なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-06 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドルは「東京タワー」と共に・・・

森昌子が「スター誕生」からデビューを飾ったことは、大きな衝撃だった。
まだ中学生なのに、プロの歌手になるなんて・・・。当時は、とても考えられない出来事だった。それは、同年代の青少年に大いなる夢(錯覚)を与える。

この一事は「歌謡界の低年齢化」を促進していくこととなる。
森昌子が懸命に道を切り拓き、桜田淳子が「ププルピププピア」と、きれいに舗装した。そして、真っ赤なポルシェに乗った山口百恵が「バカにしないでよ」と、駆け抜けていった。

1970年代は、まさに「花の中三トリオ」と新・御三家(郷ひろみ西城秀樹野口五郎)が歌謡界を席捲していた時代。それは同年代の私にとっても、まさに「青春」そのもの。

そして見ていくと、なんと昭和33年生まれの人が多いことか。その年は、全長333メートルのあの「東京タワー」が誕生した年でもある。
「百恵世代」とも言えるが「東京タワー世代」と名づけて、そんな方々を短くまとめました。
          

■東京タワー世代な方々(下段はデビュー曲あるいはメモリアルな曲)


山口百恵
『ひと夏の経験』
GOLDEN☆BEST/PLAYBACK MOMOE part2
ヤボったく見えたデビュー当時の彼女。後に出た「小林美樹」と似た印象。しかしここまで綺麗になるか!と思うほどの変身。それと共に気品も備わっていく。
森 昌子
『せんせい』
ベスト
「スタ誕」時の彼女は、知らないけど間違いなく先駆者だった。30数年経った今も、顔の印象が変わらないのは・・・。しかし「演歌」というジャンルは息が長いなぁ。
桜田淳子
『天使も夢見る』
ベストコレクション76
デビュー時のウィスパー・ボイスは、そのエンゼル・ハット共に神秘的ですらあった。(実は声が出てなかった?)・・・好きでした。『はじめての出来事』は名曲!
原田真二
『てぃーんず・ぶるーす』
原田真二 ゴールデン☆ベスト-1992~1996 SHINE THE LIGHT COLLECTION-
シンガーとソングライターとアイドルの三冠王!そんなモデルケースは、いまだ彼しか知らない。まぁ、きわめてその期間は短かったが。彼を見ると、ついビーバーを思い出すのは私だけ?
岩崎宏美
『二重唱』
GOLDEN☆BEST
デビュー時の期待は、実はそう高くなかった?美貌が重視された時代のアイドルなので。でも隠し切れない才能で、すぐに頭角を現す。私、手を握られた(笑)←詳しくは記事、読んでね。
玉置浩二
『田園』
’06 PRESENT TOUR LIVE “発散だー!!
同年齢とは思いにくい・・・。まあ、デビュー時期が違うのでひと括りにはできない。奔放だったと思うが、今はすっかり枯れちゃった?いえ、そう簡単に性向は変わらないものです。
伊藤咲子
『乙女のワルツ』
ゴールデン・ベスト
岩崎宏美と対照的。期待は高かった。楽曲にも恵まれたのに。その違いは何?わかれば名プロデューサーになれる。『ひまわり娘』のイメージは良かったのかなぁ?
石川優子
『クリスタル・モーニング』
優子ときめくころ(紙ジャケット仕様)
ファンでした。デビューが遅い分、アーティスト性を持たせていた。クリスタル・ボイスで歌唱力もある。何よりあの「笑顔」がgood!いちおうシンガーソングライター。
岡田奈々
『青春の坂道』
<「岡田奈々」SINGLESコンプリート
アイドル時代は綺麗すぎて近寄り難かった?でもホント可憐すぎる。堀越の同期は早々たるメンツ揃いで、とても学校とは思えない。ああ、私も通いたかった笑)。
design by chococo


デビュー期が違う人もいて、すべてを「青春」とは言い切れない。
しかし、見渡してみると「東京タワー世代」のなんと豊作なことか。それは「森昌子に触発された年代」といってもいい。そして一番触発されたのは、実は制作サイドなのでしょう。
(たまたま、この年齢の方々が目立ったので、そう思えるのかもしれません)

他にもこんな方がいる。↓ ↓(順不同)

