なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-10 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸山圭子

現在、かなり貫禄のついている彼女だが、チャームポイントのエクボは健在だった。むしろ、昔以上に強調された感がある。愛らしい顔立ちも変わっていない。全体像さえ見なければ、まったく変わらないお方・・・。

なんとも形容しがたい書き方だが、そもそも彼女はルックス派じゃない。と、書きながら1970年代中期の彼女の人気は、多分にルックスもあったはず。

「シンガーソングライター」というだけで、注目を集めた時代、しかも女性。もう充分なのに、彼女はルックスもイケテいた。なかなかにセクシーな顔立ちで、キレイなお姉さんといった風情。

『どうぞこのまま』を唄うお姿は、まさしく「アンニュイ」そのもの。大人のムードを醸しながら、独特のポジショニングに立っていたと思う。
黄昏めもりい
黄昏めもりい丸山圭子

おすすめ平均
stars名曲のひとつとして・・・・
stars70年代/丸山圭子

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑誰が唄っても色っぽくなる『どうぞこのまま』。薄目で唄ってほしい・・・。

無知な私は、この曲ぐらいしか知らない。それゆえ、どうしてもそんな固定イメージが残っている。だから先日見たTVの彼女の曲評は、少々驚いた。

『どうぞこのまま』は、それまでの彼女の曲調と違うらしい。レコーディングから、はずされかかった。しかし、頑として彼女は希望を通した。結果は大正解で、私も彼女を知ることになる。
そもそも「それまでの彼女」を知らないので、音楽性を語ろうにも語れないのですが・・・。

ボサノバ調のメロディが「お洒落感」を増していて、彼女自身とオーバーラップして見える。歌詞をひもとくとシンプルだが、「妄想族」の私はいろいろ考えてしまう。

いわゆる失恋歌ではない。おそらく若い女性特有(?)の「恋の不安定感」を表している。それは、不倫なのかもしれない。結ばれることのない恋愛に虚しさを覚えながらも、刹那に生きる構図。
All For Your Love~Keiko Maruyama Live Selection 1976-2006All For Your Love~Keiko Maruyama Live Selection 1976-2006
丸山圭子

インディペンデントレーベル 2006-08-28
売り上げランキング : 33027

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑ベストでありメモリアル。佐藤準と別れていた・・・。

さらに飛躍して想像する。きっと当時、彼女はそんな体験をしていたのでは・・・。あるいは実体験までいってないが、強く惹かれる異性が存在していた?

歌詞に洗練さよりも、希求する気持ちが滲み出ている。どことなくぎこちなさがあって、それが逆に本心を吐露してるように感じてしまう。

ところで「どうぞこのまま」という言葉は、二番目でやっと出てくる。一番目は「ただひとすじに」となっているのだ。単純に考えると、一番目に持ってきそうなものだが。

まぁ、タイトル的語感なのだろう。でも、この曲は「ただひたむきに」でもいいし、「ひとすじに」でもいい。もしかしたら「くもりガラス」でも通用するのかもしれない・・・。(結局、意味を求める曲じゃない、ってことでした)

帰ってきた!ど根性ヒッツ VOL.6帰ってきた!ど根性ヒッツ VOL.6
オムニバス 世良公則&ツイスト 雅夢

ポリスター 2001-12-19
売り上げランキング : 137194

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑好きな歌、多いオムニバス。


丸山圭子 - All for Your Love 丸山圭子ライブセレクション 1976-2006
↑ダウンロード購入。

♪試 聴⇒ 帰ってきた!ど根性ヒッツ vol.6icon
♪試 聴⇒ そっと私はicon
♪試 聴⇒ 20世紀BEST 女性ボーカル・ベスト・コレクションicon

★丸山圭子オフィシャルサイト
★丸山圭子のそぞろ喋歩き ←ご本人のブログ







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑ただひと押しに ただひと押して~♪(←お願いします)

<広 告>




スポンサーサイト

コメント

丸山圭子ライブ映像

YOUTUBEからのライブ映像です。(リンク切れる前にどうぞ)

http://www.youtube.com/watch?v=wLt5j-iolcQ
day 2007-01-2016:12
name メロオ
trip -
url

編集 ]

