なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-10 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯原昌幸

彼のソロデビュー曲、『雨のバラード』は、たまらなく好きだった。だんだん盛り上がっていく曲調が、とてもカッコ良かった。子供ながらに、よく口ずさんでいたものだ。

一時「雨」が降れば、きまってこの曲を唄っていた覚えがある。後に、私の「雨の日の愛唱歌」は、三善英次の『雨』に取って代わるのだが。

おそらく、音域が狭いのだろう。下手な私でも、ちょっと気取った感じで唄える。もっとも、いざカラオケに行っても、なぜか選曲しない歌ではある。

以前、グループサウンズの記事を書くにあたり調べた。そのとき初めて、彼がGS出身者だと知る。しかもこの曲、GS時代の遺産だったんですね。言われてみれば、聞き覚えがある気もする。
でも、彼が所属していた「ザ・スウィング・ウェスト」は、まったく記憶にない。そんな名前のGS、まったくの初耳である。単に年代の差なのかなぁ?
冬桜~全曲集~
冬桜~全曲集~湯原昌幸

アップフロントワークス(ピッコロタウン) 2005-03-24
売り上げランキング : 29842

おすすめ平均 star
star心地よく聴けるザ・歌謡曲
star団塊世代の応援歌

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑彼は最近、どうしてるのかなぁ~。

結局、彼の歌手としての頂点は、ソロデビュー曲だった。どうしても、バラエティー・タレントのイメージが強い。「うわさのチャンネル」や、せんだみつおとのタッグが馴染み深いのだ。

そんな彼で一番驚いたのは、荒木由美子との結婚だ。年の差カップルで、ビックリしたなぁ~モー(←死語)。いったい、いつ口説いたのだろう(笑)。
おそらく、とても「優しい人」なのだろう。そんな印象がある。まぁ、男の私にはどうでもいいことだけど。

彼は、話す声と唄う声の調子が、まったく違うトーンだった。とくに『雨のバラード』の場合、顕著である。でもこの曲は元々、そんな性格(?)を内包していた気がする。
私ですら、この曲はトーンが変わってしまう。自然とカッコよい調子に乗せられる。

けっして、カッコよいキャラとはいえない彼。そんな彼が、カッコよく見えたものである。
歌の持つパワーとはある意味、錯覚の成せる業なんでしょうか。

GS卒業生紳士録~AFTER THE G.S.RUSH~
GS卒業生紳士録~AFTER THE G.S.RUSH~オムニバス 湯原昌幸 瀬川洋

テイチクエンタテインメント 2005-05-25
売り上げランキング : 45123

おすすめ平均 star
star元と考えるのは年をとっているせいかな?
star新世界

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑真木ひでと、大野克夫等、GSのOBたちの楽曲集。

♪試 聴⇒ 冬桜~湯原昌幸全曲集~icon

★湯原昌幸のホームページ ←公式ページ







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑降りしきる 雨の歩道 頬つたう銀のクリック~♪(←お願いします)

<広告>
Sony Music Shop

 iTunes Music Store(Japan)耳に残るあの曲。いますぐiTunesでダウンロードしよう。







スポンサーサイト

コメント

歌って気持ちのいい曲

『雨のバラード』は、カラオケで歌っていて結構気持ちがいい曲ですね。
声は、喋っているキャラと歌っているキャラは、違いますが、歌声は通る感じでいいです。
それにしても、ひぐま落としの奥さん、あまり変わらないですね。
さすがに『渚でクロス』は、ノリが良い曲だけど歌いません(笑)
確か郁恵ちゃんの時の特別賞ですよね。
day 2006-09-0823:34
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

TBありがとうございました

TB有難う御座います、GSLove Sickのしんです。
湯原さんはGSというよりロカビリー時代のスウィングウェストのシンガーなのかも知れません…。
元GSの強力なシンガーといえば、ヒロシ&キーボー(3年目の浮気)の黒沢博さん、ジョー山中さん、町田義人さん、ジュリーやショーケンもそうですよね。
意外な所では、泉谷しげるさん、加川良さん、吉田拓郎さんも元GSですね。
良いシンガーが沢山います…。
day 2006-09-0823:54
name しん
trip DSmwXcYE
url http://yaplog.jp/gslovesick/

編集 ]

ゆはら

>Geminiさま
奥さんが「ひぐま落とし」?よくわかりません(笑)が、そのうち彼女の記事もUP予定です。変わらない綺麗さを保ってますね。
たしかに郁恵ちゃんと同期でした。
>しんさま
コメントありがとうございます。
ロカビリー時代となると、私には遠すぎて(笑)。泉谷氏が元GSとは・・・。元、マンガ少年なのは知ってるけど。今後ともよろしくお願いします。
day 2006-09-0900:16
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ひぐま落とし