久保田早紀 ⇒ 『異邦人』は、時代を超えて残る名曲。      
西川峰子  ⇒ 「あげるわ戦争」の一方の雄?(記事見てね)
相本久美子 ⇒ 近藤久美子時代の『小さな抵抗』は、名曲。
中原理恵  ⇒ カッコイイ。口ゲンカしたら勝てなさそう。
●金井夕子  ⇒ 無表情な顔が印象に残ってる。笑わないアイドル?
●高橋ジョージ⇒ あの頃は、カッコ良かったのに・・・。
●小金沢昇司 ⇒ ジョージが抜けて今や北島プロの番頭か。 
豊川 誕  ⇒ 内藤やす子の『弟よ』を思い出す・・・。
●山川 豊  ⇒ 兄貴は硬派で、弟ナンパ?でも弟の方が先輩。
●小林明子  ⇒ 小坂明子と一字違い。印象も似てる(笑)。
太川陽介  ⇒ 父親参観や運動会に絶対、顔を出しそう。
●白井貴子  ⇒ 元・学園祭クイーン。この一曲がよくわからない。
●山下久美子 ⇒ 昔はたしかに「小町」で「ドキッ」とした・・・。

PS:東京近郊に住んでたのに、一度も東京タワーへ登ったことありません。OPENしたばかりの「霞ヶ関ビル」は登ったけど。たしかエレベーターで上がるだけで当時、500円とられたような・・・。(今の貨幣価値で千円以上かな)

デビューアルバムに針を落として・・・ 70年代アイドル編デビューアルバムに針を落として・・・ 70年代アイドル編
オムニバス

ポニーキャニオン 2006-09-20
売り上げランキング : 65139

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


♪試 聴⇒「デビューアルバムに針を落として…」70年代アイドル編icon
♪試 聴⇒テイチク70’sアイドル・コレクションicon

三丁目の夕日の時代 東京タワー篇―写真と資料で読む昭和30年代大図鑑!! (ワンダーライフスペシャル)三丁目の夕日の時代 東京タワー篇―写真と資料で読む昭和30年代大図鑑!! (ワンダーライフスペシャル)

小学館 2007-10
売り上げランキング : 98283
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑懐かしさがギュッと詰まったムック本!







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑バンザイ、なしよ(クリック、ありね)~(←お願いします)

<広告>




スポンサーサイト

コメント

東京タワー世代

実は私もこのブログにお世話になってほぼ半年、ウスウス感じ、ほとんど明日にでもコメントしようと思っていたことでした。
独立した記事になったのは、「以心伝心」?・・・(笑)。

私なら「三丁目の夕日」の文言も入れましたね・・・(笑)。

石川ひとみさん、彼女は昭和34年生まれなんですよね、オマケで仲間に入れてもらえませんかね・・・(笑)。

現在抵当に入っているとの噂の「東京タワー」、その存在が危ぶまれているわけですがともあれ、「昭和33年」私、語りたいことが少なからずあるので、コメントしたいと思います。

それでは。

day 2007-06-2021:52
name
trip -
url

編集 ]

33.4~34.3まで

「三丁目の夕日」を入れ損ない申し訳なかったです。すぐに気づいたんだけど・・・。
昭和33年といえば、野球界に輝くあのお方がプロデビューを飾った年でもあります。そして、現・巨人軍監督が生まれた年でも・・・。
まあ、意味を探ればなんとでもなるけれど、やはりいろんな方を輩出した年に感じるなぁ。「東京タワー」がシンボリックに思えてきます。
新東京タワーが誕生する年も、要注目かも。ただし、その結果は数十年かかりますけど(笑)。

PS:「世代」という言葉を使ってますが、ピンポイントで昭和33年に焦点を当ててます。たしかに「世代」であれば数年の幅はOKなんですが・・・。
翌34年は、石川ひとみ、片平なぎさ、榊原郁恵等々のお方がいますね。でも当時を考えると一年の違いは大きいのではずしました。
day 2007-06-2106:29
name メロオ
trip -
url

編集 ]

