なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-11 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紙ふうせん

男女のデュオは数々あるが、その代表格はやはりチェリッシュだろう。
数々のヒットをとばし、先駆者の印象が強い。やがて、様々なデュオが登場するが、いずれもそのスタイルは「チェリッシュ」を踏襲しているように見えた。

ダ・カーポしかり、そして紙ふうせんもそうである。まあ、印象はどうしたって早いもの勝ちなのだ。ただ、紙ふうせんについては他のデュオと違う想いもある。書くのも恥ずかしいが、ボーカルの平山泰代さんが割とタイプだった・・・。(結局、書いてるけど)

GOLDEN☆BEST/紙ふうせん
GOLDEN☆BEST/紙ふうせん紙ふうせん

おすすめ平均
stars赤い鳥時代を思い出す「まつり」、採譜と編曲の冴えが感じられる「いかつり唄」、大ヒット曲「冬が来る前に」と、いずれも懐かしく聴きました。
stars紙ふうせん ゴールデン☆ベスト

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑ところどころ、チェリッシュのエッちゃんにも似たようなボーカル。

元々は「赤い鳥」が分裂して、ハイファイセットと紙ふうせんになる。(←ハイファイセットの項で、印象を書いてます)そのお洒落なスタイルから、ハイファイセットを好む私だが、歳と共に紙ふうせんも味わい深くなってきた。それは正統なフォークの流れが、このデュオから色濃く感じられるからだ。

赤い鳥時代の名曲『翼をください』や『竹田の子守唄』など、いずれもある主張が成されていて、好き嫌いはあっても楽曲としてはたしかに素晴らしい。
やがて、紙ふうせんは『冬がくる前に』で大ヒットを果たすのだが、本質はやはり日本的叙情性なのだろう。それはすなわち、後藤悦次郎そのものに思える。(そして、それが「赤い鳥」解散につながるのかな?)

五つの赤い風船/ソロ・アルバム(紙ジャケット仕様)五つの赤い風船/ソロ・アルバム(紙ジャケット仕様)
五つの赤い風船

ビクターエンタテインメント 2006-10-25
売り上げランキング : 157839

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑どことなく気難しさが漂う後藤さん。職人肌な感じ。

ところで、後に大学生になった私は、友人のツテでレストランでウェイターのバイトをする。サークル活動がありたびたび休んだので、良きバイト学生ではなかったが。

そしてアルバイト最終日を迎える。終業時間が迫った頃、オーナーの奥さんから「持ち帰りのサンドイッチ」の注文が入った。すでに店内にお客はいない。不思議に思いながらも厨房にオーダーを通す。

そう、そのサンドイッチは辞めていく私へのモノだった。奥さんのはからいだった。貧乏学生にとって、これはとてもありがたかった。「食べ物の恨みは恐い」というが、その逆も真なり、といったところ。

そして実は、オーナーの奥さんが平山泰代さんに似ていたのである。
こう書くと、食べ物に釣られて好意を抱いたようにも思えるなぁ(笑)。

わずか一ヶ月弱の短期バイトだったが、紙ふうせんを見ると思い出すんですよ。もっとも最近はメディアで、このデュオを見る機会も少ないのですけど。

秋の夜長と上手につきあう17の知恵
秋の夜長と上手につきあう17の知恵オムニバス

おすすめ平均
stars70年代~80年代の名曲群、冬シリーズもあると見た!(笑)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑『冬が来る前に』って、どうにも「冬歌」に思えてしかたない。

♪試 聴⇒エッセンシャル・ベスト 紙ふうせんicon
♪試 聴⇒GOLDEN☆BEST/紙ふうせんicon 
♪試 聴⇒青空と海icon
♪試 聴⇒heritage from’70s コンプリート・ベストicon ←「赤い鳥」ベストです。

★紙ふうせんOfficial Web Site







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑冬が来る前に もう一度あのクリックと めぐり逢いたい~(←お願いします)

<広 告>
Sony Music Shop



スポンサーサイト

コメント

YOU TUBE『翼をください』

★赤い鳥『翼をください』
そうそうたるメンバーでしたね。

http://www.youtube.com/watch?v=-fNOdvnc9sg
day 2007-10-3119:59
name メロオ
trip -
url

編集 ]

