なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-10 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリス

ラジオで一度聴いただけなのに、思わず『冬の稲妻』を買ってしまった。
それほど私には、この曲が新鮮に感じられた。
だが楽曲にひかれつつも、当時「なんかマイナーなグループだな」と思った覚えがある。
しかし彼らはこの曲をきっかけに見事、ブレイクを果たす。

チンペイとベーヤンのツインボーカルのカッコよさ!え、キンちゃん?うーん彼がいなかったら、それこそ「チャゲあす」になっちゃうしね。

CD&DVD THE BEST アリス(DVD付)
CD&DVD THE BEST アリス(DVD付)アリス

おすすめ平均
starsしぶいね

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑DVD付きはイイ!

『チャンピオン』、『ジョニーの子守唄』等、ハード路線もよいが、初期の『帰らざる日々』、『さらば青春のとき』、『遠くで汽笛を聞きながら』のソフトタッチな歌にもひかれる。

しかし谷村新司の声はいいなぁ。あんな声がでれば歌ってても楽しいだろう。素直に「羨望できる才能」を持ってる人だ。

ベーヤンもCMタイアップの『君の瞳は1万ボルト』の時はカッコよかった。
♪鳶色の瞳に 誘惑の~♪ の鳶色が今でもどんな色かわからないけど。でも、現在の「面白おじさん」のイメージはまったくなかった。

しかし、どちらもいい歳のとり方をしたんじゃないでしょうか。

シングルス
シングルスアリス 堀内孝雄 谷村新司

おすすめ平均
stars独特のアクの強さ
starsアリス・シングルス
stars懐かしくて良い歌満載のお得なCD
stars今、聴いてもなかなか良いです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑男たちの熱い歌。これも時代でした・・・。

アリス↑ダウンロード購入。

♪試 聴⇒ゴールデン☆ベストicon
♪試 聴⇒CD & DVD THE BEST アリスicon
♪試 聴⇒アリス Vicon
♪試 聴⇒谷村新司 Best Collection~いい日旅立ちicon

★アリスの飛行船(公認ファンクラブ
★タニムラ.コム(谷村新司公式HP)
★friend倶楽部(堀内孝雄ファンサイト)
★矢沢透 homepage

青春歌年鑑BOX '72~'77 ←ここでも【試聴】できます!







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑つかみかけた 熱いクリックを~(←お願いします)



スポンサーサイト

コメント

アリスいいですねえ

私は、大塚博堂の次に好きなのがアリスです。
『チャンピオン』後に衣笠の引退時に使われてましたね。
ところで、チャンピオンのモデルって、輪島功一だと聞いたことがあるんですが、本当なんでしょうかね?
この前、知り合いと、あれは輪島だ、いや、具志堅だと、議論になったものですから。
チンペイさんの意外にソフトな低音はいいです。『昴』歌っているときは、気持ちよさそうですね。ベーやんは、今の路線より、『南回帰線』とか好きですね。
day 2005-08-2018:41
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

絶対、輪島と思いたい

うっ!輪島功一。私が一番好きなボクサーでした。柳さいと(漢字はわからないが今でもしっかり名前覚えてる)にコテンパンにKOされたのに勇気あるリターンマッチ。しかもそこで勝ってしまう。泣くほど感動したなぁ。だから絶対「チャンピオン」のモデルは輪島だと思うなぁ。
ベーやんは今の路線じゃなく、宇宙戦艦ヤマトやエルビスを歌う「ささきいさお」っぽくなってほしかった・・・・・・。
day 2005-08-2019:08
name メロオ
trip -
url

編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
day 2006-01-2600:43
name
trip
url

編集 ]

チャンピオン

輪島が定説ですね。関連しそうなURLを掲げておきます。
day 2006-01-2600:45
name TT
trip -
url http://lsi.ugr.es/~gunkan/mirror/html/gunkan_dic_trad/trad_kotaro_sawaki_paco_barberan_cojones.html

編集 ]

やはり輪島かな

韓国語?のサイトですか?
正直、まったくわかりませんがありがとうございます。
day 2006-01-2716:37
name メロオ
trip -
url

編集 ]

チャンピオンのモデルは...

