なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-10 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾崎紀世彦

この人の最大の功績は、「もみあげ」を広く世に知らしめた事だ。冗談で言ってるのではない。当時、私には30%程の気持ち悪さと、70%程の憧れがあった。しかし、子供の私にそんな髪の繁殖力?もなく、また親や学校が許すわけもない。

今、思い出しても『また逢う日まで』を豪快に唄いとばすお姿は、カッコよかった。一発でとりこにされた。とくに ♪別れのそのわけは 話し~~たくない♪ とかなり引っ張る唄い方は、みんなマネしていたものだ。だからイメージがあまりに強烈で、歌謡界の王道をずっと歩んでいく人だと思っていた。

もちろん今も現役で、しっかり活躍されてはいる。でも、もっとTVのど真ん中を、主役として引っ張っていくと思っていた。しかし、いつしかマイナーな中での、キング的スタンスになっていった感がある。
クセがありすぎたのか、本人の性格なのか。まぁ、私がTVに毒されすぎているのかもしれないが・・・。
ゴールデン☆ベスト
ゴールデン☆ベスト尾崎紀世彦 阿久悠 筒美京平

おすすめ平均
stars☆最高の歌唱力☆

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑やっぱり『また逢う日まで』は、聞き飽きない名曲!高らかに鳴り響くイントロがクール!

尾崎紀世彦 - また逢う日まで~尾崎紀世彦セカンド・アルバム
↑ダウンロード購入もできます。

尾崎と言えば、思い出すのは五木ひろしである。彼の項でも書いたが、ほぼ同時期の二人。当時、尾崎は光り輝く【太陽】だった。しかし五木は、照り返す【月】。いや、そのレベルにもなかったと思う。
正確に語れば、尾崎が突出していて、二番手、三番手が見えなかったのだろう。

だからこそ、上記のような感想になる。本来、もっと「スター」になるべき逸材のはずなのに、と・・・。(勝手な一ファンの思い込みで、ご本人にすれば迷惑だろうけど)

彼を一言で評すると『ワイルド』な大人の男性になる。ただし、同じワイルドで言えば、松崎しげるも該当する。まぁ、決定的な差異は『品のあるなし(上品と下品)』になるかな(笑)
たとえば、女性を口説き落とす時のバイタリティだったりする。

でもこれって案外重要で、バイタリティはイコール生存競争にもつながってる。芸能界を生き抜く上での、ポイントだったりして。
まぁアクの強さというバロメーターは、ほとんど天性のものだなぁ。本人の性格に依るだけに、作れるんもんじゃないし・・・。

♪試 聴 ⇒ 尾崎紀世彦ファースト・アルバムicon
♪試 聴 ⇒ NEW BESTicon
♪試 聴 ⇒ 青春歌年鑑 70年代 総集編icon

★KIEYO MANIA 
★尾崎紀世彦ファンページ 
★尾崎紀世彦ワールド研究室      (以上すべてファンサイト)

ファースト・アルバム
ファースト・アルバム尾崎紀世彦

おすすめ平均
starsファーストアルバム
stars完璧!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑デビュー時は、プレスリーを意識してたのかなぁ。スタンダードナンバー揃いで、歌唱力がよくわかる。

青春歌年鑑 70年代総集編
青春歌年鑑 70年代総集編オムニバス 皆川おさむ 由紀さおり

おすすめ平均
stars時代を反映する楽曲がいっぱい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑知らない曲が一つもない!それほどドンピシャなアルバムです。







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑ふたりでドアを閉めて ふたりでクリック押して~♪(←お願いします)

<広 告>
 iTunes Music Store(Japan)耳に残るあの曲。いますぐiTunesでダウンロードしよう。

セブンアンドワイ_11月特集_豊かなる昭和A



スポンサーサイト

コメント

バタくさい

この人、ハワイかどこかの育ちじゃなかったかしら?バタくさい風貌だけでなく、考え方や態度もアメリカ風で当時の日本では(事務所、レコード会社、ファンに)受け入れられにくい側面があって、それが歌謡界の本流を歩み損ねた、と私はずっと思ってるんだけど。

あの曲でのインパクトは凄かったわね。セクシーだったし。当時唄い終わった直後のキヨ様が、あれを連想させて、一番セックスアピールあるって言われてたものよね。

彼の曲は好きで、♪また逢う日まで♪以外にも、♪ゴッドファーザー♪や♪さよならをもう一度♪も素適な歌、キヨの魅力が存分に出てるわ。

60を越して尚あの声量、歌唱力、迫力、ずっと唄っていって欲しいわ。
day 2006-07-0110:01
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

デュアッ!

