なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-08 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉 真理

おそらく大瀧詠一佐野元春らと共に制作された名盤『ナイアガラ・トライアングルvol.2』で、彼を知ったと思う。
はじめ、真理という名から女性だと思っていた。もちろん、聴けば男性なのは、すぐわかる。「真理」と書いて、まさみちと読むことも後に知る。

その頃、ラジオから流れてきたのが『バカンスはいつも雨』という曲。もう、たちまち惹かれたわけで。すぐに、その曲が収録されている『STARGAZER』というアルバムを、探して買いました。

いやぁ、このアルバムは、大正解だった。『素敵なサマーデイズ』『OH CANDY』『懐かしき80’s』『スキニー・ボーイ』『SHOW GOES ON』等々、好きな曲がいっぱい!(←ほとんど収録曲全部が良かった)

ところで『バカンスは~』は、タイトルにある「雨」のイメージが私にはない。どこか、ウェストコーストを走るスクールバス内の、陽気な喧騒が浮かぶ。なんか「ニューシネマ」を見てる感じ。
STARGAZER/OVERLAP
STARGAZER/OVERLAP杉真理

おすすめ平均
stars輝いています
stars充実
starsナイアガラトライアングルVol.2とあわせて

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑いい時代になったなぁ。2つのアルバムを、カップリングしてるんだから。

映画で言えば、「雨に唄えば」と似た楽しい雨のイメージだ。ポップな曲調で、ウェット感が微塵もない。「陽気なアメリカン・テイスト」が盛り込まれた、いわゆるAOR風な楽曲。

AORといえば、林哲司を思い出すが、もちろんニュアンスは違う。ただ、ルーツは同じなのかもしれない。(←まったくの想像)
彼の場合、シティ・ポップの中でも、かなりアメリカンナイズされている。(多分に歌詞のせいだ)

調べると『バカンスは~』は、堀ちえみが出演したCM(「グリコ」のチョコレート)で流れ、それがヒットにつながったらしい。恥ずかしながら、知りませんでした。なにしろ、この曲はあまり知られてないと思っていた・・・。だから自分だけの曲、という身内意識が芽生えていたぐらいで(恥)。

実は私の住む地に、ローカルなスポーツクラブがある。そこが、オープンの際のCMでも使われた。詳しく書きませんが、少しだけ勝手に関係してたつもりの私。(結果的にノータッチ・・・)だから「知られざる名曲」を選定したセンスに、それは驚いたものでした(さらに恥)。

すでにこの頃から、自分本位というか思い込みが激しかったわけで・・・。まあ、拙ブログの記事は、おしなべて恥ずかしいことばかり書いてる。いまさら・・・だけど。

※ナイアガラ・イメージが強いせいか、ソロよりシャウトやコーラスが前面に出てくるほうが似合ってる。

GOLDEN☆BEST/杉真理杉真理 & フレンズ
GOLDEN☆BEST/杉真理杉真理 & フレンズ杉真理 松任谷正隆 清水信之

おすすめ平均
stars1977年のデビューから1993年までの歴史が分かる、杉真理の集大成ベスト!!。
starsミスターポップロック杉真理。よい仕事してますね(^-^)
stars待っていました!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑提供曲も多い彼。駄作がない人に思える。

♪試聴⇒ OVERLAP / STARGAZERicon
♪試聴⇒ GOLDEN J-POP/THE BEST 杉真理icon
♪試聴⇒ ウィンター ギフト ポップス+BONUS TRACKSicon

★杉真理公式ウェブサイト
★杉真理の世界

ウィンター・ギフト・ポップス+BONUS TRACKSウィンター・ギフト・ポップス+BONUS TRACKS
BOX EPO かの香織

バウンディ 2006-01-25
売り上げランキング : 44879

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑「ギフト」という単語に弱い・・・(笑)。







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑赤い傘濡らすレイン ふるえる胸でクリック~♪(←お願いします)

<広 告>
Le Portfolio 1991-2006Golden Best ~15th Anniversary~ (特典DVD CRYSTAL ~Autumn to Winter~)(初回限定盤)(DVD付)
↑出ましたZARDのベスト!ファンならとっくに買ってるでしょうね。左はDVD。





