なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-10 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井上陽水

ラジオのヒットチャート番組で、常に上位にいた『夢の中へ』。この曲で初めて陽水を知った。とはいってもラジオなので顔はわからなかった。
子供だったので、それまでの自分の知識をフル動員。そして勝手に思いこんだのが「ブルーコメッツ」でフルートを吹いていた、井上忠夫だ。てっきり彼だと思ったのだ。単に姓が「井上」だけのつながりなのに。

ああ!勘違い、といえばこんなこともある。
時代劇コメディで好きな番組に「素浪人・花山大吉」(近衛十四郎、品川隆二)があった。こんなセリフを覚えている。「おりいって、話がある・・・」私はいったい、いつ檻に行くのだろう?と思っていた。まあバカだったわけですね。

GOLDEN BEST
B00002DDH8井上陽水 平井夏美 星勝

おすすめ平均
stars攻撃的な歌
stars私はファンではなかったんですが・・・
stars常に先頭を行くアーティスト
stars井上陽水が放つ、史上最強のベストアルバムです。
starsとにかく今聞ける限りの陽水のベスト!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑絶対に後世に残る人!

そんな正体不明だった陽水に、注目したのは『なぜか上海』から。
本当に「なぜか」という思いが強い。それまで正当なフォークの後継者だと思っていた。でもこの曲のぶっ飛びかた。歌詞のヘンテコ加減さ。じゃ、今後はこんな方向かと思った矢先『ジェラシー』の登場となる。またまた一転、正統的ラブ・バラード。

たしかに曲調はいずれも「陽水」らしいが、発想というか歌詞の振幅に驚いた。今ではこれらを含めて陽水なのだが。
文才(文庫の解説もしていて見事)があって、あの歌声。世の中に天才っているんだなぁ、とつくづく思った。

近年では、映画【少年時代】の主題歌だった同名曲も凄い。そんなに古い曲ではないのに、すでに「名曲」の貫禄。一番新しい唱歌の誕生だ。 
 ♪夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよう
   青空に残された 私の心は夏模様~

マンガ化作者の藤子A不二雄が依頼した曲だが、出来たときに震えるぐらい感動した、というのも素直にうなづける。

もちろん彼の作品は名曲が多く、そして幅広い曲調だ。しかし彼が歌うとすべて「井上陽水」というブランドに収斂されていく。
これこそが誰にもできない彼の「個性」なのだろう。

♪試 聴

★公式サイト
★井上陽水研究所「青いリンゴ







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑探し物はなんですか クリック押してみたいと 思いませんか~(←お願いします)

<広 告>




スポンサーサイト

コメント

当然っ持ってまっ♪

メロオさん、どぅもこんばんちぃ♪
陽水は多分凡人とは頭の構造がちゃぅんでない?
ってかほんっに不思議な人やと思ぅねんっ
昔のはどっか退廃的な感じの曲が多かった気ぃする…
クリックし難いものですかぁ~♪…ごめんちゃぃ(大汗)
day 2005-08-1920:39
name chibaggio
trip lLj05HdQ
url

編集 ]

誰でももってる?

そうすね。頭の構造も違えば「人間」としての造りも違うようで。詩先でライティングしてると睨んでるけど、どうしてあんなに素敵なメロディが生まれるんだろう?
凡人が考えてもわかるわきゃないすね。曲名、忘れたけど♪風はメコンを渡る~とかいうベトナムだかタイが舞台の歌も印象に残ってます。♪クリックはうまく踊れない~ってことがない事、期待してます(願)
day 2005-08-1923:32
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ニューミュージックの・・・

フォークからニューミュージックの転換期で、ニューミュージックの旗手的だったのが、佳、陽水、博堂の三人だったわけですが、この三方、見る視点が違うだけで、基本的にはそれほど変わらないって感じですよね、声の系統もどこか似ている。
『心もよう』が好きです。
day 2005-08-2018:51
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

転換期には偉人が輩出

「心もよう」はインパクトありましたね。既成の曲にはない斬新さが詰まってた。ところが歌詞だけ見るとかなりクラシカル。
そこが彼の良さなのかも。時代を行き過ぎない距離感。(たまに行き過ぎることもあるけど)
今じゃ「J-POP」と呼ばれるけど自分的にはニューミュージックがしっくり。たしかにみんな系統は似てますね。
day 2005-08-2019:22
name メロオ
trip -
url

編集 ]