祖父の形見

こんばんわ。

私に一番身近な「昭和33年」、それは腕時計なんです。

実はこれ、祖父の形見です。
祖父はその年の暮れ、東京タワー竣工直後に日本橋の高島屋本店で求めました。

当時男の持つキチンとしたものは大抵舶来で、給料の何か月分もしました。

祖父の死後は父が使い、私が譲り受けたのは成人して大分経ち、その価値がわかったとみなされてからでした。

この自動巻きの時計、当時はそれこそ「世界最高」の精度を誇ったようですが、ご案内の通り我が日本がクォーツを組み込んでからは、「ただの」時計になってしまいました。

造りは丁寧ですが今は100円ショップの時計より、狂いは大きいです・・・(ToT)。

それでも日常生活には何の支障もありません。

奈々さんやひとみさんとほぼ同い年のこの時計、これからも使い続けようと思います。
それでは。
day 2007-06-2122:47
name
trip -
url

編集 ]

腕時計・・・

・・・忘れていた記憶がいろいろ甦りました。

初めてつけたのは中学入学時。電車通学だったので、必需品でした。しかし、やがて転校と共に不要となります。いや不要どころか、校則で禁止事項になってました。
転校先の中学へ登校した初日。当然、それまでの習慣で腕時計を装着してました。でも、それはその地ではイケナイコト。きっとまわりの生徒からすれば生意気に見えたかも。しかし、腕時計ひとつに、そんな意味があるなんてまったく想定外。それまで至極当然だったから・・・。
まあ、差別化を助長しかねないとか、いろいろ理由あるのでしょうが・・・。なんだか「都落ち」した落武者の気分でした。

次の腕時計は、高校入学時に親戚からお祝いとして貰ったもの。そして高校時代が腕時計をした最後かな。以後、社会人になっても、めったに腕時計はしてません。
時間に縛られないアウトロー化になっていく(笑)。

昭和33年とはまったく関係ありませんが樟さんが書かれた「腕時計」で、思い出しました。

そんな腕時計たちは、いったいどこに行ったのか?捨てた記憶はないのだけれど・・・。
高価な品は大切に扱うので、おじいさまの形見として三代にもわたって引き継がれるのですね。
「高価」の持つ意味が、そこにはありますね。
day 2007-06-2219:59
name メロオ
trip -
url

編集 ]

特急こだま

昭和33年11月、国鉄は(後の)151系特急電車を開発し、「こだま」という愛称をつけて、東京ー大阪間で運用を開始しました。

最高時速は110キロ、それまで客車を機関車が牽引する特急では8時間近くかかっていたのが6時間50分と関西に「日帰り」で行って帰って来れるようになったわけです。

「行ってすぐに帰ってくる」ということで「こだま(エコー)」というわけです。
因みに現在はJR東海、西日本の新幹線の一番「遅い」列車の愛称ですね。

で、それから約50年、最高時速110キロといえば今は普通や快速の電車の営業速度となってしまいました。

では、今日本で一番早い列車はといえばそれはJR西日本の新幹線「のぞみ」、営業速度としては世界最高の時速300キロを区間限定ではありますが出します。

この間、姫路ー新神戸辺りで体験しました、それもトイレで・・・。
わざわざ放送したのでわかったのですがどうりで激しく揺れると思いました。
アレ、却って乗り心地は悪いです。
そろそろ線路の方も高速運転用に改良して欲しいです。
それでは。
day 2007-06-2621:27
name
trip -
url

編集 ]

新幹線

最近は「乗り鉄」とか「撮り鉄」などと細分化している「鉄道ファン」。メディア露出度の高さもあって認知度が高まってるようですね。
私、新幹線はわずか2、3度しか乗ったことがありません。でも名古屋時代に、見るだけは何度も見てます。
名神高速と平行して走る区間があって、気分だけはしょっちゅう競争してました。

路線の整備化は、やはり「東京オリンピック」が視野にあったのでしょうか。
day 2007-06-2807:54
name メロオ
trip -
url

編集 ]

勉強になりますぢゃ♪

昭和33年生まれのスターはこげにいるとでつか…
せやけど…白井貴子とか小林明子もそぅやったとは…
先生の“切り口”のこぅいったところは見習わんと♪
そそっ…うちの“ヘタレ”ブログにも書いたんやが…
阿呆鳥ってバンドの「愛した分だけ」って知ってる?
また聴きたい思ぅとるんやけど…中々なくてのぉ…
day 2007-07-0507:27
name chibaggio
trip lLj05HdQ
url

編集 ]

勉強不足で・・・

・・・すいません。聞いたことあるような気もするけど「阿呆鳥」、知りません。
ところで映画「三丁目の夕日」の続編は、舞台が昭和34年らしいですね。東京タワー完成後。すると続々編は、昭和35年が舞台か?

