なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-08 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小坂一也

小学生のとき、学校の成績が上がったら自転車を買ってもらう約束をした。
結局、さほど上がらなかったが、親は最初から買う腹づもりだったのだろう。

晴れて母と一緒に近所の自転車へ向かう。五段変則はもちろん、オイルブレーキとか、三つ目ライトとか、様々な仕様があってかなり悩んだ。しかし、そんな嬉しい迷いも値段の前ではもろくも崩れ、しかもその店にある中で選ぶしかなかった。

まぁ、それでも愛車を手にしたときの喜びは格別で、もしかしたら大人になって自動車を購入したときの喜びにも勝るものだったと思う。

WAGON MASTER
WAGON MASTER小坂一也

コロムビアミュージックエンタテインメント 1990-10-21
売り上げランキング : 118363

おすすめ平均 star
starエルビス+ハンク→小坂一也

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑たっぷり小坂が詰まってる。ところで「カントリー」って、日本だと「民謡」になるのかな。

そのとき、自転車屋のおじさんは誘いをかけてきた。「サイクリング・クラブに入らない?」って。私の住む地限定なのかわからないが、町の自転車屋さんが運営するそんなクラブがあったのだ。要は日曜日にガキんちょを集めて、近隣までサイクリングするらしい。

その頃の私は、たいへん忙しかった。土曜日の午後は絵画教室、日曜日の午前中はカブスカウト(ボーイスカウトの下部組織)活動。まぁ、今考えると勉強と無縁なものばかりで・・・。って、いうか週末に家から放り出されていたような(笑)。だから一度も参加したことはないけれど、「自転車」を丁寧に扱っていた時代だと思う。

そこで、小坂一也の『青春サイクリング』という曲だ。
もちろんオンタイムで知ってる曲じゃない。実は、そこの店頭で流れていた。通学路の途中にあったのでよく覚えている。

コロムビア音得盤シリーズ 小坂一也コロムビア音得盤シリーズ 小坂一也
小坂一也

コロムビアミュージックエンタテインメント 2003-05-21
売り上げランキング : 7559

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑「元祖・和製プレスリー」だったとは・・・。

イベントや業種に最適な歌というのがあって、たとえば国生さゆりの『バレンタイン・キッス』なんて2月には欠かせない。小坂一也も当時の自転車屋さんにはベストソングだったのかな?(その店が特殊だった気もする)

しかし小坂一也という人は、元、十朱幸代の旦那で役者だと思っていた。後年、歌も唄っていたことを知るが少々、ギャップがあった。なにしろサスペンス・ドラマの犯人役(それも気弱な)の印象が強かったから。

私は1950年代から60年代前期の青春群像に、「キャンプ」「サイクリング」「広場」といった単語が浮かぶ。(60年代後期で「レジャー」、70年代後期で「ディスコ」かな)とても大まかなくくりだけど、その時代の若者のキーワードみたいな感じ。それは、やはり舟木一夫の存在が大きい。結果として、小坂一也もそのイメージに関係していたのかも。

それにしても今、日常的に「サイクリング」してる人ってどれぐらいいるのだろう?オートバイが気軽に買えるようになり『青春ツーリング』になったのかな。(今は健康とエコの点で、少し見直されているようだけど)

※1950年代の人ですが、60年代にカテゴリました。

青春歌年鑑 50年代総集編
青春歌年鑑 50年代総集編オムニバス 笠置シヅ子 並木路子

コロムビアミュージックエンタテインメント 2004-11-03
売り上げランキング : 8217

おすすめ平均 star
star昔の歌謡曲は、よかった。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑なぜか、結構知ってます。

♪試 聴⇒コロムビア音得盤シリーズ/小坂一也icon
♪試 聴⇒ドーナツ盤メモリー 恋すれど廃盤 Vol.1 ナイス・ガイicon
♪試 聴⇒決定盤シリーズ 続 この人この歌大全集icon
♪試 聴⇒青春歌年鑑 50年代総集編icon

★小坂一也 神様がくれたラストコンサート







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑握るクリック 心も軽く ヤッホー ヤッホー(お願いします)

<広 告>




スポンサーサイト

コメント

気持ち良さそうな歌

私の記憶違いかもしれませんが、この人、ポリデントのCMに出ていたような気がします。

『青春サイクリング』私はカラオケで歌った事ありませんが、昔の歌って、歌ったら気持ちいいんだろうなぁ?って曲が多いですねぇ。
例えば、これは私もたまに歌いますが、灰田勝彦の『野球小僧』とかみたいな、そんなシチュエーションですね(笑
ちょっとわかりづらい説明ですが、そのうち『サイクリング』挑戦してみますね。
リアルなサイクリングもあまりしてないので、健康の為に歩いたりサイクリングも必要かなぁ?と感じる今日この頃です。
day 2007-10-0521:21
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

これまた初コメント

・・・ありがとうございます(笑)。言われてみれば、そんなCM見たような。
以前、どこかのコメント欄に書きましたが灰田勝彦の『野球小僧』、大好きでCD買ってます。歌と無縁と思っていた叔父の、実はレパートリーでした。ホントは取り上げたい人でもあります。
day 2007-10-0522:42
name メロオ
trip -
url

編集 ]

視聴・小坂一也

初めて歌ってるお姿、拝見しました。私は彼の世代じゃないから、
何の感慨もないけど、ハマッタ世代の方には懐かしいでしょうね。

★ウェスタン・メロディ
http://www.youtube.com/watch?v=BDQz4Ih7FGY

★『青春サイクリング』
唯一、知ってる曲です(笑)。
http://www.youtube.com/watch?v=L9Z9aqsZPTg
day 2008-05-0806:45
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/505-a0809a6f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。