いじめ今昔

    メロオ様、こんばんわ。

引き続き花粉症で体がだるいです。とにかく動作が緩慢で・・・。薬の副作用ですかね。
この病気、私から未来永劫春を奪うわけです。

さて今回はいじめの話、最近大人と子供、両方の世界で大流行ですね。
「子は親の鏡」なんですかね。

映画(漫画)「少年時代」いじめ、出てきますね。確か富山県の話でしたか。
ここで私が思い出すのは今は亡き父方の祖母が私の弟にした自らの体験です。
時は大正、所は大阪、いじめはいじめっ子が唯一人いて、毎日順番に自分以外の子を一人ずついじめていく、というパターンだったそうです。
だから次いついじめられるかが、解っている(笑)、でも何も対策を講じられない、なぜか大人に告げ口もしない、ズル休みもしない、自殺者など出ない、という何とものんびり?した
半ば形式的儀式のようなものだったそうです。
とはいえ自分がいじめられる日は朝からイヤで、「早く今日一日が終わってくれないかな」と思いながら(それでも)小学校へ向かったそうです(笑)。

翻って今、いじめとは一対一ではなく多対一ですね。ここが酷いわけですね。
いじめ一つ主体的にできない・・・。情けないの一言です。

さてその祖母が長じて何をしたか・・・。
私の母をいじめました。さらにその母親も私の大伯母をいじめたようです。遺伝するのですかね。
いじめはいじめられっ子がある日いじめっ子に、そしてその逆もおこるから怖いんですね。

姑と言う字、女は解るとして、古は何だかご存知ですか、これは道端に転がっているしゃれこうべのことです。
石原慎太郎のばばぁ発言がありましたが何ともやりきれない現実ですね(泣)。

さて陽水さんのこの歌、大変な名曲なんですが、「目が覚めて 夢のあと 長いハゲが・・・」と聞こえて聴くたびに吹き出してしまうのは私だけでしょうか。
大塚博堂さんならまず、こんなことはないでしょう。
それでは。





day 2007-03-0822:07
name
trip -
url

編集 ]

『少年時代』

最近のいじめは、もはや「犯罪」といってもいいらしいですね。

陽水は、たしかにその独自性から聴き取りにくいことがあります(笑)。『少年時代』は、上映まもなくすぐに見に行きました。勤務中に・・・。
その映画館も無くなり、そして映画もパッとせず、残ったのは楽曲だけかなぁ。
day 2007-03-1301:54
name メロオ
trip -
url

編集 ]

どこに書くか迷いましたが…

…ここにします。
陽水とモップスは、関わりがあるようで、星勝と組んで仕事をする事が多かったようです。
モップスは、割と感覚的に新しく斬新だったようです。
だから陽水も惹かれたのかな?と思います。
そんなモップスのメンバーの一人、♪でも何かが違う(自分的には、♪晩のおかずにハンバーグ ヤットデタデタマン かなぁ)が、先日、遠くに旅立ちました。
鈴木ヒロミツさんのご冥福をお祈り申し上げます。
day 2007-03-2115:02
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

♪横綱得意の小手投げ~ヤットデタデタデタマン~

と私の弟が狂ったように歌ってました、昔(笑)。

鈴木ヒロミツさん、その弟の中学の先輩です。彼は訃報に驚いていました。
因みにその中学の隣の学校を卒業したのが美川憲一さんと桑野信義さんです。
この二つの学校、いずれも東京タワーの真下です。
それでは。
day 2007-03-2120:18
name
trip -
url

編集 ]

鈴木ヒロミツ

本郷直樹と坂口良子、それに鈴木ヒロミツで展開された【アイちゃんがいく】というドラマ。この間まで、CATVでオンエアされていたので、彼の訃報は驚きました。まだ若いのに・・・。
後にモップス出身と知りますが、どうしてもコメディなタレントイメージが強かった。ご冥福をお祈りいたします。

ところで、Geminiさんや樟さんが触れている「ヤットデタデタマン」が、私はわからない。これがジェネレーション・ギャップというものなんでしょうか・・。
day 2007-03-2219:12
name メロオ
trip -
url

編集 ]

楽しかったアニメーション

    メロオ様、こんばんわ。

お尋ねの件、お答えいたします(笑)。
これは、1981~1982年放映のタツノコプロ製作のテレビアニメ「ヤットデタマン」のエンディングテーマ曲で、鈴木さんが歌っていました。タイトルは「ヤットデタマン・ブギウギ・レディ」といいます。今のどぎつい漫画やアニメと異なり悪役にもとっても魅力があった時代でしたね(笑)。
それでは。
day 2007-03-2220:14
name
trip -
url

編集 ]

ドロンジョ系

きっと、【ヤッターマン】の流れを汲むアニメなんでしょうね(笑)。そうですか、彼が唄ってたんだ。「ヤット」 という語感から、もしやとは思ってましたが。
day 2007-03-2220:36
name メロオ
trip -
url

編集 ]

