なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-11 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島倉千代子

かねてから不思議に思っていたことがある。「どうして島倉千代子は、あんなに謙虚なのだろう」と・・・。キャリアといい実績といい、トップクラスだ。なのに、ここまで奥ゆかしいと何か「おかしい」と思ってしまう。

もちろん性格からくるのだろうが、それだけには思えない。強気も弱気も針の振幅具合が、プラスかマイナスなだけである。「極端」という点では、どちらもレッドゾーンにあるのだ。

島倉千代子ゴールデンベスト島倉千代子ゴールデンベスト
ボビー・サマーズと彼のグループ

コロムビアミュージックエンタテインメント 2008-05-21
売り上げランキング : 54124

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑続けていけることは、それだけで価値がある。

そんな折、一冊の本を知った。田勢康弘・著「島倉千代子という人生」である。結論からいえば、この本を読んでもやっぱりよくわからなかった。
ただ、全盛時における彼女のニオイはしっかり伝わってきて、いかに凄い人かの一端が垣間見えた。そして、名を成す人に共通の「運」がやはり備わっていることを再確認できた。

一時は、美空ひばりを凌ぐ勢いだった彼女。「美空の前に美空なし、美空の後に美空なし」そんな印象のあるひばりに唯一、迫った歌手だったということ。
ある人が書いていたが「子供のくせに童謡が歌えない天才と、大人のくせに童謡が歌える天才」は、実に対照的だ。

しかし、同時代に生きていない私は(幼児すぎた)彼女の真価がわかっていないことも事実。『この世の花』、『東京だョおっ母さん』、『からたち日記』、『愛のさざなみ』、『鳳仙花』、『人生いろいろ』等々・・・たしかに数々の楽曲は知っているが、そこに凄みは感じていない。

ドーナツ盤メモリー~島倉千代子ドーナツ盤メモリー~島倉千代子
島倉千代子 ボビー・サマーズと彼のグループ 西沢爽

コロムビアミュージックエンタテインメント 2006-06-28
売り上げランキング : 198101

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑可愛い人だったんですね。

これは、結局「時代のニオイ」と併せて感じ取るべきことなのだろう。それは、戦後復興期から高度経済成長期にかけての人々の生活の激変と「流行歌」が密接に関わっていたことでもある。(当時は「演歌」という呼称はなく「流行歌」と呼んでいたらしい)

やはりある人が「ひばりの歌が明るいのは周囲が暗かったから、島倉が泣きながら出てきたのは、日本が少しはましになりかけてきたから」と書いている。

そして「島倉は歌謡曲の持っている最大の使命の一つ、即ち人間であることがそのまま仕事になり、芸術となるという幸福の実例を人々に示すべく世に出てきたのであった。イエス・キリストほど幸福な人もなくまた悲劇的な人もないように、島倉ほど人間としての幸福と悲劇を合せ有する人も稀である。だがこれが彼女の運命であり、島倉はその運命にたえる強さを持っていたのだった」と語っている。

どうです・・・。なんか凄い人に思えてきませんか。

PS:ひばりとの縁は驚くべきものがある。小林旭との可愛いデートのエピソードも初めて知った。

島倉千代子という人生 (新潮文庫)
島倉千代子という人生 (新潮文庫)田勢 康弘

おすすめ平均
starsうーん、いろいろあるね

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑政治評論が主の作者。かなりの島倉ファンだったという。

島倉千代子
↑ダウンロード購入。

♪試 聴⇒島倉千代子全曲集 おかえりなさいicon
♪試 聴⇒島倉千代子全曲集 それいけGOGOicon
♪試 聴⇒青春歌年鑑「演歌歌謡編」1950年代ベストicon

★島倉千代子(公式サイト)
★音楽ざっかん(「島倉千代子という人生」を再読して)







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑ここが二重橋 記念のクリックを押しましょね~(←お願いします)

<広 告>




スポンサーサイト

コメント

YOU TUBE千代子

★ヒットメドレーとして、いろいろ歌ってます。選曲がイイ。

http://www.youtube.com/watch?v=5OY_Nx_6zzY
day 2007-11-1520:52
name メロオ
trip -
url

編集 ]

草加次郎・・・

おはようございます。

東京駅から新幹線で西へ向かうと、「山側」の車窓に「日本音楽高等学校」の看板が見えます、確か品川を過ぎた辺りで・・・。

私、この看板を見るといつも思うんです、アッ島倉さんの母校だったっけって。

彼女はひばりさんに憧れて歌手となった、ほぼ同い年の、そして私の母親とも同世代です。

ひばりさんは例の「塩酸事件」の後、「そのスジの人達」のガードを受け始めたことからテレビを追放され、それを境に、島倉さんが台頭したのかもしれませんね。

しかし彼女の方も「草加次郎」事件の第一号でしたね、確か、その被害者の・・・。

私、思うんですけど、日本が東京オリンピックに向かって表向き活気のあった昭和30年代、いわゆる「下流」が実に9割だったこと(因みに今は推定3割)を考えると、少ないメディアに登場し、今のそれとはケタ違いのお金を稼げる「スター」と呼ばれる芸能人は庶民の大変な「羨望」と「嫉妬」の渦に巻き込まれていたんではないのかと・・・、なまじ出身階層が一緒なだけに。

「りんご追分」を歌うひばりさんは横浜の、「東京だョおっ母さん」を歌う島倉さんは東京の、それぞれ生まれなんですね、
大分長いこと、この二人、「地方」出身だとばかり思っていました、私、先入観で・・・。
それでは
day 2007-11-1710:30
name
trip -
url

編集 ]

元・旦那さんは…

…阪神で4番を打っていた藤本勝己でしたね。
結婚した当時は、仏の吾郎こと遠井吾郎にファーストのポジションを取られるかどうかと言った時期で、そういう意味では、大変な時期だったのかなぁ?と感じます。
遠井さんも数年前に亡くなりましたが、野球も昭和の人がどんどんいなくなるなぁと感じます。
day 2007-11-1821:28
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

お千代さん

>樟さま
私も島倉さんは、地方出身の印象がありました。(ひばりはそう思ってないけど)そして私の母世代でもあります。とてもお元気でたいしたものです。草加次郎事件は、あまりよく知らないのですが彼女もその被害者だったんですか。
たしかに今のスターと違い、ケタが違う時代のスターですね。スターがスターだった時代・・・それは彼女が活躍したこの時代が最後なのかもしれませんね。

>Gemini...さま
藤本氏はまったく記憶にない選手ですが、遠井さんは覚えてます。藤田平とかカークランドとか花形とか。あっ、最後の人は架空の人だけど(笑)。芸能人は見た目の印象と実像にギャップがある人が多い印象だけど、島倉さんは見た目そのもののようです。押しに弱かったのかな?
day 2007-11-1920:05
name メロオ
trip -
url

編集 ]

なかなかいい

こんな歌がありました。

http://jp.youtube.com/watch?v=ts78QoAl5E4

『人生はショータイム』

色々な人生を歩んだからこそ、この歌も光っています。
メロディは、いかにも杉本真人って感じですが、これがまたいいメロディラインです。
day 2008-07-2821:05
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

全盛時の凄み

そうですね、いかにも杉本真人っぽさが現れてます。
と、いっても彼についてはそんなに詳しくないのですが。
(人生の傍らで元気付けてくれる曲の印象)

全盛時の彼女の凄みを、今ひとつわかってない私はまだまだ語るに役不足です・・・。
day 2008-07-2919:59
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/552-58aeb011

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。