なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-04 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ドリフターズ

クレイジーキャッツの素晴らしさは、幼かった私にとって7割方は、後に感じることであった。ある意味、ハイブロウ(?)な笑いのセンスは、今でも立派に通じる。

一方、ザ・ドリフターズはもうリアルになれ親しんだコメディ・グループで、小学生時代の私には欠かせない「おやつ」のようなもの。それは、なんといっても土曜日の夜8時、オイース!に尽きる。

その頃の最大の夢は【8時だヨ!全員集合】の公開放送を観劇することだった。(結局一度も行けなかったが)ただし私の世代は、志村けんが加入する以前、つまり荒井注が居た時代のドリフである。

ドリフだョ!全員集合(赤盤)
ドリフだョ!全員集合(赤盤)なかにし礼 永六輔 平尾昌晃

おすすめ平均
starsまたもや東芝EMIは、ビートルズの赤盤と同じ事をしている!
starsやはりドリフはミュージシャンとしても偉大ですね。
stars集大成といっても
stars☆D i s c 2☆
starsカトちゃんの歌う「♪ズッコケちゃん 」は名曲です!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑これは前期らしい。「青盤」もあって、そっちは後期とのこと。

クレイジーの植木等とドリフの加藤茶は、私の中では共にスター扱いで当時、小学館が発行する「小学○年生」で、<加藤茶物語>が載っていて真剣に読んだ記憶もある(笑)。
だから近年の「志村>加藤」の並びは少々、不満だがこれも時代の違いなのだろう。(おそらく<志村けん物語>もあったでしょう・・・笑)

下ネタをするにしても、加藤茶はどことなく品があった。(含羞が感じられた)
そこが志村けんと違う。だが、それはもしかしたら「時代」の差かもしれない。
志村にしたって、長年ドリフの坊やを努めてきた人なのだ。時代の流れが「品格」を求めなくなったようにも思える。

番組誕生40周年記念盤 8時だョ!全員集合 2008 DVD-BOX【通常版】
番組誕生40周年記念盤 8時だョ!全員集合 2008 DVD-BOX【通常版】ザ・ドリフターズ

おすすめ平均
starsドリフというブランドの安売り
starsちと不満?
starsピンクパンサーのテーマはやはり…
stars購入して良かったです
stars思えば随分と月日が流れた

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑大掛かりな舞台セットが、最大の功績だったと思う。

ところで、植木等の一連の名曲ほどでないにしろ、加藤茶も中々に歌っている。『ミヨちゃん』『いい湯だな』『ドリフのズンドコ節』『誰かさんと誰かさん』『ドリフのほんとにほんとにご苦労さん』等々・・・。
どれもがしっかり耳に馴染んでいる。そして、結構うまいと思うのだ。

「第五の男」と呼ばれる、高木ブーのウクレレの妙技も記憶に新しい。(私、CD買ってますし・・・)いかりや長介がCMで見せたウッドベースを弾く姿も様になっていた。まあだからといって、ミュージシャンのベースがあるグループとまでは言わないけど。(仲本工事、荒井注はよくわからない)
ビートルズの前座を務めたにしても、それはすでにコミック・バンドのスタイルだし。

【8時だヨ ! 全員集合】のエンディングで、加藤茶に指摘された「耳の裏、洗えよ!」は、よく母に言われたことでもある。もちろん、加藤茶に言われた方が効いたことは言うまでもない。

ドリフのシングルコレクション
ドリフのシングルコレクションザ・ドリフターズ

おすすめ平均
starsありがとう
stars日本のテレビ界、音楽界に残る作品群。
stars東村山音頭!
stars「ドリフは歌も良いんです」
stars「銭湯でついでにパンツ洗う」………。それは男の哀愁!?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑結構、加藤茶って色気ある。男の私が言うのもなんだが(笑)。

♪試 聴⇒ズンドコ伝説icon
♪試 聴⇒ドリフだヨ 全員集合 赤盤icon
♪試 聴⇒ドリフだヨ 全員集合 青盤icon
♪試 聴⇒ドリフのシングルコレクションicon

★ザ・ドリフターズ(イザワオフィス公式)
★ドリフターズの世界

8時だョ!全員集合伝説 (双葉文庫)
8時だョ!全員集合伝説 (双葉文庫)居作 昌果

おすすめ平均
stars練り上げた笑いの辛さ
stars伝説の裏側。
stars伝説の秘密を垣間見ることが出来ると思います。
starsファンなら読んでほしい
starsいかりや長介の生き様 『8時だヨ!全員集合伝説』

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑これはお得な文庫版。ハードカバー出版時に私、買いました(笑)。

番組誕生40周年記念盤 8時だョ!全員集合2008/DVD-BOX(TBSオリジナル特典付き通常版・送料無料)







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑僕に駆け寄り クリックをした セーラー服のおませな子~(←お願いします)

<広 告>




スポンサーサイト

コメント

YOU TUBEドリフ

★『ドリフのズンドコ節』
こうして見ると、いかりやさんがリーダーなのはその身長差からわかる。うまくバランスとれてる。それにしても、全員が歌ってるのは知らなかった。
http://www.youtube.com/watch?v=6uYbhxAM4b4

★ドリフの歴史がわかるコント
うーん、面白い。これ見た記憶ある。
http://www.youtube.com/watch?v=2o6O1lSYdso

★ビートルズ公演の前座
ドリフ自身がスターになったから、これも酔狂のひとつになったわけだ。
http://www.youtube.com/watch?v=PDSJ_ouM3k4
day 2007-10-1222:06
name メロオ
trip -
url

編集 ]