しかしchibaggioさん、やはり・・・。以前、転居って記事読んで、もしかしたらと思っていたけど。まあ決めたんだからあとは新生活に向かって、というところですね。
day 2007-07-0520:38
name メロオ
trip -
url

編集 ]

吉永小百合さんの・・・

所に書こうと思ったのですが・・・。

早船ちよ著「キューポラのある街」、御存知ですか。
埼玉県は川口市、この「鋳物」の街を全国的に有名にした小説です。
映画の方はおそらくご覧になったことと思いますが・・・。

キューポラとは鉄を溶かす「炉」のことです。
お話は昭和33年頃から始まります、ヒロインは確か当時中学3年生の鈴木ジュン、彼女の「心と体」の成長、そして彼女を取り巻く人々、更に東京オリンピックに向けて発展しつつある川口の街を描いた、文庫本にして6巻の中篇です。
特に第一巻の内容は中学1年の私にはとても「衝撃的」でした。
「女の子」を見る目がその時以来変わりました、そして何より暫く「ご飯」が不味くて仕方ありませんでした・・・(ToT)。

でも今から考えてみると「三丁目の夕日」の時代の「庶民」の暮らしが良く分かる物語でした。

機会がありましたら是非読んでみてください。
それでは。
day 2007-07-0711:33
name
trip -
url

編集 ]

「キューポラのある街」

・・・見たことあります。いつものようにすっかりストーリーは忘れてますが(笑)。
ただし小説はまったく読んでません。文庫で全6巻ですかぁ・・。おそらくその文庫も廃刊かも。(違ってたらすいません)
近年の文庫の廃刊は急速ですから。もともと名著は、長く広まる意図で文庫化される理念だったはずですが、今の文庫の在り方は違いますからね。これも時代の流れで仕方ないのかなぁ。

ちゃぶ台が健在だった昭和30年代から、思えば遠くへ来たもんだ・・・。
day 2007-07-0721:30
name メロオ
trip -
url

編集 ]

アニメーション 三丁目の夕日

こんにちは。

1989年の一月に「昭和」が終わりました。
だからかどうか、この漫画が注目され、アニメ化されました、翌1990年に・・・。
もっとも人気という点ではイマイチの感、まぬかれなかったようなんですが・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=1Vj6-zj3KM8
Google検索では(YouTube - 三丁目の夕日 OP)

このオープニング、音楽は羽田健太郎さんだったんですね、歌声は富田靖子さん・・・。
懐かしいです、そして結局は、最近二作続いた「実写版」(映画)より良かったような気がします、格段に・・・。

このアニメ、原作に忠実でした、何と言っても・・・。
おまけに「声優」が素晴らしいです。

原作者の西岸良平さん・・・、その作風、経歴を見ると、どうやら「親」の世代には
非公式な「身分制度」があった最後の世代、即ち「団塊世代」にあって、
相当恵まれた家柄、もしくは家庭に育ったそれゆえ、物事を真直ぐに、客観的に見られる、
もしかしたら小説家としても成功したのではないかと、そんなふうに思われる漫画家です。

では1990年11月9日放映の「道草」を・・・・・・・・・意外な展開ですよ~(^-^)。

http://www.youtube.com/watch?v=mvfLTw6v7fw&feature=related

Google検索では(YouTube - 三丁目の夕日#4B)
day 2008-02-0316:44
name
trip -
url

編集 ]

今、ファミ劇で

・・・オンエアされてますね。西岸良平といったら、あれはたしか虫プロ商事が出していた月刊誌「COM」で新人賞を受けたことを後付けで覚えてます。(古本屋で友人が買ったのを読んだので)
当時からほとんど絵柄が変わってません。昔、「三丁目の夕日」の第1巻がでたとき買いました。「夕焼けの詩」のタイトルの方が大きかった覚えが。でも、まさか今の時代まで続く作品になるなんて・・・。
day 2008-02-0415:09
name メロオ
trip -
url

