なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-08 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町田義人

角川映画『野性の証明』のテーマ曲が、町田義人の『戦士の休息』だった。もっとも当時、全盛の薬師丸ひろ子・主演の映画ではあるが、私は見ていない。

それでも、この曲は映画以上に広まっていた感がある。
ただ彼は、淡々と唄っていた印象がある。また、目立つ特徴もなかった。それゆえタレント性という点では、どうにも線が細く感じられた。

そんな町田義人だが、実はグループサウンズ出身と知ったのはいつだろう?もっとも、彼がいた「ズー・ニー・ヴー」というGSは、ほとんど知らない。『白いサンゴ礁』という曲だけは、後付けで知っているが。
町田義人 スーパーベスト町田義人 スーパーベスト
町田義人 ゴダイゴ 三村順一

コロムビアミュージックエンタテインメント 2006-06-28
売り上げランキング : 435

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑6/28発売の最新ベスト!イイ復活パターンだ。
  
この曲は「夏の情感」がたっぷり詰まった良い曲である。のどかな、1960年代の夏イメージが感じられるのだ。しかし歌詞を辿ると、決してノスタルジックではない。むしろポピュラーである。
おそらく『思い出の渚』同様スタンダードな分だけ、個々に様々なイメージを植えつけるのかもしれない。
  ♪青い海原 群れ飛ぶカモメ
   心ひそかに 白いサンゴ礁~♪

ちなみに余談だが『白い2白いサンゴ礁』は、mikeが唄っていた。(実は彼女らも好きなグループだが、90年代なので残念ながら当ブログでは触れません。残念)

そんなわけで私の「町田義人知識」は、浅薄だが上記二曲に限られる。
1969年の彼と1978年の彼。それぞれの曲がヒットした年。その間、9年。今の私は9年などアッという期間だが、当時子供だったので、この9年は大きい。

しかし1978年から、なんともう30年近い歳月が経っている。そして驚くのは、9年の時間差より30年の時間差の方が小さいこと。これって、どういうことなんだろう・・・。

ちなみに町田義人は今、歌手活動をしていないらしい。まぁ、今年で還暦だし。でも同じ生年月日(1946年9月21日生まれ)のジョー山中は、頑張っていますよ。あと誕生日で言えば、松田優作とも一緒。(←一歳下)優作は亡くなったけどグラサンが似合う彼らが、もうそんな年齢なんですねぇ。

レッツゴー!GSカヴァーズレッツゴー!GSカヴァーズ
オムニバス FLYING KIDS 橋本淳

テイチクエンタテインメント 2004-01-21
売り上げランキング : 103010

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑な、なつかしすぎ!下で【試聴】してみてネ。

♪試 聴 ⇒ 和風ソウルドレッシングicon
♪試 聴 ⇒ レッツゴー!GSカヴァーズicon

★プロフィール

野性の証明
野性の証明サントラ 町田義人

おすすめ平均
stars大野サウンドの真骨頂
stars大野雄二の魅力と映画のスケールの大きさの融合
stars大野雄二のアルバム

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑本文にも書いたけど、見てないんですよねぇ。







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑ありがとう ぬくもりを ありがとうクリックを~♪(←お願いします)

<広 告>



70年代のフォーク・ニューミュージックのベストコレクションCD集の決定版!


 iTunes Music Store(Japan)耳に残るあの曲。いますぐiTunesでダウンロードしよう。

iriverのデジタルオーディオ「T30シリーズ」お手ごろ価格で新登場!!




スポンサーサイト

コメント

私も見ていません。

野性の証明、実は私も見ていないんです。何でもその内容はすこぶる荒唐無稽で全編とにかく騒がしいんだそうです。今回お取り上げのこの曲、高倉健さんが大勢の敵に向かって進んで行くカッコイイ場面で流れるそうなんです。シルベスタスタローンのランボーとはどちらが先だったですか・・・。ともあれ、旋律、アレンジ、歌詞、そして何より本人の歌声が素晴らしいこの作品は 、私にとって1978年に聴いた男性歌手の歌の中では最も心に残るものとなりました。タイトルにも歌詞にも不必要な外来語が入っていないこの曲が大好きです。よくぞ町田義人を取りあげてくださいましたね。彼は今、海外に居るようですが、その復帰を望む声が高いそうです。それではまた。
day 2006-12-1321:56
name
trip -
url

編集 ]

浅薄ですいません

>よくぞ町田義人を取りあげて
浅薄、というかほとんど彼のことを知らずに書いてます。すいません。そうですか、今海外なんですか。まだまだ現役でもおかしくない歳。
外来語が、いっさい入ってないとは知りませんでした。言われなきゃわかりませんね(笑)。また、教えてください。
day 2006-12-1420:18
name メロオ
trip -
url

