なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-08 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

崎谷健次郎

とてもデリケートで、触れば壊れそうな趣きがあった。『もう一度夜を止めて』を奏でる、崎谷健次郎の第一印象である。
まるで無くしたモノを、丹念に拾うかのような指使いでピアノを弾き、唄っていた。

そんな人は、たいていメガネが欠かせない。それもメタル系かノンフレームだ。それでこそ「歌う神経質イメージ」が完成される。
角松敏生同様、一見してもう「キレイ好き」が見てとれる。おそらく、公衆トイレに入ったら、必ず除菌クリーナーで丹念に便器を拭うに違いない(笑)。

彼はメロディ・メーカーとしてもコンポーザーとしても、有能なミュージシャンだったと思う。しかし、一歌手として見ると個性の「繊細さ」が、メジャーに成りきれない物足りさと繋がっていた。
それは「淡白」が「野望」と相容れないことでもある。まぁ、生き方の違いだから、良くも悪くもない事だ。
KENJIRO SAKIYA COMPLETE BEST LOVE BALLADS
KENJIRO SAKIYA COMPLETE BEST LOVE BALLADS崎谷健次郎

おすすめ平均
starsMelody=Mercy Mercy Me
starsいいですよ~
stars日本が誇れるセンスのよさ。
starsもう一度夜を止めて
stars都会派といわれたのも・・でも今でもその輝きは・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑これは今聴いても良い曲、いっぱい!

『ROOMS』という曲も、何かのオムニバスCDに入っていてよく聴いた。たしか、ニューミュージック系の女性歌手二人と(一人は、もしかしたらユーミンかも?)計三人で唄ってるバージョン。これが、とてもカッコよかった。(CD、手元にあると思うので調べておきます)

全体的に「都会派バラード」イメージが強く、トレンディな世界がよく似合う。たしかに作詞陣には、秋元康がいたりもする。これに、林哲司が加われば最強の布陣か?もっとも、それはベタすぎてダメかも。

調べてみると、今はシンガーとして積極的な活動をしていない様子。
高橋真梨子あたりに、楽曲提供をしてるみたいだ。そうか、高橋真梨子かぁ・・・。20代のトレンディな恋愛ステージから、大人へと舞台が変遷したんですね。

でも、調べると彼女へは昔から提供している。だから、実際はそうじゃないのかも。しかし、ついそう思わずにはいられない。
まぁ、みんな確実に歳を重ねてきたわけだ。もちろん、送り手も聴き手も・・・。

PS:谷山浩子への提供も多く、瞬時にピンとこないなぁ。

ピアノバラッドピアノバラッド
オムニバス チューリップ 財津和夫

Sony Music Direct 2004-10-20
売り上げランキング : 30403

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑ピアノの音色を引き立たせるのは、やはりバラード。

♪試 聴⇒ KENJIRO SAKIYA COMPLETE BEST Love Balladsicon
♪試 聴⇒ ピアノバラッドicon

★KenjiroSakiya.com ←公式ページ
★Caramel Moonlight ←ファンサイト
★MOONBEAM ←提供曲中心のファンサイト

ソウル・アーキアラジー
ソウル・アーキアラジー崎谷健次郎

おすすめ平均
starsファン待望
starsゆっくり楽しむもの
starsSOUL ARCIIEOLOGY

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑シンプル・イズ・ベストな人でもある。感覚的には「引き算」の音楽かなぁ。







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑もう一度だけ クリックを押して あの日をこのまま~♪(←お願いします)

<広告>
楽天の売れ筋商品はランキング市場でチェック!


 iTunes Music Store(Japan)耳に残るあの曲。いますぐiTunesでダウンロードしよう。



スポンサーサイト

コメント

シチズンのCMソング

「もう一度夜を止めて」はシチズンのCMソングでしたね。
この曲は個人的に思い入れのある曲で、話せば長くなるのでここでは割愛させていただきます。(TBさせてもらいました)

この曲に、あの崎谷の繊細な声がマッチしており、琴線に触れること間違いなし。
今でも歌いたくなる曲です。
day 2006-08-2112:24
name 中は切っても発出さん
trip -
url

編集 ]

真似できない

個人的思い出、読ませて頂きました(笑)。誰もが似た経験、あるでしょうね。
私の場合、時代が少しちがいますが。

>今でも歌いたくなる曲
たしかに唄いたいけど、あの繊細さは、とても表現できないや(笑)。
day 2006-08-2205:44
name メロオ
trip -
url

編集 ]

崎谷『マイベストフレンズ』

本文中『ROOMS』の三人バージョン、と書きましたが訂正いたします。
手持ちCD探しました。
【SKI NAVIGATION~スキーの国で逢いましょう】というオムニス。(ポニーキャニオン94年末売)
たしかに『ROOMS』も収録されてますが、三人で唄ってるのは
『My Best Friends』というタイトル曲でした。
●平松愛理●尾崎亜美と唄ってます。作詞/作曲もこの三人の連名。
1番平松、2番尾崎、3番崎谷とメインを入れ変えて軽快に進みます。
女、女の視点で進み、最後を男視点で崎谷が締める。心地良い曲でした。これでしか聴いたことのない曲だけど、イイ歌です。
day 2006-09-2220:15
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/363-3b786f1a

もう一度夜を止めて・崎谷健次郎

今日、仕事から帰ると、大学時代のサークルのOB会の案内が来ていた。 大学時代の「想い出がいっぱい」の私だが、その中心はサークルの仲間たちとの思い出だ。 部長のN林さん、高校時代からの腐れ縁のBENさん、うんちく大王Hさん、たくさんの仲間と出会えた。 その中で、

[2006-08-21]

白いページの中に

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。