なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-06 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口いづみ

記憶の糸を手繰っているうちに、この人を思い出した。ただし、歌手としての印象は弱い。石立鉄男の一連のホームコメディに、よく出演していた姿の方が記憶にある。

でもかつて一度だけ、歌手としての「生・山口いづみ」を私は見た。おそらく見たと思う。このへんの記憶がどうにも曖昧糢糊で、自信がない・・・。

ある夏の日曜日の昼下がり。友人の父が勤める会社の慰安として催された興行。それは、クレイジーキャッツの舞台である。今思えば贅沢なショーだが、当時はクレイジーもそんな仕事をしていたのだ。

彼女はその幕間に登場して、歌を披露したはず。しかし中学生だった私たちは、冷房が効いた館内(公会堂)をウロウロと遊んでいた。ろくに舞台を見もせず、非日常空間と戯れていた。
コメディードラマ・ソングブック
コメディードラマ・ソングブックテレビ主題歌 TVサントラ 貝がら

おすすめ平均
starsなつかしい!石立さんの魅力満載!
stars石立ドラマファンに超オススメ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑もはや、これはお宝といっていいかも・・・。下で【試聴】もできます。

一階席から二階席を行ったりきたり。様々な角度で舞台というより、観客席を眺めては静かな興奮を楽しんでいたと思う。だから、正確には見たというより、かすかに触れた程度のお話である。

同じスレンダー仲間として小林麻美を連想するが、顔の造形はむしろ神保美貴に似ていた。「大人顔」だったと思う。その意味で、子供だった私には対象外の人。

しかし近年CATVで見る昔のドラマで、彼女に触れるとなかなかに可愛いかったと思う。(それは、もちろん私の加齢のせいだ。)たとえば【雑居時代】というドラマのテーマ曲『そよ風のように』を彼女は唄ってる。それはそれは懐かしい!

ドラマのテーマ曲は、ストーリーとリンクしてるだけに強い!
一方、彼女のデビュー曲『緑の季節』も、なかなかの曲だったと思う。しかし、今となってはすっかり忘れているのだから。

そんなわけで私の中の山口いづみといったら、遠いあの夏の日の舞台を思い出すのだ。それは、若くエネルギーが満ち溢れていた自分への愛しさでもある。何しろ、もう30年以上も昔の話なんだから・・・。

♪試 聴⇒コメディードラマ・ソングブック オリジナル・サウンドトラックicon

★オフィスPSC

フラワー・ポップス・シリーズ(1) フラワー・ホップスvol.1
フラワー・ポップス・シリーズ(1) フラワー・ホップスvol.1オムニバス アグネス・ラム アップルズ ザ・リリーズ シュークリーム 吉沢京子 五十嵐夕紀 三木聖子 山口いづみ 小柳ルミ子 石川ひとみ アグネス・チャン

おすすめ平均
stars1曲のみのために買った
stars新鮮だよ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑凄い構成!ある意味、豪華スター揃いかも(笑)







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑そよ風のように 生きていきたいの やさしくクリックの 心に触れてみたい~♪(←お願いします)

<広 告>
一生聞ける・HIPHOP・レゲエ・COM←一般の店では手に入らない!激レア音源はここにある!HIPHOP・REGGAE・R&B・NY・ジャマイカ直輸入限定商品専門店

TBS ishop



スポンサーサイト

コメント

ブログ楽しく拝見させていただきました。

私はe-アフィリというアフィリエイトサイトを運営しています。
宜しければこちらのサイトで当アフィリエイトに参加して頂けないでしょうか?
報酬は1登録¥1000、1クリック¥1からです。
アフィリエイトの報酬だけで、月90万円稼いでいる方もいらっしゃいます。
皆さんそこまでいかなくても月にいくらかのお金は稼いでいます。
お客様のサイトはとても魅力的なので多くの報酬が見込まれると思いますよ。
ご興味があれば是非サイトをご覧下さいませ。

 ↓詳細は↓
http://e-af.net/?fcsa
day 2006-07-1909:47
name e-アフィリ
trip -
url

編集 ]

時代劇顔

どうしてもこの人は時代劇と言う印象があります。
日本的な顔のつくりですね。
現代劇では『熱中時代Part2』で、蟹江敬三演じるおまわりさんが、ひそかに山口い づみ演じる先生が好きで、胸にしまっていたのに、同僚の峰竜太演じるおまわりさんにばらされて、蟹江おまわりが困っていたら、先生も実は好きだった見たいなシチュエーションがあったのが思い出されますね。
day 2006-07-2820:17
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

いづみ

そうですね。和顔とでも言うんでしょうか。あるいは「日活P顔」かな。若い時から、色っぽい人。
プロフィールを見ると、時代劇が多いですね。
もっとも吉沢京子ちゃんも岡田奈々ちゃんも時代劇に、結構出てるようで。と、いうか現代劇と時代劇ぐらいしかないので当たり前かな。
『熱中時代』の2は、よく知りませんが、1はよく見てました。実は【水谷豊】で、記事書きかけだったりして。
day 2006-07-2820:41
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ナベプロの着うたに