クールなイメージの山本潤子とアットホームなイメージの平山泰代、確かに対極的ですね。
それなだけに、“赤い鳥”のハーモニーがより一層って感じがします。
それにしても、平山さん、雰囲気的に、なんとなく“萌”って感じがします。
アイドル的なかわいい雰囲気って言うんでしょうか?
今でもその頃の雰囲気は持ち続けていると思います。
“紙ふうせん”として、はじめて“夜のヒットスタジオ”に出演したのが、私が再三出している1978年2月13日、この時、昔お世話になったと言う事で、大村昆夫妻がゲストで来て、その時の出演者全員と記念写真を撮ってました。
この頃は『冬が来る前に』がヒットしていた頃で、歌った曲も、これでした。
day 2007-11-0307:19
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

人間ドラマ

そうですね。たしかに私にとっては「萌」イメージだったのかも(笑)。もちろん当時はそんな言い方、なかったけど。
気難しそうな後藤氏と可愛い平山氏の取り合わせ、そして山本潤子夫妻、二組のペアが生まれ、はずれてしまった大川氏・・・。その後いろんな人間ドラマになってしまいました。
day 2007-11-0416:47
name メロオ
trip -
url

編集 ]

紙ふうせん『冬が来る前に』

http://www.youtube.com/watch?v=sbFbgOTxzdc

こうして見ると、やっぱり私はタヌキ顔が好きなようで・・・(笑)。
奈々ちゃん好きは例外中の例外なんだな。
day 2008-05-2802:02
name メロオ
trip -
url

編集 ]

毎度…

…『冬が来る前に』ばかりではなんなので

『北山慕情』
http://www.youtube.com/watch?v=iIwiCdfZklw

声と雰囲気が萌って感じで良いですねぇ。
また、矢野立美によるアレンジもなかなかのものです。

他にも

『霧にぬれても』
http://www.youtube.com/watch?v=Nq1SecLbRRk&feature=related

『いつも心に青空を』
http://www.youtube.com/watch?v=s3cfBQePLRo

など色々な良い曲がありますねぇ。
day 2009-06-1410:18
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

中高年の音楽番組を

以前、NHKの趣味の講座にも出演してた平山さん。
歌番組ではなかなかお目にかかれないけど、というか歌番組がそもそも少ないんだけど・・・。
でも、そのうち中高年向けの音楽番組が生まれる、とにらんでます。(一部、BSではあるけど)
早くそうなってほしい。


day 2009-06-1522:02
name メロオ
trip -
url

編集 ]

わたしの紙風船・・・

こんばんわ、イイお話ですね・・・、だからこちらに書くことにします・・・(^-^)・・・。

実は私、生まれてこの方「インフルエンザ」に罹患したことがありません、
ナゼなんでしょうね・・・?
因みに似たような症状の「風邪」はひいてますが何度も・・・(^^ゞ・・・。

・・・それはまだ幼き頃、冬にその風邪をひき、熱を出して寝込み、ふと目が覚めた時、
起き上がって居間に入った私の目と耳に飛び込んできたのがこの歌でした・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=q711sfJDYXQ&feature=channel

「赤い鳥」の「わたしの紙風船」・・・、
先ずは新居潤子さんと平山泰代さんのボーカル、美しいですとっても・・・(^o^)・・・。

この時恐らくは頭も痛く、とても不快だった私なのですがこの歌、
忘れられぬ一曲となったのです、テレビ画面(NHKみんなの歌)のアニメーションとともに、
で、ナゼかと考えてみたら・・・、
ハープシコードで歌ってるんですねお二人・・・、ナルホド記憶に残るハズ・・・(^o^)・・・。

「翼をください」、「竹田の子守唄」、「紙風船」・・・、
・・・しかし私にとって「赤い鳥」といえば、「わたしの紙風船」なんです・・・。

この作品、作編曲が越部信義さん・・・、
上野の森(東京藝術大学OB)だそうですがその技量、素晴らしいです・・・\(^o^)/・・・、
特にイントロと間奏のハープシコード、最高です、注意して聴いてみて下さい・・・<(_ _)>・・・。

day 2009-07-2322:10
name
trip -
url

編集 ]

歌唱法なのかな?

初めて聴くけど、なんだかとても時代を感じる曲です。
古き良き時代を・・・。
「みんなの歌」っぽい歌唱法がそう思わせるのかもしれません。

day 2009-07-3020:36
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/551-acac89b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。