茶とけん・・・

この記事も秀逸です、なかなか・・・。

ご指摘の「志村けん」、一時は「死亡説」も流れたほど受けませんでしたね・・・。
「今」の人気も、本物の「笑い」の分かる人達に支えられているわけではないのは明白、ですね。
彼なりの「努力」は認めるんですが・・・。

私が好きだったのは、「茶とけんの・・・」ではなく、「長介 工事」のコントでした。

その決定的な「差」は、志村さんだけが「戦後」生まれ、というところにあるのではないかと思います。
いわゆる「団塊の世代」、可哀想ですね、その生まれと育ち・・・、「文化」と言うものが欠けているように思います、前後の世代と比べて。

早く「加藤茶」のような、華麗で上品な「下品」(何のこっちゃ)を獲得して欲しいんですが・・・マア無理か・・・(ToT)。
それでは。

day 2007-10-1222:56
name
trip -
url

編集 ]

世代格差

けんと茶の差異は、見る側の世代間の違いなんだろう・・・と理解を示したつもりで書いてます。
樟さんは、それを当人そのものの世代間で書かれました。なるほど、そういう見方もありますね。

私には茶が良い分、けんの笑いに乗れないのが事実です。しかし現実は、今冠番組のあるけんなんですよねぇ。
実際、志村けんで育った世代がいるわけです。もしかしたら、加藤茶にしたって前世代からしたら下品だったかも。こうした時代の流れに、まったくお手上げです。

まあ、断定調で書かないブログ(のつもり)なので、曖昧模糊とした書き方、お許しください。いつものこととして(笑)。
day 2007-10-1223:25
name メロオ
trip -
url

編集 ]

位置関係に…

確かに、荒井注だった時と、志村けん以降は、ドリフターズのスタイルは、若干異なるのかなと思います。
これは、人が変わったのは当然ですが、お笑いにおける位置関係に、すなわちぼけと突っ込みの部分があるのかなと思います。
前期は、いかりや長介が突っ込み型で、他の4人がボケで、その中の最たるものが、加藤茶だということです。
志村けんは、どちらかというと、突っ込み型の芸人なので、1対4のバランスが、1対1対3に変わった、そんな感じなのかなぁと思います。
どちらがいいかは、スタイルも違いますし、比較のしようがないんですが、志村加入後も、これはこれで楽しいのかな?とは思います。
また、高木ブーは、セリフがほとんどないなかにも、かなりな存在感があり、なくてはならない存在だと思います。
長さんも俳優として、いい味出してましたが、俳優でドラマに出て、一番ドリフくさくないのは、仲本工事ですね。
学習院出てますしね(笑
ドリフもかたりだすと長くなるのでこの辺にしておきます。
宿題もやりますし、風邪もひかないように
音楽はまた後で(笑

ps ドリフ大爆笑で一番好きなコントは、“威勢のいい銭湯”ですねぇ!
day 2007-10-1310:45
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

ボケとツッコミ

・・・鋭い考察です。そして、Gemini...さんが書いてくれたことで、私なりに納得できることもありました。それは志村けんのスタイルです。
「ツッコミ型」の彼ですが、ドリフにおいてはまだおとなしい。ボケるときもありましたし。強力なツッコミ、いかりやさんが居ましたから。

しかしピンになってからはもう超攻撃型でしたね。そして、私の興味から外れていくのです(笑)。安定感のあるドリフの中の彼は、まだ許容範囲だったということかな。とはいっても、面白いときは面白いんですけどね。

仲本工事のアクのなさと高木ブーの無意味さ(?)があってこそドリフが成り立っていたことは明白でしたね。

いずれにしても、幼き日に楽しませてくれた方々で、私も語りだすと尽きません。
day 2007-10-1419:19
name メロオ
trip -
url

編集 ]

割と

軍歌のカバーしたのを、作詞家が詩をつけて歌うのが多かったです。
『ズンドコ節』『ほんとにほんとにご苦労さん』も確か元々軍歌ですね。
そして、“隣組”、回覧板を回すとか、助け合うとか、近所付き合いの中から、皆でお互い監視しあおうといった趣旨だったよう学びましたが、その“隣組”の歌詞を日本史の教科書か参考書で見たんですが、どうもその歌詞の配列が何かの歌に似ているなと思い、後にカラオケでちょっと入れてみたら、やはりメロディが
♪ド ド ドリフの大爆笑
で、やはりこの歌の元歌なんだ!とわかった次第です。

ドリフの音楽と言えば、ひげダンスや早口ことば、人形劇の孫悟空のやつ、東村山音頭、ちょっとだけよのタブー、コント終了後の盆回り、いい湯だな、ドリフ音頭(『北海盆唄』のメロディのやつ)、全員集合の集合するときのあれ、スコットランド民謡『麦畑』の『誰かさんと誰かさんが』?など印象的なのが多数ありますね。
day 2007-10-2321:55
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

軍歌

ドリフの歌って、結構浸透しやすい調子が多いですね。その割りに評価はされないけど。まあ、評価するのもどうかと(笑)。

幼い頃は、軍歌好きでした。『加藤隼~』なんて、学校帰りに口ずさんでいたもので・・・。「貴様と俺は動機の桜~」も、歌いながら下校していたなぁ。
雨の日に、誰もいないと思い大声で歌っていたら20代のお姉さんとすれ違ってしまった。傘をさしていたので気づかなかった。ばつの悪い思いがよみがえります。向こうにしたって子供が、軍歌歌ってるの、おかしかっただろうなぁ。
day 2007-10-2323:22
name メロオ
trip -
url

編集 ]

