なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-08 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国生さゆり

うーん、まさか21世紀になっても残る芸能人だったとは・・・。とても予測できなかった。しかも、バラエティという分野で。まあ、そもそもそのジャンルで登場した人だから、無理はないのか。

それにしても、おニャン子時代の彼女はまったく私のツボにハマッていた。アイドルにうつつを抜かす歳じゃなかったので、おニャン子たちは漠然と見ていた。しかし、彼女だけは光って見えた・・・気がする。
唯一のヒット曲『バレンタイン・キッス』は、キュートな振りと相まってとても魅力的に見えたものだ。たしかお父さんは自衛官、だった情報も憶えている。

その頃、なぜかバイク熱に冒された。学生時代も乗り回していたが、それは「原付」(50cc)。ただ私の時代は、原付ならヘルメットをかぶらなくても良かったし、リミッターもついてなかった。(←古き良き?無謀な時代)ノーヘルこそバイクの醍醐味で、風をモロに感じてとても心地良かった。(もっとも夏ならば・・・であって、冬はもう大変)

GOLDEN☆BEST/国生さゆり SINGLES
GOLDEN☆BEST/国生さゆり SINGLES国生さゆり

おすすめ平均
starsエイスワンダーのカバー
starsほのぼの
starsいつでも全力投球!
stars淡々とした歌声が魅力!
starsわが青春のバレンダインディキス 恋の記念日

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑まあ、シングル集が発売されるほどになりました(笑)。

バイク熱に冒されたのは、今にしてみれば「若さの最後」だったのかもしれない・・・。そんなわけで優柔不断な私には珍しく、ソッコーで中型二輪免許を取得する。そして、買ったのがカワサキのバイクだった。通称「忍者」という名の小型バージョン(250cc)である。正しくは、GPX-250RⅡという。(実は近年までガレージで眠っていたが、友人にタダ同然で譲りました)

買ってしばらくして、さゆりちゃん主演のドラマが始まる。いつものように内容はすっかり忘れている私。でも、実はこのドラマで彼女はバイクを駆っている。そして、それが私のバイクと同じ!だった。他愛ないが、そんなことすら嬉しい心理は間違いなく隠れファンだったわけで。

『夏を待てない』、『ノーブルレッドの瞬間』、『あの夏のバイク』までの楽曲は憶えているが、しかし「歌手・国生さゆり」は、さすがに無理があったと思う。だから、早々に幸せな結婚をして消えていくと思っていた。またその方が幸せだったのでは・・・とかつての一ファンは勝手に妄想するのだ。

ロンドンハーツ魔性恋愛図鑑
ロンドンハーツ魔性恋愛図鑑テレビ朝日 全国朝日放送=

おすすめ平均
stars面白いですよ☆
stars魔性!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑他人の不幸は蜜の味。

しかし、『バレンタイン・キッス』という曲は凄い。見事なほどマーケティングのまな板に乗り、シーズンになると必ずどこかでかかっている。クリスマス・ソングには名曲が多いが、その分供給数も多い。しかし、バレンタインとなるともうこの曲の独壇場だ。できれば、「ホワイトディ・ラブ」なんてタイトルで、続編も作ればよかったのに。
(ちなみに今は「キス」という表現が当たり前で、「キッス」は時代を感じる。どこかのおっさんかあるいは子供の表現。あっ、あえて狙ったのかな?)

もっとも歳時を歌えば良い、というわけじゃなく「節分」とか「ひなまつり」「子供の日」になると、これはもう童謡の世界になってしまう。そうすると、やはり歌謡曲に「恋愛要素」は不可欠なんですね。

青春歌年鑑 1986
青春歌年鑑 1986オムニバス

おすすめ平均
stars思わせぶりで絵空事の羅列のような歌
starsもう…遅いねや…(男女7人夏物語より)
stars♪CHA-CHA-CHA-♪の時代に帰りたい!
stars円高ドル安時代・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑車内でよく聴いていた時代。いろんなドラマがありました・・・。

♪試 聴⇒Golden Best / 国生さゆりsinglesicon
♪試 聴⇒バレンタイン キッス 2008icon
♪試 聴⇒作詞活動20周年記念 秋元流 虎ノ門編icon

★国生の「まだまだ続くぞ」ひとりごと ←ご本人ブログ
★SMA公式HP







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑シャラララ素敵にクリック シャラララ素敵にクリック~(←お願いします)

<広 告>
 iTunes Store(Japan)



スポンサーサイト

コメント

『バレンタイン・キッス』

ま、シーズンだから載せておきます。♪あしたは特別 すぺしやある でい~

http://jp.youtube.com/watch?v=j1sJVeo_Nog
day 2008-02-1002:32
name メロオ
trip -
url

編集 ]

すっかり…

…バレンタインの定番になりましたね、この曲。

私も、まさか国生さゆりが、21世紀まで残るとは思いませんでしたが、他のメンバーとは違う雰囲気は持っていたように感じます。

一回聞いて、耳から離れなかったのが、シングルじゃなくてアルバムの曲だと思うんですが『サリーの愛のめるへん』、ふわっとした歌い方や音程がなんとも言えなくて、良かったです(笑
day 2008-02-1015:04
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

泣く子も黙るブームの力

おニャン子の中でも美人度では、NO.1だった気がします。強気な性格も、当時の私は好きでした(笑)。
でも歌、となると・・・。しかし『ノーブルレッドの瞬間』は某化粧品メーカーのCMソングにもなっている(驚)。時の趨勢とは恐ろしい・・・。
day 2008-02-1021:41
name メロオ
trip -
url

編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
day 2008-02-1503:04
name
trip
url

編集 ]

まったく…

…そのとおりで、化粧品のCMソングが

http://jp.youtube.com/watch?v=rFjdY6keP_A

http://jp.youtube.com/watch?v=veWCJ7ZbaDM&feature=related

『ノーブルレッドの瞬間』

が使われるとは、時の趨勢でしょうね。
でも、実はあからさまなGさんのメロディが、歌を抜きにして(笑、なかなか心地よかったりします。

それから、こんな歌もありましたね。

http://jp.youtube.com/watch?v=m3VKp2C535Q&feature=related

『星屑の狙撃手』

これも、あからさまなGさんの(笑、メロディですが、こっちはなんとも言えない雰囲気ですね。
特にサビの部分が、なんとも言えませんねぇ。
day 2008-07-3123:16
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

ゴッキー

『星屑の狙撃手』という曲は知らないんですよ。
可愛いかったり綺麗だったらすぐに惹かれるんだけど、長続きしない体質なもので(笑)。
でもカッコイイ曲です。さすがにゴッキー。

ヒットまで至らなかったのは、やっぱり歌手に問題があったのでしょうか?(笑)
day 2008-08-0117:33
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/535-29afce8c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。