっとりした歌も、すべてが良質だった。筒見京平を知る。
design by chococo

単曲なら、平浩二・岡田奈々・あべ静江・荒木一郎・増位山等々・・・あげたらキリがない。まぁ、好きだからこんなブログやってるんですけどね。







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑応援のポチッ、お願いします。

<広 告>
Sony Music Shop



スポンサーサイト

コメント

祝!6ヶ月

なんと160人以上の歌手について書かれたんですね。凄いの一語です。

私も、例えば青江の、加山の、荒木の事をブログを作って書こうと思えば出来るかもしれないけど、只作っただけで、ワンパターンがいいところでしょうね。掘り下げ方や歌手に纏わる話が多岐にわたり、いつも興味深く読ませてもらってます。これからもね。

私は此処にいつ登場させてもらったかちょっと調べたら、昨年の7月下旬、森山加代子の項が最初でした。
その森山や、ロスプリ、守屋、三善、克美、ピーナッツなどは後村上とメロオさんだけの2コメントって結構ありました。淋しい!
まあ仕方ないかも、これらの歌手の殆んどは昭和30年代のデビューだからご存知ないかな。

メロオさん、このブログのスタートは三善英史だったんでしたっけ?彼のヒット曲には何か特別の思い出が有りそう。聞きたいけど、そっとして置きまする。

私は彼の代表曲♪雨♪をカラオケでよく唄いますって書いたけど、英史の唄マネも出来ますよん。でもそれを聞いたらメロオ様に寒イボ出る事請け合い!上手いからじゃ無く、気持ち悪~いから、、。

これからもこのブログの更なる発展を祈ってます。これからもよろしくです。
day 2006-01-1123:00
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

コメントが頼りです

初期から、コメントを頂いている「後村上さん」には、本当に感謝しています。
コメントが励みで、ここまで続けられたんだと思います。

ところで、後村上さんなら相当なブログが出来そうですよ!ぜひやってみたらいかがですか?
私なんて、ひょんなことから「懐メロ」をテーマにしただけで・・・。偶然っぽいところが大きいんですよ。

初期の記事は、文章量も短かかった。最近、どんどん増える一方。そもそも、記事まわりのフレームは「TVデザイン」なのに、そんな形跡もわからないでしょう。伸びすぎて。(笑)

三善英史が、最初の記事でした。思い出は、たしかにあります。今なら、もっと深く書いたかも。でも書かなかったかも。
簡単に言えば「転居」の時期と重なるからです。それに伴う、苦い思い出、とだけ書いておきます。あと、内緒。(笑)
今後とも、素晴らしいコメントよろしくお願いします。
day 2006-01-1123:25
name メロオ
trip -
url

編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
day 2006-01-1316:42
name
trip
url

編集 ]

六ヶ月ですか?

こんばんは、6ヶ月で扱った歌手が160人、凄いの一言です。
私が、ここへ来たきっかけは、大塚博堂ですが、それ以外でも、何て言うか、日常でこんなことあったな、また、こんな会話してたな(例えば、細川たかしとか)など色々思い出させてくれたブログだなと思いました。
最近は、色んな音楽を聴き漁ってます。
主に大村雅朗アレンジの作品でしたが、それも結構いいところ聴いたので、70年代の曲から、自分の青春時代の曲、演歌も結構聴いてますよ。
あまりに聴きすぎて、カラオケで何歌うか迷ったりもしますが、『めぐり逢い紡いで』は不動ですね。あれば『盆がえり』もかな。最近は何故か『シバの女王』こってますね。
では、お体に気をつけてください。今後ともよろしくお願いします。
day 2006-01-1400:35
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

時間が足りない

Geminiさんにも大変、お世話になってます。改めて<感謝、感謝>です。なんか「おしまい」の挨拶みたいだなぁ。
もちろん、まだまだ続けますので、今後ともよろしくお願いします。(笑)
浅い記事ですが、それでも最近は一記事で、3~4時間近くかかってしまいます。効率悪すぎ。
今は、もっと効率の良い新ブログ(盛んに宣伝している新ブログサービスで)も、構築中準備中です。
day 2006-01-1401:12
name メロオ
trip -
url

編集 ]

僕もナツカシものが好きでときどき書いています。
風とかは最も好きな世界、あの世界を続けていってもらいたかったですね。
day 2006-01-1715:03
name イチロー
trip -
url http://www.true16.hamazo.tv

編集 ]

時代のにおい

イチローさん、はじめまして。
「風」は良かったですね。不思議なくらい名曲のラッシュ!でしたね。そう長い活動期間じゃないのに。
どことなく退廃的なイメージが私にはあり、それを反映させた作品と、青春の尻尾を引きずった淡い作品が混在してますね。
それは「時代」でもあった気がします。
また、遊びに来てくださいませ。
day 2006-01-1717:41
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/215-c447a4e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。