なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-05 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三波春夫

どうも三波春夫と言っても、印象に残る一曲がなかなか思いつかない。
『チャンチキおけさ』、『おまんた囃子』、『東京五輪音頭』、あたりだろうか。
私的には高橋英樹版『桃太郎侍』を一番、聴いたかもしれない。
いずれにしても、決定的なこの一曲が浮かばない。

だが、それなのに氏の存在感は大きかった。「国民的歌手」といってもいい。
振り返ると、いつ認識したか覚えがない。いつの間にかそこに居て、いつの間にか当たり前のように「お客様は神様です」と唱えていた。

三波春夫スーパーベストアルバム
三波春夫スーパーベストアルバム三波春夫

おすすめ平均
stars美しい語り口と、美しい日本語に酔う

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑なにが正調かはわからないが、「正調の人」イメージ。

三波春夫+コーネリアス ←ダウンロード購入。

一時期、「この人は決して死なないのでは」と思ったことがある。というのも、昔から見た目がまったく変わらなかったから。まあ、いわゆる「三波春夫=ロボット説」です。(←勝手に私が思っただけ)
いくら化粧マジックのおかげとはいえ、驚くほど印象が変わってない。

昔は息子の「豊和」を、よくTVで見たものだ。落語家のように、「二代目・三波春夫」を襲名すればいいのにと思ったこともある。あ、これ嘘です(笑)。
でも、歌手の世襲制は案外、面白いかも。(←でも無理ですね)

人間は誰でも、一冊は本が書ける、とはよく言われること。まして、天下の三波春夫だから相当、ドラマチックな人生をおくったものと推察される。あの笑顔の下には、人に言えない涙が詰まってることでしょう。ゴーストライターがまとめたタレント本って、食指が動かないけど彼の自伝ならそのまま昭和の芸能史になるだろう。

三波春夫名演集~芸能生活五十五周年記念三波春夫リサイタルより~
三波春夫名演集~芸能生活五十五周年記念三波春夫リサイタルより~三波春夫

おすすめ平均
starsこれぞ日本のエンターティメント
stars日本の誇るエンターティナー!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑一家に一枚、先生のお姿が見られるDVDを(笑)。

いわゆる直情型の村田英雄に対して、いつも朗らかな印象がある三波春夫。でも、というかだから、いったん怒ったら、三波先生はとても怖そうだ。(なぜかムラタと呼び捨てで書けるが、三波春夫はつい「先生」がついてしまう)
実際はかなりの人格者らしい。先に書いた「お客様は神様です」も、単なる商人が口にする奉仕の精神ではないという。  ↓  ↓ 
                 ★お客様は神様です(三波春夫) 

一つの道に秀でる人は、おのずと人格者になっていくのだろうか?いやいや三波先生の場合、元々そういう性向だった気がする。もし「歌謡道」という言葉があるとすれば、先生ほどふさわしい人はいない。まさしく「道」なのだ。

華道、茶道、柔道(これは違うか)、と同じ意味で「歌謡道」を極めていたんだろう。家元や教育者みたいな風貌も感じられるし。もしかしたら私、学校で見た気さえする。校長先生として、全校集会で訓示してそうだ。
だからやっぱり、三波春夫には「先生」を付けるのが正しい。

LUPIN The Best
LUPIN The Bestアニメ主題歌 水木一郎 Sandra Hohn

おすすめ平均
starsルパン好きの方にぜひおすすめします
stars「ルパン三世」の曲を語るならこれ……ですよね?
starsお買い得だと思います♪
starsOP&EDに惚れていたら買い
starsルパンCDのスタンダードとしてお勧めです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑先生も参加。案外、革新的なんですよ。

♪試 聴⇒三波春夫ベストコレクションicon
♪試 聴⇒三波春夫~音頭・オンドで全曲集~icon
♪試 聴⇒三波春夫 ルパン三世を唄うicon
♪試 聴⇒1970年のこんにちは-追憶のEXPO’70icon
♪試 聴⇒青春歌年鑑「演歌歌謡編」1950年代ベストicon

★三波春夫オフィシャル・サイト
★三波春夫~笑顔の秘密  ←オフィシャル・ブログ

青春歌年鑑「演歌 歌謡編」1950年代ベスト
青春歌年鑑「演歌 歌謡編」1950年代ベストオムニバス 三船浩 石原裕次郎

おすすめ平均
stars大変喜んでいます

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑これもはずせません。







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑押さねばならぬ 押さねばならぬのだ~(←お願いします)

<広 告>




スポンサーサイト

コメント

視聴・三波先生

★俵星玄蕃フルバージョン
さだまさしに負けない長さ。
動画のコメントがなかなか興味深かった。

http://www.youtube.com/watch?v=vmrFoOMnV5E
day 2008-04-1601:42
name メロオ
trip -
url

編集 ]

この御大が

アニメ「スーパーヅガン」のエンディング曲を歌っていたのには驚きでした☆
個人的には、やっぱ大阪万国博覧会のテーマ曲が印象深いかなぁ♪
day 2008-04-1620:27
name ぶるじん
trip -
url

編集 ]

フレキシブル

ほほー、片山まさゆきのマンガ、アニメになってたんですか。そりゃ知らなかった。
先生は間口広いですね。いろいろやってるようです(笑)。
昔の人なので、保守的な印象強いけどとても柔軟です。
それこそが先生の強みだったと今にして思った。
day 2008-04-1621:55
name メロオ
trip -
url

編集 ]

日本語の素晴らしさ

さすらいのギター(小山ルミ)目的で買った「ロッテ歌のアルバム」という変なアルバムに「世界の国からこんにちは」が入っていた。
確か万博の曲だったか、1970年のこんにちは、という詞。
当時は興味がなかったのが、今聴くとかなり良かった。
三波春夫のすごさを感じた。

シベリアから帰ってきた(私の父と同じ)
実家は古本屋ですごい物知りだった。ラジオで延々と話した事があるが、博士並みの知識だった。

「大利根無情」の間奏でのしゃべり、体のさばきは感動ものでした。
day 2008-04-2211:28
name 毎日がYukiYuki
trip TY.N/4k.
url http://blog.goo.ne.jp/1953muon

編集 ]

良き時代の人

『折り目正しき人』の印象が強く、そんな人が見当たらない今、
とても「昭和の良き時代」を想起させます。

どこかで書きましたが、♪1970年のこんにちは~ は、
「よ」じゃなく「の」を使ってるのが素晴らしい(笑)。

しかし小山ルミとは懐かしい~。
歌手イメージはないけど、よくドラマで見ました。
Hotwax presentsからもCD出てるようです。
day 2008-04-2219:59
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/543-ce58c55b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。