なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-06 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三沢あけみ

彼女の現役度は、かなり高いと思う。その上、結構なお歳なのにキレイ。失礼な言い方だが「可愛い」とすら思える。これは、私の加齢に伴う感想じゃない。

割と若い時分から、そう思っていた。ただ、積極的なファンではない。もっとも私の年代で、彼女のファンを公言する人は見たことがない。時代が違う。

私的には、森山加代子と通じる「可愛さ」を持つ人。しかし、森山ほどの強力(風変わり)な楽曲がない。どうにも、インパクトに欠けるきらいがある。その割りに、芸能活動が続いてるのは皮肉ではなく、賞賛してもいいでしょう。
こころ花
こころ花三沢あけみ 宮川ひろし 佐伯亮

ビクターエンタテインメント 2005-11-23
売り上げランキング : 100643

おすすめ平均 star
star息の長い本当の天才だ!。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑和服美人・・・。

『島のブルース』は、もちろん佳曲である。子供心にも「ソテツ」という単語が妙に心に残っている。でもこの曲は、マヒナスターズのムーディーさが効き、彼女一人の功績とはいい難い。

一連の「島唄」から、かなり島娘の印象が強い。それこそ、ザ・ピーナッツが「モスラ」映画に出演したような何かがあれば、私の世代にもアピールできたはず。今さらだけど、そんなポイント作りが欲しかった。(実際、元々は東映ニューフィス出身(『笛吹童子』)らしい)

調べると長野県伊那市出身とか。うーん、「島娘」じゃなく「山娘」でした(笑)。でも、奄美の縁から「元ちとせ」あたりがカバーしたら面白いなぁ。「元祖・島娘」として再燃するかも。
まぁ、彼女ほどのベテランになれば、今さら「売れたい」という欲も少ないか?(何歳になっても芸能人の習性として、売れたい願望があるかも)

つくづく思うのは、歳をとるほど男性は萎んでいく感があるが、女性は強い!ということ。それを、とみに実感するようになってきた・・・。

PS:映画デビューが1959年ですが、歌手デビューは60年代です。

島のブルース島のブルース
三沢あけみ 和田弘とマヒナスターズ 吉川静夫

ビクターエンタテインメント 2006-02-22
売り上げランキング : 154651

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑しかし、マヒナのムーディー節は今となれば貴重。

♪試 聴⇒ 島のブルース、他icon
♪試 聴⇒ 三沢あけみベスト ~こころ花~icon
♪試 聴⇒ スーベニール/The Songs of OKINAWAicon

★三沢あけみオフィシャルサイト
★ビクターエンタテインメントによる公式ページ←試聴もできます。
★三沢あけみの"SHOWA"ダウンロード←ラジオ番組のHP

スーベニール / The Songs of OKINAWAスーベニール / The Songs of OKINAWA
オムニバス 嘉手苅林昌 糸数カメ

ビクターエンタテインメント 2000-02-23
売り上げランキング : 232918

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑ここでは『十九の春』を唄ってます。







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑奄美なちかしゃ 蘇鉄のかげで 押せばクリック~♪(←お願いします)

<広 告>
Xbox 360 コアシステム ブルードラゴン プレミアムパック(通常版) 特典 オリジナル卓上カレンダー付き
Xbox 360 コアシステム ブルードラゴン プレミアムパック(通常版) 特典 オリジナル卓上カレンダー付き
マイクロソフト 2006-12-07
売り上げランキング : 47

おすすめ平均 star
starお買い得?
starこりゃ売れるわ
starがんばれ360

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑予約中!Xマス、年末年始にイチ押し★





スポンサーサイト

コメント

父親が好きだった

父がファンでTVに出てきたら応援していた。マヒナとのデゥエットの島のブルースは、可憐さと灰汁の強い歌唱のアンバランスな所が印象的。
他に私も流れの渡り鳥、小唄勝太郎の名曲をリバイバルした明日はおたちか、数人の歌手との競作では彼女が一番売れたアリューシャン小唄、など、競作は多く他にもサガレン小唄が懐かしい。

メロオさん、彼女は今更売れたいと言う欲は無いって?いえいえ彼女は絶対持ってます。今でも新曲は時々だしてるし、紅白もいつかは返り咲きを虎視眈々。芸能界40数年のプロですもの。だから、でもないけど今でも容色、声も衰えず、現役度高いでしょ?

