なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-11 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和46年夏~海とラーメン

おそらく、日本初の一大リゾート施設に「船橋ヘルスセンター」が挙げられるだろう。関東圏にお住まいのある年代の方ならご存知でしょう。(開高健【ずばり東京】というルポ記でも書かれています)
温泉、プール、スケート場など、様々な施設とアトラクションがあった。ドリフの【8時だヨ!全員集合】も、よくここから中継されていた。

近くに住んでいた私は、何かにつけ連れて行ってもらった。たいていは両親や叔母たちの集団で行ったが、その夏はなぜか父と二人きりだった。それは、昭和46年(1971年)のこと。パンダが日本にやってくる前年である。

もっとわかりやすく言えば、前年(昭和45年)に大阪で万博が開かれ、翌年(昭和47年)は札幌で冬季オリンピックが開催された。そんな大イベントの谷間に挟まれた年ではあるが、時代は「明日」が感じられ「未来」が信じられた高揚の時代であった。(トワエモア『虹と雪のバラード』が発売されている)

青春歌年鑑 1971
青春歌年鑑 1971オムニバス 小柳ルミ子 加藤登紀子

おすすめ平均
stars「続」の方と合わせてどうぞ
stars歌謡曲の頂点の年だった

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑南沙織のデビュー作『17才』は、いたいけな(?)少年の私を・・・。

ヘルスセンターには「大滝すべり」というのがあって、飽きずに何度も(親のごく限られた予算内で・・・笑)滑ったものだ。
東京湾に接していたので海水浴場もあった。そこは、ある時間帯になるとサイレンが鳴る。満潮を報せるもので、その時は海から出るか、海に立つ木組みのヤグラへ登るのがルールだったと思う。

父と海から出て、水着のまま食堂へ入った。食堂ではBGMに、尾崎紀世彦の『また逢う日まで』が流れていたことを妙に覚えている。そして二人共に、注文したのはラーメン。やがて待つこと数分・・・。出てきたのは「カップヌードル」だった。カ、カ、カップ・ヌードル・・・・・・。

それは不味くて、とても完食などできなかった。(今でこそあのチキン味にも慣れたが)しかし、実はカップヌードルがインスタント食品という認識すらなかった。「紙の容器に入ったとても不味いラーメン」という感想。なにしろ誰も、そんな商品は知らなかったのだから。

週刊昭和タイムズ全国版
icon
icon
icon←この種の本、創刊号はよく買う私。だって安いから(笑)。

調べてみると、カップヌードルの公式な発売日は昭和46年9月18日になっている。しかし私はあの日、父と泳ぎに行ったのだから、間違いなく夏であり8月の夏休み期間なのだ。だから、発売前に食べた計算になる。

そうか、テスト販売、あるいは業務用も視野に入れて、一般販売前にセールスをしていたということか?そして私たちは、まんまとそれに当たってしまった可哀そうな父子だったのだ。うーん・・・。

歳の離れた知人は、幼い頃に父を亡くしている。昔、その彼と雑談をしていた折り、カップヌードルが父との思い出につながり、大好物と語ってくれた。元来、味覚はきわめて個人差があるもの。そこに思い出が絡むと、こうも見方が変わるのかなぁ。

※<夏の想い出シリーズ①>として楽曲に関係なく、私的おもひでを書いてます。スイマセン。ちなみに西暦よりも元号の方が、なじみやすい昭和っ子です。

フォーク歌年鑑1971~フォーク&ニューミュージック大全集(7)~
フォーク歌年鑑1971~フォーク&ニューミュージック大全集(7)~オムニバス はしだのりひことクライマックス 北山修


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑まだ、フォークに慣れ親しむ歳じゃなかった。それでもほとんど知ってる。

♪試 聴⇒青春歌年鑑 1971 BEST 30icon
♪試 聴⇒フォーク歌年鑑71フォーク&ニューミュージック大全集7icon

★1971年の音楽(ウィキペディア)
★1971年特集-BIGLOBE Station50







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑クリックして頂けたら、嬉しいのココロ。ニャロメ!

<広 告>




スポンサーサイト

コメント

なつかCM

船橋ヘルスセンターのCMです。この曲、しっかり憶えてる・・・。http://www.youtube.com/watch?v=DPsJEvkMSJs

これはカップヌードルのCM。まったく記憶にない。
http://www.youtube.com/watch?v=Jwnw5yGkxmM

関係ないけど「ハトヤ」のCMソングもよく聴いたものです。とくに「東京12チャンネル」で。
http://www.youtube.com/watch?v=vBjSHJ8Xj3k
day 2007-09-2923:19
name メロオ
trip -
url

編集 ]

カップヌードルを食べるときの…

…小さなフォークにひそかに憧れを持ちました。
なんとなく格好良く見えたんですよねぇ。
day 2007-09-3016:38
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

ヘルセン・・・

いや、懐かしいですね、船橋のヘルセン、・・・。

実は私、ここが父親の会社の「福利厚生施設」のようなもの、だったおかげで、タダで利用できました、それもお弁当の引換券つきで・・・(^-^)。
しかも初めて連れて行ってもらったのが何と昭和46年、すれ違ったかもしれませんね、どこかで・・・。

しかも「お弁当つき」の私、「カップ・ヌードル」の「魔の手」からは逃れられたようです・・・(笑)。
後年、食べてみましたが美味しいと思ったことは一度もありませんね、残念ながら・・・。

ここは確か、三波春夫(でございます)さんデヴューの地とか、でも、あのドリフターズの中継地のひとつだったとは知りませんでした。

そのヘルセンもいつか無くなり、しかし現在千葉県は、国内観光収入第二位(一位は実は東京)、その理由は浦安市にある(なぜか)東京ディズニーランド、ディズニーシーの存在です・・・。

