なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-08 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日吉ミミ

日吉ミミといったら、一時期「モノマネされる歌手」ベスト3あたりのポジションを担っていた気がする。独特の声だが、再現性が高かったのだろう。(榊原郁恵ちゃんですら、モノマネしていたぐらいだ)

彼女の独特な歌唱で唄われる『男と女の話』は、大きなインパクトがあった。ただし独自性が高い分、固定イメージがつきまとう。
しかし、この曲は歌手次第で、ガラリと違う印象が生まれそうだ。

たとえば弾き語りのフォーク調で、「しっとり」というのもありそうだ。井上陽水あたりが唄っても、サマになりそうな気がする。
  ♪恋人にふられたの よくある話じゃないか
   世の中変わっているんだよ 人の心も変わるのさ~♪
〈COLEZO!〉日吉ミミ ベスト〈COLEZO!〉日吉ミミ ベスト
日吉ミミ 久仁京介 阿久悠

ビクターエンタテインメント 2005-03-09
売り上げランキング : 110,387

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑ファンなら、おさえておきたい。

歌詞を読むと、ふられた女性を慰めているのだが、語っているのはあくまで「男性」なのだ。そして「淋しいのなら、この僕が付き合ってあげてもいいよ」と語ってる。また「スマートに恋をして、気ままに暮らしていけよ」とも言ってる。

これって、下心アリアリ・・・。まぁ傷心の女心は、狙い目といったところでしょう。そんな場合の男は、たいてい「遊び」のつもり。
ところが世の中、不思議なもので「遊びのつもり」の男が、逆に手玉にとられて「結婚」に持ち込まれたりする。そんなケースを昔、目の当たりにしたなぁ(怖)。

ところで、日吉ミミは後に中島みゆき/作曲の『世迷い言』で、再ヒットをとばしたらしい。が、私にはやはり「純正・一発屋」としての印象が強い。ただし、その一発は結構しぶとく、記憶に残っている。もちろんあの「声」のせいだ。
いっそ「アニメソング」あたりに、活路が見出せる人じゃないかなぁ。

PS:2007年で、芸暦40周年らしい。

<COLEZO!>歌謡曲の殿堂(3)歌謡曲の殿堂(3)
オムニバス 中尾ミエ 三田明

ビクターエンタテインメント 2005-09-22
売り上げランキング : 96,193

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑オムニバス。選曲基準がよくわからない・・・。

♪試 聴⇒ 日吉ミミ ベストicon
♪試 聴⇒ ロッテ歌のアルバムicon
♪試 聴⇒ TBS水曜劇場の時間ですよicon

★公式(ビクターエンタテイメント)

続・青春歌年鑑 1970
続・青春歌年鑑 1970オムニバス ソルティー・シュガー 池田謙吉

おすすめ平均
stars万博の年の流行り歌オン・パレード

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑可朝の『嘆きのボイン』もこの年でした(笑)。







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑淋しいなら この僕が クリックあげてもいいよ~♪(←お願いします)

<広 告>






スポンサーサイト

コメント

一度聞いたら忘れられない

…声ですね。
『世迷い言』は確か『ムー一族』で歌っていました。
細川俊之とたこ八郎が出ていて、よく行く居酒屋で弾き語りしていたって感じでした。
♪よのなかばかなのよ
このフレーズは頭に残ってます。
確か作詞は阿久悠ですね。
『男と女のお話』、これは歌い出しから、声に圧倒されます。
他でも、『東京チカチカ』は、凄い強烈な印象があります。
あと寺山修司の作詞した歌とか色々あります。

そんな中で、私的には、『ピリオッド』という曲が、好きです。
イントロも印象的ですが、サビの部分
♪ピリオド ピリオド バイバイ さよならね
ピリオド ピリオド あなたから聞きたい
この部分がいい感じです。
大塚博堂作曲(作詞:門谷憲二)だと言うのが無くても、いい曲だと思います。
EPでカップリングだった『春待ちながら』(作詞・作曲は『ピリオッド』と同じ)もなかなかいい曲です。
あと、そこに出ているベストCDで、大塚博堂の『ラブ・イズ・ゴーン』を歌ってますが、声があの独特の声でなく、しっとりとした感じの歌い方です。
基本的には、歌唱力がある人なんでしょうね。
それと、ひょうきん族に出ていたのを、ちょっと思い出しました。
day 2006-10-2122:24
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

詳しいですね

『男と女の話』のインパクト大!ぐらいしか、覚えてなかったりする勉強不足なメロオです。
まして、しっとりと彼女が唄ってるなんて、まったく知りませんでした。それにしても、みなみらんぼう、中島みゆき等々、いろんなアーチストが絡んでいる人ですね。
機会があれば『ピリオッド』、聴いてみます。
day 2006-10-2122:44
name メロオ
trip -
url

