なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-08 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川さゆり

アイドルとしてデビューした彼女が、すぐに方針転換(演歌)を図ったのはいうまでもなく正解だった。(同じパターンに長山洋子)
この戦術は、石川さゆりが初めてだったのでは?

大きく、戦略として見れば山本リンダが「困っちゃうな」の可愛い路線から「どうにもとまらない」の仰天パターンに孵化したが。
そういえば葛城ユキも凄かったなぁ。「木曾は山の中」の澄んだ歌声がいつの間にか「ボヘミアン」になっちゃったんだから。

ベスト
ベスト石川さゆり

おすすめ平均
starsしみます・・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑アゴのほくろがチャーミング。

しかし、歳とともに「演歌」のしみじみ感が心地良くなるもんだ。
そういう予感は若いときからあったけど。
でも「津軽半島冬景色」は年齢に関係なく良いと思う。

イントロからしてムード満点!
紅白出場のときは感動して聴いた覚えがある。(楽曲としては鳥羽一郎の「兄弟船」も好きだ)
もはや青函連絡船はないが、冬の東北・北海道へ列車で旅行をしたいと思わせてくれる。

ところで、歌手の路線変更ってつまりスタート時のミスなんじゃない?

♪試 聴⇒石川さゆり2008年全曲集

♪試 聴⇒20世紀の名曲たち


★公式ページ
★石川さゆりHP2


↓クリックしてくれたらうれしいなぁ。





スポンサーサイト

コメント

うっわぁ~共感っ☆

メロオさん、こんばんちぃ♪
おいらも親の影響もあってか若かりし頃から傾向があったみたいで
演歌のしみじみ感が心地えぇ~境地に達したのかしらん(疑)
最近狙っとるんは小林幸子、岩崎宏美、太田裕美、石川ひとみ、ちあきなおみ(汗)
いしだあゆみのブルーライト・ヨコハマなんかもお気にやねんっ(笑)
因みに兄弟船はおいらのカラオケの十八番にさせてもらってまっ(爆)
んで☆遊びに来てもろてあんがとです(嬉)
day 2005-07-3121:00
name chibaggio
trip lLj05HdQ
url http://blog.goo.ne.jp/chibaggio/

編集 ]

兄弟船はエエ!

案外、演歌って若くても好きな人は多いと思うんですよ。カラオケだと演歌の気持ち良さがよくわかるし。「兄弟船」なんか特に気持ちいいですねぇ。(私はうまく歌えないけど)
さぞかしchibaggioさんはうまい!と見た。
いしだあゆみは、今後取り上げる予定(下書き中)なので、また来てね。
day 2005-07-3121:15
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ユキ姐さんってそうだったの?

さゆり姐さんは、ポップス系を歌ってた頃は覚えてるけど、直ぐに方向転換したんじゃなかったと思います。数年間は可愛いアイドルっぽい服で帽子を被って出てましたよ。あの曲に巡り会って又彼女の艶のある声がマッチして、大成しましたね。長山も同じパタンで成功した歌手、その反対は島谷ひとみでしょうか。

いつも感じるんだけど、石川さゆりはヒット曲って少ない方ですね。今年か来年には起死回生の、を期待してるんですが。

それから葛城ユキ姐さんってはじめ演歌系だったんですか?全然知らなくって。デビューからボヘミア~ン調と思っていました。
day 2005-08-0221:54
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

フォーク系?

またも中途半端な時間に目覚めてしまいました(笑)
葛城ユキは演歌系じゃなく「ポプコン系」だったんじゃないかな。「木曾は山の中」って曲、澄み切ったアコースティックなイメージだったと思います。
例えるなら、小倉優子ちゃん(娘)が松本明子(やりて婆)になったかんじ(?)
day 2005-08-0300:42
name メロオ
trip -
url

編集 ]

『笑っていいとも』の人気コーナー『テレフォンショッキング』に出演した石川さゆり。

 本日(1月26日)、人気タレント・タモリが司会を務めるお昼の人気番組『笑っていいとも』の人気コーナーである『テレフォン・ショッキング』にこの項目で取り上げられているあの大ヒット曲『津軽海峡・冬景色』で有名な『石川さゆり』がゲスト出演した。何と12年ぶりの出演だそうである。
 僕が気になったのは彼女(石川さゆり)が着ていた衣装である。彼女が『テレフォン・ショッキング』で着ていた衣装は何と演歌の女性歌手のステージ衣装の定番である『着物』ではなく普通の洋服だったのである。もちろん彼女はテレフォン・ショッキングで歌を歌った訳ではない。しかし、我々の心の底には演歌の女性歌手と言うのは『着物姿』であると言うイメージ(つまり虚像)が深く刻印されているのである。今回のテレフォン・ショッキングに普通の洋服姿で出演した『石川さゆり』は我々が演歌の女性歌手に対していだいているイメージ(つまり虚像)を根底から覆してしまうものではなかろうか? 少なくとも僕はそのように思う次第である。
この問題についてメロオさんはどのように思われるだろうか?
(尤も演歌の女性歌手であっても『八代亜紀』のように着物でなくドレス姿で歌う歌手もいる事は改めて言うまでもない)。
day 2007-01-2612:51
name 牢屋壮一(評論家)。
trip S4/gA4Wc
url