荒木由美子が出ていた『燃えろアタック』と言うバレーボールスポ根ドラマでの、必殺技です。
この夫婦、よく旅番組に出てますね。
day 2006-09-0906:11
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

TBありがとうございました

「雨のバラード」はよく歌っていました。キーが高いですね。
最近の歌もいいですよ。「人生半分」以降は中年男性にしじされているようです。
day 2006-09-0906:47
name hiyan
trip -
url http://star.ap.teacup.com/hiyan/

編集 ]

スクランブル交差点

彼って声が魅力的ですね。あの声は出せない。只風貌がお笑い系なので何かアンバランス。

GSから転身して歌謡曲に、当時は覚えてます。又最近の彼の歌、題名は知らないけど良い味出してますね。

荒木由美子と結婚、驚きました。彼女も姑さんの介護で大変だったとか。荒木といえば♪スクランブル交差点イエスかノーかーー♪で始まる曲、耳に残る歌でしたね。これも曲名は忘れました。
day 2006-09-0906:57
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

団塊の星?

>Geminiさま
そのドラマ、見てないので知りませんでした。
もっと勉強しなくては(汗)。

>hiyanさま
コメントありがとうございます。
団塊世代に受けてるようで、良かった、良かった。(←偉そう)

>後村上さま
『渚でクロス』ですね。カッコイイ曲。しっかりイントロは覚えてます。彼女は改めて早急に書きます!
day 2006-09-0908:08
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ラジオで

先日、ラジオをかけると、どことなく今はやっている杉本真人の『吾亦紅』に似た感じの曲が流れて来て、曲が終わったあとに、それが湯原昌幸の『冬桜』だとわかり、やはりなぁと納得しました。
作曲している人が同じだと、雰囲気も似るんでしょうね。
day 2007-08-1213:46
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

そのうちチェック

そうですか『冬桜』は、『吾亦紅』の姉妹曲(?)みたいな感じですか。ま、どちらも聴いてないので今は何もコメントできないけど。
そのうち『吾亦紅』は、しっかりチェック、と思っとります。
作家性はやはり現れるもので、なかなか隠しきれませんね。
day 2007-08-1223:16
name メロオ
trip -
url

編集 ]

柚子

今日の“すぎもとまさとのBAR スターライト”は、『今さらジロー』の話は無かったんですが、その変わりいい歌を初めて聴きました。
それがこの『柚子』
“子供の頃に引っ越した家の庭に親父が植えた柚子が大きくなるのと、自分自身がやがて長じて、結婚をして家庭を持ち、その間、柚子は甘酸っぱい香りと味を出しながら、酸いも甘いも含め、それを見守る、やがて、俺も逝くときが来る、奥さんより長生きするつもりだが、もし俺が先に逝ったならごめんな”
こんな内容だったと思いますが、多分新しい曲だと思います。
ジーンと来ますね。
これは、作詞・作曲が『吾亦紅』『忍冬』と同じく、ちあき哲也・杉本真人のゴールデンコンビです。
ちあきさんの詩と杉本さんの曲、心を揺さぶりますねぇ。
また、佐藤準の編曲が素晴らしいです。
この『柚子』もぜひおすすめな歌です。
day 2007-12-0921:43
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

お父さんの応援歌

こうして「杉本-ちあき」コンビの作品をGemini...さんから聞いてると、中高年世代向きのマーケットを開拓しているような印象がありますね。(当人に自覚があるのかわからないけど。ある意味、必然)
たしかに団塊世代は、大きなマーケットでその予備軍を含めて市場規模は大きい。「音楽」は、決して若年層だけのものじゃないのだし。
これからこのたぐいの音楽がどんどん出てきそうな予感もします。とくに男性向けの作品の先駆けとして、お二人にはがんばってほしいですね。
day 2007-12-0922:19
name メロオ
trip -
url

編集 ]

早速その1

昨日久しぶりに飲みに行き、カラオケで『柚子』歌ってみました。
何となく、フィーリングで歌えましたが、ジーンと来ますね。
day 2007-12-1120:50
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

フィーリング

知らない曲ですが、歌詞を見るとジーン、ときそうですね。ちなみによくフィーリングで歌う人いますが、私はそれができない・・・。
day 2007-12-1201:31
name メロオ
trip -
url

編集 ]

