なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-08 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角松敏生

その頃、車にバス・ウーファーを搭載した。低音が車内で利いて、迫力ある音楽が楽しめる、はずだった。ちょうど、ガソリン・スタンドのアルバイトのお姉ちゃんから、カセットテープを貰った時期と重なる。

それは、角松敏生のアルバムが録音されていた。バス・ウーファーは、まったく効果がなく、ガッカリ。それでもこのカセットで、初めて聴く角松敏生は新鮮だった。

それは甘さを抑えたケーキで、まるでミルフィーユ。一層一層に、「海」「東京タワー」「リゾート」「ドライブ」「夜景」といったイメージが重ねられている。一口食べると、じわり「トレンディ」な味が広がる。

まるで、自分が恋愛ドラマの主人公の気分になった感じ。つまり、とってもおしゃれでカッコイイのだ。まさに「ムーディーなリゾート感」が詰まっていた。メロディアスな上に効果的なエコーが、拍車をかけていた覚えがある。
Prayer(初回生産限定盤)
Prayer(初回生産限定盤)角松敏生

BMG JAPAN 2006-07-26
売り上げランキング : 89

おすすめ平均 star
star素晴らしい!まさに名盤!
star待ってました!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑個人的には、ドライビングに最適な人。

ところが、私は熱烈なファンまでいってないので、個々の曲名がわからない。(そもそもタイトル、英語が多くて覚えにくすぎる)わからないが、彼の楽曲は特徴があるのでわかりやすい。

彼ほど「ミュージシャン」という単語が、しっくりくる人もいないだろう。神経質そうなルックスを含め、「音楽職人」といった印象である。それは他のアーティストのプロデュース業を、旺盛に行った活動と無縁ではない。

セルフバリューを高める点に、重きを置いていない珍しい人ともいえる。音楽に携わってさえいれば「幸せ」といった無心さ、純真さを感じる。まぁ、ある意味「オタク」ともつながっているが・・・。

昔、よくこの人と【崎谷健次郎】を混同しがちだった。その理由が、これを書いていて、少しわかった気がする。

PS:総立ちさえなければ、ライブを味わってみたい人だ。でも、きっとあるんだろうなぁ。

♪試 聴 ⇒ Prayericon
♪試 聴 ⇒ THE PAST & THENicon 
♪試 聴 ⇒ ON THE CITY SHOREicon 

★TOSHIKI KADOMATSU WEB ARCHIVE ←BMGファンハウスによる公式ページ
★TOSHIKI KADOMATSU Official Site ←公式ファンクラブ
★角松フリークの部屋 ←ファンサイト

THE PAST&THEN(初回生産限定盤)(DVD付)
THE PAST&THEN(初回生産限定盤)(DVD付)角松敏生 TOSHIKI KADOMATSU

おすすめ平均
stars「諸行無常」から「唯我独尊へ」…。
stars過去の別離(わかれ)でも否定はしない・・・
stars長くファンでいられる唯一のアーティスト
starsEXILEやケミストリーが好きな方へお勧め!
starsこのアルバムの指向性は…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑DVD付きって、イイかも。







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑浜辺にまどろんだ あなたのクリック うばいたくなるのは夏のせい~♪(←お願いします)

※ちょうど、一年前に書いた記事の末尾で「ひとりごと」を書いてる。今年もやっぱり同じだなぁ・・・。

<広 告>
Sony Music Shop



スポンサーサイト

コメント

CATCH ME

この人本人の歌はあまり聴いたことがないので、何とも言えませんが、シティポップってイメージがあります。
中山美穂の『CATCH ME』が、確か角松敏生の作品でした。
前作の小室哲哉作品『50/50』とは、雰囲気が違って、格好いい曲でした。

崎谷健次郎、懐かしいですね。
『もう一度夜を止めて』よくカラオケで歌っている奴いましたよ。
自分もたまに歌ってましたね。

MUSICIANと言う言葉が似合う、何となくわかりますよ。
day 2006-08-0423:02
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

門松じゃなく角松

ダンサブルで、シティポップスの旗手イメージがあります。『CATCH ME』も、まさしくそんな雰囲気でしたね。
「カッコイイ」をカタチにしたような音楽。最近の彼を知らないので、今どうなのかわかりませんが・・・。
崎谷健次郎は、記事にする予定です。といっても、あまりよく知らないのだけれど。
day 2006-08-0505:17
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/362-640e180a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。