編集 ]

はいからさんが通る OP

こんばんわ。

「はいからさんが通る」、リンク、切れてしまったようです再び・・・(T-T)。

で、探してみたところ・・・、こんな素晴らし映像、ありました・・・(^-^)。
こちらから・・・

http://fooooo.com/watch.php?id=05aae9dd687d003e2d9cac54386905a5&site=&url=

ステレオになりましたね、画像も鮮明、言うこと無しです。

今度こそ、いつまでもいつまでも繋がっていますように・・・。
day 2008-02-0520:50
name
trip -
url

編集 ]

“三丁目の夕日”など連載している…

…“ビッグコミックオリジナル”、本当に長期連載が多いですね。
浜ちゃん、浮浪雲など
ソフトバンクホークスの某背番号90の選手は、今年限りで引退だそうですが、果たしてどうなるのか?
それとも息子を主人公にするのか?

これがアニメで放送されていた時代は、まだ、バブル経済真っ只中の頃で、なおかつ、裏番組が、猫型ロボットのあの番組で、視聴率的には、苦戦したのではないかと思われます。
この時間帯に放送されたアニメにはもう一つ思い浮かんだのがありますが、それは別項に書きます。
最近、映画化されて、人気を博していますが、自分も、あの映画はちょっと漫画の世界とは違うかな?と感じています。
則文はあんなに凶暴じゃないし(笑、茶川はあんなに熱くないし(笑
漫画と映画は違うのでそれはそれでいいのかなぁ?とは思いますが、漫画を愛読しているものとしては、なんとなく違いを感じます。
これはアニメ化された時代が早すぎたのかな?そんな感じがします。
今ぐらいの時期なら、案外人気が出たかもしれませんねぇ。
まあ、しかし、名作には人気云々は関係ないので、これからも、漫画でこの世界観を見せて欲しいなぁ!と思います。

“はいからさんが通る”これもよく映画化されたり、ドラマ化されたりしますね。
アニメ版の声優は、紅緒が某猫型ロボットの妹“ドラミ”をやっている横沢啓子、少尉が“ベルサイユの薔薇”でロペスピエール、また“キン肉マン”のスピンオフ作品“闘将ラーメンマン”でラーメンマンを演じた森功至、です。
この図柄、割と好きで、少女漫画チックなところからギャグチックに変わるところがなんともいえません。
もちろん、元・伝書鳩の関田昇介のボーカルも印象的です。
ドラマでは、1985年に月曜ドラマランドで、紅緒:三田寛子、少尉:野口五郎、2002年のモー娘企画では、紅緒:石川梨華、少尉:沢村一樹、メロオさんもご存知な1987年の映画では、紅緒:南野陽子、少尉:阿部寛でした。
たしか、阿部ちゃん、この映画が映画デビューだったように記憶してますが、記憶違いならご容赦を。
阿部ちゃんも、ただの色男から、個性派俳優に脱皮しましたね。

それにしても、紅緒みたいな人が
リアルでいたら、話題も人気も独占するでしょうねぇ(笑
なんだかんだ言っても、明るくて活発な人がいいですよ(笑


day 2008-02-0910:10
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

ビッグコミック

釣りにまったく興味のない私ですら「釣りバカ」は面白かったですね。20数年前にコミックを買い集めていたけど、さすがに今は買わなくなってしまいました。偉大なマンネリズムという言い方があるけど、さすがにこの漫画は少々長すぎかなぁ、と。「三丁目」や「浮浪雲」は今のままでいいですけど。

まぁ、茶川先生は漫画ではあんなに若くないですね(笑)。
day 2008-02-0922:20
name メロオ
trip -
url

編集 ]

他にも…

…タクマ先生は、もうちょっと枯れた感じが無いと雰囲気が無いし、ロクちゃんは男じゃないとちょっと違和感が…。
映画版の茶川は、興奮するところとか、どうしても、“北の国から89帰郷”の「僕は不良なんかじゃない…」を思い出してしまいます(笑