では、

『柚子』
http://www.youtube.com/watch?v=veeB3Qq5MZI
最近、湯原さん、杉本さんと組んだこんな感じの曲が多いですね。

おまけ
http://www.youtube.com/watch?v=BuBo4zG5xNQ
『青春のたまり場』あさみちゆき
これは、作詞:阿久悠 作曲:杉本眞人 編曲:川村栄二で、これもなかなかいい歌で、あさみちゆきもなかなかいい歌手ですよ。
day 2007-12-1817:26
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

あさみちゆきさんの・・・

この作品、いいですね、なかなか・・・。

彼女がギターを弾いているのは、東京都文京区と千代田区を(神田川)を跨いで結ぶ「聖橋」の上です。

この橋、「千代田区側のニコライ聖堂」と「文京区側の湯島聖堂」を結ぶゆえ、こんな名がつきました。


更に彼女が歩いてたずねる本屋、これこそ神田(駿河台下の)神保町の古本屋街の一軒です。
この街、全国の古本の何と7割が集まっているといわれています。
私、毎週少なくとも一回は歩いている所です。

この辺り、私にとって「青春の坂道」です・・・(^-^)。
day 2007-12-1822:39
name
trip -
url

編集 ]

聖橋

あさみちゆきが立っている橋が聖橋ですか?
この『青春のたまり場』の後にシングルリリースされたのが、『聖橋で』作詞と作曲が『青春のたまり場』と同じで、アレンジが若草恵。
阿久悠が亡くなった後にシングルカットされたので、ペギー葉山『神様がくれた愛の道』、長山洋子『悦楽の楽園』、題名は忘れましたが、石川さゆりの曲などと並び、阿久悠の遺作と言われている曲の一つです。
『聖橋で』曲の内容は、売れない小説家の恋人の奮起を促すために、心を鬼にして会うのを封印すると言った内容で、二年二カ月二日後にお互いに成長して聖橋で会おうと言ったところです。

今年の紅白、歌手に余計なパフォーマンスがなくなり、杉本真人の『吾亦紅』も出場し、久しぶりに紅白らしい紅白だなぁと個人的には思いますが、このあさみちゆきが出ないと言うのが、納得いかないところです。
でも、ストリートライブあがりで井の頭公園の歌姫と言われ、地に足をつけて歌っている彼女です。
来年以降も期待出来ると思います。
あさみちゆきの歌に『井の頭線』と言う曲(作詞:田久保真見 作曲:網倉一也 編曲:矢野立美)がありますが、この歌は、西島三重子『池上線』を彷彿させる感じの曲です。
ちなみに作曲の網倉さんは、太田裕美『南風』(題名あっているかなぁ?)を作った網倉さんです。

あさみちゆきが多くてすいませんが、杉本真人繋がりって事で、ご勘弁を。
day 2007-12-1900:28
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

確実に変化の兆し

両曲とも初聴きでした。
やはり中高年マーケット向きの好作ですね。思えば『千の風~』からその流れが顕著になったのかも。こういう曲が世に出てくるのはたいへん良いことです。
きっと若年層向きではない音楽番組が登場するのも近いかな?
day 2007-12-1900:49
name メロオ
trip -
url

編集 ]

あさみちゆきさんの・・・

この曲、何回か聴いているのですが、昨日から・・・。

今日、丁度この画像の辺り、行って来ました。

座って来ました、彼女の座っている辺り・・・。

さてその画像、冒頭カラーで緑色に見える鉄橋がJR総武線の「昌平橋」、この下辺りにいわゆる「アキバ系」の「萌え」、「オタク」といった人達が群れ集います。

即ちアノ橋の向こうに見える街、それが秋葉原です・・・(^-^)。

「青春のたまり場」、それは阿久悠さんが明治大学時代を過ごしたここ、神田駿河台、即ちJR「御茶ノ水」駅前のこと、なのかもしれませんね・・・。

ところで彼女の見つめる「神田川」、実は江戸城の一番外側のお濠を流れています。
ここ、自然の地形じゃないんです。

このお濠、通称「仙台濠」、江戸の始め、家康が仙台藩主、伊達政宗に命じて「平地」であったところをわざわざ掘らせて画像で見る如く、あんなにしてしまいました。

おかげで「お茶の水」の街はさながら「空中都市」、まあ、風光明媚、なんですが・・・。

更に目を橋の(鉄橋とは)反対側に転じると(彼女、見てますね、そういえば、反対側も)、その神田川の行き着く先に、博堂さんにも関係の深い神楽坂の街があります。

そうそう、井の頭公園、私の母親、すぐ傍で生まれました。




day 2007-12-1922:48
name
trip -
url

編集 ]