...カシアス内藤という人だそうです。
自分的にも、輪島であって欲しかった。
シチュエーション的には、具志堅より輪島ですよね。
しょうがないので、輪島の『だんご三兄弟』と具志堅の『今度生まれてくる時は』でも聴きますよ(笑)
day 2006-01-2810:47
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

カシアス内藤

カシアス内藤、ですか。沢木耕太郎の「一瞬の夏」の主人公ですね。言われてみれば、そうだったようで・・・。うーん、残念。
day 2006-01-2919:26
name メロオ
trip -
url

編集 ]

試聴(フル)アリス

『今はもうだれも』 が、フルで聴けるようです。
day 2006-05-0501:56
name 追加
trip -
url

編集 ]

演歌チックな…

…曲もありますが、その代表的なのが、『紫陽花』。
この歌は、べーやんがメインボーカルですが、最近のべーやんが歌っている曲(作詞:荒木とよひさ、編曲:川村栄二みたいな感じの)と何ら変わらない感じです。
アレンジは青木望、ストリングスがかなり綺麗なアレンジです。
私も、『紫陽花』はよくカラオケで歌いますが、今のべーやんそのものっぽい感じです(歌手もアリスではなく、堀内孝雄のところに載っているって感じ)。

話は変わりますが、『今はもう誰も』は、実はアリスがオリジナルではなく、その前に誰かが歌っていた曲だそうです。
day 2007-03-0421:58
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

ベーヤン

ベーヤンは、どうしても♪鳶色の瞳~♪ の頃の、精悍な印象が記憶に残っていて・・・。(しかし、鳶色って、どんな色だ?)
かなり昔なのに、いまだに拭い去れない自分がいたりします。あ、芸能人としては、今の演歌系は大正解なんでしょうが。

『今はもう誰も』、完全にオリジナルだと思ってた・・・。
day 2007-03-0505:12
name メロオ
trip -
url

編集 ]

“鳶色”と『今はもう誰も』

鳶色とは、わずかに黒みを帯びた茶色の事で、鳶の羽の色からだそうです。

『今はもう誰も』のオリジナルは“ウッディー・ウー”と言うグループです。
どんなグループかはちょっとわからないんですが、同志社大などのカレッジフォークグループとのことらしいです。
day 2007-03-0518:35
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

回答サンクス!

お答え、ありがとうございます。
鳶色の瞳は、すくなくとも欧米系の人じゃないということですね(笑)。
私も、その「ウッディー・ウー」というグループ、まったく知らないなぁ。
day 2007-03-0601:14
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ミストラル・・・

こんばんわ。

今夜は、1978年秋の資生堂キャンペーン・ソングとなった堀内孝雄さんの「君のひとみは10000ボルト」を・・・。



鳶色の瞳に 誘惑のかげり 金木犀の 咲く道を

銀色の翼の馬で 駆けてくる 二十世紀のジャンヌ・ダークよ

君の瞳は10000ボルト 地上に降りた 最後の天使

君の瞳は10000ボルト 地上に降りた 最後の天使


眩しすぎる朝に 出会った時の そんな心の ときめきを

知らぬ間に振りまき 消えていった 季節はずれのミストレル・・・



石川鷹彦さんのギターのイントロが最高です、聞けば日本で最初にフォーク・ギターを弾いた人だとか・・・、引き出してますね、この楽器の魅力・・・。
この抜群のギターに支えられた堀内さんのメロディーと歌声、こちらもなかなかです。

さて谷村さんの詞、金木犀の咲く道・・・、なるほど「秋」ですね。
加えて「ミストレル」これは一般的には「ミストラル」、冬から春先にかけて、アルプスを越えてフランス南東部から地中海に吹き抜ける冷たく乾いた「地方風」のことです。
成る程、季節はずれなんですね・・・。

しかしこの作品に限らず、どうして「化粧品」のキャンペーン・ソングはこうも名曲揃いなんでしょうね・・・。

ターゲットは若い女性、彼女達の「自尊心」をクスグリ、「モノ」を買わせるのは大変なんでしょうね、それだけ・・・。
それでは。


day 2007-11-0622:55
name
trip -
url

編集 ]

魔法の粉

今となればベーヤンは、精悍さよりもおかしさが前面に来ているけど『君の瞳は~』の頃は、ホントにカッコ良く映ったものでした・・・。

化粧品のキャンペーン・ソングは古くは南沙織『春の予感』(尾崎亜美)あたりから印象にありますが、キャッチーなコピーをうまく曲にまとめあげますねぇ。『揺れるまなざし』も『君の瞳も~』も、目力凄いです(笑)。
誰もをそんな気分にさせる魔法の粉がかけられてるんでしょう。誰もがそうなるわけじゃないのに(笑)。
day 2007-11-0816:31
name メロオ
trip -
url

編集 ]

