なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-06 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中原理恵

Jトラボルタが踊る映画【サタデーナイトフィーバー】で、一気にディスコ熱が加速した。♪ナイトフィーバー ナイトフィーバー♪のメロディは、嫌でも耳に残ってる。

記憶に間違いがなければ、その少し前に彼女はデビューする。そして『東京ららばい』で、いきなりのヒット!フィーバー熱に合わせるかのように『ディスコレディ』もチャートに載った。そんなわけで、本来なら「ディスコ・クィーン」の称号が与えられてもおかしくない。

しかし彼女のタレント性は、そこにとどまらない。バラエティー番組【欽ドン】の「良い妻 悪い妻 普通の妻」で一気に全国区になる。
当時は笑って見ていたし、彼女自身のステップアップでもあったと思う。

GOLDEN☆BEST 中原理恵 Singles
GOLDEN☆BEST 中原理恵 Singles中原理恵

おすすめ平均
stars「カッコいい系」中原理恵がたまらなく懐かしい!
starsおもしろい!・・・っていうか、もう少しいろんなジャンルを聴いてみたかった!
stars煌きを放つ理恵ママの唄

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑今聴くと記事中の二曲は、やっぱりイイ。

でもねぇ。純粋に「歌手」の見地で振り返ると、プラスだったのかなぁ?もちろん私の勝手な言い分です。
たしかに芸能生活では、充分なメリットをもたらしたと思う。(寅さんのマドンナ役までやっている!)反面、引き換えたのは「クール」で「仕事のデキル女性像」だ。「カッコイイ楽曲」が、似合わなくなってしまった。

そこで、浮かぶのは研ナオコである。お笑い度の高い彼女なのに、失恋歌を唄えば、たちまち場が変換する。「中原理恵パターン」が普通で、研ナオコが例外なのだろう。

あえて言えば、研ナオコのお笑いは、特殊メイクを含め容姿が様変わりしていた事。つまり「日常」と「非日常」の落差が大きかった。(ハレとケの関係)
一方、中原理恵は唄う姿とのギャップが少なかった。まぁ、外見上で言えばそうなる。(それだけではないと思うが、よくわからない)

生年月日を見ると「中三トリオ」と同学年。でも、随分「アダルティー」な「大人の女性」像が強い。なんか、カジノでルーレットを回すディーラーだったり、女性バーテンダーだったり、そんなシーンがよく似合う。
今はとんと見かけない彼女。復帰するなら、さしづめ「極妻」あたりのポジション、いけそうですぜ。

DISCO NIGHTS JAPAN
DISCO NIGHTS JAPANオムニバス スリー・ディグリーズ キャンディーズ

おすすめ平均
starsいい感じじゃない~

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑ディスコには、縁遠かったけど気分はわかります。

♪試 聴⇒Golden Best中原理恵singlesicon
♪試 聴⇒決定盤!!「歌謡ポップスの時代」ベストicon
♪試 聴⇒青春の歌姫たち4~GOOD TIMES DIVA Vol.4icon

★中原理恵(ウィキペディア)
★中原理恵







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑ねんねんころり 寝転んで クリックしましょうか~(←お願いします)

<広 告>
Sony Music Shop



スポンサーサイト

コメント

昭和53年

28年前のこの年に脚光を浴びた歌手は多い。渡辺真知子、ツイスト、庄野真代、サーカス、さとう宗幸、原田真二、個性派、本格派が勢揃い。私はどちらかというと真代のファンだけど、理恵のこの曲は大好きで未だにカラオケには外せない。年に2,3回は歌う。

筒美京平のメロディーもさることながら、松本隆の歌詞も好きだ。特に一番。

♪まるで人生飲み干すように苦い眼をしてブランディあけた♪
こういう眼をしたイケメンと知り合いた~い。

♪名前は?そう仇名ならあるわ 生まれは?もうとうに忘れたの♪
夜の東京で辛酸を舐めた女性が捨てばちに言う言葉。よくまぁ、男性の作詞家がこういう歌詞を書けること!さすが、って思ってしまう。

理恵ちゃんはTVなどでは2番まで歌ってたけど、2番が終わったら間奏があって、又♪名前は?--♪と繰り返す。が、ここで聞かせどころが。
♪仇名ならあるわーーーーー♪もうとうに忘れたのーーーーー♪とーーーの唄わないで伴奏だけの部分が1番の時よりも長めで、焦って歌ってしまっちゃいけない。貯めておかなくては。貯めこんで最後の盛り上がりの♪年々ころり寝転んで眠りましょうか 東京ららばいーー♪とラストに向かう。この付近がなんとも唄っていてノリノリになる。天才筒美先生の面目躍如たる処かな。

私は女性の曲だとキーを3つか4つあげるけど、この曲を唄い終わるともうヘトヘト。

かく言う私の歌唱力はって?、勿論有ります。まあそうですねぇ、浅田美代子以上、天地真理未満って事で。謙虚が売りなもので。
day 2006-01-2021:27
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

ギターが...