鉱石ラジオ

東京で生まれ近くで育った私ですが離れてしまい、まったくわかりません。ま、当然のことですが。

昔々、小学校の課題で「鉱石ラジオ」作りがあって、秋葉原へ買いに行った記憶もありますが。あっ、鉱石ラジオといっても今は通じないか・・・。
day 2007-12-2008:05
name メロオ
trip -
url

編集 ]

哀愁ただよう大人の歌

前書いた『柚子』もそうですが、ここのところ湯原昌幸と言えば、哀愁漂う曲を歌う事が多いです。
そんな一曲
http://www.youtube.com/watch?v=dzEX1Uau5Cs
『都忘れ』
最近こういう曲が見直されてきています。
いいことだなぁと私は思います。

もう一曲おまけ
http://www.youtube.com/watch?v=ujeb0X9LqWE
あさみちゆき『聖橋で』
若いあさみちゆきが、こういう歌を歌う、これもなかなかです。
これは、前書きましたが、阿久悠の遺作と言われる曲の一つです。
去年の紅白、何故、これが出れないんだ?と言うのが、数少ない個人的な紅白への注文の一つです。

で、これらの2曲を手がけたのは、私的に昨日の紅白で一番良かったこの方
http://www.youtube.com/watch?v=EdCOjZ3wx_A&feature=related
ですよ。
day 2008-01-0109:22
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

明けましておめでとうございます

成る程・・・、すぎもとさんの吾亦紅、名曲ですね、キチンと聴きました、初めて・・・(^-^)。
おまけにその画像、小湊鉄道ですね、地元です、私の・・・。

それからあさみちゆきさん、再び御茶ノ水駅前、聖橋に佇んでますね・・・。
ところで聖橋を向こうに見る橋、ソレが御茶ノ水橋です。
この聖橋、東京一美しい橋だ、と言う人も少なくありません。

阿久悠さんの詞、いいですね、でも厳しいですね・・・(T-T)、しかし女性が歌うにふさわしい作品。
彼女、紅白に出れる日、近いかもしれませんね・・・。

そういうわけで今年も宜しくお願い致します・・・<(_ _)>。



day 2008-01-0117:02
name
trip -
url

編集 ]

紅白

「紅白」で一番見たかった、すぎもとさん・・・。不覚にも眠ってしまいまして・・・。あさみちゆきさんは本来、今回の「紅白」が一番出場チャンスだった気もしますが、でもそのうちビッグになる人でしょう。きっとそのうち出場!と私も思います。それにしてもこんなことなら録画しておけばよかった・・・。
day 2008-01-0207:56
name メロオ
trip -
url

編集 ]

名プロデューサー

湯原昌幸、あさみちゆき、そしてすぎもとまさと、現在テイチクに所属している彼らですが、それをプロデュースしているのが、松下章一です。
この松下さん、星野哲郎に師事し、作詞の手ほどきを受け、テイチクの前は、ポリドールで同じような仕事をし、沢田研二や小林旭を担当していました。
その当時から、作曲家の杉本さんと親しくしていて、小林さんのところにも書いた『水たまり』を作ったとの事です。
そのままいたら、おそらくかなり偉くなることは確実だったみたいですが、現場の仕事をしたくて退社し、テイチクへ移籍したようです。
テイチクで手がけた歌手には、冒頭の3人の他に、『トーキョー・トワイライト』などのチェウニがいます。
松下さんと杉本さん、阿吽の呼吸だそうです。
いずれにしても、そんなプロデューサーがいることが、良い楽曲を出している要因だと私は思います。
day 2008-01-1415:16
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

縁の下

名前の出ない方、きっとかなり多いのでしょう。でも、そんな方々の情熱があって、世に出て広まって行くのだと思いますね。
それはどんな世界にもあること。スポットライトばかりが眩しく見えるけど、Gemini...さんのように見てる人はちゃんと見てる。
day 2008-01-1423:32
name メロオ
trip -
url

編集 ]

吾亦紅・・・

・・・歌唱指導致します 料金1000円(20分)・・・

なんて看板・・・、見つけました今日、いつもの道で・・・(^-^)・・・。

見慣れたカラオケ教室のものなんですがコレ・・・、
・・・マァ来るべき忘年会へ向けて・・・、ってところなんでしょうかね・・・。

ともあれ大人気だったようですねこの作品・・・引き続き今年も・・・、
わざわざこの一曲、名指ししてくるとは・・・。
何とか上手に歌い上げたいと思う人・・・、多いんでしょうね、巷に・・・。

しかし20分1000円ってのは・・・、ウ~ン・・・時は金なり・・・(>_<)・・・。
day 2008-10-2822:09
name
trip -
url

編集 ]

