なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-08 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムード歌謡な夜だった

ハワイアンにはなぜか幼い頃から、妙に心惹かれるものがあった。とても好きなジャンルだが、ハワイには行ったことがない。つまり、ハワイ好きが高じて惹かれたわけではない。

それはスチールギターの奏でる<尾をひく音色>が、私の心にまで尾を引いたせいかもしれない。そして、ハワイアンは「ムード歌謡」の世界とも重なっていた。とくにマヒナスターズはハワイアン出身で、スチールギターを使っていたため音楽性以前にその音色に心ときめいた。

幼かった私は歌詞の意味や歌唱、メロディなど一切ヌキで、ただただ「ボヨヨーン」と糸をひく音色が好きだった。松尾和子との『誰よりも君を愛す』なんて、もうムーディーの極みでしょう。(しかし、ムード歌謡な女性歌手って、なかなか思いつかない)

その嗜好は長じても変わらず、むしろ成長するにしたがってますます強いものとなっていく。しかし、TVではハワイアンを見聴きする機会が少ない。それに代わるものとして「ムード歌謡」の世界を知る。ロスプリモスの『ラブ・ユー東京』などは、少年の身でありながらよく口づさんだものだ。

それにしても、太陽の「ハワイアン」と月の「ムード歌謡」が、楽器次第でこうも重なるなんて・・・。
マヒナスターズ
『誰よりも君を愛す』
<COLEZO!TWIN>和田弘とマヒナスターズ
母は松平さんがお気に入りだった。ソフトな雰囲気が、主婦層に受け入れやすかった?どんな曲も彼らが唄うと「マヒナ節」になる。やはりスチールギターのパワーは強烈です!
ロス・プリモス
『ラブ・ユー東京』
ロス・プリモス 40周年記念・ベストヒット
ネオンを想起させる『ラブ・ユー東京』はもう名曲でしょう。『たそがれの銀座』もなかなか良い!なにより森さんのボーカルは、私の唄い方に多大な影響を与えてます(笑)。
東京ロマンチカ
『小樽の人よ』
鶴岡雅義と東京ロマンチカ 名選集
はたしてムード歌謡なのか?でもレキント・ギターの泣かせる音色は素敵。時代錯誤な『君は心の妻だから』も味わい深い。「夜ヒット」の「歌謡ドラマ」を思い出すグループ。
石原裕次郎
『赤いハンカチ』
石原裕次郎芸能活動50周年企画 メモリー~昭和57年7月25日~
俳優より、歌手・裕次郎を評価している。あの声はムーディーでとても魅力的。いい歌がありすぎていちいち書ききれない。トレンチコートで、どこかの波止場に今でも佇んでいそうだ。
フランク永井
『君恋し』
<COLEZO!TWIN>フランク永井
有楽町に行く前から地名を知っていたのは、もちろん彼のおかげ。東銀座はよく通ったけど、西銀座はさっぱり知らない。口をほとんどあけない発声で、とにかく声は二枚目だ!
増位山
『そんな女のひとりごと』
男の背中/そんなナイト・パブ
案外ヒット曲が多数ある人で、独自の世界を築いてる。ロスプリモスの森さんのボーカルが好きな私には、それをさらにパワーアップした「なよっと感」が心地良い。なかなか歌が聴けないのは淋しい。

もうひとつ言える事がある。私が幼き頃は、時代環境からまだ夜がとても暗かった。それは街灯が少なかったこともあるが、なにより深夜まで開いてる店舗がなかったせいだろう。夜は外出しないものだと思っていた時代・・・。

だから、背徳的なニオイが満ちていて「夜の世界」は、とても魅惑的だった。そして、そんな世界と切り離せない「ムード歌謡」でもある。まるで、夜のネオン街でロマンチックな経験を重ねた気分になるというもの。

さて、グループサウンズの認識が強いパープル・シャドウズだが、『小さなスナック』なんて、もうムード歌謡にしか思えない!この曲も12弦ギターの音色が尾を引いて私の嗜好にドンピシャリ!