スポンサーサイト

コメント

彼は私が大学一年生(のはず)の時に、学祭に呼ばれていた記憶があります。
私は、堀ちえみのCMを見て、この曲を知りました。
たしか、堀ちえみが赤い傘をさして、はにかんでいたCMだった記憶があります。
day 2006-11-0117:15
name 中は切っても発出さん
trip -
url

編集 ]

50過ぎても青年イメージ

楽曲提供も多い人ですね。表立った活動をされていない印象が、当時からあって、だから学祭に行ってたとはオドロキです。
「永遠の青年」イメージがある人だなぁ。
day 2006-11-0416:20
name メロオ
trip -
url

編集 ]

はじめまして。

杉真理は
ソングライター~スターゲイザーまでアルバム聞いてました。
ライブにも行ったかな。
はるかかなた昔の話ですが。

声も外見もかわいかったので
女の子みたいなイメージで見てたような気がします。
day 2006-11-1415:46
name Ageha
trip -
url http://cyberdoll.seesaa.net/

編集 ]

真理さん

>Agehaさま
はじめまして。TBありがとうございます。『スターゲイザー』は、当時を思い返すと類型がなく、実にオリジナルな印象が残ってます。彼は、メジャーな人になるのかな?と思う反面、なってほしくない変な心理がありました。
結局、落ち着くところに落ち着いた、といったかんじでしょうか(笑)。
私的に言えば「マザコン系シンガー」のイメージ。←あっ、これ褒めてるんですけど。
day 2006-11-1522:41
name メロオ
trip -
url

編集 ]

同時期やと…

おいらは松尾清憲の方が印象に残ってるなりぃ♪
…ってんで…2人ともオリジナルアルバム購入決定!
ネットで検索したら廃盤にならずに売っとった…
松尾清憲の方は“SIDE EFFECTS”ってアルバムやっ
確か…副作用…ってよぅな意味やったハズ…多分…
day 2006-11-1917:37
name chibaggio
trip lLj05HdQ
url

編集 ]

追伸…

おいらもZARD買ぃましてん♪…DVDは“spring”で♪
day 2006-11-1917:38
name chibaggio
trip lLj05HdQ
url

編集 ]

ZARD時代

松尾清憲・・・うーん、この人も知らなくて。スイマセン。なんか謝ってばかりだなぁ(笑)。
>“SIDE EFFECTS”
英語の勉強になりました。

ZARDはよく買いました。いや、正確に書くとパチ屋の景品で、よくGETしてたなぁ。時代が違うので、拙ブログでは取り上げられない人。でも、よく聴いたものです。当時は、彼女と大黒さんが重なり私的には二大シンガー。
day 2006-11-1919:59
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ヒットに繋がった

本文に書いてある“ヒットに繋がった”CMは、多分これだと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=MTZ5qq-JtaY&feature=related
day 2008-01-2713:33
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

誰だったかなぁ?

懐かしい曲。でも、古さは感じませんね。「雨」つながりでいえば、おそらく1990年代だと思うけど、とてもマザコンっぽい声で「傘」や「雨」が関係する曲を思い出します。歌手も曲名もまったく忘れてしまってます。知る人しか知らない歌手。(たしか漢字4文字の人)ミュージック・テープ買って車でよく聴いてました。たまにそのことを思い出すんですが、皆目お名前がわからないので、調べようがない状態・・・。トホホ。なんか奥歯にモノがはさまったようで。
day 2008-01-2714:24
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/424-df7de7a5

Love Her・杉真理

さっきのエントリからしたら思いっきりタイムマシンにのって 20年以上も前にさかのぼるわけですけど。(笑) NIAGARA TRIANGLE Vol.2 20th Anniversary EditionNIAGARA TRIANGLE 佐野元春 杉真理 大滝詠一 大滝詠一 松本隆 ソニーミュージックエンタテインメント 2002-03

[2006-11-14]

ペパーミントの魔術師

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。