『吾亦紅』から…

…一年経ちますが、未だに皆が歌ったりして愛されている曲なんだなぁと感じます。
湯原昌幸と杉本真人で、ルービーブラザーズを結成し(ルービーとは、ビールをさかさまにした言葉です)、かつて、はぐれ刑事純情派ファイナルの主題歌として、五木ひろしと堀内孝雄が歌っていた『ふたりで竜馬をやろうじゃないか』をセルフカバー(この歌は、杉本作品)しています。
最近の湯原さんは杉本作品が多いですが『柚子』も本当に素晴らしい歌です。
『吾亦紅』と言えば、杉本作品(作詞:井上千穂)であさみちゆきの新しいアルバムにも収録され、次のシングル予定の『鮨屋で…』と言う曲がありますが、これが、娘から離婚した両親にと言った感じの、いわば『吾亦紅』のアンサーソング的な曲です。
内容は、幼い日に鮨屋に連れてかれたが、それが父と母が離婚する最後の日の晩餐だった、その後、母についていった娘が、父に似て酒が飲めたり、母に反抗したりで、やがて結婚するが、鮨屋へ行った日以来父には会えない、でも、父の娘に生まれて良かった、といった感じの内容です。
メロディラインは、すぐに杉本さんだなぁとわかる感じですが、本当に泣ける歌です。
あさみちゆきのもいいですが、杉本さん本人が歌っているのが、また、いいです。
それから、最近の杉本作品といえば、デビュー15周年記念の門倉有希の『カトレア』、 これがまたなかなかいい曲です。
杉本真人、『吾亦紅』以前から、素晴らしい作品を手がけてますが、これは、しばらく続きそうですね。
本人は、大ヒットはいらないから、10年後も口ずさんでいるような歌を作りたいと言ってますが、そういう積み重ねと信念がなせる技かなと私は感じます。
杉本さん自身が歌う『柚子』もありますが、これもまたいいです。
day 2008-11-0109:30
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

歌う資格ない親不幸

『吾亦紅』は、ロングセラーですね。
中高年向きの曲がボチボチ出てきてますが、その嚆矢を放つ一曲。

親不孝の最たる私には、20分1000円の料金以上にこの曲の歌唱指導は辛すぎますねぇ。
聴く分にはいいけど、歌うには抵抗あるし・・・。
day 2008-11-0306:43
name メロオ
trip -
url

編集 ]

杉本作品

ルービーブラザーズを結成し、今活動しているところですが、湯原さんと杉本さん。
杉本真人の作り出すメロディは、哀愁が漂い、共感を持てるのでしょう。
私的には、『お久しぶりね』とか『東京娘』とかそっちに走りそうですが、『吾亦紅』などを聴くと引き込まれる何かがあるなぁと感じます。

http://jp.youtube.com/watch?v=whjN5f8x4tE

『都忘れ』

http://jp.youtube.com/watch?v=QmJi7GHV9iA&feature=related

『冬桜』

http://jp.youtube.com/watch?v=LDltnk-0ERk&feature=related

『柚子』

どれも哀愁があり、大人でないと理解出来ないような素晴らしい楽曲です。
このところ、大人の曲がヒットしてますが、世相を反映しているのか?それとも、音楽が原点回帰したのか?その辺はわかりませんが、音楽は時代によって変わっているようで、実は、それほど違わないものなのかぁと感じます。

オマケ
そんな楽曲を作曲した杉本真人のデビュー曲

http://jp.youtube.com/watch?v=2DruQUdPsL0

『M氏への便り』

こうやって聴くと、杉本さんも70年代のフォーク・ニューミュージック系の人だったんだなぁと感じます。
曲が格好良いですね。
いいmusicianと言うのは、デビュー曲から、光る何かを持っているってことでしょうねぇ。
day 2008-11-0808:13
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

好きな声×2

基本的に湯原昌幸って、「泣き声」です。
そして心地よい。とても好きな声です。
このたぐいの楽曲は、見事なほどフィットしてます。
元々、歌手としての資質はかなりある人ですもんね。

そういえば奥さんの荒木由美子の声も私、好きでした。
と、いうことはお二人のお子さんの声も相当いいかな?
day 2008-11-1306:12
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/380-2b538ed0

湯原昌幸

スウィングウェスト時代にヒット~ソロでもリバイバルヒットした「雨のバラード」もしっかり歌ってくれました。とにかく歌がうまい!うますぎる!GS曲から演歌まで見事な歌唱力。1時からの部はGSメドレーだったそうですが、4時からの部はロカビリーメドレーで、...

[2006-09-09]

G.S.Love Sick

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。