実際、彼ら男たちが唄う『別れても好きな人』は、後にロスインディオス&シルビアが唄って大ヒットとなる。もしかしたら、私はどんな曲でもアレンジと使用する楽器で、<尾を引いて>くれれば惹かれるのかもしれない・・・。

オリジナル歌手によるムード歌謡全曲集オリジナル歌手によるムード歌謡全曲集
オムニバス 石原裕次郎 テイチク・レコーディング・オーケストラ

テイチクエンタテインメント 2004-02-25
売り上げランキング : 111554

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑やはり「オリジナル」に勝るものなしって、ところ。

グループの場合、楽器の代わりがバックコーラスになる。「ルルル~♪」などと、見てる分には居ても居なくてもいいように思えるが、その差は大きい。やはり、キーワードは<尾をひく>わけで。

残念ながら効率主義の今、コーラス・グループ受難ともいえる。ビッグ・バンドがやっていける時代じゃない。だからなおのこと、コーラス・グループが奏でる「ムード歌謡」が貴重に思えてくる。

ややムーディーさに欠けるがノリのよい、敏いとうとハッピー&ブルーの『星降る街角』や秋庭豊とアローナイツの『中の島ブルース』なども「ムード歌謡」に組み入れていいでしょう。もしかしたら、ラッツ&スターでさえ組み込みたい気持ちがある(笑)。

ところで、フランク永井石原裕次郎、そして増位山が唄うソロの「ムード歌謡」はどうなの、と問われると少々困る。もちろん大好きで、純度100%の「ムード歌謡」ですね。まぁ、彼らは一人で唄っても声に<尾をひくところがあるでしょ>と、いうことで・・・。

「ムード歌謡」復権の切り札として、ここはぜひ玉置浩二鈴木雅之あたりに唄って頂きたいと真剣に思うこの頃です。彼らが、そんなカバーCDを出せば、間違いなく買いますよ。(クレイジーケンバンドあたりは可能性高そう。ちなみに、ムーディ勝山の面白さが、まったくわからない私・・・)

ムード歌謡デラックス
icon
icon
icon←「ムード歌謡」イコール「昭和歌謡」そのもの。

♪試 聴⇒オリジナル歌手による ムード歌謡全曲集icon
♪試 聴⇒キング・ベスト・セレクト・ライブラリー2007 ムード歌謡 名曲集icon
♪試 聴⇒夜のムード歌謡 決定盤icon
♪試 聴⇒ムード歌謡 定番ベストicon







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑シャボン玉のような あたしのクリック~(←お願いします)

<広告>




スポンサーサイト

コメント

日本初のサポートシステムを搭載したブログランキングが誕生!

日本初のサポートシステムを搭載したブログランキングが誕生!

「管理人様」へ
拝啓 益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さてこの度、日本初の“ブロガー・サポートシステム”を搭載した「パワーブログランキング」サイトを開設いたしましたので、ご連絡いたします。
当サイトは、全く新しい発想から生まれた「ブログランキング」です。
「パワーブログランキング」は、多くのブログを管理し更新続けてきたブロガー自らが作る、ブロガーによるブロガーのためのランキングサイトです。
これまでの常識を打ち破ったサイトの詳細は、
こちらをごらんください。⇒http://www.powerblog.jp/

8月27日~9月30日までは、オープニングキャンペーンを実施。
フルスペックハイビジョン液晶テレビ“AQUOS”など多数の豪華プレゼントの他、
“ベストブロガー大賞2008”への無料エントリー
“ブロガー・サポートシステム”へのご優待など、
【5つの特典】をご用意いたしましたので、ぜひこの機会をお見逃しなく、当ブログランキングに、登録参加ください。
⇒オープニングキャンペーン:http://www.powerblog.jp/campaign.html
⇒ブロガー・サポートシステム:http://www.powerblog.jp/support.html

ご覧のように、ブロガーにとっての豊富なメリットをサイト内に搭載することで、
ブロガーの方々の「豊かなブログライフ」を応援してゆきたいと考えておりますので、
どうかよろしくご活用くださるよう、お願い申し上げます。
⇒新規登録はこちらから:http://www.powerblog.jp/regist/regist.html
敬具
パワーブログランキング運営委員会
day 2007-08-2911:19
name パワーブログ運営委員会
trip -
url http://www.powerblog.jp/

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/532-065fe0d8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。