チンペイさんの話でも

どちらかと言うと、べーやんの話のほうが多いので、たまには

と言うことで

http://jp.youtube.com/watch?v=C0fPxd1D6rU&feature=related

『Far Away』谷村新司(編曲:瀬尾一三)

これは、名曲だと思います。
谷村さんの声も魅力的ですし、スケールの大きさを感じます。
しかし、以前も書きましたが、この曲に限って言えば、私的には

http://jp.youtube.com/watch?v=qHxRM-OwzSc&feature=related

『Too far away』水越けいこ(編曲:大村雅朗)

どうしてもこっちになってしまいますねぇ。
そういえば、これには逸話があるそうで、どうも谷村さんが居酒屋かスナックで飲んでいた時に、有線で、水越さんのこれがかかって、それで、これを歌ってみたい、となったそうです。

この歌は、本当にカバーしている人が多いですね。
私の住んでいるところのラジオでは、伊藤薫本人のが、リクエストされてかかる事が多いです。
先週も聴きました。
最初、徳永英明がカバーしているのかなぁと思いましたが、よく考えたらこれかおる本人のじゃん(笑 と思い直すことが多々ありました。

ちなみに、谷村新司の『小さな肩に雨が降る』、これは、矢崎滋・イルカ主演の“オサラバ坂に陽はのぼる”の主題歌ですが、大村雅朗アレンジで、イントロの雷鳴が格好良い曲です。
day 2008-09-0823:18
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

イチコロの声

年々、チンペイに隠微なニオイを感じるのは私も歳だからでしょうか(笑)。
でも、この声で耳元で歌われた日には、もうイチコロでしょう。

アリスで括った記事だけど、個別でも書かなきゃいけませんね。
day 2008-09-0900:09
name メロオ
trip -
url

編集 ]

『今はもう誰も』の…

…オリジナルは、ウッディー・ウーですが、それがあったので貼っておきます。

http://jp.youtube.com/watch?v=4TAPDlXo4aI&feature=related

『今はもうだれも』 Woody-Woo

オリジナルは初めて聴きましたが、なかなかいい歌で、アリスももちろんいいんですが、やはりオリジナルだなぁとも感じました。
これを作ったWoody-Wooにいた佐竹さんは、数年前に50代の若さで亡くなったそうです。
しかし、製作者が亡くなっても、後に、ましてや、この歌は、アリスがカバーして、広まっていますし、そんな中で、佐竹さんの魂も生き続けることが出来る、そんな気がします。
day 2008-12-0422:31
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

昭和フォーク調

名前だけは知っていた佐竹さん。
名前しか知らなかったんだけど、お亡くなりになってたんですか・・・。

まるっきりアリスとイメージが違い、昭和フォークのニオイが感じられます。
アレンジ次第で様変わりですね。
day 2008-12-0518:53
name メロオ
trip -
url

編集 ]

あのアレンジは…

…なんだったんだろうなぁ?と感じた曲が、大塚博堂の『めぐり逢い紡いで』のシングルバージョン(編曲:林哲司)同様にべーやんの曲でありました。
それは、滝ともはるとデュエットしている『南回帰線』(作詞:山川啓介 作曲:堀内孝雄)です。
カラオケで入れても、試聴しても

(編曲:石川鷹彦)
http://www.youtube.com/watch?v=-8GJ7QXUiyQ&feature=related

のにしかあたらず、確かギターで始まるのがあって、ベスト版のテープで聴いた覚えがあるんだが、あれは、ライブ版か、それともまったくの勘違い?とずっと思い悩んで(思い悩むほどのことでもないけど(笑)いましたが、さすがネットの世界、数日前にわかりました。
これ
(編曲:岡田徹)
http://www.youtube.com/watch?v=fBHr-bR5_QE&feature=related
です。

前述のは、滝さんとデュエットしているバージョンですが、後術のはベーやんソロのバージョンです。
そういうことだったのか!とわかってすっきりしました。
それにしても、この
ありがとう!
と歌うところなどは最高ですね。
センキューっ!って感じです(笑
さすがは、山川さんの詩だなぁと改めて感じました。
『デラシネ』
http://www.youtube.com/watch?v=UOAK02cMsNY&feature=related
この歌も山川さんの詩ですが、なかなかいいです。
“デラシネ”根無し草だったかな、なかなかいい世界ですね。
意外とアリス後期から、はぐれ刑事主題歌を歌うまでの間のソロの曲は、いい曲多いと感じます。
day 2009-03-1516:46
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

