なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-09 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わらべ

萩本欽一という人は歌と無縁に思えるが、かなり「音楽」と関係していて面白い。そして、はからずも様々な歌手を送り出す立場になっている。
細川たかしにしたって、彼の番組がきっかけでブレイクしている。

その方面に才はないが、きっと「歌」が好きなのだろう。(坂上二郎は才がある)自身のバラエティから生まれたユニットのヒットは数多い。

なかでも、のぞみ・かなえ・たまえの三人ユニット「わらべ」が歌う『めだかの兄妹』は、大ヒットを果たす。だが、私は何も感じなかった。むしろ、なぜ「売れたのか」わからなかった。

めだかの兄妹~わらべ全曲集~
めだかの兄妹~わらべ全曲集~わらべ 荒木とよひさ 坂本龍一

おすすめ平均
stars傑作揃いなのにもったいない
starsおもしろい!
stars子供と一緒に

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑まだ「お茶の間」という言葉が成立した時代・・・。

ただし「場の雰囲気」という要素がある。もちろん、わらべの楽曲は【欽ちゃんのどこまでもやるの】というバラエティ番組があってこそ成立したし、また輝けたのだろう。

そんなわけで、「わらべ」についてはさほど感慨はない。まぁ、それでも倉沢敦美ちゃんは可愛かった。下膨れの顔に母性を見てたのかも。でも、当時はもっと強力な母性を感じさせる高橋真美ちゃんという存在があって下膨れは気にならなかった(笑)。(←これを「木は森に隠せ」という)

ところが後に発表した『もしも明日が』には、ヤラレタ。なんともいえない「もの悲しさ」を湛えたメロディと歌詞。せつなさが詰まっていて、胸にグーッとくるものがあった。(久しぶりに聴いてみたが、やはり良い)
もっと言えば『もしも明日が・・・音頭編』という曲もあって、お囃子が入っているバージョンだが、それですら同じ感想なのだ。

You are my idol 80’s
You are my idol 80’sオムニバス

おすすめ平均
stars小室哲哉の名作曲「星屑のイノセンス」収録

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑アイドル最終章が80年代かな?

そして今回、調べてみて符号がいった。なんと三木たかし・荒木とよひさコンビの作品じゃないですか。そう、やはり静かな悲しみを湛えた名曲『愛されてセレナーデ』のコンビである。
 
ヤン・スギョンが歌う『愛されてセレナーデ』と、わらべの『もしも明日が』は、かなり曲調が違う。なのに、驚くほど印象が似ている。作家性というのは、隠し切れないものなのでしょう。(別に隠す必要はないけど・・・笑)

正直言えば、ヤン・スギョンもわらべも歌手としての凄みが私にはわからない。とくにわらべに至っては、タレント活動の一つに過ぎないように思える。しかし、名コンビ(三木・荒木)の見事な作品によって、名前が残った。私にとっては。

欽ちゃんのどこまでやるの! DVDボックス
欽ちゃんのどこまでやるの! DVDボックスTVバラエティ, 萩本欽一, 小堺一機, 関根勤

おすすめ平均
starsほのぼの・・・
starsやったーーー!!欽ちゃん!待ってたよーーー!!
stars「欽どこ」、めっちゃ懐かしいなぁー!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑当時はぬるさを感じたけど、今見るとどうなのだろう?

♪試 聴⇒めだかの兄弟~わらべ全曲集~icon
♪試 聴⇒GOLDEN☆BEST~欽(まるきん)スーパーヒットicon
♪試 聴⇒You are my idol 80'sicon

★わらべ(ウィキペディア)
★レビュー45「プロフィール」倉沢淳美







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑愛するクリックよ 押していって~(←お願いします)

<広 告>




スポンサーサイト

コメント

YOU TUBEわらべ

★『もしも明日が』
やはりイイ!これもまた儚さとせつなさが詰まってる・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=j3NJvesSvYc

★『時計を止めて』
知らない曲でした。映像が綺麗。http://www.youtube.com/watch?v=NnKKno4BYAg

★『めだかの兄妹』
心を揺さぶられないけど、一応リンクしておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=WOOiqgng4yU
day 2007-10-2319:12
name メロオ
trip -
url

編集 ]

そうなんですよね!