山口いづみがありました。
私は取ってませんけどね。
ナベプロのサイトは流石ですね。
大塚博堂までありますから。
day 2006-08-0112:44
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

着うた

それはとってもレア、ですねぇ~。山口いづみの【着うた】ですか。ま、私も取りませんけど(笑)
岡田奈々ちゃんの【着うた】なら取るだろうなぁ。どっかにないかなぁ~。
day 2006-08-0113:48
name メロオ
trip -
url

編集 ]

石立鉄男の声

けっして歌がうまいとは言えないけど、特徴があります。亡くなってしまわれた今、『さみしいナ』という曲はホントにタイトル通りの心境です。試聴できますのでお聴きください。
day 2007-06-0319:47
name メロオ
trip -
url

編集 ]

楽しそうな…

…歌がありましたのでUPしておきます。

http://jp.youtube.com/watch?v=6eX3wATAHCw

『緑の季節』(作詞:安井かずみ 作曲:鈴木邦彦 編曲:川口真)

この歌は、多分、以前に着歌にあったと書いた曲だと思います。
時代劇とかで見るイメージとは、かなり違いますが、なかなか楽しそうな雰囲気の歌です。
どうも渡辺プロは、天地真理・小柳ルミ子・山口いづみの三人娘で売り出したかったようですが、歌手としてはやや不発だったようですね。
でも、女優のほうで正解かと思われます。
現代劇から、時代劇まで、幅広く活躍してますよね。
特に、時代劇は助さんの奥さんとか、江戸を斬るの女目明しとか、杉良太郎版の遠山の金さんの密偵とか、たまりませんね(笑
day 2008-11-1421:29
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

『緑の季節』

これはかすかに覚えてますね。
元々、「大人顔」だから、今考えると曲の内容と本人イメージにギャップあったのかなぁ?
でもナベプロだけに、潰し効いたんでしょう(笑)。やはり大手は強い。
day 2008-11-1605:13
name メロオ
trip -
url

編集 ]

そよ風のように・・・

こんばんわ・・・(^-^)・・・。

大野雄二さんの名曲辿っていた私・・・、こんな曲にぶつかりました・・・(^-^)・・・。

ドラマ「雑居時代」のOP、「そよ風のように」・・・、先ずはこちらから・・・。
http://jp.youtube.com/watch?v=DBOZr6cd40g&feature=related

脚本が松木ひろしさん・・・、見る前から楽しそうなドラマ・・・(^-^)・・・。
特にこのアニメーションの六輪の花・・・、五人の娘と石立さんを表しているんですね(^o^)。

・・・さて注目は山口いづみさん歌うこの「そよ風のように」・・・、



♪ そよ風のように 生きて行きたいの 優しく人の心に触れてみたい
  春には花と 秋には木の葉 冬には雪と 自由に戯れたい
  涙流す時は そっと顔を隠し 乾いたら微笑んでこんにちわ
  そよ風のように生きて行きたいの 触れ合う人に幸せ運びたいの 幸せ運びたいの・・・



山口さんの歌はどちらかと言うと・・・(>_<)・・・、でも「緑の季節」に比べれば・・・(^-^)・・・。
・・・で、そのやや鼻にかかった不安定な歌声がこの作品・・・、「名曲」にしました・・・。

それは「♪生きてゆきたいの」の「て」の音即ち「ソ・ソ・シ・ラ・ソ・ファ・ミ・レ・ミ」の「シ」・・・。

彼女、どうやら大野さん作曲のこの「シ」の音・・・、半音下げて歌っているようで・・・でも、
この「半音」低い「一音」がこの曲・・・、もう一段「高い」レベルにしてしまいました・・・(^-^)。

耳の良い人ならこの歌唱・・・、「オヤッ」っと思うはず、初めて聴いた時に・・・、
そして「シ」で歌うよりも「♭シ」(シより半音下げて)で歌うほうが魅力的、断然・・・。

私確信します、作曲の大野さんも、そのレコーディングの時に気付いたハズと・・・、
「コッチの方がイイ」って・・・(^o^)・・・。

その証拠といってはなんですが、こちらの方は歌ってます、こんなふうに・・・。
http://takimari.seesaa.net/article/39976309.html
(「再生」をクリックして暫く待って下さい・・・)

・・・「シ」で歌ってますお聴きの通り、こちらは・・・、でも・・・、
その「歌唱力」を考慮しても私・・・、感激します、山口さんの「♭シ」の方に・・・。

・・・マァこれは「偶然」の産物にして「私」意外注目しない事柄なのかもしれませんが・・・、
大野さんのこの「メロディー」・・・、書き直した方がより素晴らしいです、「♭シ」に・・・。
day 2008-12-2023:00
name
trip -
url

編集 ]

【雑居時代】

・・・は、もうなんといっても名作です。石立シリーズの中でも一番、好きかも。
当時も見てたはずだけど、後年CSで見て、大原麗子の可愛さ、綺麗さにうっとり。(←私、こんなのばかり)

『そよ風のように』はホームドラマにふさわしい曲だけど、ほとんど話題にならなかったような。
しかし、樟さんの分析は凄いですね。私はまったく気づいてませんよ。
day 2008-12-2307:00
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/354-2c2bb7d4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。