編集 ]

 上に僕が書いた『石川さゆり』に関するコメントに対する『メロオさん』の反応がない。これじゃ、幾ら何でもつまらないなあ。
day 2007-01-2707:11
name 牢屋壮一(芸能&音楽研究・評論家)。
trip TMBk1B7M
url

編集 ]

毎日チェックは・・・

・・・できない状況なので、すいません。

>どのように思われるだろうか?
うーん、聞かれても困っちゃうナ。そんなオーバーに思ってもいないので(笑)。いいんじゃないでしょうか、自由で。番組がそこ(イメージ)を求めていないし。
day 2007-01-2800:31
name メロオ
trip -
url

編集 ]

『芸能・音楽評論家』の牢屋壮一です。宜しくお願い申し上げます。

 私は今まで一億総白痴化と言う有名な言葉を残した有名な毒舌評論家である大宅壮一のパロディである『牢屋壮一』と言うペンネームで書き込みを書き込みをしてきましたが、肩書がありませんでした。本日ただ今から新しく『肩書』を付けたいと思います。それは『芸能・音楽評論家』と言う肩書です。このブログを主宰する『メロオさん』を初めとする皆様方にこの場を借りて『挨拶』をしたいと思います。宜しくお願い申し上げます。
day 2007-05-0321:15
name 牢屋壮一(芸能・音楽評論家)。
trip TMBk1B7M
url

編集 ]

今日のど自慢で見ましたが…

…相変わらず色気のある方だなぁと思いました。
確か、最初は、同じ事務所の山口百恵、森昌子と一緒に三人娘的な感じで売り出そうとしていたみたいですが、石川さゆりの位置に、別の事務所の桜田淳子が入って来て、違う路線にって感じだったと思います。
『天城越え』は、今でもカラオケで歌われるスタンダードナンバーですね。
この歌を作詞した吉岡治ですが、実は沖田浩之や竹本孝之が歌った“キャプテン翼”の主題歌『燃えてヒーロー』の作詞もしていたりしますが、あの童謡『おもちゃのチャチャチャ』の作詞者(野坂昭如と共同)らしいですね。
day 2007-05-2718:51
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

遅咲きの大器

先日は「Dのゲキジョー」でも特集されてましたね。娘さんが、もう23歳とか。とてもそんな歳には見えないけど。
相変わらず容色、衰えてません。しかし『津軽海峡冬景色』は、いつ聴いても「演歌心」を触発される名イントロ!
結局、三人の中で一番出遅れたけど、一番活躍してますね。
day 2007-05-2719:48
name メロオ
trip -
url

編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
day 2007-12-1123:35
name
trip
url

編集 ]

石川さゆりの最大のチャームポイントである『顎のホクロ』について。

 この項目の『石川さゆり』の最大のチャームポイントである『顎のホクロ』について書いてみたい。
 私は『東京』に住んでいるが、東京の『浅草』の雷門の近くに『マルベル堂』と言う老舗のブロマイド店がある。このマルベル堂で石川さゆりの若い頃(10代後半から20代前半の頃だろうか)のブロマイドを見ると何と彼女の顎にはホクロがないのである。彼女の最大のヒット曲は何と言っても言うまでもなく1977(昭和52)年の『津軽海峡・冬景色』であるが、時々テレビで放映される1977年当時の映像を見ても当時の彼女の顎にはホクロはないのである。彼女(石川さゆり)の最大のチャームポイントであるあの顎のホクロの『正体』は何なのであろうか? 私はこの問題に対する『メロオさん』の意見を知りたい(聞きたい)と思う。
day 2007-12-1408:26
name 牢屋壮一(芸能&音楽研究・評論家)。
trip TMBk1B7M
url

編集 ]

黒子

よくわかりませんが、おそらく当初は化粧で隠してたのでは?
後から付け足すなんて考えにくいし。
day 2007-12-1419:14
name メロオ
trip -
url

編集 ]

こちらも

阿久悠枠で、『津軽海峡・冬景色』を見事熱唱し、紅組のトリをつとめました。
ますます色っぽくなったって感じでしたよ。
それにしても、阿久悠・三木たかしのコンビは、この曲しかり『北の螢』、あべ静江『コーヒーショップで』、伊藤咲子『乙女のワルツ』、ザ・バーズ『ふりむくな君は美しい』などなど他多数たりますが、名コンビですねぇ!
day 2008-01-0216:13
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

大晦日イメージ

流麗なメロディ・ラインの三木たかしと組む時の阿久悠は、割と王道な感じで作詞してるのでしょうか?Gemini...さんが挙げた曲を見るとそう感じます。

冬になると(とくに大晦日のイメージが強い)『津軽海峡・冬景色』はもう欠かせませんね。
day 2008-01-0415:51
name メロオ
trip -
url