編集 ]

発声練習

この声を維持して今も昔と余り変わらずに出てるってことは、彼女の精進の賜物。まあプロなら当然かもね。

ぶっきらぼうに唄う、インパクト抜群のあの声、一世を風靡した唄かも。でも彼女の個性、結構あるんだけど曲の個性に圧倒されて今ひとつミミのスター性が出せずに終わったみたいな気もするわ。しゃべらせても面白い人みたいに思うんだけど。

紅白には補欠、繰り上げで出場したらしいわ。でも良かった1度でも出られて。
day 2006-11-0104:51
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

個性の功罪

しゃべらせたら、あけすけに何でも語りそうで、たしかに面白そうですね。
歌番組は少ないけど、トーク番組はこんなにあるのだからもっと露出してもいいのに。積極的に見たいか?と問われればよくわかりませんが。
彼女から感じるのは 「個性」の功罪。あまりに個性的なのは、ポピュラーになりにくいのでしょうか。
day 2006-11-0107:20
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ちょっとした笑い話

しばたはつみのCDを聴いていて、その後、日吉ミミのCDに変えそのうちうとうととし、目が覚めた時、CDを変えているのを忘れて
「やけにこのしばたはつみ、歌謡曲っぽいなぁ」
と思って、よく考えるとうとうとするまえに、CDを変えていたと言うオチでした(笑
それにしても、どちらとも鼻にかかった声だとはいえ、しばたはつみと日吉ミミを間違えるとは、いよいよあれかな(笑と感じ、暑いのに北風がぴゅうぴゅう、心の中に吹きました(笑
day 2007-08-1213:41
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

ただものじゃない

そのうち、歌手の名前も出てこなくなる・・・その前に脳トレしなきゃ(笑)。
しかし日吉ミミのCDを持ってることに驚異を感じましたよ。Gemini...さん、ただものじゃないね。
day 2007-08-1223:10
name メロオ
trip -
url

編集 ]

いや、そのですね…

…『ピリオッド』と『ラブ・イズ・ゴーン』の大塚博堂絡みの曲が収録されていたので、ベスト版を買ったってところです。
でも、『東京チカチカ』と云う曲にかなりはまってしまいました。
インパクト強すぎ(笑
day 2007-08-1319:02
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

なるほど

・・・わかりました。でも、普通に持っていたらリスペクトしたのに(笑)。
私、昔は本(ほとんど文庫)を無造作によく買っていた。けれどCDはそんなわけにいかず、買うのに勇気がいったものです。でも趣味嗜好で、CDを無造作に買える人もいるでしょう。結局、どこに消費するかの問題だけ。しかし、なかなか無目的で「日吉ミミ」は・・・。
day 2007-08-1407:10
name メロオ
trip -
url

編集 ]

色々試聴…

…出来ます。

http://www.neowing.co.jp/detailview.html?KEY=VICL-41175

『居酒屋』は杉本真人作品(作詞:吉田健美)、『ピリオッド』は大塚博堂作品(作詞:門谷憲二)、『ラブイズゴーン』は大塚博堂カバー(作詞:るい)です。
day 2008-04-2617:21
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

個性ありすぎた?

日吉ミミも、今はすっかり忘れられた感がありますねぇ。
私にしてもたった一曲しか知らないし・・・。
今、モノマネしてもKYな感じでしょう。

やはり個性あり過ぎだったのかな?
day 2008-04-2623:23
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ある女性歌手がカバーしている曲その3

上から読んでも下から読んでも
♪よのなかばかなのよ

ということで

『世迷い言』
http://www.youtube.com/watch?v=qeYgWufM1ZY

これは、前も書きましたがドラマ“ムー一族”で挿入歌として、本人が居酒屋で流しのように歌っていた記憶がある、そんな曲です。
いかにも中島みゆきって感じのメロディラインがなかなかの曲です。
これも、あさみちゆきが新しいアルバムでカバーしています。
さすがに、この声とは違いますが、これとは違った魅力的な声で歌っています。
day 2009-09-2308:29
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

イイ感じ

実はこれ、あまり覚えてない。
でも、なかなかの曲ですね。
居酒屋で歌うって、まさにイメージです。
どっかのスナックでうまく歌えたらカッコイイ感じですね。
day 2009-09-2812:56
name メロオ
trip -
url

編集 ]

追悼 日吉ミミさん

昨日の日吉ミミさんの訃報を聞いて、私も郁恵ちゃんがものまねしているシーンを思い出していました。
一度復帰されていたのに、残念でしたね。
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110811-00000329-oric-ent
day 2011-08-1204:07
name ギムリン
trip 7ruIZ9P6
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/416-142e98a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。