なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-11 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

由紀さおり

書くまでもないが、由紀ちゃんとさおりちゃんが二人いるわけじゃない。そんな名前が連なる彼女を見ると、父の名刺入れを思いだす。

そこには由紀さおりとは真逆で、姓が連なるお方の名刺が入っていた。正しい姓は忘れたが、お名前は「佐藤」さんであった。繰り返し書くが「佐藤」という名前だったのだ。そんな名前があるんだぁ~と一番、驚いていたのが母。その驚きで、幼かった私も記憶に残っている。

調べてみると大ヒット曲『夜明けのスキャット』は、1969年。当時、彼女はなんと21歳だった。うーん、とても信じられない。そんなに若かったとは・・・。私が幼すぎて、そう感じたのだろうか。

しかし、『夜明けのスキャット』は斬新だった。♪ルルルルルー♪で、ほとんどが構成されていた。(←山上路夫の真骨頂。ある意味、制作陣の英断?)よく、この曲については「深夜放送と切り離せない関係」などと書かれる。当時、聴いていた世代じゃないが、その感覚はよくわかる。

それどころかベッドに入って、イヤホンでこっそりラジオを聴いているとこの曲が流れる・・・・そんな経験を本当にしたのでは、と思えてくる。夜明けの広場で朝焼けを見ながら、聴いた気にもなるから不思議だ。その意味で、この曲はまさしくラジオ的である。決して、TVで見て楽しむ曲ではない。
由紀さおり全曲集~35周年記念~コレクションI
由紀さおり全曲集~35周年記念~コレクションI由紀さおり 山上路夫 いずみたく

おすすめ平均
stars私も「ストレート」目当てで買いました
stars「ストレート」ついに収録

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑若さに似合わない艶があった、と今にして思う。下で【試聴】可。

深夜放送といえば、関東圏では『セイヤング』『オールナイトニッポン』『パックインミュージック』があげられる。「ヤングな君の・・・」という語り口は、今聴くと恥ずかしいが時代の波はまさしくラジオに向いていた。(最近、聴かないが『ラジオ深夜便』は結構、面白い。一時、よく聴きました)

ところで『手紙』で描かれる女性像は、底はかとなく怖い。歌詞では取り立てて、何もしていない。キレイに別れを決断している。でも、言外に光るナイフの刃が見え隠れする。しかも由紀さおりの淡々とした唄い方が、それに拍車をかける。キャラと相まって、どんどんゾクゾク感が広がる。ただし、これは結果としての意図だったと思う。

今はお姉さんと「日本の歌、こころの歌」を活発に披露している。本当はこの分野、小柳ルミ子にもやって欲しかった・・・。
皮肉なことだが、私には正反対に見える。由紀さおりの本質は「愛憎劇の演者」に思えるのだ。今は小柳ルミ子が、そんな役回りになっている。当時の感覚からすれば、二人は入れ代るのが筋に思えるんだなぁ。

♪試 聴 ←「35周年記念全曲集Ⅰ」      
♪試 聴 ←「歌・うた・唄 Vol.2 ~スタンダード日本3」
♪試 聴 ←唱歌

★由紀さおり・安田祥子公式HP
★由紀さおり補完計画 ←(ファンページ)

歌・うた・唄 Vol.2 ~スタンダード日本3歌・うた・唄 Vol.2 ~スタンダード日本3
由紀さおり 安田祥子

東芝EMI 1997-10-29
売り上げランキング : 130904

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑「喝采」「恋のバカンス」「少年時代」等々。好きな曲、多い。上で【試聴】可。

青春歌年鑑 1969 BEST30
青春歌年鑑 1969 BEST30オムニバス カルメン・マキ ビリー・バンバン

おすすめ平均
stars昭和元禄の流行り歌ぢゃ!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑なんともいえない懐かしい曲揃い。







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑誰のせいなのか 今もわからない 涙で綴りかけた お別れのクリック~♪(←お願いします)

<広 告>


★青春の時代~70年代のフォーク・ニューミュージックのベストコレクションCD集の決定版!
▲グレープ・ペドロ&カプリシャス・谷村新司・井上陽水・つのだひろ・かぐや姫・イルカなど、錚々たるアーティストが一同に集結。






スポンサーサイト

コメント

確かにラジオ向き

スキャットはラジオで聞くのが向いてるみたい。一体いつになったら歌詞が出てくるねんみたいだった。
残念ながらあの鮮烈デビューより以前から彼女を知ってる。と言っても個人的じゃなく童謡歌手だった頃から。でもおしゃまな安田祥子?より川田姉妹の妹の孝子が好みだった。

歌謡曲デビューの頃はとっくに結婚していて落ちついた風貌だった 。
40年代は良い曲が多かった。吉田拓郎作曲の♪ルームライト♪かなりヒットした♪生きがい、挽歌♪、私のお気に入りは他に♪りんどうの花、季節風、つかの間の雨♪、母が好きだったのが アズナブール流しながらこの手紙を書いてます、で始まる♪恋文♪。確かこの曲で最優秀歌唱賞を取ったはず、ヒット曲の多くはいずみたくの作品かな。セールス的なBest3は私が思うには♪夜明けのスキャット、手紙、生きがい♪じゃないかな。

近年の姉妹での童謡コンサート、トルコ行進曲もびっくりしたけど、40年代のヒット曲をたっぷり聞きたいな。
メロオさん、ルミコにあの分野をやって欲しかったってのはわかるけど彼女はやる気は無いみたいよん。賢也が薦めたらやるかも??
day 2006-06-0221:42
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

岩崎姉妹の先輩?