加藤隼戦闘隊

こんばんわ。

昭和おもひで歌謡曲、遂に出てきましたね、軍歌・・・。

Gemini...さんの「切り口」にはいつも感心しきり、なんですけど私・・・。

それにしてもメロオさん、実に「変わった」子供、だったんですね・・・(笑)。

軍歌はいろいろ言われますが(右翼の街宣車のイメージ・・・(ToT)・・・)、その歌詞は格調高く、メロディーも秀逸です。

そこで今回は、北海道は旭川の生んだ「空の軍神」、帝国陸軍少将加藤建夫のこの歌を・・・。



♪エンジンの音 轟々と 隼は征く 雲の果て

 翼に輝く日の丸と 胸に描きし赤鷲の 印は我等が戦闘機


 干戈交ゆる幾星霜 七度重なる感状の いさをの蔭に涙あり

 ああ今は亡き武士の 笑って散ったその心・・・



帝国海軍はなんと言っても三菱零式艦上戦闘機(ゼロ戦)ですが、
帝国陸軍の方は中島飛行機(現富士重工)の一式戦闘機「隼」が有名です。

加藤隼戦闘隊は名パイロット「加藤建夫隊長」のもと、太平洋戦争開戦当初のマレー半島、インドネシアで大活躍します。

しかし「デング熱」に罹患してしまった彼は、病を押して出撃したベンガル湾上で英軍機と交戦中、散華します。

その「武勲」を讃え「軍神」となた彼を歌ったのがこの作品です。

翻って平成日本の「陸海空軍省」元事務次官他大臣と官僚達、ナニやってんですかね・・・。

加藤隊長はこんな「未来」を信じて死んでいったのではないハズ・・・(ToT)。
それでは。





day 2007-10-2621:52
name
trip -
url

編集 ]

たしかに変わった子

子供の頃は「軍歌」が好き・・・と書きましたが、軍歌意識はなく勇壮でカッコイイ曲の認識でした。実際、メロディも軽快ですしね。
なぜか第二次大戦には、興味を覚えることがあります。それはおそらくマンガの影響なんですけど。そう、私の世代では「戦記マンガ」というジャンルがしっかりありました。時代の流れで、今はありませんが。

思い返せば、「ゲ、ゲ、ゲゲゲのゲ~」と歌いながら登校した日があります。本人はその記憶がないのだけれど、担任の先生に「おまえ歌いながら学校きたな」と言われたことを覚えてる。だから、きっと(間違いなく)そうなんでしょう(笑)。うーん、外でよく歌う変わった子だったんだ・・・。
day 2007-10-2623:28
name メロオ
trip -
url

編集 ]

岡本章生とゲイスターズ

土曜の夜8時と言えば、これは欠かせませんでしたね。
私の場合、料理天国→タイムボカンシリーズ→まんが日本昔話→クイズダービー→これ→土曜グランド劇場→ウィークエンダー→今夜は最高と言ったのが定番コースでしたが、たまに“戦隊シリーズ”や“あばれはっちゃく”“Gメン”なども見ていたってところです。
ひょうきん族が出だした頃は、最初のコントを見て、タケちゃんマンを見て、後半のコントを見たりと言った感じか、俺は餓鬼じゃねえんだとかいきがって(笑、どちらも見ずに“暴れん坊将軍”を見たりしてました(笑
そんな色々な8時の番組の中でも、“全員集合”のウエイトは大きいです。
特にオープニングのあれと盆回りの演奏をした岡本章生とゲイスターズの演奏は、今でも耳にこびりついています。
では、オープニング
http://www.youtube.com/watch?v=65qXhmtYI10&feature=related

次が『盆回り』&エンディング
http://www.youtube.com/watch?v=Tjv95TnNfFw&feature=related
day 2007-12-0810:41
name Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

なんとも懐かしい

これ、一度生で見たかったなぁ・・・。大仕掛けなセットは大迫力で、子供に限らず楽しい。贅沢なつくりでしたね。体を張った番組作りで、ドリフの真剣さがしっかり感じられます。
今、こんな番組はなくどうしても安易なトーク中心に思えます。単に良き時代だけでなく、結局出演者の熱意だったのでしょうか。
day 2007-12-0900:17
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ドリフの大爆笑・・・

こんばんわ。

突然ですが入院したことありますか、メロオさん・・・。
私、まだないんですけど、幸い・・・。

長介・工事の病院コント、笑いました、久しぶりにお笑いで、私・・・(^o^)。

http://www.youtube.com/watch?v=kzw2SiAqukg
Google検索では(YouTube - ドリフの大爆笑 もしも・・・乱暴な看護婦さんがいたら)

そうそう、無くなってしまいましたね・・・、看護婦さんって言葉・・・。



day 2008-01-1019:14
name
trip -
url

編集 ]

王道の笑い

パターンの中にこそ、安定した「笑い」がある典型でしょう。
今は、ピンとか二人組ばかりだけど、昔はグループが多かったですね。三人組ですら、今は見かけませんし。
day 2008-01-1120:41
name メロオ
trip -
url

編集 ]

笑い声が…

…アメリカのコミックドラマのように、全部同じでも、つい笑ってしまう番組が、“ドリフ大爆笑”でした。
この番組、なんと言ってもオープニングテーマがとても印象的でしたが、まずは元歌を

http://www.youtube.com/watch?v=rBh4wUrjltM

『隣組』

この歌は、第二次世界大戦時の隣組制度を浸透させるために作られた曲で、隣同士協力し合おうと歌っていますが、もうひとつ、おかしな行動をする人間をお互いに見張ろうという意味合いもあると言った曲だそうです。
時代背景も色々とあるみたいですね。

