なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-10 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本リンダ

70年代歌謡を語る上で、とても重要な人だ。もちろん初期の彼女(『困っちゃうな』)ではなく、妖しい蝶に変身した後の彼女のことである。

カムバック曲『どうにもとまらない』は、とても衝撃的だった。たった一度聴いただけで、忘れられない蟲惑性があった。リズム、歌詞、振り付け、どれもがキャッチー!とくに振り付けの妙は、突出していた。

つづく『狂わせたいの』『じんじんさせて』『狙いうち』等で「女王様リンダ」の存在は認知を超え、もはや日本人の常識になったのでは?いったい「この世は私のためにある」なんて言葉、リンダ以外の誰が吐けるだろうか。(笑)これにて「踊る歌謡曲」路線が始まったのだ。

たとえば、今の時代に彼女が登場してもなんの遜色もない。立派に通用するだろう。イロモノ路線とは一線を画す、まさにジャンルとしての「リンダ歌謡」である。
リンダ伝説~愛に生きて
リンダ伝説~愛に生きて山本リンダ

おすすめ平均
stars祝☆芸能活動40周年☆2005年待望のニューアルバム!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑まさしく「伝説」に値する活躍ぶりでした。

結果的に一連のリンダ路線は、後のピンクレディに継承、拡大された。それはターゲットの違いが、マーケットの大きな差になっただけである。(←大人の男性に絞ったリンダと、子供を中心にマーケットを広げたピンクレディ)デビュー曲『ペッパー警部』を、すぐに軌道修正できたのは、リンダという先達があってこそだろう。

『困っちゃうな』の頃の彼女はあまり知らないが、曲だけはしっかり覚えている。舌ったらずな甘え口調で ♪困っちゃうな デートに誘われて~♪ と唄っていた。幼い頃、私も口ずさんでいたらしい。(←親に言われた)当時を知る世代の方々は、華麗な変身ぶりを見てぶったまげたんだろうなぁ。

10年程前カラオケで女の子たちが、さかんに彼女の曲を唄っていた。そのときは何とも思わなかった。でも、考えてみるとその子たちが、生まれた頃の曲になる計算。根強いパワーがあるのだろう。世代を超えた浸透力なのか。

それにしてもリンダといい、弘田三枝子といい、近年見る彼女らはなんと似た顔だろう。異常な程の肌ツヤツヤ度。まさしくアンドロイド!もちろん、単なるアンチエイジングじゃない。金かかるだろうなぁ・・・。

ゴールデン☆ベスト
ゴールデン☆ベスト山本リンダ

おすすめ平均
stars愛・地球博のお供に・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑第一期(甘え路線)リンダのCD。

♪試 聴 ⇒ リンダ伝説~愛に生きてicon
♪試 聴 ⇒ ゴールデン☆ベストicon

★山本リンダオフィシャル
★まるまる リンダフル ワールド

どうにもとまらない私
どうにもとまらない私山本 リンダ

潮出版社 2004-11
売り上げランキング : 320680

おすすめ平均 star
star赤裸々で面白いけど、その代償として・・・
starけっして派手じゃない人生の本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑自伝も出していた・・・。







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑ウララ~ この世は クリックのためにある~♪(←お願いします)

<広告>


楽天の売れ筋商品はランキング市場でチェック!




スポンサーサイト

コメント

“仮面ライダー”

にも出演していましたよね。

ちなみに年代は違えども、彼女とワタシの誕生日は同じであります☆(^^;
day 2006-08-1200:00
name ぶるじん
trip -
url

編集 ]

同じ誕生日

「仮面ライダー」ですか。知らなかったなぁ。って、驚くことでもないですけど(笑)
誕生日が一緒の有名人って、しっかり覚えますよね。 ちなみに私、石立鉄夫、岡崎由紀、本田美奈子、和泉雅子だったと思います。今いち、インパクトに欠けるかなぁ。そもそも、この歳になったら、ちっとも誕生日が嬉しくないし・・・(笑)
day 2006-08-1202:09
name メロオ
trip -
url

編集 ]

中日の外国人選手のHM(ヒッティング・マーチ)が

概ね『狙い撃ち』でした。
自分の記憶の中では、ゲーリー・レーシッチの始まり、ディスティファーノ、ライアル、ステアーズ、パウエルって感じだったと思います。
歌詞は
♪○○○ ○○○ ホームラン
これの繰り返しだったと思います。
高校野球もよく、ヒッティングマーチで使ってますね。
day 2006-08-1508:01
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