...『東京ららばい』、格好いいですよね。
実は、中原理恵、ファンでしたね。
『欽ドン』の悪い妻のあのパーマが印象的でした。
それを見ていた当時は、家にあったカラオケのテープに『東京ららばい』があったんですが、誰の曲かわからず、そのちょっと後で、中原理恵の曲だということを知り、ますますファンになりました。
今はどうかと言うと、今でもファンですよ。
『死ぬほど逢いたい』『愛してクレイジー』とかもいいですよね。
声が、可愛い系の声と時折見せるハスキーな声とが混じってました。
確かに、中3トリオと比べたら、ちょっとアダルトな雰囲気があったかなと思います。
day 2006-01-2108:00
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

中原理恵

>後村上さま
うっ。庄野真代。そのうち書こうとずっとあたためている人です。そうですか、ファンだったんですか。
詳しい歌詞解説は、筋金入りですね。筒美+松本ラインの恵まれたデビューでしたね。「ディスコレディ」も好きでした。

>Geminiさま
女性なのに、カッコイイ人、というのがポイントですね。そんな人、あまりいませんでしたから。

「欽ドン」で芸の幅を広げた頃は、いわゆるバラエティタレント。言っても仕方ないけど、ジャズを唄える人だった気もします。(←イメージで語ってる)
day 2006-01-2112:36
name メロオ
trip -
url

編集 ]

寒い国から・・・

中原理恵のファンでした。格好よさとクールさは当時では最高の部類ではなかったかと思いますよ。私の中で東京ララバイ、ディスコレディなどよりは寒い国から来た女がマイナー1曲かも知れませんが今でも一番好きです。当時は庄野真代、大田裕美、岩崎宏美、五輪真弓、渡辺真知子などが活躍していた昭和50年から54年くらいの間では一番好きなアーティストでした。
day 2006-03-1414:02
name ケンピー
trip -
url

編集 ]

クールビューティー

ケンピーさん、はじめまして。
残念ながら「寒い国~」、その曲知りません。でも純粋に楽曲を聴くと、カッコイイ!ですね。
アイドルとは一線を画してましたが、年齢はそう変わらない。どうしてあんなに「大人」っぽかったのでしょうか。
day 2006-03-1420:15
name メロオ
trip -
url

編集 ]

視聴・中原理恵

今、彼女どうしてるのでしょうか。元気ならいいけど。

★『東京ららばい』
ららばいをひらがな表記にしてるけど、この曲調ならララバイそのままで良かったような。
仔細に聴くと歌詞すごいなぁ、とつくづく思う。
http://jp.youtube.com/watch?v=cgx8VOjXFt0

★『ディスコ。レディー』
なんとカッコイイ曲なんでしょう。ディスコという響きが時代を感じさせますが。
http://jp.youtube.com/watch?v=ISlYpJL8364
day 2008-03-1021:39
name メロオ
trip -
url

編集 ]

これなかなか…

…格好良いですよ。

http://www.youtube.com/watch?v=a6xjeBrQCNg

ある番組の企画でリリースとかはされないみたいですが、勿体無いですね。
ちなみに、ここに出ている森岡賢と言う人がいます。
後ろでキーボードを弾いている人がそうです。
このブログでしょっちゅう名前が出てくるアレンジャー・森岡賢一郎氏の息子さんです。
格好良いですね。

『愛してクレイジー』
http://www.youtube.com/watch?v=qujqMMBClTk

これ、割と好きな曲でした。
後ろの背景を見ると、明らかに“欽”ですね(笑
day 2009-03-1517:07
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

スリムで颯爽

うーん、かっこイイ!ホントにリリースされないのは勿体ない。
中原理恵そのものがスリムで颯爽としてるからよけいにかっこイイんですね。
でも、当時はスリムじゃなくポッチャリがタイプだったなぁ(爆)。
day 2009-03-1606:05
name メロオ
trip -
url

編集 ]

クイズ2問の答え

クイズに付き合っていただき、ありがとうございました。
まさに、メロオさんの答えは正解です。

中原理恵の歌にも、その人の作った曲があります。

『ミッドナイト・プレイタウン・東京』
http://www.youtube.com/watch?v=XvEBLuqC5Sk

この歌、いきなり、最初から、『今さらジロー』的な感じで、杉本さん全開な(笑 メロディですね。

『吾亦紅』から脚光を浴びた感がありますが、昔から、いいメロディを作っていたんだなぁと再認識しました。

で、最近の杉本作品では

あさみちゆき『鮨屋で…』
http://www.youtube.com/watch?v=ZEXM8b4Qrbg

私的には、これが一押しですね。

day 2009-07-2222:28
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

時代の気運

挙げていただいた二曲を聴くと隔世の感、ありますねぇ。
高飛車な女が歳月と共に人生をしみじみ歌うような(笑)。
でも、そのどちらも杉本真人なんですね。
そして時代は今、間違いなく後者を歓迎する気運なんでしょう。
day 2009-07-2222:52
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/233-9c38e9c8

中原理恵

中原理恵

[2006-04-09]

アイドル芸能Shop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。