この歌が

http://www.youtube.com/watch?v=omwpzv0aYbM&feature=related

こんな風になるわけです。
このアレンジは、1983年からずっと変わらないアレンジで、長さんが最後に出た2003年まで、ずっとこのアレンジ(しかも、メンバーの映像も1983年のまま(笑 )といったものですが、これは、過去のを色々編集したものなので、ある意味歴史が見れるって感じです。
メンバー、本当に若いですね。
そして、長さんは若い頃は、やはり、ゴリラ然としてましたが、2003年には、普通のいいおじさんって感じになりました。
俳優などで色々な役をやっているうちに、ゴリラ然とした感じが取れてきたのかな?と思います。
それにしても、2003年の映像のこれが、この5人が揃った最後になるとは思いませんでした。
また、この、映像をみると、一番の部分は、仲本→高木→志村→加藤→いかりやと言う順番ですが、やはり、志村さんは、かなり人気があって、知名度はこの中ではダントツ(だからこそ、3番目なんでしょうが)だったけど、やはり、なんだかんだ言っても、カトちゃんあってのドリフなんだなぁ?と改めて感じます。
風呂は入れよ!とか宿題しろよ!とかは、カトちゃんですしね。
そして、加藤さん、基本的には、二枚目で格好良いですよね。
こんな人が、カトちゃんぺとかたるんですから、ここがツボなんでしょうね。

ドリフといえば、仲本さんの何考えているかわからないキャラ、そして、高木さんのいるかいないかわからないけどいないと淋しいキャラ、本当にうまくかみ合っていると思いますが、そんな中で、高木さんが

http://www.youtube.com/watch?v=I_UX4zMB_Ek

こんな歌を歌ってます(笑
でも、この女性に囲まれるシチュエーション、ブーいいなぁ(笑 とちょっとうらやましかったりして。
しかし、長さんが亡くなった時、
「バカヤロー!」
とかなりの剣幕だったのは、この高木さんで、それをテレビで見たときには、長さんと一番年が近いからか?本当の戦友の死を悔やんでいるんだなぁと言うのがひしひしと伝わってきました。
ドリフというのは、“8時だよ”やっていたときには、みっちりと稽古をして、ずっと一緒にいただけに、それなりに軋轢もあったんでしょうけど、逆につながりも深かったんだろうなぁと思います。
今見ても色あせないコントを見ると、余計にそう感じます。
もう、これだけのグループは、二度と現れないでしょうねぇ。
day 2008-06-0222:08
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

国民お笑い賞

・・・をあげたいですね。ドリフとクレージーには。

ブーさんの歌とはなかなか貴重です(笑)。そういう私は彼のウクレレCD買いましたけど・・・。

ドリフは、自分が幼い頃から一線にいた方々なので、やはり思い入れは強いですね。
とくにカトちゃんに。

たしかに長年組んでると軋轢もあったことでしょう。それでも最後まで「ドリフ」が解散しなかったのはお見事です。クレージーといいドリフといい、こんなグループがもう生まれる時代じゃないのでしょうか・・・。
day 2008-06-0222:26
name メロオ
trip -
url

編集 ]

それなら私・・・

・・・コレ、あげないわけにいかないでしょう・・・(^o^)・・・。

こちらから・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=3efJHn7k8ig&feature=related

「ドリフのいろいろお天気予報」・・・、カトちゃんの「ハゲづら」・・・、最高・・・(^-^)・・・。

でも出色は・・・、「長介・工事」・・・ですね・・・\(^o^)/・・・「紙一重」で不謹慎になってない・・。

・・・そうそう・・・出てきますね、淳子さん・・・。

「あなたが神様ですか」     「あに・・・」
「あなたが神様ですね」     「あんだって・・・」
「あなたが神様ですね」     「とんでもない・・・、あたしゃ神様だよ・・・」・・・(^o^)・・・。


二度と出ないでしょうね、こんな人達・・・、Gemini...さん仰る如く・・・。
day 2008-06-0222:44
name
trip -
url

編集 ]

いやあ…

…樟さんのあげたそのコント、面白いですね。
では、私はやっぱり、“ドリフ大爆笑”と言えば

http://www.youtube.com/watch?v=-0Di1VIsHzU

この“威勢のいいお風呂屋さん”、やっぱりこれですね(笑

それと、

http://www.youtube.com/watch?v=zHv7ghgNna0

もしもの寿司屋

これの二番目の伊東四朗が出ている奴が、かなりツボにはまります。

伊東さんと言う、ドリフにはない笑いが融合するのもまた面白いですね(笑
day 2008-06-0222:51
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

お茶の間のスター

今日は「ドリフ祭り」ですね(笑)。お気に入りのコントは、いっぱいありますよね。
下品なところもあるけど、家族揃って笑える点がやはり最大の功績でしょう。
思い起こせば「家族団欒」の場に欠かせない人たちでした。
day 2008-06-0223:05
name メロオ
trip -
url

編集 ]

一字違うだけで…

…こんなに違うんですね(笑

http://jp.youtube.com/watch?v=PC6D7fj8ZlU

木内みどりと志村けんのこのコント、当時つぼに入りながら見てました。
まあ、基本的に綺麗でスタイルがいい人だから、こういうコントやってもはまるんでしょうね。
day 2008-06-1514:50
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

放送外エリア

これはまったく知らなかったです。
動画コメントに書いてある「テレ朝」で放送したのが事実なら、放送外エリアにいたので見てないのも納得。なにしろドリフ絡みのTVは欠かさなかったはずだから(笑)。

木内みどりといえば【陽あたり良好】思い出しました。
day 2008-06-1515:38
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ドリフのサウナコント・・・(^o^)・・・