テレサ・テンの名曲の数々を作った“荒木とよひさ・三木たかし”のコンビの曲が多いです。
割と欽ちゃん系は荒木とよひさによる作詞の曲が多く、風見しんごの『涙のTake a Chance』もそうだったりしますが、この頃はブレークダンスが流行りましたね。
わらべは『もしも明日が』ですね。
『めだかの兄弟』から急に大人っぽくなった感があります。
『時計を止めて』の松武秀樹のアレンジが印象的ですが、ちょっとマイナーな感が…。
題名的に、同名異曲のジャックスの方が浮かんだりします。
欽どこから生まれた曲と言うと、俳優・中村ブンが作詞した“サンドイッチ”(小堺一機・藤井暁・鳥居かおり)『思い出して下さい』がわらべ同様三木たかし作曲でいい曲です。
それから、演歌っぽくなるちょっと前の堀内孝雄と倉橋ルイ子のデュエット『ハンリーラ』もなかなかいい曲です。
倉橋さんは去年生で見ましたが、歌がうまくて綺麗な人でしたよ。
あと欽どこと言えば細川たかしの『北酒場』、ウォッチュッ!と途中で入れてました。
そして斉藤清六ですね。
そういえば巨人の斉藤雅樹投手は、斉藤清六全盛期に入団したためニックネームが“セイロク”でしたね。
day 2007-10-2321:38
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

坂本龍一の傑作のはずが・・・(ToT)・・・メダカの兄妹

こんばんわ。

わらべ・・・、望み叶え給え・・・、良きネーミングでしたね、なかなか・・・。

私、「メダカの兄妹」は評価するんです、一応・・・。

それは、三木さんのメロディーを支える坂本さんのアレンジが素晴らしいからです。
荒木さんの詞の、「チュンチュン、ニャンニャン、スイスイ」・・・、ここの部分の「輪唱」なんかとてもいいと思うんですが・・・。
でもハッキリ言って、この三人娘の歌唱力にはモッタイナイ楽曲です、負けてしまってますね、完全に、伴奏に・・・(ToT)。

そして更なる問題は、荒木さんの歌詞、80年代は「スカ」だった、なんていう人が多いんですがそれにしては 「後ろ向き」過ぎる内容、「女の子」な彼女達にこんな歌唄われるのはイヤでしたね、とても・・・。

おまけにこの曲、毎日毎日聴かされることになりそうなんです、そろそろ私・・・(ToT)。

規制緩和で街に現れた「灯油販売」のタンクローリー、毎年この曲流しながら追いかけてくるんです、私を。

そのセンス、理解に苦しむんですが・・・。
それでは。
day 2007-10-2322:21
name
trip -
url

編集 ]

わらべ

>Gemini...さま
「遅れてきた私」は、今頃荒木・三木を評価してます。そして、当記事を書くにあたり初めて、彼らの作品と知った次第です・・・。やはり趣味嗜好は出てくるもので『愛されてセレナーデ』同様、『もしも明日が』の良さにしびれてます。しかし、鳥居かおりとはまた懐かしいお名前。そして、今斉藤清六は何をしてるのかな?

>樟さま
『めだかの兄妹』を評価しなくて、スイマセン。まあ、売れすぎたから妬みが入ってるのかもしれませんね。(創作者でもないのに・・・笑)
荒木氏の後ろ向き姿勢、なんとなくわかります。それが心地よく感じる私にもなんか問題あるのかも。まあ、いずれにしても「わらべ」は何ほども感じてないのですが『もしも・・・』だけは良かったなぁと回想しています。
day 2007-10-2323:11
name メロオ
trip -
url

編集 ]

こんにちは

トラバありがとうf¥ございます。わらべの三人はとてもかわいかったですね。高部さんはいろいろあったけど真実をしってきらいではなくなりました。かわいそう、子供のころよくうたっていました。
day 2007-10-2412:30
name ラッキー花子
trip -
url

編集 ]

ありがとうございます

お返しのコメントありがとうございます。本文にも書きましたが「わらべ」は、実はあまり興味がないんです。ただ『もしも明日が』という曲には、どうしようもなく惹かれてます。
このたぐいの楽曲に、なぜこうも引き付けられるのだろう?と自分でもよくわからない心境・・・。
day 2007-10-2414:28
name メロオ
trip -
url

編集 ]

欽ちゃんファミリー

“欽どん”“欽どこ”“週間欽曜日”など、一時期は週に3本も持っていた大将、そこから生まれたタレントも多いですね。

http://www.youtube.com/watch?v=oCaQMgUeQ2k&feature=related

イモ欽トリオ『ティアドロップ探偵団』(作詞:松本隆 作曲・編曲:細野晴臣)

http://www.youtube.com/watch?v=XWs0GFVGr9Y

よせなべトリオ『大きな恋も物語』(作詞:島武実 作曲・編曲:佐久間正英)

イモ欽はあえてこれにしました。
それにしてもこれを見ていて驚いたのは、バク転で、西山浩司がするのはイメージ的にあるんですが、山口良一もバク転をしているところが驚きで、意外に身体能力が高いんだなぁと感じました。