ウルトラセブンの
♪セブン セブン セブン セブン セブセブセブ
の三番めの ♪セブンが、尾崎紀世彦だというのを聞いたことがあります。

青木功とジャンボ尾崎が出ていた
「コクがある」「切れがある」
と言うビールのCMの
♪オー サマーラブ 木漏れ日の下に
と言う曲も、確かキヨだったと思います(自分はずっとジャンボだと思っていましたが)。
♪二人でドアを閉めて~
この声量は、かなりなものですね。
松崎しげる同様、絶対内緒話が出来ないみたいな、そんな感じですね。
これに、もし細川たかしがパトカーだったらの
は~ほ~は~ほ~
が混ざると、ある意味最強かなと(何の?って聞かれても困りますが)思います。
day 2006-07-0114:20
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

キヨヒコ

>後村上さま
バタくさいですね。なるほど、アメリカンナイズしていたのが、本流になりきれなかった・・・。その考えは面白いですね。
どことなく「孤高の人」といった側面も感じられますね。

>Geminiさま
ワハハ、たしかに松崎しげると内緒話はできないや。
尾崎は案外、ドリフとのからみでギャグセンスもありましたね。その意味でタレント性も備えていたけど、その割りにブレイク感が弱いなぁ。
day 2006-07-0219:01
name メロオ
trip -
url

編集 ]

スバル・レオーネ

のCMで、
♪どこから来たのかぁ~ オマエとオレはぁ~ レオーネ~
ってな歌を熱唱していたのを覚えております。

藤岡弘系の“濃い”お方でしたね☆(^^;
day 2006-07-0421:16
name ぶるじん
trip -
url

編集 ]

濃すぎ!

濃いですよねぇ。もう顔立ちからして、日本人離れしてるし。
芸能人になるべくしてなった感、がある人ですね。
目の色も、黒というより青味がかってたイメージすらありますね。
day 2006-07-0423:06
name メロオ
trip -
url

編集 ]

以前書いた…

…青木功とジャンボ尾崎が出ていた
「コクがある」「切れがある」
と言うビールのCMの
♪オー サマーラブ 木漏れ日の下に
と言う曲

これです。

http://jp.youtube.com/watch?v=si7u7SHtpL0&feature=related

『サマーラブ』

ジャンボ尾崎も青木功も若いですね。
私は、青木さんのあの訛った独特の甲高い話し方が、割と好きです。
day 2008-07-2715:54
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

『また逢う日まで』

青木功といったら、最近はよく全英オープンなどメジャー大会の解説やってますね。
なんか説得力あります(笑)。それでいえば同じ解説者の戸張捷の声や話し方も好きです。
心地よいというか、なんというか(笑)。

やっぱりキヨヒコと言ったら間違いなくこれでしょう!

http://jp.youtube.com/watch?v=EHwRiQk6Mdw
day 2008-07-2717:53
name メロオ
trip -
url

編集 ]

この頃は…

…まだ普通に歌ってますね(笑
後になると、すっかり自分のものになって、自分でアレンジした歌い方になってます。
どっちにしても、うまいことは確かです。
day 2008-07-2820:21
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

トリコになりました

本文でも書いたけど、当時私はすっかりトリコにされました。
とにかくカッコよかった!
むろん歌唱力のない私は、マネなどできなかった・・・。
day 2008-07-2919:32
name メロオ
trip -
url

編集 ]

いよいよ…

…五月ですが、尾崎紀代彦のうたにそれにぴったりな曲があります。

『五月のバラ』
http://www.youtube.com/watch?v=Fa2WK8yYs9Y

この歌は、元々、1960年代にブレンダ・リーという歌手の来日に合わせて、なかにし礼と川口真が作った曲だそうですが、その後、この尾崎さん含め色々な方が歌っています。
尾崎さんのダイナミックな歌い方も、メロディも相まってなかなかのものだと思います。
では、せっかくなので他の『五月のバラ』も聴いてみましょう。

塚田三喜夫
http://www.youtube.com/watch?v=1chY0BsF4us&feature=related

鹿内孝
http://www.youtube.com/watch?v=-EHd_XMm0y8&feature=related

布施明
http://www.youtube.com/watch?v=J63psCjLXfc&feature=related

岩出和也
http://www.youtube.com/watch?v=kpwJ16bfarI

私的には、塚田さんのが一番イメージ的にあるかなぁと思いますが、昨年別なところに書いたと思いますが、やたらとラジオから鹿内さんのが流れてきました。
ちょっと前に鹿内さんのHPの掲示板にちょっとコメントを書いたところ、鹿内さんからコメントに対する返事があり、そのなかで『五月のバラ』について
「歌詞を歌わずに読んでみると、意味不明というか不思議な曲ですよ」
と書いてありました。
確かに、無理やり五月で体言止をしたり、そんな感じもします。
そこがまたなかにしさんのなせる技というか、そんなところなのかなぁ?と思ったりしました。
それにしても、鹿内さんが返事を書いてくれたのが、ある意味感激で、上様によく成敗される(笑 役柄とは違ってすごくいい人なんだなぁ、と感じました。
day 2010-05-0213:31
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

世界は俺が回してる

私も、この曲は塚田さんの印象が強い。
と、いうか彼の歌声しか知らなかった。
たしか音楽祭絡みで作られたような?
この本で読んだような・・・。
ついこの間読んだのにもう忘れてる(笑)。

http://www.kadokawa.co.jp/sp/200912-04/

で、この本だけど鹿内孝も登場してなかなか面白かったですよ。
(ゴシップ好きなもので・・・笑)


day 2010-05-0219:18
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/343-75c24a56

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。