『南回帰線』

なんとも、懐かしい、というかすっかり忘れてた曲でした。
【ザ・ベストテン】にも出てたのでは?
そのせいか、滝ともはるという方も覚えてます。

>アリス後期から、はぐれ刑事主題歌を歌うまでの間のソロの曲

そのころの精悍なイメージが残っててだから今の「おじさん」ぶりにどうも違和感あるんだなぁ(笑)。
day 2009-03-1605:56
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ベーやんが手がけたある歌手のデビュー曲

また、べーやんネタですが、アリス後期から、はぐれ刑事主題歌を歌うまでの間のソロの期間に、実はある歌手のデビュー曲を手がけています。

それは

渡辺徹『彼(ライバル)』(作詞:山川啓介)
http://www.youtube.com/watch?v=jQ1ZJPFzR-Y

ラガーのこの歌です。
この山川啓介・堀内孝雄と言うコンビ(ちなみに、レコードなどのアレンジは、石川鷹彦)は、『南回帰線』と変わりません。
ラガーと言うと、『約束』がデビュー曲じゃないかと思われる節があるのですが、デビュー曲はこの歌です。
青春系なスターの雰囲気で、山川さんが作詞したのかなぁとも思えますがどうなのでしょうか?
メロディはもろべーやんですが、最近の演歌めいたものではなく、いい感じです。
色々な曲を手がけているものですね。

それから、南回帰線の相方の滝さんですが

滝ともはる『ミッドナイト・フライヤー』(0:46くらいから)
http://www.youtube.com/watch?v=9WlA0hl9v6k

という曲を歌っています。
そういえば、ラガーも末期のハングマンに出てましたねぇ。
森山周一郎のナレーションが格好良過ぎですね(笑
day 2009-03-2111:04
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

ラガー

渡辺徹の『彼』、まさにベーヤンらしいメロディですね。
彼の記事も書きかけのままずっと放置状態だけど、そろそろUPしなきゃ。
でも『約束』ぐらいしか知らないしなぁ。

【ハングマン】、たまに見てたなぁ。
ただネット局はなかったので曜日違いだったけど。
day 2009-03-2220:53
name メロオ
trip -
url

編集 ]

去年土砂降りだった…

…隣町のお祭りに今年も行きました。
今年のゲストは、八幡輝美と言う地元で活動しているシンガーソングライターと、あの大江裕とベーやんでした。
八幡輝美という方ははじめて聴きましたが、なかなかいい感じの曲で、キーボードで弾き語りと言ったところで、どことなく奥華子っぽい感じの人だなぁと感じました。
大江君は、まあ、大江君かなぁ(笑、って感じでしたが、女性人気があって、声もキャラと裏腹にまあ出ているし、やっぱり凡人とは違うなぁと感じました。
そして、べーやんでしたが、
“センキュー!”
も生で聞けましたし、コンサートの中での客のいじり方も、流石です。
はぐれ刑事純情派の歌からアリス時代の歌、『愛しき日々』なども歌いましたが、べーやんを生で見ているよと言った感動が、ありました。
最後は握手会もあって、握手してきましたが、やはり、オーラがありますね。
改めて
“センキュー!”
と叫びたいぐらいのそんな屋外コンサートでした。

では、その時に歌った曲を昭和限定で

『ガキの頃のように』
http://www.youtube.com/watch?v=aSXni2Eat5o

『秋止符』
http://www.youtube.com/watch?v=Ze8YUMQJGuY

『愛しき日々』
http://www.youtube.com/watch?v=TbfHvHmwXWw

センキュー!

べーやんは今のジャンルに変わったから、こういった祭りで見れるのであって、アリスの路線のままで行っていたらお祭りなどでは、歌わないと思われますし、そう考えればジャンルがこう変わったからこそ見れたのかなぁと感じます。
でも、前も書きましたがアリス時代の
『紫陽花』
http://www.youtube.com/watch?v=YHe4N1Lvan4
この曲の時代から、その片鱗を感じるので、多分、こっちのジャンルにきたのは必然だったのかなぁと感じます。
day 2009-08-0222:04
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

ベーヤン

『紫陽花』は初めて聴いたけど、たしかに今の片鱗がうかがえます。
でも、この歌い方やっぱりアリスだ。で、私はこの頃の方が好きだなぁ(笑)。

『終止符』もよく聴いたものです。
生で聴けたなんて、もう最高じゃないですか。
でも、もしかして演歌チックだったかな(笑)。
day 2009-08-0300:08
name メロオ
trip -
url

編集 ]