編集 ]

これぞ日本男子の歌です。

是非、今一度歌ってみてください。私は1978年を良かったこと、つらかったこと、いずれも思い出します。そして気分さわやかになります。
day 2006-12-1606:22
name
trip -
url

編集 ]

いかに記事を読まずコメントを…

…しているかを痛感しました(笑)
別なところで、ズー・ニー・ヴーのボーカルをしていて、『白いサンゴ礁』を歌っていると言う記事を見て、もしかしたらと改めて記事を見たら、書いてあるじゃんと言ったところです(笑)
私もコメント書くときに、なるべく記事とダブらないようにと言った程度でしか見ていないので、あまり覚えていない部分もあります。
そう言えば、TBS系ドラマ『ムー』の挿入歌も歌っていたみたいですね。
水曜ドラマのオムニバスを持っているので聴いてみます。
『ムー』は、荒木一郎、『ムー一族』は竹田和夫が音楽担当していたと記憶してますが、特に『ムー一族』のOPの『暗闇のレオ』はかなり格好良かったですね。
day 2007-04-0707:26
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

竹田和夫

・・・って、たしかクリエイションの人でしたね。【探偵物語】のイメージしかありませんけど。

記事を書いてる私にしても、結構カブってることが多いです。「忘却」こそが人間の利点、ということでなかったことにしてます(笑)。
day 2007-04-0821:26
name メロオ
trip -
url

編集 ]

『裏町のマリア』

ムーの挿入歌は、『裏町のマリア』(作詞:山口洋子 作曲:むつひろし 編曲:京建輔)と言う曲です。
なかなか聴かせる曲で、見事です。
また、町田義人、木森敏之が手掛けた曲を歌っています。
EPに限ると、『自由への旅路』(編曲)、『悲しみの果てる時』(作曲)、『行きどまり』(作曲・編曲)です。
アルバムも入れるとかなりあります。
また、木田高介もLP曲のアレンジを手がけてます。
聴いてみたいですね。

クリエーション、懐かしいですね。
私は、大津あきらが作詞した『ロンリー・ハート』ですね。
それと『暗闇のレオ』は、やはり格好良いです。最後にライオンが吠えるみたいな感じです。

多分、耳にしたことあると思います。
或いは、聴いた事が無くても、聴いたら「あっ!あの曲か!」と思う曲だと思います。
day 2007-04-1413:11
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

『ロンリーハート』

浮かれた感じの『ロンリーハート』は、とてもキャッチーでイイ曲でしたね。
肝心の町田義人については、私の無知が言葉を紡ぎだせずにいます・・・。
【ムー】は、当時ネット圏外に住む私には縁遠いドラマだったなぁ。
day 2007-04-1722:38
name メロオ
trip -
url

編集 ]

侮りがたし、アニメソング

『宝島』の主題歌を歌ってますが、この曲も壮大なメロディとボーカルでなかなか聴かせる曲です。
作詞:岩谷時子、越路吹雪の曲などを作詞している大御所感のある作詞家ですね。
そして、作曲、編曲は、先日亡くなった羽田健太郎。
このスタッフにボーカルが町田義人、これは間違いなく名曲だなと思わざるを得ないそんな曲です。それにしても、樟さんも言ってますが、男っぽいボーカル、歌唱力も高いですし、もっと評価されて然るべきボーカリストだと思います。
『白い珊瑚礁』、改めて聴くといい曲だなと感じました。
では
day 2007-07-2911:30
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

夏の情感

・・・がしっかりと刻まれた曲は、何曲かありますが『白いサンゴ礁』も間違いなくその一曲ですね。「夏」って、「想い出」の季節に思えます。だから「夏の名曲」は、どこか懐かしみのある雰囲気をまとっています。

残念ながら『宝島』は、知らないんですよ。そのアニメも知らないし・・・。
day 2007-07-3021:04
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ムー

では、まず“ムー”
http://www.youtube.com/watch?v=DmQk8WDoRsI&feature=related

続いて“ムー一族”のオープニング『暗闇のレオ』
http://www.youtube.com/watch?v=ahr-qsFXK4c&feature=related

この曲は、メロオさんも何となく聴いたことあるかもしれませんね。

それにしても、左とん平の役名が野口五郎とか(笑、そう言えば、そんな記憶もありますね(笑
day 2007-12-0809:57
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

うーん、

どちらも見ましたが、やっぱり馴染みがなかった・・・。
ちなみに演出の久世さんのご親戚が私の住む地にいらっしゃって、数年前お世話になりました。
day 2007-12-0823:40
name メロオ
trip -
url

編集 ]

戦士の休息

こんにちわ。

町田義さん、「戦士の休息」、YouTubeで見つかりました・・・\(^o^)/。
大変貴重な映像だと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=bZBx_fOfGOI

Google検索では

YouTube - 町田義人 - 戦士の休息

是非聴いて下さい・・・。
day 2007-12-2414:46
name
trip -
url

編集 ]

オリジナリティ、ある

なんとも懐かしいですね。「怪傑ハリマオ」みたいな出で立ちと雰囲気でしたね。(←古すぎっ!)