昭和40年代中期、明日は今日より良くなるかもしれなかった(石油ショック前の)最後の時代、でしたね。
それでは。
day 2007-09-3016:56
name
trip -
url

編集 ]

よくわからん二題

>Gemini...さま
その感覚は、私にもわかります。けれど今じゃ、そういった食べ方をする人見かけないなぁ(笑)。しかしつくづく味覚というのは、よくわからんもの。コーラにしたって、初体験はとても不味かった。

>樟さま
おそらくその昭和46年が、私は最後に行った頃です。大広間の二階ではスマートボールが打てました。小学校の先輩が係りをしてた記憶があります。しかし、先輩といっても子供。12、3歳ぐらいの。そんな子供が働いてたのはよくわからん(笑)。
day 2007-09-3017:59
name メロオ
trip -
url

編集 ]

何と一つ目小僧が・・・

訪ねてくる日なんだそうです、今日2月8日は・・・・(^o^) ・・・(主に関東、東北)。
尚迎える側は当然拒絶するわけですが・・・、魔除けを掲げて・・・。

さてその妖怪一つ目小僧・・・、といえば水木しげるのアニメ、「ゲゲゲの鬼太郎」・・・。

そのうち特に傑作の誉れ高い昭和46年放映の第2作、当然再放送組なんですが、私・・・
今でも一番記憶に残るコワイコワ~イ作品、探したらありましたのでご紹介します。
そのタイトルは「イースター島奇談」・・・、欲の深~い男を待ち受ける運命の物語です。

いずみたく作曲にして熊倉一雄がアノお声で歌うこのなんともいえぬオープニング・テーマとともに、
生涯忘れられぬ作品です。
ではこちらから・・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=UUnXxt6pTus

http://www.youtube.com/watch?v=r3O3jhx1Uxc&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=pUgdn0TG1V4&feature=related

Google検索では(YouTube - ゲゲゲの鬼太郎 イースター島奇談)



day 2008-02-0821:31
name
trip -
url

編集 ]

個性的な声

そんな日だとは知らなかったなぁ(笑)。PCで鬼太郎と変換したら、ちゃんとあるんだからすっかりポピュラーですね。
私はしっかり第一シリーズを見てました。いつものように内容は完全に忘れてるけど。熊倉さんといい石川進といい個性的な歌い方、多かったですねぇ。
day 2008-02-0822:23
name メロオ
trip -
url

編集 ]

スペクトルマン・・・

こんばんわ・・・(^-^)・・・。

1970年代の特に子供向け番組がナゼ面白かったのか・・・?
最近一つの「結論」が出ました私・・・(^o^)・・・、
それは一家に一台しかないテレビのチャンネル権を両親が握っていた時代・・・、
一緒に見るであろう「親」の心にもある程度訴えかける番組作りこそ聴視率に跳ね返る、
との信念のもと、
「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ・・・」
というテレビ局の方針の賜物ではなかったのかと・・・。

そんな中、「フランダースの犬 最終回」、「ゲゲゲの鬼太郎 イースター島奇談」・・・
などと並ぶべき傑作、UPされてました・・・(^-^)・・・。

フジテレビの特撮「スペクトルマン」第48話、49話・・・、
・・・天涯孤独な低能青年山本三吉君の数奇な運命の物語・・・こちらから是非・・・。
(スピーカーアイコンの右のアイコンをクリックすれば、綺麗な画面で見られます・・・)

http://d.hatena.ne.jp/video/niconico/sm996274 (ボビーよ怪獣になるな)

http://d.hatena.ne.jp/video/niconico/sm924581 (悲しき天才怪獣ノーマン)


・・・いかがでしたか・・・、
三吉役の鶴田忍さん・・・、その演技は秀逸そして・・・、
「怪獣Gメン」の紅一点、柳田弘美役の桜井妙子さん・・・、
この方、後の朝倉理恵さんのようですどうやら・・・(^o^)・・・。

・・・それにしてもこのシナリオ・・・、今となっては放送禁止用語だらけ・・・でも・・・、
「万一のことを考えて、今言っておきます・・・サヨナラ・・・」
「殺してくれ、人間の心が残っているうちに・・・」

・・・再放送組でしたが私・・・、感動です今見ても・・・(T-T)・・・。





day 2009-12-1016:55
name
trip -
url

編集 ]

卓見ですね

たしかに、今と違って昔は「一家に一台」でしたもんねぇ。
それはそのまま、すべてのセールスにも繋がっていました。
レコードにしろ本にしろ、メガヒットの土壌になったんでしょうね。

で、【スペクトルマン】ですが、当時少しは見ていた覚えがあります。
いつものように内容はすっかり忘れているけど(笑)。
そこに彼女が出演していたなんてビックリ。
ま、当時はファンでもなんでもなかったけど(笑)。
day 2009-12-1912:39
name メロオ
trip -
url

編集 ]

これもなかなか懐かしい

カップヌードルはCMソングが魅力的ですが、これもなかなかのものです。

亀井登志夫『どっちを向いてもそこが明日さ』
http://www.youtube.com/watch?v=MxwF4CCjwbM&feature=related

いまや、作曲家として著名な亀井さんの若い頃の歌声、なかなかのものですね。
day 2010-04-2221:29
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

カップヌードル

うーん、これはまったく記憶にないなぁ。
しかし、改めてカップヌードルの登場時を考えると、これほど国民食になるなんて。
そりゃ、初めて食べたときのまずさといったら・・・。
day 2010-04-2419:32
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/541-f160db17

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。