しかし、昭和の世界観は映画も表現はされているかなぁ?と感じます。

それにしても、長期連載されてますが、私ももっぱら立ち読みが多いんですが、ビッグコミックオリジナルで最初に見る漫画は、これか“あぶさん”です。
“玄人のひとりごと”も捨てがたいんですが(笑

アニメの富田靖子の歌っている『恋かくれんぼ』どことなく、吉田拓郎っぽいなぁ?と思ったら、この作曲している“入江剣”と言うのは、拓郎さんのペンネームなんですね。
そりゃ拓郎っぽいわ(笑、本人だから(笑

PS でも、あぶさんは、最近偉大な選手になりすぎだと感じています。
あくまでもちょっと抜けているぐらいの初期のヤスタケが好きですねぇ。
day 2008-02-1014:43
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

マンガのお話

私も立ち読みか、行きつけの喫茶店で座り読みばかり。載ってたら真っ先に読むのは「プルート」ですね。

あぶさん4割、打たなかったからまだ現役続行かなぁ?  
day 2008-02-1021:27
name メロオ
trip -
url

編集 ]

リアル・ホーロー看板

昭和の良き時代の産物と言えば、なんと言っても、ホーロー看板が上げられます。
オミズのハイアース、由美かおるのハイアース、菅公学生服、などなど
そんな中で、一番代表的なのが、いかりや長介のかあちゃんコントのかあちゃんみたいなと私たちの間で言っていた浪花千栄子の“オロナインH軟膏”のあのホーローです。

http://www.youtube.com/watch?v=IPXraAfzWoA&feature=related

これぞリアルオロナインホーロー看板(笑

看板が喋ってるよ(笑 と思いながらこれを見ました(笑
day 2008-02-1612:02
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

なんとも懐かしい

・・・です。でも、このCMに憶えはまったくないけど。
でも台所なんて昭和30~40年代そのものですね。ちなみに「シェリー」の記事で、顔もの看板にリンクしています。
day 2008-02-1621:09
name メロオ
trip -
url

編集 ]

人間五十年・・・

こんにちは・・・(^-^)・・・。

今日は平成天皇のお誕生日にして、東京タワーのお誕生日でもあります・・・。

陛下は75歳なんですが・・・、東京タワーは50歳更に・・・もう一つ50歳なものが今年・・・、
・・・それは旧国鉄からJRに引き継がれし「ブルートレイン(寝台特急列車)」・・・。

昭和33年、「動くホテル」のキャッチ・フレーズで東京ー博多間に運用を開始したこの客車、
増発、そして改良改造を重ねて50年・・・、
しかし「肝心」の「東京発」の列車は・・・、
来春の廃止が決定されてしまいましたこのたび・・・(T-T)・・・。

メロオさんも御存知の如く・・・、そもそもJRの寝台料金は高すぎ・・・(T-T)・・・。
同じ予算を組むのなら「新幹線&ビジネスホテル」、「航空機で日帰り」・・・、
・・・「空気」を運んでるようなものだったんだそうですそういうわけで、最近は・・・。

・・・そういえば件の「東京タワー」・・・、こちらも来るべき「地上デジタル放送」移行に備え、
その「電波塔」の役割・・・、近づいているようですね、終わりに・・・。



・・・人間五十年 化天(げてん)のうちをくらぶれば 夢幻のごとくなり・・・
                  ・・・ひとたび生を受け 滅せぬもののあるべきか・・・



・・・この「曲舞(くせまい)」を好んだ織田信長・・・、49歳だったそうです、享年・・・。

・・・とはいえ「そこ」まであと少しな・・・奈々さんそしてひとみさんは・・・、
元気でいて欲しいですね、いつまでも・・・(^-^)・・・。
day 2008-12-2312:35
name
trip -
url

編集 ]

登ってない

イブを東京タワーで過ごしたカップルも多いことでしょう(笑)。
本文で書いたけど、私登ったことないんです。
OPENしたばかりの霞ヶ関ビルに登って、同日にタワーへ行ったから。
立て続けに登ってもお金がもったいない、と父は考えたはず。
・・・順番が逆だったら登ってたのにぃ。
ま、別にいいんだけど(笑)。
day 2008-12-2506:30
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/510-586b8dbe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。