day 2006-11-2420:16
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

ソテツ

本文にも書きましたが、『島のブルース』に出てくる「ソテツ」という単語が妙に心に残ってます。『二人の銀座』にある「ペ-ブメント」と同様な感じです。
調べると、今も旺盛に活動を続けてるようですね。
day 2006-11-2515:22
name メロオ
trip -
url

編集 ]

 これは改めて書くまでもないが、三沢あけみさんは最初に芸能界に入った時には『女優』としてデビューしたそうである。僕は三沢あけみファンとして彼女が出演したドラマを見てみたいと思う 現在は既に還暦を過ぎており年齢的に主役は無理だろうが、脇役としてなら現在でも女優として活躍できるのではないだろうか?
2時間の単発ドラマや連続ドラマで彼女(三沢あけみ)を何とか女優として活用する方法はないのであろうか?
(因みに蛇足ながら私のペンネームの『牢屋(ろうや)壮一』の由来だが、これはもちろん『大宅壮一』のもじりである)。
day 2006-11-2622:30
name 牢屋壮一(ペンネーム)。
trip -
url

編集 ]

還暦を過ぎても可愛い三沢あけみさん。

 三沢あけみさんは既に還暦を過ぎているが、彼女は十分に可愛いと思う。とても還暦を過ぎた初老の女性とは思えないほど可愛いと僕は思う。僕は三沢あけみさんのファンである。しかし、僕は彼女の『歌』が好きな訳ではない。
(もちろん彼女の歌も聴く事はあるが)。
 僕は彼女(三沢あけみ)の『イメージ』が好きなのである。僕が彼女にいだいているイメージはどのようなものかと言うと『昼メロドラマの悲劇のヒロイン』のイメージである。
(但し、その昼メロドラマに彼女、三沢あけみさんが女優として出演していた訳ではない)。
 三沢あけみさんには非常に失礼な表現かもしれないが、僕はこの昼メロドラマの悲劇のヒロインと三沢あけみさんをオーバーラップさせていると言うか重ね合わせているのである。
(詳しい事は別の機会に書きたいと思う)。
 三沢あけみさんは還暦を過ぎても十分に可愛いと思う。まるで少女みたいな可愛らしさである。
day 2006-11-2722:16
name 牢屋壮一(ペンネーム)。
trip -
url

編集 ]

女優活動

還暦、過ぎているのにホントにキレイですね。彼女の『イメージ』が好き、というのなんとなくわかりますよ。
今でも旺盛な活躍を続けているようす。たしかに女優として、露出すればもっとメディアでも見られる人ですね。
day 2006-11-2916:07
name メロオ
trip -
url

編集 ]

午後は○○おもいっきりテレビと三沢あけみ。

 みのもんたが司会を務める『午後は○○おもいっきりテレビ』であるが、この番組にゲストコメンテーターとして『三沢あけみ』が出演する時がある。この番組で三沢あけみは別に歌を歌う訳ではないが、僕は三沢あけみの『イメージ』が好きなので彼女が出演した時の『午後は○○おもいっきりテレビ』は必ずビデオに録画している。そして彼女を繰り返し見ている。彼女が出演する時に着ている『衣装』であるが、洋服の時と『着物』の時がある。僕は三沢あけみには着物(和服)が良く似合うと思うので午後は○○おもいっきりテレビに出演する時には毎回着物を着て出演して欲しいと思う。
day 2006-11-2919:50
name 牢屋壮一(ペンネーム)。
trip -
url

編集 ]

ファン心理

ついつい置き換えて考えてしまいます。今年になって、ググーンと岡田奈々ちゃんを思い出し、後追いのファンになった身としては。
ビデオ録画する気持ち、わかるんですよ(笑)。
そして若かりし頃、同世代のアイドルだった奈々ちゃんに、なんで惹かれなかったのか?バカバカ、と自分の頭を叩き、今ごろ後悔の念にかられていたりする(笑)。
ファン心理って、そんなもんでしょうかね。

三沢あけみは、もう和服のイメージしかありませんね。
day 2006-11-2923:27
name メロオ
trip -
url

編集 ]