こんばんわ・・・(^-^)・・・。

Gemini...さんお勧めの「銭湯」もよかったですがこちらもまた・・・(^o^)・・・。

http://jp.youtube.com/watch?v=14L3ZCS2aTI&feature=related

弱き者には強く、強き者には卑屈になる893な人達に対するこの強烈な風刺・・・、
天晴れですね・・・(^-^)・・・、コントといえども・・・。

それにしてもブーさんの「南無妙法蓮華経」って・・・(^o^)・・・。
day 2008-06-2022:36
name
trip -
url

編集 ]

バージョンアップ

これは基本的に覚えてますね。基本的、というのは最後の高木ブーだけが、なぜか記憶にない・・・。
一番目立つのに(笑)。
ドリフお得意のバージョン・アップしていくパターンですね。
「神様」でもそんなのあったっけ。

こんな笑いも、今はすっかり見られない時代になってしまった・・・。
day 2008-06-2022:46
name メロオ
trip -
url

編集 ]

土曜日の8時

ドリフ大爆笑のコントで、
「ドリフターズのリーダーになるコツは、出ない、笑わせない、喋らない」
みたいなのがありましたね。
でも、体重が支えきれず、自ら崩してしまいましたねぇ(笑
高木ブー、確かに、あまりセリフがなく、ダジャレ系の一発ネタ(死んだ医者→寝台車、裏が無いトランプ→トランプ裏無い→トランプ占いみたいな)が多いです。
また、他では体型を生かしたものや、リアクションだけを楽しむみたいなのが多いです。
それでも、ドリフターズに高木ブーがいないと寂しい、そんな感じです。
大体、風貌的には、ドリフでやっていた頃は、ふくよかな意外は、ごく普通にいるようなおじさんって感じで、風貌よりも、ハナ肇がつけた“ブー”と言う名前、これがインパクトがありました。
仮に本名の友之助のままなら、それほどインパクトもなかったのかなぁ?と思われ、名前がかなりのウエイトをしめているのではないかと感じます。
コントでは、あれやこれや言われているブーさんですが、音楽面で行くと、メンバー1だと思います。
雷様はかなり活き活きやっていた感があります。
ハワイアンなんて、ウクレレを弾いて、歌う、この声がまたなかなかいいですね。
実は、今日、機会に恵まれ、ブーさんのライブを見に行きました。
生で見たのは、ドリフターズのメンバー含めて、本当に初めてでしたが、始まる前のブーさんを見た時、
「本物の高木ブーだ」
と感じました。
赤って言うか茶と言うのか、今はそんな色に髪を染めてますね。
今のドリフの4人の中では、実は一番普通じゃないって言うのか?お洒落しているって言うかそんな感じですが、テレビで見るのと同じでした。
ツインネックのウクレレを持って歌ってましたが、声が良かったです。
コントと歌は違うんだなあと感じました。
また見た感じ、75歳には見えなかったです。
やはり、出ない、笑わせない、喋らないであまり消耗してないからかな(笑 と冗談で思ってしまいました(笑
本当のところは、音楽と言う楽しみを見つけて、謳歌しているから若いんだと思います。
ライブが終わったのが、8時ちょっと過ぎでした。
つまり、土曜日の8時に、高木ブーと同じ空間にいたと言うことで、子供の頃は、田舎にいたので、見るのは専らテレビ、それから時を経て、その時の夢がかない、土曜日の8時に同じ空間にいる、それだけで感激ものでした。
ブーさん、これからも体に気を付けて、いい歌声で歌い続けて欲しいです。
day 2008-06-2823:24
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

黄金の時間

ブーさん、もうそんなお歳なんですね・・・。
見た目の印象とちがってかなりの美声です。
ドリフのメンバーじゃなかったら、結構なミュージシャンとして名をはせていたかもしれません。
でも、ドリフだからこそ全国区になったわけで間違いない選択だったでしょう。

いいですね、同じ時間が共有できて。土曜日の夜8時は、黄金の時代でした・・・。
day 2008-07-0108:35
name メロオ
trip -
url

編集 ]

加藤 隼戦闘隊・・・その2

こんばんわ・・・(^-^)・・・。

「加藤 隼戦闘隊」・・・、ありました、YouTubeに・・・、こちらから・・・。

http://jp.youtube.com/watch?v=MS12isLjS5w&feature=related

歌良し詞良しメロディー良し・・・(^-^)・・・素晴らしき完成度、
これまた「昭和おもひで歌謡曲」・・・。
day 2008-07-0120:36
name
trip -
url

編集 ]

楽曲として良い

『加藤"茶"隼戦闘隊』もありますね(笑)。
しかし「軍歌」って、いろんな色眼鏡がかけられちゃうけど、純粋(単純)に、イイものはイイわけで。
『同期の桜』もイイですねぇ。
day 2008-07-0220:13
name メロオ
trip -
url

編集 ]

月月火水木金金・・・

こんばんわ・・・(^-^)・・・。

突然ですがメロオさん・・・、
もしもD-51(SLのデゴイチ)差し上げますって言われたら・・・(^o^)・・・どうしますか・・・?
(因みにD-51http://homepage3.nifty.com/rabbit_s/image/loco_photo/d51_498_1.JPG

勿論タダ・・・、た・だ・し・・・運送料3000万円・・・・・・(>_<)・・・は受け取り手が負担・・・、
で、引き取り手無き場合は解体費が1200万円・・・・(@o@)・・・、なんだそうです・・・(^^ゞ・・・。

たとえ只で貰っても、置いとく場所探しに一苦労・・・、畳んでしまっとくわけにゆきませんから。
・・・同じことなんですね、以前言及したピアノ、そして自家用車と・・・。