>歌謡曲デビューの頃はとっくに結婚していて落ちついた風貌
そうなんですか。21歳ですでに既婚だったんだ。
セールスベスト3は、私も同じです。『恋文』もありましたねぇ。歌詞書いてもらってわかりました。
ルミ子をオールカタカナで書かれていたので(ルミコ)一瞬、ミルコと読んでしまった。たしかに今の彼女なら、クロコップに勝るタフさかも・・・。
day 2006-06-0300:02
name メロオ
trip -
url

編集 ]

何~ふざけんなよ~

「そちの名前は」
「さおりでございます」
「年はいくつじゃ」
「18でございます」
♪ヒョエア~(尺八の音で)
後ろの刀をとりだし
「ふざけんなよ~、どこが18何だ」

この人と言えば、ドリフ大爆笑のバカ殿のこのシーンが真っ先に思い浮かびますね。

姉妹で童謡歌ってますが、いいですよね。
day 2006-06-0310:45
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

生意気な小学生?

>大ヒット曲『夜明けのスキャット』は、1969年。

すると当時のワタシは7歳だったワケなのですが、この曲が大好きだったンですよ♪(^^)

今となっては、The Brass Ringの67年のヒット曲"The Dis-Advantages Of You"がヒントなのかな?と思っておりますが☆(ヤな大人になっちゃいました(^^;)

↓試聴アリ

http://www.moodsville.com/cart/goods.cgi?action=view&color=original1&frame=0&index1=BRASS
day 2006-06-0322:36
name ぶるじん
trip -
url

編集 ]

由紀さおり

>Geminiさま
ありましたねぇ。定番ギャグで、わかってても面白かった。ドリフには欠かせない人でしたね。
両親と笑って見ていたことを、想いだします。

>ぶるじんさま
試聴リンクありがとうございます。聴きました。スタイルとして、先行作品があったんですね。でも『夜明けのスキャット』の方が好きかも。
day 2006-06-0500:44
name メロオ
trip -
url

編集 ]

由紀さおりの『夜明けのスキャット』。

 メロオさんがこの項目で書いている通り『夜明けのスキャット』は『由紀さおり』の最大のヒット曲である。日本の歌謡界(芸能界)の歴史の上で歌詞がない『スキャット』と言うジャンルが大ヒットしたのはおそらく由紀さおりが歌ったこの『夜明けのスキャット』が初めての事例ではなかろうか? 
 私は由紀さおりが歌ったこの『夜明けのスキャット』と言う作品は日本の歌謡界(芸能界)の歴史上、極めて特異な位置を占める作品だったと思っている。
day 2007-05-0409:09
name 牢屋壮一(芸能・音楽評論家)。
trip TMBk1B7M
url

編集 ]

歌唱力あるから

『手紙』もなかなかイイですよ。まあ、斬新さでは、やはり『夜明けのスキャット』に尽きますが。
それらもすべて、彼女の歌唱力の裏打ちがあればこそ、ですね。
day 2007-05-0423:34
name メロオ
trip -
url

編集 ]

1分26秒・・・・

・・・なんだか分かりますか、この時間・・・。

実にこれは「夜明けのスキャット」全3分4秒のうちのスキャットの部分の時間、山上&いずみの新しい試みだったんですかね・・・。

メロディもアレンジもそして彼女の歌声も大変美しいです。
特に彼女は「発音」が正確です。
これは石川ひとみさんにもいえますが、「童謡」を歌わせてもらえる歌手は皆、言葉の発音が本当に綺麗です。
そういえばひとみさん、その姿かたちを見る前に、「声」のファンとなったんでしたっけ、私・・・。

さて由紀さおりさん、といえばGemini...さんご指摘の如く「ドリフの大爆笑」。
では私は「末期的」なヤツを・・・。


「あの・・・」
「なんじゃ」
「私には・・聞いて下さらぬのですか・・・」
「ンじゃ名前は・・・」
「さおり・・・と申します・・・」
「歳は」
「じゅう・・・ご・・でございます・・・」
   (尺八)
    
へい、ごたいくつさま・・・・。
day 2007-08-1821:37
name
trip -
url

編集 ]

約半分の時間

・・・を費やしてるわけですね。
ルルルル~、歌詞がほとんどこれだから、とても難しい曲。
たしかに「童謡」は、正しき発声が根本。うまい人ですね。
ちなみに私は、ひっちゃん、顔から入りましたけど(笑)。
day 2007-08-1907:55
name メロオ
trip -
url

編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
day 2008-03-1912:05
name
trip
url

編集 ]

字だけでは…

…なかなか伝わらないので

http://www.youtube.com/watch?v=9Ln21K3yXJQ&feature=related

これ、わかっていても笑ってしまいますね。
day 2008-06-0222:54
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

キャラ立ってる

毎度のパターンだけど、いつ見てもおかしい。すっかり定番ですね。日本人のある年代なら、ほとんどの人が知ってるんじゃないでしょうか(笑)。
day 2008-06-0223:08
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/323-c03e1bf7

由紀さおり の映像、連続視聴/試聴

由紀さおり の映像、連続視聴/試聴      ・夜明けのスキャット      ・再会(松尾和子のカバー)      ・恋文    ...

[2008-01-06]

25時間、ミュージック動画・連続視聴/試聴

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。