なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-10 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平田隆夫とセルスターズ

おそらく再放送と思うが『みなしごハッチ』を熱心に見ていた。(本放送時もしっかり見てた)私以上に母が、感動していたアニメである。「母を尋ねて三千里」的な、親子愛の物語だった。

ほぼ同時期にヒットした『ハチのムサシは死んだのさ』は、もろに蜂つながりということで強く印象に残っている。

そもそも、かなり風変わりな曲である。もちろん比喩として、蜂をテーマにしたのだろう。既存の歌謡曲とは、随分違う印象があった。
この曲の作詞はドラマの悪役でニヒルな演技をしていた、内田良平が原案を書いている。

たしかに、職業作詞家とは違うテイストが感じられる。ある種、既成概念を打ち破った歌詞だ。(←大げさかな?)それこそ、童謡やNHK「みんなの歌」で流れても、まったく違和感はない。
ゴールデン☆ベストゴールデン☆ベスト
平田隆夫とセルスターズ

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2004-11-25
売り上げランキング : 30610

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑よく知らないが、彼らの出会いって相当な物語性がありそう・・・。

そんな歌詞を支えたのは、間違いなく流れる爽快なリズムだった。
早口で唄わなきゃ追いつかないビート感と、輪唱部分が心地よさを生み出していた。そして全体に、お洒落感があった。それは「センスの良さ」なのだろう。

小学生だった私の世代では、かなり流行った。女性二人のツインボーカルも珍しかった。しかもその二人が見た目、まったくフィットしていないのも凄い。

先に童謡的と書いたが、歌詞の世界観はそれこそ『およげタイヤキくん』や『だんご三兄弟』なのかもしれない。面白いことにそんな曲って、たまに爆発してミリオンセラーとなる。

ただし『ハチのムサシは死んだのさ』は、それらの曲よりセンシブルで技巧が施されていたと思う。そしてその分、大人の鑑賞に耐える曲として成立していた。

でもそれって、セールス的にどうなのかわからない。充分ヒットはしたのだが。もちろん、モンスター級セールスを果たした『およげタイヤキくん』とは比較できない。
でも思うのは結局、真のポピュラーを獲得するには、斬新さやセンスの良さって不要なのかなぁ。

PS:平田隆夫が作詞/作曲した『悪魔がにくい』のヒットもありましたね。

♪試 聴 ⇒  青春歌年鑑 70年代 総集編icon

★oficial web site

テレビ狂時代 Vol.1 '69~ '77
テレビ狂時代 Vol.1 '69~ '77テレビ主題歌 山本リンダ ザ・ヴァイオレッツ

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2003-01-22
売り上げランキング : 31452

おすすめ平均 star
star1970年代のテレビがなつかしい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑この種のアルバム(企画モノ)って、すぐ廃盤になりそう。







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑遠い山奥 クリックが キラキラ揺れてる午後でした~♪(←お願いします)

<広 告>
 iTunes Music Store(Japan)耳に残るあの曲。いますぐiTunesでダウンロードしよう。



スポンサーサイト

コメント

ウルトラマンエースの

何話かは、忘れましたが、『超獣は10人の女』と言う女子大生10人が合体するくのいち超獣ユニタングの回で、エースに変身する北斗星司の周りを自転車でぐるぐる回って囲むシーンで、『ハチのムサシは死んだのさ』を歌っていたのが、印象に残ってますね。
day 2006-07-1606:39
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

ハチのムサシは向こう見ず

”向こう見ず”なんて言葉が入っているこの曲は、とえも大好きです。
ところで、このグループのメンバーの誰かが、いつか警察のご厄介になっていた記憶があります。
day 2006-07-1723:57
name 中は切っても発出さん
trip -
url http://chun.seesaa.net/

編集 ]

ハッチとムサシ

>Geminiさま
私の世代は残念ながら「セブン」までなんです。「エース」となると、とんとわからない。
時代から考えると、昔の曲を効果音に持ってきた、ということなのかなぁ。 担当者の好きな歌だったのかなぁ。

>発出さま
万引き、だったようですね。
ドンキホーテを想起させる[向うみず]さって、時には必要なことなんでしょうね。嗚呼、後悔をこめて語ってしまった。(なんのことでしょう)エヘヘ。
day 2006-07-1823:11
name メロオ
trip -
url

編集 ]

悪魔がにくい

多分、ハチノムサシより悪魔の方が売れたんじゃないのかな、定かではないけど。

歌謡曲、特に40年代の歌はかなり知ってるつもりでいたけど、先日TV東京の番組で、このグループが出演。
悪魔がにくいを唄った。その時にこの曲の歌詞が男女の掛け合いだと言うこと、又メンバーの女性二人と男性一人が 実際掛け合いで唄ってるのを聞いて驚いた。そうだったのか、女性ヴォーカル2人がメインで最初から最後まで唄ってると思い込んでた。でも男性のよく通る声の中年が唄ってる。これって勿論ヒットした当時もそうだったのだろう。あんな男性ヴィオーカルは全然覚えていない、リーダーの平田隆夫はわかってたけど。そんな事を思いながら聞いてた。

昭和47年、紅白に初出場した時は八ノムサシを唄ったんだった。私は荒唐無稽なこの曲より、♪悪魔がにくい♪の方が好きな曲です。
day 2007-04-0322:45
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

メロディの良さ

『ハチのムサシ』にしても『悪魔がにくい』にしても、結局歌詞よりもそれを支えるメロディの良さを感じます。
Tv東京系は、たまに面白い番組がありますね。まったく見られない地方の身としては羨ましいかぎりです。
day 2007-04-0421:27
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/351-cf7cf284

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。