メロオさんに『質問』があります。

 メロオさんに質問があります。それはメロオさんの『生年月日』は何年何月何日なのですか? 僕は浜田朱里のコーナーにも書きましたが、1962(昭和37)年10月18日生まれの満44歳です。従って僕は『三沢あけみ』の直接的な世代ではありません。これはこの三沢あけみのコーナーに書き込みましたが、僕が三沢あけみにいだいているイメージは『昼メロドラマの悲劇のヒロイン』のイメージです。しかし、これはそれこそ文字通り僕が自分の頭の中で勝手に作り上げたフィクション(虚構)のイメージであり、その昼メロドラマに三沢あけみさんが女優として出演していた訳ではありません。誤解を避ける(防ぐ)為にこの事を強調しておきたいと思います。
day 2006-11-3010:09
name
trip -
url

編集 ]

書き漏らしました。

 上に書き込んだ11月30日10時9分の書き込みですが、名前を書き込むのを忘れました。牢屋壮一(ペンネーム)です。
day 2006-11-3010:17
name 牢屋壮一(ペンネーム)。
trip S4/gA4Wc
url

編集 ]

個人情報は

同年代、とだけ言っておきます。
その意味で、三沢あけみファンは珍しいです。たしかに、直接的な世代じゃないですからね。
牢屋さんも、あまり個人情報は書かない方がいいのでは・・・。私もなるべく書かないようにしているのですが、どうしても「おもひで」を書くと抵触してしまいます。
day 2006-12-0119:36
name メロオ
trip -
url

編集 ]

悲恋劇(本当に可愛い三沢あけみ)。

 僕の手元に三沢あけみの『悲恋劇』と言うCDシングルがある。この『悲恋劇』と言う曲には『35周年記念作品』と書かれている。僕は、このCDシングルを『廃盤レコード店』で手に入れたが、ジャケットの『裏』の写真は着物姿ではなく黒い『ドレス姿』である。本日(1月4日)、テレビ東京(12チャンネル)で『新春スペシャル歌謡祭』と言う番組が放映されていたが、三沢あけみも出演していた。こちらは着物姿だった。前にも書いたが、僕は三沢あけみの歌が好きなのではなく彼女の『イメージ』が好きなのであるが、本当に『三沢あけみ』は還暦を過ぎても可愛いと僕は思う。
(メロオさんに質問があります。それはこの掲示板に『芸能ゴシップ』的な話題を書きたいのですが、書いても宜しいでしょうか?)
day 2007-01-0416:59
name 牢屋壮一(芸能&音楽研究・評論家)。
trip S4/gA4Wc
url

編集 ]

テレビ東京

テレビ東京は、ときに光る番組をやっていて侮れません。が、私の地ではほとんど放映されてない・・・。その番組、ぜひ見たかったなぁ。
「芸能ゴシップ」的記事は、極力避けてほしいなぁ。関連性があればそれもありですが。でも、関連がなければ【削除】させて頂きます。判断基準は、勝手ながら私、いたします(笑)。
day 2007-01-0418:59
name メロオ
trip -
url

編集 ]

演歌の女性歌手のステージ衣装である『着物』について。

 ここでこの項目の『三沢あけみ』とは直接の関係はないが、演歌の女性歌手のステージ衣装の定番である『着物』について意見を述べたいと思う。
 あるテレビ番組で2人の演歌の女性歌手がステージ衣装である『着物』について話をしていた。それによると衣装である着物にかかる費用は年間約1500万円だと話していた。それを聞いて僕は演歌の女性歌手と言うものは衣装である着物に随分と金がかかるものだと思った。僕はこれを聞いて演歌の女性歌手にとって『着物とは何なのだろうか?』と思った。もしかしたら着物を単なるステージ衣装としか
考えないのではなかろうか、と思う。そうであるならば非常に勿体ない話である。演歌の女性歌手は着物のファッションリーダーとして単なるステージ衣装としてのみならず日常生活の普段着として着物を着なければ勿体ないと僕は思う。これについて果たして『メロオさん』はどのように思うだろうか?
day 2007-01-1523:43
name 牢屋壮一(芸能&音楽研究・評論家)。
trip S4/gA4Wc
url

編集 ]

