なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-04 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぴんからトリオ

宮史郎は、もうサイコーの人である。そして、最強の人でもある。私、この人を見るだけで笑いがこみ上げてくる。失礼な話だが彼を語ると、どうしても「笑い」が先にきてしまうのだ。

「第37回思い出のメロディ雑感」「第38回思い出のメロディ雑感」の二年連続で、拙ブログでも少し触れてます。

彼をしっかり意識するようになったのは、漫画家・土田世紀の作品「編集王」である。そこに登場する人物の一人に、どう見たって彼としか思えないキャラがいた。以来、TVで彼を見ると重ね合わせてしまう。

宮史郎全曲集宮史郎全曲集
宮史郎 石本美由起 佐伯亮

コロムビアミュージックエンタテインメント 2005-10-19
売り上げランキング : 53899

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑『女のみち』はよく加藤茶が唄ってたなぁ。

たとえば香田普だと、言動や行動に天然の面白みがある。冠二郎は、そこに立ち居振る舞いが加わる。しかし、宮史郎は何もしなくても存在そのものが素晴らしい!あまりに濃すぎるそのキャラは、もはや比類なき領域に達しているのだ(笑)。

彼のフェイスは、下町のラーメン屋で麺を茹でていたり、ダブルのスーツに大きなトルコ石の指輪をはめて不動産屋のソファーに座っていたり、八百屋の店頭で「安いよ!安いよ!」とダミ声を利かせていたり・・・つまり自営業の顔だ。そして、もちろん「歌手」という職業もまた自営業。組織に属さない(属せない)典型の人に思える。

ぴんからトリオが世に出た曲『女のみち』は、1972年(昭和47年)のこと。(感覚的には、翌1973年によく聴いた印象がある。調べてみると、2年連続オリコン・チャート1位だった)よく『およげ!たいやきくん』に次ぐ歴代セールス曲として取り上げられる。

青春歌年鑑 1972
青春歌年鑑 1972オムニバス 宮史郎とぴんからトリオ 小柳ルミ子

おすすめ平均
starsかなり好きな年代
stars懐かしくて良い歌は、わらべ歌みたいに癒されます。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑私には、思い出深い年・・・。

ただ、お子様の私はとくに感慨もない。「ど演歌」にふさわしいダミ声だけが印象に残っている。しかし見た目の印象と違って、女心になりきって作詞もしています・・・(笑)。

そうか!私が彼に魅せられた点の一つに「ギャップ」があるんだな。書きながら気づきましたよ。とても男性的なようで実は内面に女性っぽさが見えたり、こわもてのようで小心さを感じたり。つまり、相反する二つの要素を併せ持つのだ。うーん、奥深いなぁ・・・(笑)。

「ぴんからトリオ」から「ぴんから兄弟」、そして二人の死を経てたった一人になったけど、存在感は今が一番光ってます。ちなみにお兄さんは「宮五郎」で、名前が逆なんじゃない?と思ったりもする。

今の彼は多少、歌声に安定感がなくても楽曲に恵まれなくても、ただそこに居てさえくれればいい。ある意味私には、とても稀有な芸能人の一人・・・。
映画出演は、なるほど!⇒ ★歌謡曲だよ、人生は (映画公式サイト)
あの濃いキャラを活かしてTVドラマにも、ぜひ進出してほしいゾ!

PS:デビューは1960年代ですが世に知られた70年代に、また宮史郎個人に終始してますが「トリオ」としてグループにカテゴリました。

歌謡曲だよ、人生は―映画監督短編集歌謡曲だよ、人生は―映画監督短編集
磯村 一路 矢口 史靖

メディアファクトリー 2007-04
売り上げランキング : 231691

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑ノベライズ本、出てます。

♪試 聴⇒ 宮史郎全曲集icon
♪試 聴⇒ 決定盤シリーズ この人この歌大全集icon

★::: 3846*web ::: ど演歌一筋! 宮史郎オフィシャルサイト







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑私が捧げたその人に クリックだけよと すがって泣いた~(お願いします)

<広 告>




スポンサーサイト

コメント

you tube宮史郎

思い出のメロディ(2006年)で、『女のみち』を披露する宮師匠。

http://www.youtube.com/watch?v=p3pIStNziHk
day 2007-06-0101:17
name メロオ
trip -
url

編集 ]

これ見てましたよ。

この「思い出のメロディ」見ましたよ。
この歌は、確かに加藤茶が、おまわりの格好をして、チャリンコに乗りながら口ずさんでましたね。
day 2007-06-0119:22
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

♪捧げた~その人は♪

私もしっかり、録画してあります。と言っても、もうすぐ今年もその季節(思い出のメロディ)がやってきますね。ぜひ三年連続で出場してほしいお方。
加藤茶の鼻歌の方が、なじみ深かったりします(笑)。
day 2007-06-0219:32
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/501-2b533768

【訃報】土田世紀(漫画家)死去

1 :Pir ◆lRynxPir1A :2012/04/27(金) 12:52:08.20 ID:L7iy0rn30 ?PLT(12000) ポイント特典末井昭? @sueiakira漫画家の土田世紀さんが、肝硬変で亡くなりました。『同じ月を見ている』とか、素晴らしい漫画が...

[2012-04-27]

ニュー速嫌儲板 【ノンアフィ】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。