本文では特徴がない、などと書きましたが改めて見ると、かなり独特なニオイを持つ人でした。謹んで訂正させていただきます。
day 2007-12-2516:26
name メロオ
trip -
url

編集 ]

では

“宝島”です。
http://www.youtube.com/watch?v=KH4ZqsaZLZQ
ハネケンさん多いですね。
day 2008-02-0314:06
name Gemini...
trip gjwy6b6Y
url

編集 ]

町田義人登場・・・「赤い狩人」・・・

こんばんわ。

1978年発表の町田義人さんの傑作「赤い狩人」・・・、見つけました・・・\(^o^)/・・・。

こちらから、是非・・・。

http://nicosound.dip.jp/sound/sm1942317

その素晴らしき歌唱力・・・、勝るとも劣りませんね、亡き大塚博堂さんに・・・(^-^)・・・。
加えてまだブレイク前の、タケカワユキヒデさんのメロディー、ミッキー吉野さんのアレンジ、
そしてゴダイゴの演奏・・・。
健全、高貴、・・・褒め言葉しか出てこない・・・、そんな楽曲です・・・。



どこまでも続く旅さ 思い出無くし 地の果ての太陽 深く胸に刺さる
終わりのない旅さ 太陽が有る限り 走り続ける僕の 明日を照らすだろう
愛よお前は 凍った心溶かす 太陽に挑む 赤い狩人

自由へと連なる旅 心の向くまま 地の果ての太陽 捜し求め行こう・・・

炎のようさ 凍った世界溶かす 太陽の秘密 奪う明日は燃える・・・



「赤い狩人」・・・、それはキタキツネのこと・・・。
そしてこの歌、1978年の夏休み公開の映画、「キタキツネ物語」の主題歌でした。
で、この映画の音楽担当ゴダイゴのリーダー、タケカワユキヒデさんが
その主題歌を歌ってもらうべく拝み倒して連れてきたのが、町田義人さんだったのでした。

ゴダイゴと町田義人・・・、大活躍を始めますよね、この後・・・(^o^)・・・。

さて町田さんの目を見張るような歌唱力・・・、
「♪地の果て・・・」の「は」と「て」は何と一オクターブ離れています。

これは博堂さんも「ダスティンホフマンになれなかったよ」でやはり披露していますが、
いずれも非凡な才能・・・、この二人とも、最早その声、聴く事が叶わぬとは・・・(T-T)・・・。

更にこの作品・・・、
およそ男性歌手の有るべき姿というものの一つの理想を体現して止みません。
誠に・・・、誠に素晴らしい一曲ではあります・・・(^-^)・・・。

P.S.

Gemini...さん・・・、新年度からお仕事の環境、変わるようですね・・・。
北海道の経済・・・、未だ厳しいものがあるようですがこの曲、
聴くと元気が出ますよ、「明日のジョーは帰らない」共々・・・(^o^)・・・。
day 2008-04-0621:32
name
trip -
url

編集 ]

高音男性

高音女性って好きなんですが、町田さんは男性では珍しい高音で、今思えば希少な人でしたね。

「キタキツネ物語」見てないけど、そんな映画ありましたねぇ。でも1978年の作品ですか。そんな昔とは・・・。

リンクされた同じページで『永遠のソルジャー』もありました。まったく知らないアニメで曲だけど。スケール感あってイイ感じでした。
day 2008-04-0719:08
name メロオ
trip -
url

編集 ]

正調「戦士の休息」・・・

こんばんわ。

「戦士の休息」・・・、フルレンクスにしてスタジオ録音、ありました・・・\(^o^)/・・・。

こちらから・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=V-NkgZiRqWA

これ、聴くと私、元気が出ます・・・(^-^)・・・。

最高です、町田さん・・・。
day 2008-04-0922:02
name
trip -
url

編集 ]

消去の時期

う、う、これも消されてました。昨日(4/9)紹介して頂いた動画が何本も消されてますねえ。どうやら、消去の時期に合致したようですね、残念。
やはり必要な動画はすぐに保存しとかないと・・・。
day 2008-04-1019:41
name メロオ
trip -
url