よせなべトリオ、たしかこれはOLですが、普通のOL・松居直美がまだ幼くかわいい感じがあって、茨城弁の初々しく、実は密かにこの頃ファンだったりしました(笑
良いOL・生田悦子は、この頃から年齢ネタをされていたように記憶してますが、この当時、実は今の私より若いんですよね(それは、最初に“金八”やっていた時の武田鉄矢や“池中玄太”やっていた頃の西田敏行にもいえます)。
この年齢で年をネタにされるの?みたいな感じです(笑
悪いOL・小柳みゆき、この人もキャラクターが男っぽくて、面白い方だなぁと感じてましたが、今は小柳友貴美と名前を変えて、女優として活動しているみたいです。
http://dir.yahoo.co.jp/talent/10/w93-1227.html
最近の写真を見ると、この頃とは印象が違いますが、気が強そうな感じとかは感じ取れます。
この人は、元々、スタッフか劇団員かなんかで、OLのオーディションした時に、悪いOLに適当なのがいなかったので、大将に
「じゃあ、みゆき、やってみるか」
見たいな感じで、抜擢されたそうです。
また、喫茶店でパフェを食べていると
「悪いOLがパフェ食っているよ」
と言われたと、あの人は今?的な番組で言っていました。
この手の抜擢されたタレントの元祖ともいえるのが、車だん吉だそうで、元々事務員だったのが、やってみたいか?と言う事で、タレントになったみたいなことをどこかで見たことがあります。

これらの歌の他に、悪い子と悪いOL、西山浩司と小柳みゆきが組んだユニット、ニックじゃがあずの『ヨロシク原宿』(作詞:松本隆 作曲:筒美京平 編曲:後藤次利)と言う曲があります。
たしか1982年頃だったと思います。
割とかっこよくて、これ、デュエットの定番になるんじゃねぇか?と密かに思ったんですが、その後、忘れ去られてしまいました。これ、絶対いい歌なんですが、音源がどこにあるのか?欽ちゃんベストにも収録されていないし、でも、絶対にいい歌だと私は断言できます。
悪い同士で組み合わせたのが、意外とさわやかな感じでってところで、埋もれさすのは勿体無いと私は思います。

週間欽曜日は、また別な機会に(て言うか、清水由貴子のところに、かいてますが(笑)

PS 欽ドンみて気づいたんですが、音楽担当、あかのたちお なんですね。
day 2008-02-2309:58
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

トリオばっかし

イモ欽は取り上げる予定なので、ここでは控えめに語ります(笑)。
結構、イイ曲歌ってましたね。まあ、あの方々の提供曲ですから。
よせ鍋トリオは、その存在自体を忘れてた・・・。とくに悪いOLの方を。しっかり見てたのに、実は今でもよく思い出せない・・・。良い・普通・悪い、の3パターンだから当然、居たはずなのに。うーん、どうも記憶力が悪すぎ。『ヨロシク原宿』ですか。それもまったく知らないなぁ。

欽ちゃんの番組は欠かさず見てたけど、「週間欽曜日」についてはかなり弱いです。ローカルなもので、ネットされてたかなぁ? 仮にされてても、とんでもない時間帯にオンエアで、見られなかったのでしょう。その意味で、風見慎吾にもあまり思いいれがないんですよ。

しかし、欽ちゃんは「トリオ」が多いなぁ・・・。
day 2008-02-2315:01
name メロオ
trip -
url

編集 ]

では、欽どこの話でも

欽どこが終わる頃ぐらいに、のぞみ役で出ていたのが、この

http://www.youtube.com/watch?v=7y6HLoqGt1Q

倉橋ルイ子『この愛に生きて』(作詞:杉山政美 作曲:木森敏之)

です。
かなり最後の方なので、あまり記憶に残っていないかもしれませんが、まだ演歌になる前のベーやんと『ハンリーラ』と言う曲をデュエットしてました。
私の中では、べーやんのデュエット曲と言えば、桂銀淑との『都会の天使たち』よりは、この『ハンリーラ』と滝ともはるとの『南回帰線』の方がイメージが強いです。

さて、最後の方でのぞみ役をやっていた倉橋さんですが、前も書いたことあると思いますが、一昨年、生で見ました。
そして、ちょっと話もしました。かなり綺麗な人だった印象があります。
北海道出身と言う事で、バラードを歌わせたらとてもうまく、いい歌手だと思いますが、ちょっと、同じ北海道出身の大橋純子とキャラが被る面もあったりして、一般的な知名度はあまりないのかもしれませんが、いい歌手であることは間違いないと思います。
そして、とにかく綺麗でした。

ということで、もう一曲

http://www.youtube.com/watch?v=JTkHfh1xXUk&feature=related

倉橋ルイ子『哀しみのバラード』(作詞:岡田富美子 作曲:鈴木キサブロー)

PS 考えてみれば、こちらも北海道出身の歌手、レコード大賞もとった細川たかし『北酒場』、これも欽どこから生まれたんですね。
途中で
ウォッチュー
と入れるのが私たちの間で流行ってましたよ(笑

day 2008-02-2409:48
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

倉橋ルイ子

お名前は憶えてます。いましたねぇ。でも、「欽どこ」に出てたんですかぁ・・・。「純粋シンガー」だと思ってました。残念ながらは、これは、という曲が一つも浮かばないのですが。
でも、こうして聴くと歌唱力バツグン!タイミングが合えば、相当なアーチストになっていてもおかしくないですね。
day 2008-02-2422:58
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/550-60377ff2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。