ことほど左様に世の中には、存在するだけで「お金」のかかる物、あるわけなんですが・・・、
その最たるものは「軍艦」です、今も昔も・・・(T-T)・・・。

さて大正12年・・・、行過ぎた軍備拡張競争に音を上げた、日本を含む欧米列強は、
ワシントンで軍縮会議を開き、米、英、日の保有軍艦比率を5:5:3に決めました。

当然不満の残った日本・・・、
即日、「量」をもってする英米連合艦隊と交戦した場合、
「質」と「精神力」とをもってこれを撃破することを目標に、土日返上で猛訓練を開始しました。

こんな海軍を讃え励まそうと、昭和15年に誕生したのがこの歌、「月月火水木金金」でした。
こちらから、是非・・・。

http://jp.youtube.com/watch?v=fFJYSHnMM6Q&feature=related



♪朝だ夜明けだ 潮の息吹 うんと吸い込む 銅(あかがね)色の 
 
 胸に 若さの みなぎる誇り 海の男の艦隊勤務 月月火水木金金・・・


これまた非常に完成度の高き傑作・・・(^-^)・・・、大ヒットしたそうです。
技術も、お金も、権力も、人材も・・・そして音楽までもがイイものは皆陸海軍に集まる・・・、
そんな時代だったんですかね・・・。

ところでドリフターズ・・・、例の「大爆笑」・・・(^o^)・・・、
初期のオープニング、「隣組」ではなくこの作品「月月火水木金金」だったんですね、
初めて知りました、こちらから・・・。

http://jp.youtube.com/watch?v=EUvQZY1uUps&feature=related

替え歌とその映像・・・、もうムチャクチャ・・・(>_<)・・・。
day 2008-07-0321:52
name
trip -
url

編集 ]

「月火水木金金金」

しかし、こうしてみるとドリフってかなり「軍歌」とリンクしてますねぇ(笑)。
今の時代、そんな「軍歌」はなかなかメディアで聴く機会もありません。
でも、みんな名曲なんですよね。

奈々ちゃん絡みで【ドリフ大爆笑】を録画したことあるけど、すっかり忘れてました。
たしかに初期はこの曲の替え歌ですね。でも、言われなきゃわからない。
全然、雰囲気違いすぎて(笑)。

PS:「金金」はイイけど、「月月」だと気が重い。
  『月火水木金金金』にしてほしい(笑)。
day 2008-07-0322:43
name メロオ
trip -
url

編集 ]

軍艦行進曲・・・

こんばんわ・・・(^-^)・・・。

今夜は戦後生まれの日本人にもお馴染みの軍歌、「軍艦」を・・・。

先ずはこちらから、是非・・・。
http://jp.youtube.com/watch?v=XKsOUBEOZBM&feature=related

明治30年発表の、作詞鳥山啓、作曲瀬戸口藤吉、そして編曲江口浩司のこの作品・・・、
とても高き完成度・・・(^-^)・・・、「海行かば」も歌い込まれ、完璧です・・・。

見逃せないのはその歌詞・・・、

「♪まがねのその船日の本に 仇為す国を攻めよかし・・・」
「♪御国の四方を守るべし・・・」
「♪石炭の煙はわだつみの・・・」

まだ蒸気船の頃のお話なんですね、ディーゼルエンジンではなく・・・、
そして何より「侵略」に非ず、「防衛」の為の「軍艦」だったわけですね、日露戦争前夜の・・・。

尚「海行かば」についてはまた次回に取り上げたいので・・・(^^ゞ・・・。

さてこの作品・・・、行進曲にもなりました、いわゆる「軍艦マーチ」・・・。
引き続きこちらから・・・、
http://jp.youtube.com/watch?v=fUdKEaTLl_c&feature=related

このマーチ・・・、今や「世界3大マーチ」としてその完成度、高く評価されているようです。
其証拠に「軍歌一切罷りならぬ」と言われた終戦直後・・・、
アメリカ進駐軍軍楽隊が「世界の名曲」として演奏し、日本人を驚かせたんだそうです・・・。

そういえば「在日」朝鮮人にもコレ・・・、大人気でしたね・・・(^o^)・・・(T-T)・・・。
day 2008-08-2522:27
name
trip -
url

編集 ]

昔のパチンコ屋

・・・のテーマソングでしょう、『軍艦マーチ』は(爆)。
だから「在日」の方に人気なんですよね。でも今じゃほとんど聴かれない。
しかし、すっかりDNAにインプットされるほど超おなじみだぁ。

残念ながら先に挙げて頂いた『軍艦』という曲は削除されてますね。
day 2008-08-2523:00
name メロオ
trip -
url

編集 ]

まったく・・・

・・・・油断も隙も無い・・・・・(T-T)・・・。

私が聴いていただきたい「軍艦」・・・、こちらにありました・・・(^-^)・・・。
http://jp.youtube.com/watch?v=KKrRjqz2F_I

願ハクバ・・・本日中ニ聴カレタシ・・・・(無電風に・・・(^o^)・・・)
day 2008-08-2523:52
name
trip -
url

編集 ]

海ゆかば・・・

こんばんわ・・・(^-^)・・・。

さて所謂「戦時歌謡」・・・、それらをその音楽的完成度という点から見る時・・・、
西の横綱は文句なく「空の神兵」・・・・
http://www.geocities.jp/aikokukyousi/soranoshinpei.html

では東の横綱は・・・?と問わるれば私この作品、推さずにはおれません・・・(^-^)・・・、
それは・・・「海ゆかば」・・・・。
http://jp.youtube.com/watch?v=uINoxvU03Fo&feature=related