編集 ]

天才 羽田健太郎・・・

アニメーション「宝島」(1978)のエンディング、「小さな船乗り」・・・、ありました。
フルレンクス・・・、喜ばしいです・・・(^-^)・・・。

こちらから・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=Eo5i3RIol2k&eurl=http://video.aol.com/video-detail/takarajima-treasure-island-ending-theme-opv/3399209719

この作品、町田さんの声も良いんですが、何よりそのイントロとエンディングのハープシコード、
これに尽きます・・・。
作曲は羽田健太郎さん・・・、素晴らしいです・・・、おまけにこのハープシコードの音・・・、
いろいろな音色のあるこの楽器のうち、この音の出る楽器が一番好きなんです私・・・(^o^)・・・。

このハープシコードのパートをも作曲した作編曲家にしてピアニスト、羽田健太郎・・・、
改めて敬意を表するとともにそのご冥福、お祈り致します・・・<(_ _)>・・・。
day 2008-05-1222:20
name
trip -
url

編集 ]

『白いサンゴ礁』

いかにも樟さん好みな曲は、もう冒頭でわかりますね(笑)。
途中、力石徹みたいなキャラが出てくるけどやはりこのアニメも、私知らないんですよ。

で、肝心の『白いサンゴ礁』載せてなかったので挙げときます。(音質今イチ)

http://www.youtube.com/watch?v=C2-E1ws-lj4

day 2008-05-1223:02
name メロオ
trip -
url

編集 ]

再び正調「戦士の休息」・・・

こんばんわ・・・(^-^)・・・。

「戦士の休息」・・・(T-T)・・・見つけました、再び・・・、こちらから、是非・・・。

http://jp.youtube.com/watch?v=ehBBrZUx6Yk&eurl=http://pingking.jp/url/www.youtube.com/watch?v=ehBBrZUx6Yk


スタジオ録音にしてフルレンクスのステレオ・・・、感激です・・・・が・・・、
私のこのコメント・・・、見るや否や通報する輩、いるんでしょうね・・・(>_<)・・・。

1978年のこの傑作・・・、是非聴いて下さい、今夜中に・・・、さもなければまた・・・(T-T)。
day 2008-06-1821:27
name
trip -
url

編集 ]

動画サイト

削除するのは、自己都合と違反があるようだけど、友達リクエストなんていうのもあってよくわかりません。が、いずれにしても動画サイトは、音楽において見せるだけじゃなく、しっかり聴かせるタイプもあってバリュエーション増えましたね。

YOU TUBE、課金制にしたら相当儲かるかも(笑)。でもそうするとここまで普及しないでしょうけど。
day 2008-06-1920:11
name メロオ
trip -
url

編集 ]

野性の証明・・・

こんばんわ・・・(^-^)・・・。

「野性の証明」・・・、ありました、こちらから・・・。

http://jp.youtube.com/watch?v=lANpNO5ygTU&NR=1

要するに「戦士の休息」・・・(^o^)・・・、コレで安心・・・、リンク切れ対策、当分の間・・・。

さて「野性」・・・、これ「野生」と勘違いしている方、少なからず・・・。
改めてその意味、調べてみると・・・、

「野性」・・・人間の持つ、動物としての本能に基づいたと思われる、
       したたかに生き抜こうとするたくましさやその為の闘争心

「野生」・・・自然に山野で育つこと


そういえば「野性」・・・、私、この映画のタイトルで初めて知ったはず・・・(^^ゞ・・・。

「野生児」・・・、なんて言葉はありますがこの「野性」・・・、
それは、たとえコンクリート・ジャングルの中ででも発揮され得るものなんですね・・・。

小説家、森村誠一さん・・・、そのタイトルのつけ方が実に印象的・・・、
そして私に最も衝撃を与えた作家・・・、其のわけは後日語らせて戴くことになるかも・・・。
day 2008-06-2521:01
name
trip -
url

編集 ]

高額納税者

この動画は冒頭のひろ子ちゃんのナレーションが秀逸ですね。

残念ながら「作家・森村誠一」には私あまり思い出ありません。
まあ、ほとんど彼の作品読んでないせいだけど。
乱歩は別格として、その才に惹かれたのは高木淋光かな。

でも横溝にしろ森村にしろ角川で随分、潤ったことでしょう。ただし税金もたいへんだった。
一度でいいから高額納税者として税金の大変さ味わいたいもの。
低所得者としては存分に味わってます・・・。
day 2008-06-2607:53
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/345-0585829d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。