いいですね

『どうぞこのまま』歌っている画面見ましたが、良かったです。
結構、大柄何ですね。
ほかの曲も、聴いたことがあるような無いような、そんなところです。
同じけいこで、よく丸山圭子と一緒にコンサートやる水越恵子は色々聴くんですけどね。
今度、聴いてみようっと。

そうそう、♪セーラー服を 脱がさないで の人は、元旦那さん何ですね。
day 2007-01-2115:37
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

やはりセクシーだった

いいですよね!私も何回も見てしまう。当時、青春の真っ只中だった私。すべてに敏感(?)だったので、セクシーを過大評価してたのかな?と思っていた。けれど、今見てもなかなかにセクシーでした(笑)。
day 2007-01-2220:18
name メロオ
trip -
url

編集 ]

『どうぞこのまま』以外も

いい曲ありますね。
実は、山下久美子・八神純子・水越恵子・丸山圭子・門あさ美が3曲ずつ入っているCDがあるんですが、その中に入っている『雨の舗道』『SEA-SIDE HOTEL』もなかなかいいです。
『雨の舗道』は、ボサノバ調な感じの軽快な曲です。
『SEA-SIDE HOTEL』は、バラード調で、
♪ふっくらとやわらかな私の乳房は
はじめてあなたの手のひらにふれたの
とか
♪パープル色に染まる潮風の街で
生まれたままの私をあげるわ
とか、歌詞もなかなかいいです。
最後に外国人のウィスパーが入っているのもなかなか格好良いです。
両曲とも作詞・曲、丸山圭子
編曲は、『雨の舗道』は佐藤博、『SEA-SIDE HOTEL』は元旦那さんの
♪セーラー服を脱がさないで
の人です。
day 2007-02-0417:04
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

おしゃれ系フォーク

丸山圭子は『どうぞ~』しか知りませんが、Geminiさんの書かれた歌詞を読むとなかなかに、相当なモノだと思いました(笑)。
またまた「妄想族」になってしまう。もしかしたら、とても生真面目な人なのかもしれないなぁ(笑)。
day 2007-02-0417:58
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ハープシコードが綺麗な『夕暮れさびしがり』

『黄昏めもりぃ』と言うアルバムを最近入手しました。
この中には、『どうぞこのまま』は入っていますが、それ以外もいい曲が多く入ってます。
その中でも『夕暮れさびしがり』が、気に入りました。
なんと言っても、最初の音、これは間違いなく“ハープシコード”の音ではないかと思われますが、とにかく綺麗なストリングスです。
歌の内容は、最初、ポエムリーディングで、そのあと徐々に歌に入るって感じです。
何となく哀愁のある感じの曲です。
編曲者は、青木望。アリスの『紫陽花』や雅夢『愛はかげろう』、そして『銀河鉄道999』(ささきいさおの方)などのアレンジで有名な方で、特に『999』のイントロは秀逸だと思います。

ハープシコードと言えば、“けいこ”つながりで、水越けいこの『街』と言う曲、これもかなりイントロから、使われてます。
こちらの編曲は、たしか萩田光雄じゃなかったかな?

改めて、ハープシコードだと言うことを知って聞くと、今まで以上に趣があるなと感じます。

ハープシコードの魅力を教えていただいた樟さん、ありがとうございました。

PS あべ静江の『コーヒーショップで』ですが、何となく聴いた事がありますが、じっくり聴いた事がなく、さっき試聴してみましたが、なかなかいい曲です。
こんど、じっくり聴いてみたいと思います。
阿久悠の詩はもちろんのこと、三木たかしのメロディがいいですね。
day 2007-03-0409:51
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

是非、聴いてみてください・・・。

彼女のこと、グルメ番組の大食いオバサンとしか思っていなかったのですが、この四、五日で大いに見る目が変わりました(笑)。

それからこの曲の作詞、「冬物語」に続いてまたしても阿久さんです。彼の詞、時として難解ですので、解釈をお願いすることがきっとあると思いますのでその時はメロオさんともどもどうか宜しく・・・。
それでは。
day 2007-03-0422:01
name
trip -
url

編集 ]

ハープシコード党

私、ほとんど感覚でしか書いてませんので、「解釈」の荷は重いかも。
Geminiさん、樟さんはさしずめ「ハープシコード党」ですね(笑)。もちろん、とても魅惑的な楽器で、教えていただき私も感謝しています。
day 2007-03-0505:07
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/457-e3593564

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。