この曲、明治13年誕生の日本初の「正式」軍歌なんだそうです・・・。
マア歌詞を見れば納得ですね・・・。


海ゆかば 水漬く屍 山ゆかば 草生す屍
大君の辺にこそ死なめ 省みはせじ

・・・「防人(さきもり)の歌」ですね、そして作詞は・・・何と大伴家持(おおとものやかもち)、
歌人でもありましたね、万葉の・・・。

海で戦い、水死体となっても
山で敗死して、その腐った体から草が生えてくるようなことになっても
その時は天皇陛下をお守りして、是非ともそのお傍で死にたいものだ
後悔はしない・・・

奈良時代のお話ですから「大君」・・・、聖武天皇なんでしょうね、恐らくは・・・
そして何よりこの歌・・・「国防」の歌、なんですね、「侵略」ではなく・・・。

私の「親」の世代は「大日本帝国」下の小学生であったとはいえ、
しみじみした気持ちになったそうです、歌わされる時には・・・子供心にも・・・。

因みにこの曲・・・、これは昭和12年に改めて作曲されたもの・・・、
明治13年のもとのメロディーは例の「軍艦行進曲」に歌いこまれている方です、
8月25日のコメント(スグ上・・・(^o^)・・・)内に貼り付けた歌のメロディーです・・・。
併せて聴いてみて下さい、今一度・・・(^-^)・・・。
day 2008-09-1022:28
name
trip -
url

編集 ]

飽きの来ない曲

昔は『君が代』の良さがわかりませんでした。
それどころか、これが国家なんてカッコよくないなぁと思ってました。
あまりにゆったりしたメロディで、かつ歌詞がぜんぜんわからなかったから。(←今でもわかってないけど)
でもこのたぐいの曲は、飽きが来ないんですね。
そして言葉の意味がわからないのに、どこか厳かな雰囲気を感じ張り詰めた心境になります。

実は『海ゆかば』という曲、今回初めて全貌を知りましたが、どこか似た印象を抱きました。
しかしこの曲、まず歌いこなせませんねえ(笑)。
day 2008-09-1101:06
name メロオ
trip -
url

編集 ]

君が代・・・

こんばんわ・・・(^-^)・・・。

石川ひとみさんの「秋が燃える」・・・、
そもそもこの作品の「詞」について書きたくてここ「昭和おもひで歌謡曲」を訪問した私・・・、
まさかこの歌のコメント、することになるとは・・・それも「ドリフターズ」のところで・・・(^o^)・・・。

先ずは「君が代」・・・思うところあってインストルメンタルのこちらを・・・。」
http://jp.youtube.com/watch?v=b3GuAsef9Sk

君が代は 千代に八千代に 細石(さざれいし)の巌(いわお)となりて 苔の生すまで・・・

一応現代語訳すると・・・

(万世一系の)天皇陛下の治世は
永遠に(続いてくださいませ)
(喩えて言うなら)小石が大きな岩となって(その岩に)苔が生えるまで

・・・元はといえば「古今和歌集」から採ったといわれるこの歌・・・、
「君」の解釈に「説」は複数あるようなんですが少なくとも・・・、
戦前の「欽定憲法」下の国歌のニュアンス・・・、こんなところでしょう・・・(^-^)・・・。

・・・で、この歌、面白いのは小さな石が「成長」して大きい岩になる・・・、
「自然科学万能」な現代では一笑に付されますが古(いにしえ)・・・、
本気でそう信じていた人もいたようです・・・。
ただ、大岩が(水の)浸食作用で砂粒になるに、途方も無い時間がかかることを考えれば
その思い、伝わってきますね十分に・・・。

それから「苔の生すまで」・・・、ここも大切・・・、
「ザ・ローリングストーンズ」・・・なんてグループがありますが異国に・・・(^o^)・・・、
岩に「苔」が生える為には何よりその岩がひとつ所に止まり動かず、
更には周りの(湿った)環境が不変でなくては駄目ですからこれ・・・、
末永き安定した「治世」を願う心の・・・、絶妙な表現なわけです・・・。

マァいろんな人のいろんな「思惑」があったんでしょうがこの作品・・・、
誠に相応しいものでしたね、「大日本帝国」国歌としては・・・。

さてこの作品・・・、楽曲としても優れていると言わざるを得ません・・・。
作曲は明治13年、海軍省の依頼による宮内省雅楽隊の林広守によるもの・・・、
そして編曲はドイツ人(お雇い外国人)エッケルト・・・、
・・・つまりメロオさんご指摘の「飽きの来ないどこか厳かな雰囲気・・・」・・・
これこそ「雅楽」+「西洋和声(和音)」のなせる「業」の賜物だったわけですね・・・(^-^)・・・。

私「和魂洋才」・・・、大好きですこの言葉・・・\(^o^)/・・・。


P.S.
しかし酷かった・・・、ボクシングの亀田兄弟の試合の時のアノ「独唱」は・・・(T-T)・・・。
day 2008-09-1221:50
name
trip -
url

編集 ]

なるほど

『君が代』の懇切丁寧な解釈ありがとうございます。
しかし、こうしてみると実に短い歌詞。
それを、あの緩やかなメロディでちゃんと一曲に仕上げてるんだからある意味スゴイ(笑)。

でも私も「ドリフ」のページで『君が代』とはビックリ仰天(笑)。
day 2008-09-1300:19
name メロオ
trip -
url

編集 ]