編集 ]

若いなぁ(笑

まずは

http://jp.youtube.com/watch?v=A2-rK9Vb8qQ

『恋は天下のまわりもの』のレコーディング風景

なかなか真剣なレコーディング風景が見られます。
それにしても、なかにし礼も杉本真人も若いですね(笑

day 2008-08-0216:03
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

メガネ美人

たしかに皆さん、お若い。
さゆりさんも可愛い。メガネがお似合いなんですよねぇ。
一緒のテーブルについてみたい(笑)。
day 2008-08-0419:10
name メロオ
trip -
url

編集 ]

追悼 三木たかし 津軽海峡冬景色・・・

こんばんわ・・・(T-T)・・・。

お亡くなりになりましたね、三木たかしさん・・・。
とにかく美しい曲、残した方でした・・・。

「あなたには(作曲の)素晴らしい才能があるんだから・・・」・・・、
なんて言われていたそうです、若い頃から・・・。

・・・そこで、やはり亡くなった阿久悠さんと組んだ傑作・・・、「津軽海峡冬景色」を・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=OvOKSR0KlS4&feature=related



♪上野発の夜行列車降りた時から 青森駅は雪の中
  北へ帰る人の群れは誰も無口で 海鳴りだけを聞いている
  私も一人 連絡船に乗り 凍えそうな鴎見つめ泣いていました
  ああ 津軽海峡冬景色

  ご覧 あれが竜飛岬 北のはずれと 見知らぬ人が指をさす
  息で曇る窓の硝子拭いてみたけど はるかにかすみ 見えるだけ
  さよならあなた 私は帰ります 風の音が胸をゆする泣けとばかりに
  ああ 津軽海峡冬景色・・・



圧倒的ストリングス(弦楽器群)、女声スキャットと追いかけるサキソフォン・・・、
両者の掛け合いで始まりそして歌うようなオーボエに引き継がれるイントロ・・・、
実はこの曲、メロディーのみならずその編曲(楽器選定)も三木さん担当でした・・・。

阿久悠さんの割と上品なそして分かり易き「詞」、何より石川さゆりさんの歌唱力、
しかしこの歌・・・、そのイメージを決定付けたのは私、
三木さんのメロディーとその絶妙な楽器選定に尽きると・・・、こう思うのです・・・(^-^)。
心よりご冥福、お祈り申し上げます・・・<(_ _)>・・・。


ところでメロオさん・・・、「津軽海峡」と聞いて何を連想しますか・・・?
私はといえば「飢餓海峡」・・・、水上勉の社会派長編推理小説なんですがね・・・。

かつて日本にこんな貧乏があったんだ・・・、というお話・・・、
映画化もされましたね、お読みになりましたか・・・?

「洞爺丸台風事件」をモチーフに、
遭難した青函連絡船の乗船名簿に名前の無き身元不明の死体が、
犠牲者の遺体に紛れ込んでいた、ということからその幕が上がるアノお話・・・。


P.S.

・・・しかし三木さんといえば私、やはりコレですね・・・(^-^)・・・。

「星の王子さま プチプランス」・・・、
(ページを下へ、スクロールしてプレーヤー、見つけてください、聴いて下さい・・・。)
http://www.ijigg.com/songs/V2BD4B0PB0
day 2009-05-1621:56
name
trip -
url

編集 ]

最強のトリオ

ここで聴く『津軽海峡~』は、たしかに女声スキャットが効いていて雰囲気モリモリでイイ!

『能登半島』も好きで、まさにお二人と石川さゆりを加えたトリオはこの時期、最強のプロでしたね。

http://www.youtube.com/watch?v=iK7HoUi32tM

PS
水上勉は一冊も読んだことないなぁ。
day 2009-05-1905:37
name メロオ
trip -
url

編集 ]

追悼・吉岡治・石川さゆり

吉岡さんの曲で、割と知られていて、カラオケでもよく歌われるのは、

『天城越え』
http://www.youtube.com/watch?v=LdFLEQzaWLc&feature=related

この曲が出るまでは、石川さゆりといえば『津軽海峡冬景色』だったんでしょうが、この曲が出てからは、完全にこの歌が代表曲的な位置に来ました。
この情念がなおかつ情熱的なこの詩は、さすがは名作詞家・吉岡治だなぁと感じるところです。

day 2010-05-1821:25
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

名演・熱唱

この曲が名曲になり得たひとつに石川さゆりの名演技が挙げられるでしょう。
誰の演出か知りませんが、そんな要素を組み込むことができたのはやはり見事な楽曲づくりだったわけで。
day 2010-05-2122:23
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/30-479eef15

石川さゆり の映像、連続視聴/試聴

石川さゆり の映像、連続視聴/試聴 ・津軽海峡冬景色 石川さゆり 津軽海峡冬景色動画を無料で公開・共有 - @niftyビデオ共有ではJavaScript...

[2008-01-05]

25時間、ミュージック動画・連続視聴/試聴

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。