応援歌

たしかに高校野球で、よく使われてますね。
プロだと中日、ですか。
パウエル、ゲーリーは覚えてる気がするけど、他の方はすっかり忘れちゃったなぁ。名古屋ドームには、結構通いましたよ。
day 2006-08-1522:16
name メロオ
trip -
url

編集 ]

変身の術

甘えた声で♪こまっちゃうナ♪がヒット。といっても一世を風靡って程じゃないよ.確か彼女の所属は新興のミノルフォン?.当時はレコード会社も紅白には大きな力をもってたしNHKもそれを配慮してたのか?この曲のヒットで紅白初出場、これはラッキーだったんじゃないの?
昭和42年の初出場組は他に、新人賞を2人で熾烈に争った黛ジュン、佐良直美、というからリンダの出場がやはり幸運に見える。

それから数年低迷、47年にあの衣装、アノ風体、アノ唄い方露出で、カムバックした時は度肝を抜かれた.甘えた声は何処へやら、、。

弘田三枝子が元気ポチャ娘から大変身して人形さんへ、又梓みちよがこんにちわから数年、姉御剥き出しであぐらをかいてお座り状態で♪二人でお酒を♪.これらと同じく、昭和40年代の3大変身術でおお化けした歌手の御三家かな。



day 2006-08-1820:44
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

時代感覚

「思い出のメロディ」で健在ぶりを発揮しましたね。当たり前のように、聴いたけどやっぱり凄い!
現役度、極めて高い人。いったいどこで唄っているのやら。

当時『困っちゃうナ』での紅白出場は、ラッキーだったんですか。なるほど。そういった時代感覚は、どこにも記録されないから貴重です。また教えてくださいね。
day 2006-08-1821:06
name メロオ
trip -
url

編集 ]

インパクトは「どうにも~」が強烈だったけれど、「こまっちゃうな」はリンダのオリジナル曲では最高の売上を記録した曲。新人ながらアメリカ6大都市でもコンサートをしたりと、ばりばりアイドルでしたよ。最近はテレビの露出はないけれど、「パリ祭」には毎年出演、各地イベントのゲスト等、バリバリ現役です。
day 2006-08-2221:44
name ウララ
trip -
url

編集 ]

現役度、高し!

ウララさん、はじめまして。
「こまっちゃうな」が最大セールスだったんですか。うーん、どうしてもイメージは、踊り乱れる路線の曲かと思ってました。
今でもバリバリの現役は、よーくわかります。じゃなければ、「思い出のメロディ」で、あんなに動けないはず。頑張ってる姿が見られて、とても良かった!
day 2006-08-2321:19
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ラジオ

29日、NHKラジオ「昼の散歩道」に出演しますよ。
day 2006-08-2321:51
name ウララ
trip -
url

編集 ]

リンダ情報

情報、ありがとうございます。
29日の昼なら、おそらく車に乗ってるかな。ただ、カーラジオ故障中。CDも壊れていて、カセットしか聴けないやぁ。うーむ。
day 2006-08-2322:44
name メロオ
trip -
url

編集 ]

告知

来年2月7日、新曲「真夜中のピエロ」がリリースされます。NHKのユアソングに決定したので、2,3月毎日ラジオで流れます。テレビにも出ないかなぁ~。
大晦日、「年忘れにっぽんの歌」に出ますよ!
day 2006-12-2421:18
name ウララ
trip -
url

編集 ]

年忘れにっぽんの歌

「年忘れにっぽんの歌」ですか。それ、TV東京でしょうか?地方にいる私は見られない・・・。
今は「紅白」より、そっちの方がそそられるんですが。残念。
day 2006-12-2617:13
name メロオ
trip -
url

編集 ]

追悼・遠藤実~山本リンダ編~

という事で、これがなんと、遠藤作品です。

http://jp.youtube.com/watch?v=rQJrYXkhOcw

『困っちゃうな』

この歌、かなりなインパクトがあります。
これが遠藤作品とは、驚きましたが、レコード会社がよく見ると“ミノルフォン”です。
こうやって見ると、かなりな幅広いジャンルで曲を作っていたんだなぁと改めて感じました。
day 2008-12-0721:42
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

超意外です

これはとても意外な感じですね。
しかも作詞も手がけているとは!

ミノルフォンを立ち上げて、いろいろ新機軸など旺盛だったんでしょうね。
day 2008-12-0820:59
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/370-1c51348e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。