なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-08 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辺見マリ

フェロモンがむんむん匂い立つ「お色気歌謡」といったら、もうこの人だろう。
ハーフのエキゾチックな顔立ちから「お色気」というより「セクシー歌謡」といった方が適切か。

夏木マリ安西マリアなど同路線の人はいるが、辺見マリの場合はセクシーのエッセンスだけを抽出した「100%絞りたて」の味わいがあった。
でも、それゆえ子供だった私は彼女の『経験』がとても歌に聴こえなかったのも事実。

お色気のイの字も知らなかったのだから「やめて~」と叫ぶ彼女の姿は、その化粧と相まっておどろおどろしかった。それこそ、やめればいいのに・・・と思っていた。

ラヴ・レター
ラヴ・レター辺見マリ

BMG JAPAN 2001-10-24
売り上げランキング : 204328


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑ジャズを唄うマリ。『経験』の英語バージョンもある。松尾和子を彷彿とさせるなぁ。

まぁ辺見マリがいくら「ン、やめて」と叫んでも、やまないのが男の習性。そもそも肯定的否定語(?)なのだから、ある種のお約束なんでしょう。「やめてっ!」と言いながら、なんだか嬉しそうだし。

でも、この曲当時の彼女が二十歳だったなんて、とても信じられない。実に大人っぽく見えた。若干二十歳で「このまま帰して~あなたは悪い人ね」なんてセリフが吐けるのは、手練手管な夜の世界しかないでしょう。

デビュー曲『ダニエル・モナムール』は、子供だった私の記憶にない。今、試聴で聴いてもやはり知らない。(このあたりの数年が私的には、ネック)
小粋なフレンチ・ポップス路線はけっこうソソルけど、一般的にはどうもパッとしないようだ。ミミもそうだったし。

渡辺プロダクション設立50周年 MIX CD~G・S、コミックソング&アイドル編~ mixed by DJパンダとササノハ申し訳 WEST
渡辺プロダクション設立50周年 MIX CD~G・S、コミックソング&アイドル編~ mixed by DJパンダとササノハ申し訳 WESTオムニバス 植木等 塚田茂

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-07-26
売り上げランキング : 43841

おすすめ平均 star
starいいっすね〜
star普通のコンピ盤に飽きた人に

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑ナベプロの豊富なコンテンツはさすが。

そんなわけで、二作目の『経験』でいきなりセクシー路線になったのだろう。ためいき歌唱の先輩に奥村チヨがいた。そのあたりもかなり参考にしたような気がする。

続いて『私生活』『めまい』とスマッシュ・ヒットを繰り出す。当時、たしかに聴いていたのに今じゃすっかり忘却の彼方・・・。それは彼女自身の活動期間があまりに短かかったせいでもある。実働期間はわずか2年。

西郷輝彦との結婚・引退は、鮮やかな幕引きになるはずだった。そのまま家庭に収まって、表舞台に現れなければ「伝説の歌手」の仲間入りもできたはず。ま、名声だけじゃ食べていけませんが。

したたかな女ぶりを聴かせてくれた辺見マリ。でも、実生活は全然タフじゃなかったようで。(娘のえみりの方がよほどタフそうだ)
   → 離婚した辺見マリ「捨てられるのが怖くて…」

虚像と実像は誰にだってある。けれど一番ビックリしたのは本人でしょう。「こんな人生のはずじゃなかった」って。まあ、ここは何事も『経験』ということで・・・。(他人事だから軽く言ってのけます)

決定盤シリーズ 昭和のポップス大全集決定盤シリーズ 昭和のポップス大全集
オムニバス 中村雅俊 桑田佳祐

コロムビアミュージックエンタテインメント 2006-12-20
売り上げランキング : 208935

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑たしかに決定盤にふさわしい楽曲が、いっぱい!

♪試 聴⇒ ロッテ歌のアルバム コロムビア編icon
♪試 聴⇒ ラヴ・レターicon
♪試 聴⇒ 昭和カヴァーズ・ヒッツ~歌謡曲icon

★辺見マリ(全シングル)







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑やめて クリックするのは やめて~(ウソ。押してください)

<広 告>




スポンサーサイト

コメント

隣に住んでた女の子

「経験」変な歌でしたね・・・(笑)。

実は私、幼稚園に入る前には既に知っていた曲でした。
なぜなら当時、隣に住んでいた幼稚園児の年上の遊び友達(?)の女の子が唄っていたからです。

「♪やめて・・愛していないなら・・・」

最初、「いきなり何を言い出すのかな」と驚きました、溜め息までつくんですから・・・(笑)。
両親のどちらかが好きで、いつも聴かされていたんですかね。

勿論「物マネ」をやっていたわけですが、今から考えると、後の山本リンダ、ピンク・レディ同様、その強烈なインパクトは子供にも少なからぬ影響を与えたんですね。

さてこの子、私の目の前で、これまたいきなりオシッコをし始めたりと、少し変わった子でした・・・。

庭にはきったならしいマルチーズがいたり、そのフンをその子の母親がスコップで土に埋めたり、と・・・。

この歌を聴くと、その子をいつも思い出します。
それでは。
day 2007-06-0822:50
name
trip -
url

編集 ]

