なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-09 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜 鉄也

この人には、申し訳ないことをした・・・。10数年前のこと。あるショッピングセンターのイベントに、格安で来ていただいた。向かいには、格好のコンサート・ホールがあった。

そこで、二部構成のコンサートを開催。本来は、これで終了のはずだった。しかし、ステージを終えたばかりの彼を、店長はほおっておかない。ショッピングセンター内に引っ張り、さらに数曲唄わせたのだ。若かった私は、それを止めきれなかった。

もちろん普通、そんな融通は利かない。今、思えば奥さんがマネージャーで、個人事務所だったのだろう。また演歌系歌手の場合、苦労の分だけ融通が利いたのかもしれない。
全曲集’99
全曲集’99竜鉄也

おすすめ平均
stars懐かしさが胸一杯になる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑高山という街は、夜12時には店じまいだった記憶がある。

それにしても、短時間で「奥飛騨慕情」を3回も聴かせて頂いた。歌手のハードさを、つくづく知った出来事だった。ちなみに、このショッピングセンターは、不思議とエピソードが多い。

モノマネが得意な、若手(←当時)女性タレントのM・Nは歌唱力がある。彼女を呼んだときは、虫の居所が悪いのか、生理的嫌悪感なのか、司会役の男性を罵倒していた。結局、司会者をおろし、自分一人でステージをこなしてしまった。(しゃべりにも自信を持っていたと思う)

「盲目のハンデを持つ竜鉄也はエライ!」と言えば簡単だが、実際相当な苦労をしたと思う。どうしても、ハンディキャップが曇らせ、歌手としての正当な評価が成されにくい。
でも「奥飛騨慕情」の彼は、まさしくプロの歌手だった。そして、案外「歌手」という職業は、そんなハンデが負担にならないのかもしれない。
歌謡ジャンルこそ違うが、「黒の舟歌」の長谷川きよしもいることだし。

♪試 聴 ←青春歌年鑑 1981 BEST30       ♪試 聴
♪試聴「別れのサンバ」長谷川きよし

★竜鉄也の人生
★長谷川きよし(公式)

青春歌年鑑 演歌・歌謡編-1980年代ベスト-
青春歌年鑑 演歌・歌謡編-1980年代ベスト-オムニバス 竜鉄也 大川栄策

ユニバーサルJ 2004-11-03
売り上げランキング : 3,445

おすすめ平均 star
starとってもお得

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑全部が馴染み深い曲・・・。

コンプリート・シングルズ
コンプリート・シングルズ長谷川きよし 村井邦彦 川口真

おすすめ平均
stars時代を超えて感動を与える音楽
starsきよしさんの透明な歌声にしばし浸ってみてください
stars日本人離れしたギタ-テク

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑試聴で久しぶりに聴いた彼。イイ声だ。






にほんブログ村 音楽ブログへ


↑ああ奥飛騨に クリックが降る~♪(お願いします)


<広 告>
100BestClassic_120x90.jpg耳に残るあの曲。いますぐiTunesでダウンロードしよう。

iriverのデジタルオーディオ「T30シリーズ」お手ごろ価格で新登場!!




スポンサーサイト

コメント

雷鳥

奥飛騨慕情の歌詞で「雷鳥」という鳥を恥ずかしながら始めて知った。それから自称「公共放送」でもしばしば取り上げられ映像でも確認できた。演歌好きではない私なんやけど、奥飛騨慕情は得意の宴会ネタで歌ってた鬼瓦権三スタイル(ドカジャン・ヘルメット)の時よくこの唄を歌いながら舞台に登場(ダンシング・オールナイト)と交互に使い廻した思い出がある。それにしても気になるMN
誰やろう? 長谷川きよしの、
「別れのサンバ」はいい曲だが、
もう少し鮮麗されたサウンドやったら一般ウケしたかもしれない。
MNは、う~ん?
day 2006-01-2800:11
name ウエピー
trip -
url

編集 ]

サンダーバード

「雷鳥」は、つまり「サンダーバード」ですね。列車の名前でもあります。昔は和名だったのに、今は後者の名前になってしまいました。
最近はまったく見かけない竜さん。どうしてるのでしょうか。

MNさんは、すでに子供います。たしか離婚したのかなぁ?モノマネ達者で、都はるみとか・・・。調べたら現在、38歳でした。ここでは実名出しませんので、後はお察しください。(笑)
day 2006-01-2800:27
name メロオ
trip -
url

編集 ]

MNって...

...『ギザギザハートの子守唄』をチェッカーズより先に歌っていたあの人ですよね。欽ちゃん見たいな感じ。
『微妙』なとこ ですか(笑)

『奥飛騨慕情』はよく聴きましたね。結構ラジオから流れてました。今度カラオケで歌ってみようかな。

長谷川きよし、『黒の舟唄』、子供のころあったカラオケのテープに入っていて、よく大人たちが歌ってました。
この前、カラオケで歌いましたが、まるで『天才バカボン』の主題歌みたいに「これ、何番まであるんよ?」って感じでしたね。確か作詞が、野坂昭如(字合ってるかな?)ですよね?

※ちょっと、手が滑って、その後編集しましたが、失敗しました。すいませんです。
day 2006-01-2811:03
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

野球選手と同じ名前

ハハハァ(笑)判りましたわ。戸田菜穂と噂になったアノ選手と、苗字が同じのタレントですね、今でも画面からイヤミ さがにじみ出ている数少ないタレントさん。よく関西ローカルにゲストで来てましたが、ここところお呼びがかかってません。三つ子の魂百までも
この言葉をMNさんに捧げます。
day 2006-01-2914:23
name ウエピー
trip -
url

編集 ]

私の嫁の実家は飲食関係の仕事をしていますが、大昔に竜さんがゲストで来店されたそうです。
day 2006-01-3023:43
name 中は切っても発出さん
trip -
url

編集 ]

世知辛い・・・

ゲストで来店、というのはライブだったんでしょうか。
昔と違って一曲、ヒットしてもなかなか食べていけない、世知辛い世界になりましたね。
day 2006-01-3120:00
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/240-2b2fbacc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。