なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-04 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アン・ルイス

今でこそ「女性ロックシンガーの草分け」とか「J-POPのルーツ」と称せられているが、デビューしてしばらくは、お嬢様っぽいアイドルチック路線だった。
すっかり様変わりしているので、なかなか思い出しにくいのだが。

ところどころ、ネイティブな発音を交えて唄う『グッバイ・マイ・ラブ』なんて、それはヒットしたものだ。どこか「清潔感」が漂い、とても別れの歌には聞こえなかった。

しかし今、彼女がこの曲を唄っても、その頃のイメージは皆無。やはり人間は、歳月と共に「低音」になっていくものだ。なにより彼女のスタイルが、ラフ&クールになったのだから、それは至極当然のことでもある。
WOMANISM COMPLETE BEST(DVD付)
WOMANISM COMPLETE BEST(DVD付)アン・ルイス

ビクターエンタテインメント 2006-09-06
売り上げランキング : 5768

おすすめ平均 star
star歌姫復活!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑やはりDVD付きはイイ。

1980年代の『六本木心中』『ラ・セゾン』『あゝ無情』等の一連の楽曲で、女性の持つ「カッコ良さ」を見事なほど体現した。これらの曲で、同性にも憧れのシンガーとして、幅広く認知されたことでしょう。
しかし男性としては「こりゃウカウカしてられない」と、焦りにもにた妙な気持ちを抱いた。

それまで恋愛において「捨てる立場だった」男性が、「捨てられる立場」に変わったことを、如実に告げられたからだ。もちろん、当時そこまで読めていたわけじゃない。あ~、まぁ実感はしてますが・・・(苦)。

いわゆる「恋愛におけるポール・シフト現象」の幕開けとしたい。そうするとアン・ルイスは、「恋愛界の黒船」ってわけだ。うーん、これから彼女のことは、アン・ルイス提督と呼ぶことに決めました。

アン・ルイス Best Selection
アン・ルイス Best Selectionアン・ルイス

おすすめ平均
starsアン・ルイスの声ってこんなにかわいかったっけ?
stars昔を思い出します
starsどの曲も懐かしく嬉しかったです!
stars懐かしい!
starsあなた無しでは 生きて行けぬ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑勇ましさと女らしさを、まとめ聴き。

実際、提督はこれらの曲に先立つ1978年、ハッキリと「開国」を宣言している。『女はそれを我慢できない』って。ジャケット写真も、それまでのお嬢様然とした風貌から一転している。(しかし、歌詞にある ♪男を捜して ひと暴れ♪って・・・)

ここまで高らかな宣言をされたら、もうホールド・アップ。
かくて、提督はどんどん「女っぷり」を積み上げ、1980年代に至った次第です。そのゴールが、桑名正博かと思いきやそこがスゴロクの「上がり目」ではなかった。

やはり、私たちの期待を裏切らなかったわけです。破天荒な女性像を忠実に実践された心意気は、まさに「提督」の名に恥じないもの。ナイスなアメリカンレディ(じゃじゃ馬ともいう)じゃないですか。

しかし、この宣言の時期、彼女に何があったのだろう?元々の性向はあるにしても、きっと何かあったんだろうなぁ。
ま、どうでもいいことだけど。

REBIRTH Self-cover Best
REBIRTH Self-cover Bestアン・ルイス

おすすめ平均
stars復活を願ってます。コンサート行きたい!!!
starsグッドバイマイラブには泣けた。
stars懐かしくて、新しくて、格好いいよ!
starsワオ〜ッ!
starsREAL ROCKに生まれ変わった!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑パニック障害を、克服して復活。


アン・ルイス
↑ダウンロード購入。

♪試 聴⇒アン・ルイス Best Selectionicon
♪試 聴⇒WOMANISM BESTicon
♪試 聴⇒UPPER’S FLAVA Remixes Of Watanabe Hit Tuneicon

★セルフカバーアルバム『リフレッシュド』ページ【全曲試聴&コメント付き】
★ソニーミュージックの公式HP ←【試聴】できます。
★ビクターエンタテイメントの公式HP ←【試聴】できます。







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑だけどクリックなんて お天気で変わるのさ 長いクリックが卑猥ね~♪(←お願いします)

<広 告>




スポンサーサイト

コメント

不信の時

去年、米倉涼子主演のドラマを見たんだけどその主題歌がルイス提督の♪ああ無情♪だった。ヒットした当時は関心が無く忘れていた曲だったけど改めて15年以上の歳月を経過して聞くと中々良い。
ドラマの内容にも合致してる所も多くて毎週、主題歌を聞きたさに見てしまった。

当然アン提督もTV出演するものと思っていたけど、とうとうお目にかかれず。
彼女が前向きじゃない、凄く太っている、芸能界に未練がない、唄えない、などいろいろ聞くけどどれが本当なのやら。こっちとしては久し振りに聞きたいものだ。
day 2007-02-2020:28
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

歌謡ロック

昔のドラマばかり見ていて、最近のドラマと無縁な私。でも、それ話題になったらしいですね。
彼女の一連の歌謡ロックは、全然古びてない。
昔、貫禄あるお母さんをTVで見たけど、彼女もだんだん似てきたかなぁ。
day 2007-02-2021:21
name メロオ
trip -
url

編集 ]

リンダ

『ラ・セゾン』は確か、百恵が作詞して、ジュリーが作曲したんじゃなかったかな?とちょっと記憶を手繰りながら書いてます(違ったらすいません)。
『グッバイマイラブ』『ああ無情』(カラオケの掛け合いの印象が強い)『六本木心中』『WOMAN』(これはよく歌っている人がいましたね)『女はそれを我慢できない』などなど沢山印象的な曲がありますが、そんな中で一番いいなと思うのは、『リンダ』です。
『リンダ』をしっとりカラオケで歌う女性、惹かれますね。
day 2007-02-2513:42
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

刺激させる歌手

『ラ・セゾン』はたしかにその通りの制作陣です。彼女って、けっこう制作者を刺激する何かがある人のような気がしますね。それゆえ曲に恵まれる運を持っていた。

ストレス発散できる楽曲が多い中、『リンダ』はしっとりとしたいい曲。私もそんな女性がいたら惹かれるなぁ(笑)。
day 2007-02-2601:24
name メロオ
trip -
url

編集 ]

YOU TUBEアンルイス

★『グッバイマイラブ』
お嬢様だった頃のアン提督。後の激しい路線のイメージが強い彼女だけど、この曲はかなり名曲なのでは、と思ってます。
もし彼女にヒット曲がこれしかなかったとしたら、相当歌いこまれたはず。

http://www.youtube.com/watch?v=D8T_uVP_8m8
day 2007-08-2623:18
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/465-9d9fbf97

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。