Comin'throw the rye

ドリフターズは、軍歌ばかりではなく、いろいろな歌を歌っているわけですが、

http://jp.youtube.com/watch?v=T1eKIMiJqdE

『故郷の空』

をモチーフにしている

http://jp.youtube.com/watch?v=Yqsff6_c8RA

『誰かさんと誰かさん』

もそんな一曲です。
この歌は、元々スコットランド民謡で、原題は『Comin'throw the rye(ライ麦畑で出逢ったら)』です。

http://jp.youtube.com/watch?v=XqrI18UUZ3w

オヨネーズ『麦畑』

の冒頭でも最初のメロディが挿入されていますし、歩行者用信号機では、『通りゃんせ』と並んでポピュラーなメロディです。

さて、この歌、日本に導入されたとき、大和田建樹が詩をつけたのですが、どうも原詩が教育上よろしくないと言うことで、父母やふるさとを思う詩に変えたそうです。
原詩の作詞ははRobert Burnsですが、どんな内容かというと、知らない人同士が麦畑でキスしても気にしない、あるいは、私には秘密ないい人がいる、などなどです。
つまり、結論から先に言うと、ドリフターズの方のなかにし礼の詩の方が、実は、原詩に近いと言うことです。
Robert Burnsも開放的な恋愛を、まさか日本で故郷の歌に訳されるとは思ってもいなかったんでしょうが、これは、当時の日本とスコットランドの価値観の違いとか時代背景があったりとかで、仕方ない部分だと思われます。
どっちにしても、この歌はいい歌だということは、変わらないと思います。
ちなみに私は、この歌の歌詞といえば、やっぱり
♪誰かさんと誰かさんが
の方が思い浮かびます(笑
ドリフ世代なもので(笑
day 2008-11-0907:03
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

オヨネーズ万歳

もちろん、私だってドリフの曲が思い浮かびますね(笑)。
カトチャンのボーカルがまたステキ。

オヨネーズはほとんどTVで見たことないけど、この曲は広まりましたね、カラオケで。
実際、マジでイイ曲です。動画、見入ってしまいましたよ(笑)。
day 2008-11-1306:50
name メロオ
trip -
url

編集 ]

♪セ、エ、ラふ~くを・・・(^o^)・・・

こんばんわ・・・(^-^)・・・。

ドリフの大爆笑「雷様」・・・(^o^)・・・、傑作がありましたのでこちらから・・・是非・・・。
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=4biFKigLKCw&feature=related

上手ですねこのお三方・・・、「セーラー服を脱がさないで」・・・さすがミュージシャン・・・、
因みにその歌詞今回初めてキチンと聴いてみましたが私・・・、
・・・芸能界が「軽~ゥく」崩壊に向かい始めた頃だったんですね、1985年は・・・(T-T)・・・。

そういえばブーさんの顔・・・、「本気(マジ)だぜ」のダンプ松本さんなんですねきっと・・・。

「オイ・・・、まだ二番あんだよ~」・・・、また素晴らしき終わり方ですね、ブーさん・・・、
でも確かこの年1985年、「八時だよ 全員集合」は終ってしまいましたね・・・(T-T)・・・。
day 2009-02-0921:27
name
trip -
url

編集 ]

今晩、大爆笑

ブーさんにも雷様があって、良かった、良かった。
ところで今晩、フジ系で「大爆笑」の特番がオンエアするようですね。
ドリフのソフトはいまだに健在なり!
day 2009-02-1018:35
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ペレス・プラード楽団の曲

ドリフターズは、元々バンドです。
それなだけに、コントで使われる音楽もまた、センスがあったりします。

まず、
『「ヒゲ」のテーマ』
http://www.youtube.com/watch?v=l1wXzXLrCug

このビート、リズム、聞くだけで踊りたくなるような、そんな感じがします。

そして、コントの中に使う音楽もなかなかでした。
ペレス・プラード楽団の演奏する曲が割と使われていたのかなぁ?と思います。
その代表的なのは、カトちゃんので使われていた
『TABOO』
http://www.youtube.com/watch?v=ZILexa__nFs&feature=related
これかなぁと思いますが、他にも、志村けんがカトちゃんのようにポーズをとってみたいな時に流れていたのが
『Cherry Pink and Apple Blossom White』
http://www.youtube.com/watch?v=rDjAN8sKb1A&feature=related
シチュエーションとしては、何か音楽をかけてくれといったときにこの曲が流れて、ポーズをとるみたいなそんな感じです。
ところで、この曲
イベット・ジロー『バラ色の桜んぼの木と白い林檎の木』
http://www.youtube.com/watch?v=EEPPXuxfJkU
なんと、歌があったことをちょっと前に知りました。
びっくりです。
そんなこんなで、やはり、ドリフターズは音楽集団だなぁと改めて感じました。
day 2009-08-1621:10
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

『TABOO』

・・・なんて、絶対カトちゃんを思い出す(笑)。
それ以外が頭に浮かびませんよ。

音楽集団かどうかは別にして(笑)、その志向性は間違いなく持ってましたね。
day 2009-08-1623:07
name メロオ
trip -
url

編集 ]

もしもの・・・(^o^)・・・行く年来る年・・・

こんばんわ・・・(^-^)・・・。

昭和56年末のNHK紅白歌合戦、こんなシーンもあったりして・・・(^-^)・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=RbH_MbsFnF8

・・・しかし引き続き午後11時45分から、もしこんな「行く年来る年」中継流れたら・・・(^o^)、
http://www.youtube.com/watch?v=m_4pi8Mt8Ok&NR=1

・・・私昭和56年、個人的にあまりイイこと無かったんですがもしこんな番組見たら・・・、
大笑いして「年忘れ」、出来たかも・・・(^o^)・・・。
day 2009-08-1923:02
name
trip -
url

編集 ]

感動と笑い

ひっちゃんのカンドウ動画ですね(笑)。

もうひとつのドリフは、もうカトちゃんが出てきただけで笑っちゃう。
カトちゃんは、間違いなく子供のころのスターでした(笑)。
(このときは、すでにもう子供じゃなかったけど)
day 2009-08-2018:48
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/546-86cdc270

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。