着物姿が当たり前の頃

うーん、問われても困ってしまいます(笑)。あまり考えたことないもので・・・。
たしかに「着物のファッション・リーダー」ですね。昔のドラマを見ると、日常で着物姿が登場します。家では割烹着、外出は着物、そんなお母さんがホームドラマに出てきて、まわりも当たり前に対処してる。昭和40年代中ごろまでは普通だったのかなぁ?
すいません、答えになってないですね・・・。
day 2007-01-1620:35
name メロオ
trip -
url

編集 ]

芸能ジャーナリズム論

 この項目の『三沢あけみ』とは全く関係ないが、ここで僕なりに見た『芸能ジャーナリズム論』について書いてみたい。つまり要するに『芸能ジャーナリズムをどう見るか?』と言う問題である。
 芸能界で起こった色々な出来事を伝える(報道する?)芸能ジャーナリズムはかつては芸能週刊誌と言う活字メディアが中心であった。週刊平凡・週刊明星と言う2大芸能週刊誌がかつては存在していた。しかし、現在では週刊平凡・週刊明星の2つとも廃刊になっている。現在では芸能ジャーナリズムの『主役』はテレビのワイドショーに完全に移行してしまった。
 メロオさんはテレビのワイドショーに完全に移行した現在の『芸能ジャーナリズム』をどのように見ているだろうか?  
 因みに僕はこの掲示板を利用してこれからも『芸能評論』的と言うか『芸能ゴシップ』的な話題を書いていきたいと思っている。
day 2007-03-0314:23
name 牢屋壮一
trip TMBk1B7M
url

編集 ]

削除する場合もあります

>牢屋さま
コメントはありがたいのですが、あまり関係ない場合、削除させて頂きます。今までも無関係な(主にアダルト系)トラバは、カットしています。
day 2007-03-0504:21
name メロオ
trip -
url

編集 ]

新曲を発表する三沢あけみ。

 この項目で取り上げられている『三沢あけみ』であるが、彼女の公式ホームページの情報によると待望の新曲を発表するそうである。タイトルは『艶歌(つやうた)女房』と言うそうである。しかも嬉しい事に彼女が所属しているレコード会社のホームページを見たらCDのジャケットの衣装は『着物姿』である。言うまでもなく歌手にとっての新曲と言うものが持つ意味は早い話が要するに『新商品』である。僕自身は彼女(三沢あけみ)の『艶歌(つやうた)女房』と言う新曲を買うか否かまだ分からないが、前にも書いた通り僕は彼女のイメージと『着物姿』が本当に好きなのである。
day 2007-04-1417:36
name 牢屋壮一(芸能&音楽・研究評論家)。
trip TMBk1B7M
url

編集 ]

買ってあげてください

音楽界不振の中、とくに演歌勢での新曲発表はおめでたいことです。
牢屋さんは真のファンだから、買ってあげなきゃ(笑)。
私は、買わないと思うけど。えへへ。
day 2007-04-1722:43
name メロオ
trip -
url

編集 ]

『徹子の部屋』にゲスト出演した三沢あけみ。

 皆様の『牢屋壮一』です。本日(2009年11月4日)、日本のトーク番組の草分けである『徹子の部屋』にこの項目で取り上げられている『三沢あけみ』がゲストとして出演していました。彼女も早いもので何と芸能生活『50周年』だそうです。それを記念して『アルバム』が発売されたそうです。しかし残念な事にそのアルバムはオリジナルアルバムではなく『全曲集(ベストアルバム)』だそうです。私のファンとしての個人的(主観的)な願望としては『三沢あけみ』の芸能生活50周年記念盤は全曲集(ベストアルバム)ではなく『オリジナルアルバム』を出して欲しかった、と思います。
 話は変わるが、徹子の部屋で彼女が着ていた衣装は演歌の女性歌手のステージ衣装の定番である『着物(和服)』ではなく鮮やかな柄の『洋服』であった。これは私は以前にもこのブログのどこかの項目で書いたと思うが、演歌の女性歌手と言うのは『着物(和服)のファッションリーダー』なので徹子の部屋のようなトーク番組に出演する場合でも着物を着て出演して欲しいものである。
day 2009-11-0421:04
name 牢屋壮一(芸能&音楽研究・評論家)。
trip TMBk1B7M
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/430-8bab5f27

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。