アリスと歌謡曲の境目は…

まずは、『秋止符』は、アリスって感じの歌唱でした。

さて、ベーヤンのアリス的な曲と歌謡曲の境目、それは、これかなぁと思います。

『憧れ遊び』
http://www.youtube.com/watch?v=MWI3nqU8Aho

これは、年末時代劇“忠臣蔵”の主題歌でした。
作詞は、小椋佳で、そこは
『愛しき日々』
http://www.youtube.com/watch?v=TbfHvHmwXWw
と同じ、で、この“忠臣蔵”かなり、紅白歌合戦を食ったというイメージがあり、その2匹目のドジョウを狙ったのが、次の年の“白虎隊”と『愛しき日々』でした。
さて、どの辺が境目かというと、ずばり、スタッフ、特に前も書きましたが、アレンジャーかなぁと思います。
アリス的な楽曲は、石川鷹彦とか、青木望とかそういった方がアレンジしています。
『憧れ遊び』以降は、川村栄二、今泉敏郎などと言った方がアレンジするようになりました。
つまり、この辺が境目ではないかと、そして、作詞が、荒木とよひさ、たきのえいじなどの方々が手がけるようになった辺りで、どかんと今の路線が固まった、そんな感じがします。
しかし、演歌までいくのかどうか、演歌に近い、歌謡曲的な、そんなジャンルなのかなぁと思います。
day 2009-08-0916:46
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

地上に降りた最後の天使

どうしても、ベーヤンといったら私はこの曲のイメージが強いのですよ。
それは当時の自身の思い出とも繋がっていて。

http://www.youtube.com/watch?v=8wadpKsTyTQ

簡単にいえば、カッコ良さに憧れた時代でもありました(笑)。
day 2009-08-1020:38
name メロオ
trip -
url

編集 ]

チンペイ・ベーやん、名曲1曲ずつ

谷村新司・堀内孝雄、それぞれ多数の曲を歌っていますがそれぞれ一曲ずつ。

まずは、谷村新司から
『小さな肩に雨が降る』
http://www.youtube.com/watch?v=K5HyBvZN2c0
これは、金八から貫八まで続いた桜中学シリーズの後番組、矢崎滋とイルカが夫婦役で主演だった「オサラバ坂に陽が昇る」と言う児童自立支援施設を舞台にしたドラマの主題歌だった曲です。
この歌は、なんと言っても、最初の雷鳴のような音、これに尽きます。
この曲のアレンジは、大村雅朗、大村さん、やっぱり、いい仕事していますねぇ。
この歌、私もたまにカラオケで歌いますが、意外と知名度が低いです。
でも、これは曲の内容、アレンジ、ドラマの内容相まって素晴らしい名曲だと私は思います。
ちょうど、桜中学シリーズと次の長渕剛主演の「家族ゲーム」に挟まれて地味な存在ですが、普段、どちらかというと気の弱い役の多い矢崎さんがちょっと熱血漢だったり、奥さん役のイルカさんもなかなかいい味を出していたりとなかなかいいドラマだった記憶があります。

次は堀内孝雄。
堀内孝雄の女性とのデュエットソングといえば、水曜日の21時からの桂銀淑と組んだ
『都会の天使たち』
http://www.youtube.com/watch?v=p4AktUJ_NPc
これを思い浮かべる人が多いと思います。
これも確かにいい曲ですが、私はこれではない違う曲を思い浮かべます。
それは、これまた偶然にも水曜日の21時の歌(番組はぜんぜん違いますが、放送局も偶然同じ)で、倉橋ルイ子と歌っている
『ハンリーラ』
http://www.youtube.com/watch?v=BpSuDmMutX4
こっちの曲が真っ先に思い浮かびます。
上品ですし、くどくないし、断然私はべーやんのデュエットといえばこっちです。
時系列的には、こっちが先ですし、倉橋さんの歌唱力ときれいさも相まって、自分的にはこっちだなぁと思います。
でも悲しいかな、この歌も知名度が低くて、ちょっと寂しいです。
前者は、はぐれ刑事、後者は欽どこのそれぞれEDで使われました。
こうやって書くと、べーやんはつくづくテレビ朝日系列の水曜日の21時に縁があるんだなぁと感じました。
day 2010-05-0809:46
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

聞かせる声質

どこかで言ったけど、やはりチンペイ、ベーヤンは個々の記事書かなきゃいけない存在でしょうね。

両者共に言えるのは「聞かせる声を持っている」ということでしょうか。
どんな曲でも一聴してしまいます。
とくにチンペイの声質にはとても惹かれます。
day 2010-05-0820:05
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/55-e5052bf6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。