なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-08 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水由貴子

いろいろ関連資料を読むと、ユッコは大いなる期待をかけられていたようだ。阿久悠、萩本欽一等の書籍や談話。そして何より「スター誕生」の決戦大会で、ピンクレディを差し置いてグランドチャンピオンにも輝いてる。

もっとも、その時のピンクレディはフォークコンビで、出場者のワンオブゼムでしかない。あれ、その点で言えば、ユッコもギターを抱えたフォークスタイルだったなぁ。

どのへんに魅力やスター性、あるいは大器の予感があったのか、私にはわからない。しかしプロの方々は、ユッコにそれを見ていた。結果的に大成できなかったが・・・。決して、プロの見方を否定するわけではない。ただ言えることは、やはり芸能界は「水もの」なのだろう。
1975~1977 CD選書ベスト1975~1977 CD選書ベスト
オムニバス 山口百恵 キャンディーズ

ソニーミュージックエンタテインメント 1996-04-01
売り上げランキング : 62,893

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑下で【試聴】できます。私、ドンピシャ世代。

彼女は早い段階で、歌手活動を終えたと思う。バラエティーやドラマに新境地を見出していた。世話好きで、おっとり感があるが、案外シャープな頭脳を持ってる人。そんな印象が私にはある。
ただ、おっとりした性格は「人の良さ」を感じさせるも、それがアクの無さイコール、個性の無さにも繋がっていた。

最近はとんとお見かけしない。デビューからすでに、おばさん風味があったので、立派なおばさんになっている事でしょう。今なら、TVショッピングあたりに、最適な人材かなぁ。

特筆すべき点がないのが、彼女の特徴かもしれない。例えば、学校で同じクラスに居たら、たしかに可愛い。すました雰囲気じゃないので、同性にも好かれる。キレイ系より、よほど人気があっただろう。

いっそ、芸能界に進まない方が良かったのでは、と思えてくる。(←何も知らずに、勝手なこと書いてます)もちろん人生の選択に、間違いなどない。すべては必然なんですから。

それにしても、まったく近況がわからない。そもそも、結婚の有無も知らない。調べると山梨放送でレギュラー番組を持ってるようだけど・・・。 (←もう終わったようです)
それこそ『お元気ですか』?「幸せですか」?

♪試 聴      
♪試 聴 ←『1975~1977 CD選書ベスト』

★公式HP ←更新されてないようです。
★清水由貴子さんを勝手に応援するHP

スター誕生 コレクション VOL.1
スター誕生 コレクション VOL.1オムニバス 柴葉子 三橋ひろ子

おすすめ平均
starsハッキリ言ってお宝です
starsスター誕生 コレクション VOL.1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑うっ!かなりソソられます。







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑私にとって クリックはとても とても大事な~♪(←お願いします)

<広 告>



70~80年代に大ヒットした「ファンタスティック」な洋楽ヒット曲集!


TBS ishop



スポンサーサイト

コメント

欽ちゃんバンド

『お元気ですか』は有名ですが、その他の曲はあまりわからないですね。
小西博之とのデュエット曲『銀座の雨の物語』(あってるかなあ?)は、何となく覚えてますけどね。
私の中では、欽ちゃんファミリーと言うイメージが強いかもしれません。
欽ちゃんバンドでは、よくイケ面キャラの清水善三と絡められていたような記憶があります。
欽ちゃんファミリーといえば、真っ先に思い浮かんだのが、斉藤清六なんですが、今は、たまに、旅番組のレポートやドラマのチョイ役などで見ますが、格闘技が好きだそうで(本人も空手かなんかやっていて、実は結構強いらしい)よくプロレス見に行くらしいですね。
day 2006-05-2811:08
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

欽ちゃんファミリー

岡田奈々は今、中部電力のWEBドラマに出ています。で、何を言いたいかといえば、旦那さん役が小西のヒロタンということ。どちらも懐かしい方々。
欽ちゃんがとても高くかっていたせいか、ユッコもファミリーっぽいですね。清水善三・・・まったく記憶にないなぁ。(見ればわかるかも)
斉藤清六は、今でも芸能界で生きてるんだ。ある意味、凄い!
day 2006-05-2821:57
name メロオ
trip -
url

編集 ]

あきら、守備範囲広すぎ

以前書いたコニタンとのデュエット『銀座の雨の物語』、作詞が阿久悠、作曲がこうせつです。
この辺、初代かぐや姫の『酔いどれかぐや姫』などの雰囲気っぽいんですが、なかなか洒落た感じです。
で、編曲を見ると井上鑑、あきらさん、演歌っぽいのもいけるんですね(笑)
day 2007-02-0622:27
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

プロ、ですから

この当時は、番組絡みの企画ソングがけっこうありましたね。今となっては、すっかり忘れてますが・・・。
彼はプロだから、なんでもこなせるんでしょうね(笑)。
day 2007-02-0905:50
name メロオ
trip -
url

編集 ]

アチチ

週間欽曜日の欽ちゃんバンドのコーナーで、清水由貴子と清水善三の仲を、佐藤B作がからかって
「ユッコと善三、アチチだ!」
と言っていたのを、違うところで欽ちゃん記事書いていて思い出しました。

まさか、郷ひろみの“アチチアチ”は、この番組を見た康珍化が、拝借したとか?そんなことはないと思いますが、これが元祖“アチチ”なのかな?と思います。

“アチチ”の場面があるかどうか見てはいませんが

http://www.youtube.com/watch?v=nQELllasZp4&feature=related

欽ちゃんバンド

PS そう言えば、欽ちゃん、たこって言われてましたね。
day 2008-02-2311:50
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

B作もコニタンもここから

あちゃ。「週間欽曜日」だ(笑)。さっき「わらべ」の記事で書いたのに・・・。

この番組、まったく見覚えがないわけじゃありません。と、いうことは私の地でも、オンエアしてたんだな。ただし、なんか変な時間帯で。週末の昼下がりあたり。だから、欽ちゃんバンドが演奏してる姿は記憶にあります。
佐藤B作を初めて知ったのも、これだったような・・・。コニタンもここから出たんですよね。
しかし番組構成、まったくわからないなぁ。すいません。
day 2008-02-2315:09
name メロオ
trip -
url

編集 ]

『お元気ですか』ユッコ

ふと思い出した清水由貴子。ちゃんとUPされてました。
今、どうしてるんでしょうか?

★『お元気ですか』
http://jp.youtube.com/watch?v=31Uu8yqTaBc

★EPメドレー
http://jp.youtube.com/watch?v=XALIROoMErQ
day 2008-11-2901:24
name メロオ
trip -
url

編集 ]

突然の訃報に…

…ただ驚いております。
ニュースを見ると色々と大変だったと報道されていますが、本当に残念です。
今はただただ御冥福をお祈りするだけです。
day 2009-04-2207:41
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

・・・ただただ驚き

ビックリしました・・・。
私も今はただただご冥福をお祈りいたします。
day 2009-04-2219:43
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ダマスカス

明るくて印象良かったのに。。。。
コニタンさんが酷く落胆されてるみたいですね。
ご冥福をお祈りいたします。
day 2009-04-2220:07
name うーん。。。。
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/315-a1af7b75

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。