その通りデス・・・。

確か1976年頃放映開始の「タイム・ボカン」シリーズの4、5作目だと思います。ヤッターマン、オタスケマン、あとなんでしたっけ?(笑)。
マージョ様、ドロンジョ様、アターシャ様、色々でてきましたね。「全国の女子高生のみなさ~ん」
「今週のハイライト」
「ブタもおだでりゃ木に登る」
「やってみ~ろやってみ~ろやって~みろ、無駄だと思うけどやって~みろ」
とにかくガイコツに拘った楽しい悪役でしたね(笑)。

ところで・・・。
ぜんぜんギャップ、ありませんね・・・。
いいんだか悪いんだか(笑)、それでは。
day 2007-03-2221:10
name
trip -
url

編集 ]

♪ タンスの後ろの五円玉 ヤットデタデタデタマン

タイムボカンシリーズは、タイムボカン、ヤッターマン、ゼンダマン、オタスケマン、次が、ヤットデタマン、その後、イッパツマン、イタダキマンで終了。その後、2000年頃に、きらめきマンと言うのが、ありました。
ヤットデタマンは、今まで男女二人だったヒーロー側が、一人になり、ロボットアニメ並みの大巨神と言うロボットが出てきて、悪役側の画風も少し今までと違うって感じです。
ちなみに、タイムボカンシリーズの悪役三人組、(声優が)のび太がジャイアンを従えている構図になってます。
このヤットデタマン、OPテーマも今までのと変わり、格好良くなってます。
EDが、今までは、悪役系の曲が多かったのですが、今回はヒロミツさんの『ヤットデタマン・ブギウギ・レディ』、かなりノリが良くて、インパクトがあります。
2曲とも、作ったのは、中日ドラゴンズの『燃えろ!ドラゴンズ』やつボイノリオの『名古屋はええで!やっとかめ』などを作った山本正之、タイムボカンシリーズといえばこの人といった感じです。
カラオケで、鈴木ヒロミツを探すと、これしか入ってない機種が多いです。
私もたまに歌いますよ(笑)

陽水のところで、タイムボカンシリーズと言うのもあれかもしれませんが、星勝つながりと言うことで・・・(笑)
day 2007-03-2306:48
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

最後のニュース

先日、ニュースキャスターの筑紫哲也さんが、73歳で亡くなりました。
闘病生活を送っていましたが、力尽きといったところです。
しかし、ニュースを読む姿、これからも心に残っていくものだと思います。
改めて、筑紫さんのご冥福をお祈り申し上げます。
さて、NEWS23を象徴するような曲が、

http://jp.youtube.com/watch?v=EMcHsKRndg0

『最後のニュース』

です。
陽水ファンだった筑紫さんのこだわりが見えるなぁと感じます。また、去年か一昨年かに出たシャンソン歌手・クミコのカバー・アルバム『十年~70年代の歌たち~』で、曲の選者の一人に、筑紫さんがいて

http://jp.youtube.com/watch?v=7atDt4nS7vQ

『闇夜の国から』

を選曲してました。
これらの陽水曲を聴きながら、亡くなった偉大なニュースキャスターを偲びたいなぁと思います。
day 2008-11-1119:35
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

ジグソーパズルが・・・

たしか『最後のニュース』を初めて聴いたのは彼のアルバムからでした。
どこか異質なファースト・インプレッション。
そのうちTVのエンディングで見聞きして、ピタッと抜けていたピースがはまったように思ったもの。
ジグソーパズルはその時に完成しました。
でも、今そのジグソーは中心にあった大きなピースが抜けてしまったんですね・・・合掌。

前向きな曲を。
★『新しいラプソディ』
http://jp.youtube.com/watch?v=um2MXM576So
day 2008-11-1307:39
name メロオ
trip -
url

編集 ]

奥さんの歌う坂田晃一楽曲

娘さんがデビューしていますが、この夫婦の娘さんということで、色々と七光りとか、雑音を受けやすいのですが、そういうのは気にせずに活躍して欲しいです。

さて、奥さんの歌で

石川セリ『ガラスの女』
http://www.youtube.com/watch?v=me1acopLsCk

こういう曲があります。
メロディラインがいかにも坂田晃一という感じで、なかにし礼の詩とも相まってなかなかいい曲だと思います。
確か、ドラマで使われていたように(銀河テレビ小説だったかなぁ)記憶しています。
声が独特でなかなかいい声ですね。
一時期病気だった様ですが、今は回復され、また歌っているそうです。
これからも歌い続けてほしいですねぇ。
day 2009-11-0711:25
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

サラブレッド

ほとんど『8月の濡れた砂』しか知らない石川セリ。
そういえば陽水の奥さんだったなぁ、とそれすら忘れていましたよ。
そういえば先日、TVにも出ていてまた歌ってるようですね。
まだ娘さんの声は聴いたことないけど、まさにサラブレッド!って感じですね。
day 2009-11-1021:54
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/54-a2d805dc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。