辺見マリの影響力・・・

セクシー歌謡の先鞭をつけた人、とはあまり思ってません。ためいき歌唱だとどうしても奥村チヨが浮かびます。後の安部律子、リンダ、夏木マリ、とは系統が違う感じだし。ポッカリ浮いてる印象でしかも活動期間が短いのがむしろ彼女を際立たせているのかも・・・。でも、『経験』というタイトル、今ひとつ意味がわからない私です・・・。
樟さんはこの曲にあまりいい思い出、ないようですね。でも逆の意味でインパクト大!なんですね(笑)。
辺見マリは、化粧のケバさ(当時の流行かな?)で、よくわからなかったけど実は相当、綺麗だったと勝手に睨んでます。(←過去形)
day 2007-06-0823:21
name メロオ
trip -
url

編集 ]

経験とは・・・

こんばんわ。

先日、嘗て通った幼稚園の前を通りかかった時、ふとこの曲を思い出して歌詞を眺めてみました、あらためて・・・。



やめて 愛してないなら やめて 口づけするのは やめて このまま帰して
貴方は悪い人ね 分かってても貴方に逢うと イヤと言えない駄目なあたしね
だから今日まで だから今日こそ 嫌いにさせて 離れさせて

やめて 本気じゃないなら やめて きつく抱かないで やめて そんな気休めは
貴方はずるい人ね 分かってても 貴方の後をついてゆきたい 駄目なあたしね
だから泣かせて だから一言 嫌いにさせて 離れさせて



性悪な男に捕まってしまって逃れたくても逃れられない女の叫び、なんですけどこの叫び、大分前に「身の上相談」で全く同じこと、訴えた女性がいました。
回答者は美輪明宏さん、彼?は言い切りました、一言で・・・。
「彼、(性)行為が上手いんでしょう・・・、要するに。」
その女性は一言もありませんでした、図星、だったんですね。

つまりこの作品のタイトル「経験」とは「体験」、即ちこの性悪男との「行為」、頭では分かっていても体では止められない、ゆえに離れられない、と、こういうわけ、ですね・・・(^-^)。

「あたし」は禁断の果実(試すことの許されない快楽)を、口にしてしまったわけです。
その証拠に「嫌いにさせて、離れさせて・・・」、なんて言ってますよね・・・。

作詞は安井かずみさん、阿久悠さんより(おそらくは)前に、こんな詞、書く人がいたんですね・・・。


さてそれではナゼ、件の幼稚園の前を通りかかった時に、この歌を思い出したのか、私は。
それは、私がここの入園試験に落ちたからです・・・(ToT)。

当時幼稚園は「買い手市場」、手間のかかる子は敬遠されていました。
私が落とされた理由、それは試験会場で「泣いた」から、でした。
困った両親は町の有力者(代議士)に頼み、幼稚園に圧力をかけてもらいました・・・(笑)。
その結果、入園を許可されたんですからイイ加減なものです、全く・・・。
そしてその時「仲介の労」をとってくれたのが隣の小母さん、「隣に住んでた女の子」のお母さんだったわけです・・・(笑)。

この幼稚園で私、どういうわけか若い女の先生達にとてもかわいがられました。
が、一つだけ確かなことは、試験を受けたことすら分からないでいた私とは正反対に、先生はじめ全職員が私の「不正入試」の事実を知っていた、ということです。

ま、「知らぬが仏」な・・・ おもひで、でした。
それでは。

 
day 2007-09-2522:24
name
trip -
url

編集 ]

「やめて」

『経験』は、実際「体験」を唄ってますが、さすがにそのままタイトルにしたら直裁すぎたのでしょう。だから今ひとつボヤッとした『経験』というタイトルに・・。でも、それならいっそ「やめて」とかいうタイトルの方が良かったかな(笑)。

幼稚園といえば、私も入園テストをしっかり覚えてます。三角形を組み合わせて図形にする問題が出来なかったから・・・。ま、それでも受かったんだけど。でもネットで見る限りその幼稚園も、もう無くなってしまったようです。
day 2007-09-2706:48
name メロオ
trip -
url

編集 ]

となりのトトロ

こんばんわ。

大分間が空いたのですが・・・・、
そういうわけでこの、私を一度は無慈悲に拒絶し、
しかし結局は暖かく?迎え入れてくれたこの幼稚園、
その日、窓の下を歩く私の耳に飛び込んできたのは、幼稚園のおそらくは先生の奏でる
素晴らしい素晴らしいこの曲の調べでした、ピアノの・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=AUpIw6umIbg
Google検索では(YouTube - となりのトトロ OP)

1988年頃の作品でしたね、確か・・・。
バブルに踊ってた頃ですね、日本が・・・。

このアニメ、時まさに「三丁目の夕陽」の時代、武蔵国は所沢のお話でした・・・(^-^)。
day 2008-01-2221:04
name
trip -
url

編集 ]

歳月の感じ方

もう、20年前ですか・・・。ついこの間のような気がするのは、私も歳なんでしょう(笑)。

歳月の感じ方が、全然違いますよ・・・。
day 2008-01-2400:31
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/503-1b9808f0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。